WIN5対象レース4R目【大和ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月20日に行われるWIN5対象レース
4R目大和ステークスを予想します。

大和ステークスを的中させ
WIN4でフェブラリーステークスに臨みましょう!

大和ステークスを攻略するために
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

大和ステークス(オープン)予想

阪神ダート1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神ダート1200mは、ダートスタートであり、中山ダート1200mとは少し傾向が異なる。スタートしてから平坦だが、その後800mほど下り坂があり、最後に急坂がある。下級条件ではダート戦らしく逃げ先行馬が有利だが、上級条件になればなるほど差しが決まるコース。

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇リュウノユキナ(岩田望)

【考察】
この馬は本命~3番手予定。強調材料は2点

  • 中央・地方、馬場状態関係なく安定して勝ち切れる力がある
  • 逃げ馬の後ろから抜け出す得意の競馬ができそう

ダート1200mのオープンクラスで9連続連対している実力馬。中央・地方、馬場状態関係なく安定して力を出せるのがこの馬の強み。今回の阪神ダ1200mという舞台も去年勝利しており、舞台に不安はない。
展開としても、逃げたい馬が多くおり、その後ろに付けて直線抜け出す得意な競馬ができそうなこともプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 鞍上がテン乗りである
  • 初の斤量58kgである

柴田善臣騎手とのコンビで安定してただけに、今回の乗り替わりはマイナスせざるを得ない。今回のレースはハンデ戦であり、初の58kgを克服できるかどうか。

🏇ジャスティン(坂井)

【考察】
この馬は本命~3番手予定。強調材料は2点

  • 前走は過去最高の馬体重で4着まで粘った
  • 右回りは4勝しているが全て坂井騎手とのコンビ

前走の根岸ステークスは過去最高馬体重かつ、距離が長いと見られていたが4着に粘った。その内容は評価できる。右回りで4勝しており、その全てで騎乗している坂井騎手が継続騎乗なのもプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • トップハンデである
  • 2020年の12月を最後に勝っていない

今回トップハンデである58.5kgを背負わされる。過去に58kgで勝利した経験があるが、58kgを超える斤量を背負うのは初であり、気になる。
また、適条件ではない舞台がいくつかあったとはいえ2020年の12月を最後に勝利していないことを考えると、WIN5では手を出しづらい。

🏇ジャスパープリンス(松山)

【考察】
この馬は対抗以下予定。強調材料は1点

  • この馬と相性の良い松山が騎乗する

この馬に5度騎乗して5度全て馬券内に導いている松山騎手が騎乗するのはプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 過去の戦績を見るに、斤量差1kgでリュウノユキナに勝てるのか
  • 前走はジャスティンに完敗している

過去の戦績を見てみると、斤量差1kgあってもリュウノユキナに勝てるかのか未知。それに加え、前走はジャスティンに完敗している。上位人気2頭に勝ち切るには展開が恵まれないと厳しい印象。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇スマートアルタイル(横山典)

想定5人気なので、穴馬というわけではありませんが、他に買いたい馬がいなかったので本馬を指名。

強調材料は2点

  • 上位馬が前に行く馬なので展開が向く可能性がある
  • オープンクラスの阪神ダ1200mで勝利経験がある

上位勢が逃げ・先行馬なので展開が向き、差し切る可能性がある。実績面でもオープンクラスの阪神ダ1200mで勝利経験があり、斤量差を生かしここで勝利する可能性はある。

現時点の予想

現時点予想

リュウノユキナ
ジャスティン
▲ジャスパープリンス
△スマートアルタイル
消デュアリスト

ここは上位人気馬に不安材料がありますが、力で押し切ってくれると信じています🐎
以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。