WIN5対象レース5R目【根岸ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。
2022年1月30日に行われるWIN5対象レース5R目根岸ステークスを予想します。
ぜひ最後までご覧ください🐎

いーの
いーの

みなさんのWIN5予想の参考になるように頑張ります!

根岸ステークス(GⅢ)予想

東京ダ1400mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

スタートからコーナーまで距離が長いので枠順の大きな有利不利はない。最後の直線は500mほどあり上位の末脚を使える馬が有利。下級条件だとペースが緩やかになり前残りもあるが上級条件になると上位の末脚を持っていないと勝ちきるまでは厳しいコース。

重賞データ(過去10年)

  • 根岸ステークスは4人気までで関西馬が8勝
  • 中4週以上が10勝
  • 直近2走以内で上がり2位以内の末脚を使っている馬が連勝中

WIN5予想スタイル

いーの
いーの

それでは根岸ステークス上位人気に推される予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🐎ソリストサンダー

【考察】
前走の武蔵野Sでは道中7番手に付けて上がり2位の末脚を使っての完勝。去年のGⅠフェブラリーSでは5人気に支持されていた実力馬。戸崎騎手が継続騎乗なのも心強い。東京ダートで戸崎騎手の成績は良いのも推し材料。距離が1ハロン縮まったとしても、実力最上位なのは明らかですんなり連勝も考えられる。好走する確率が1番高いのはこの馬だろう。
【不安材料】
叩き良化型なだけに中10週は気になる臨戦過程。叩いてフェブラリーSが狙いなだけに取りこぼして2,3着は大いに考えられる。また、馬がダ1400mで勝利したことがないのも気になる点。

🐎オメガレインボー

【考察】
前走は400mの距離短縮で初の1200m重賞を3着というのは能力の証。2走前も今回1人気が想定されるソリストサンダーと0.3秒差の3着。実力はここでも通用する。どちらかと言えば苦手な右回りから、左回りに替わるのはプラス。成績が安定している横山和生騎手が騎乗なのも推し材料。
【不安材料】
アイルハヴアナザー産駒が東京ダ1400mでは89戦して、3勝しかしていない。この馬は善戦キャラなのも気がかり。今回も2~4着に終わってしまいそうなイメージは湧く。

🐎タガノビューティ

【考察】
東京ダ1400mといえばこの馬というくらい得意条件。東京ダート1400~1600が得意なことと末脚から個人的にはサンライズノヴァと被る。サンライズノヴァも根岸ステークス2着だった。全6勝を左回りで挙げているサウスポー。
【不安材料】
ずっと騎乗していた石橋騎手からの乗り替わりは明らかにマイナス。津村騎手も今年未勝利はおろか、未連対なのも気になる点。重賞実績がなく末脚だけで評価するのは危険な印象がある。

🐎ヘリオス

【考察】
当舞台2連勝。リステッド→オープンを連勝するのは相当な実力がないと出来ない芸当。この馬は14頭以上の多頭数に全7勝をしており、頭数が増えることは歓迎なクチ。
【不安材料】
東京ダ1400mで逃げ切れるかどうか。そこに尽きる。上級条件の東京ダ1400mで逃げ切るイメージはあまりない。また、武豊の乗り替わりもどうなのか。個人的な感想ですが、ダートで上手に逃げてくれるのですが勝ち切るまではあまりないイメージの騎手です。

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇スリーグランド

2走前の武蔵野ステークスでは今回人気のオメガレインボーと0.1秒差、タガノビューティーには0.2秒先着。先週の東海Sの3着馬ブルベアイリーデとタイム差なし。GⅢのここでは通用してもおかしくない。岩田望来騎手、そろそろ重賞の連敗止めましょう!

現時点の予想

オメガレインボー
ソリストサンダー
▲タガノビューティ

△ヘリオス
★スリーグランド

根岸ステークスは末脚が鋭い馬を買いたいですよね。今回注目するのはオメガレインボーです。悲願の重賞初勝利を!

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。
Twitterのフォローをお願いします!(Twitter:@KeibaAnalysis)