WIN5対象レース1R目【美濃ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きましてありがとうございます。

いーの
いーの

2022年1月30日に行われるWIN5対象レース1R目美濃ステークスを予想します。

美濃ステークス(3勝クラス)予想

中京芝2200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

スタートしてから1角まで距離があります。下級条件では中京芝2000m同様逃げ先行馬有利ですが、3勝クラス以上の上級条件では差し追い込みが決まりやすいコースです。

WIN5予想スタイル

3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  • 前走掲示板を確保している
  • 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの
いーの

それでは美濃ステークス(3勝クラス)で絞っていきましょう、条件を満たす馬は6頭です。
各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。
※五十音順で紹介します。

🐎カレンルシェルブル

【考察】
前走の長良川特別はWIN5やってたからよく見てた。内で溜めて、直線少しスムーズじゃなかったとはいえ2着と0.1秒差で勝利。同舞台での勝利は推せる。大型馬であり、加速が得意なわけではないので前走同様少頭数は歓迎。また、GⅡセントライト記念4着の実績がある。
【不安材料】
前述したようにスムーズでなかったとはいえ、0.1秒差の勝利で3勝クラスへ。昇級戦でいきなり勝ち切るかまでは微妙な印象。あとは鞍上が川田騎手から横山典騎手へ乗り替わり。馬のキャラクター的に川田騎手からの乗り替わりはマイナス。

🐎セファーラジエル

【考察】
前走は休み明けの馬体重増、大幅な距離短縮で置いていかれて途中から押し上げていく厳しい形。キズナ産駒が向く上がりのかかる馬場なら一変があっても。同舞台の白百合Sを勝利しているため適性はある。
【不安材料】
鞍上が幸騎手に乗り替わり。幸騎手がWIN5対象レース芝で勝利しているイメージがあまり湧かない。

🐎ニホンピロタイズ

【考察】
2連勝で今回のレースへ。前走は内前有利な中、外から差し切る内容は立派。叩き良化型なので中1週のローテーションは歓迎。
【不安材料】
イクスプロージョン比較でいくと、同様の中京2200mでカレンルシェルブルは0.6秒差勝利、ニホンピロタイズは5走前に0.3秒負け。2連勝の勢いはあるとはいえ、福島・小倉で3勝なので大箱競馬でどうか?過去3勝をしている吉田隼人騎手からの乗り替わりもマイナス。

🐎パトリック

【考察】
全3勝している内の2勝している松山騎手騎乗はプラス。1勝は中京でしている。前走は前有利な中上がり最速で追い込んできた。もう少し位置を取って競馬を出来れば十分に勝ち負けがあってもおかしくない。
【不安材料】
先週のセントウルと被る。上がりは堅実だが、勝つかと言われると微妙な気がする。WIN5で追い込み脚質の馬は買いにくいのが正直なところ。

🐎プリュムドール

【考察】
近走崩れているのはGⅡローズS。これも0.7秒差で9着はこの中で上位とみて良い。条件戦ではどんな条件でも力を出しているのが強み。
【不安材料】
前走は前半1000mが64.6の超ドスロー戦で、距離短縮がどうなのか。また、ゴールドシップ産駒は東京芝2400mも得意条件。得意条件から若干落ちるだけに昇級戦で勝ち切るまでどうか。3勝のうち2勝している川田騎手から池添騎手の乗り替わりも気になる。

🐎ホウオウエクレール

【考察】
中京では4回走って3回馬券内の堅実さが売り。前有利の馬場になれば台頭はある。
【不安材料】
前述したように中京2200mは差し追い込み馬が有利な条件。また近走のレベルを考えると頭はきつそう。前走も内有利で伸びきれず5着なので…

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ワールドスケール

前走は内前有利な馬場で外から差し競馬になったので、度外視できる。3勝クラスでは2走前までは4戦連続で5人気以内に支持されていた馬。この人気なら。また、叩き良化型らしく、中1週のローテーションでは3戦3勝も推し材料。

現時点の印

◎プリュムドール
○カレンルシェルブル
▲ニホンピロタイズ
△セファーラジエル
★ワールドスケール
消ホウオウエクレール
、パトリック

ここは昇級馬2頭抜きたいです。セファーラジエルは調教など状態はしっかり確認が必要ですね。

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。
Twitterのフォローをお願いします!(Twitter:@KeibaAnalysis)