【ユニコーンステークス予想】外枠先行馬を狙う!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

ユニコーンステークスを予想します。

3歳ダート戦の重賞です。
若駒限定戦ということもあり
力の比較が難しいですよね。
各馬にどのような特徴があるのか
把握しましょう!

そこで、ユニコーンステークスの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

WIN5専属としてブログを書いているので
どの馬が勝つのか、経験を含めて予想します!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎コンバスチョン
○ペイシャエス
▲リメイク
消ハセドン

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

ユニコーンステークス(GⅢ)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

左回りの6分割

東京ダート1600mは
直線が長く、差しが決まりやすい。
ただ、3歳の重賞では差し馬を
過信しぎないようにしたい

④外先行
の馬を狙いたい。

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇インダストリア

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 2走前の弥生賞ディープインパクト記念で
    2人気に支持
    • 苦手な距離延長ローテ
      距離も長く、直線が短い
      不向きなレース
    • 前有利の展開と展開不向き
  • 前走のNHKマイルカップも2人気に支持
    • 外枠で馬場傾向に恵まれながら5着
    • まだGⅠのレベルにはなかった
  • 今回は初ダートがどうかだが
    勝利経験がある左回りかつ
    1600mで変わり身が見込めれば
    • 砂を被らない外枠なら
      購入するか検討したい

【WIN5的中のカギからの学び】

★データ的にWIN5東京ダ1600は

 基本ほぼ5人気以内で決着する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

インダストリアは2走前の弥生賞ディープインパクト記念で2人気に支持された実績を評価している。弥生賞は「苦手な距離延長ローテ」、「距離も長く」、「直線が短い」と不利が重なる、不向きなレースだった。その中で掲示板を確保したことは一定の評価をしたい。前走のNHKマイルカップも2人気に支持された。人気しやすいキャラともいえるが、実績面では評価したい。レースは外枠で馬場傾向に恵まれながら、5着。レース内容を見る限りは、まだGⅠのレベルにはなかったのだろう。今回は初ダートがどうかだが、勝利経験がある「左回り」かつ「1600m」で変わり身が見込めれば勝ち負けになる力はある。砂を被らない外枠なら、購入するか検討したい。

【不安材料】

  • 内枠に入ると砂を被り
    厳しい競馬になる印象がある
  • 初ダートで未知な面が多い中
    人気で買いづらい

内枠に入ると砂を被り、厳しい競馬になる印象がある。枠順発表には注目したい。また、初ダートで未知な面が多い中、人気で買いづらい。考察でも話したが人気しやすいキャラで今回も人気が想定される。買うのが果たして正しいのか、最後まで考えたい。

🏇コンバスチョン

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走のUAEダービーは1人気に支持され
    先行競馬をしたが最後の直線で
    失速して11着
    • 着差は離されたが、レースを見ると
      距離が長かった
    • 初めてのドバイの砂も合わなかった
  • 今回は距離短縮ローテで臨めて
    2走前のヒヤシンスステークスで
    勝利している舞台でのレース
    • 前走よりパフォーマンスを上げてくる
      ことが予想される
  • 中央競馬の左回りに限れば
    3連勝中の戦績を評価している
  • 先行力がある
    今回のユニコーンステークスで
    狙いたい脚質と一致する
    • 外枠を引ければ

【WIN5的中のカギからの学び】

★大垣ステークス

 トーセンアラン

 揉まれ弱い人気馬が内枠に入ったら

 過信しすぎないようにする

https://keiba-analysis.com/win5-key/

コンバスチョンは前走のUAEダービーは1人気に支持され、先行競馬をした。最後の直線で失速して11着に敗れた。着差は離されたが、レースを見ると距離が長かった印象があり、度外視でよいだろう。初めてのドバイの砂も合わなかった可能性がある。今回は前走の1900→1600mという距離短縮ローテで臨めるのは大きい。2走前のヒヤシンスステークスで勝利している舞台でのレースで、前走よりパフォーマンスを上げてくることが予想される。また、中央競馬の左回りに限れば、3連勝中の戦績を評価している。連勝するのは力がある証拠。先行力があり、今回のユニコーンステークスで狙いたい脚質と一致しており、外枠を引ければ勝ち負けだろう。

【不安材料】

  • 海外帰り初戦がどうか
    • 状態を落としている可能性があるので
      状態は最後まで見極めたい

海外帰り初戦がどうか気になる。状態を落としている可能性があるので、状態は最後まで見極めたい。

🏇ジュタロウ

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の1勝クラスは外目の枠から
    スムーズに先行できた
    • 砂を被らず運べると
      最後の直線で伸びる
    • 昇級戦であるが、今回と
      同舞台を勝利している
  • 2走前の1勝クラスは負けすぎ感もあるが
    スタート直後に接触があり
    内から砂を被り続けてのレース
    • 今回も好走するには外枠が必須
  • 3走前の中京で行われた1勝クラスは
    差し有利の展開の中
    道中位置を押し上げて、先行して2着
    • 負けはしたが、評価できる内容
    • 1着はダービーに出走するデシエルト

【WIN5的中のカギからの学び】

★昇級馬は「着差を付けている」

「該当距離・回りの勝利経験あり

(当該舞台の勝利実績も可)

「先行馬」の馬を優先して買う

 昇級馬が複数頭いた場合は

 上記の3点を満たす馬を優先

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 東京ダート1400,1600mは

 基本的に5人気以内から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ジュタロウは前走の1勝クラス、外目の枠からスムーズに先行できた。砂を被らず運べると、最後の直線で伸びる馬である。今回も枠順が非常に鍵になりそう。今回は昇級戦であるが、今回と同舞台を勝利しているのは大きい。2走前の1勝クラスは負けすぎ感もあるが「スタート直後に接触があり」、「キャリアで初めて内で砂を被り続ける」という不利の多いレースだった。騎手も欠点を理解できたのは大きいだろう。3走前の中京で行われた1勝クラスは差し有利の展開の中、道中位置を押し上げて、先行して2着。負けはしたが、評価できる内容だった。その時の1着馬はダービーに出走するデシエルトであり、レベルは

【不安材料】

  • 2走前から分かるように
    外枠を引かないと厳しい
    • 砂を被るのを得意としていない印象

厳しい砂を被るのを苦手としているので、外枠を引かないと厳しい。近走の勝ちからある程度の人気はしそうだが、内枠を引いたら思い切って消したい。

🏇ハセドン

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し
⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の青竜ステークスは外差し有利の
    馬場傾向の中大外をぶん回し勝利
    • 今回と同舞台を勝利している
  • のびのび走らせることが向いてそうで
    引き続き東京競馬場でレースが
    出来るのは歓迎
  • 2走前は道中で動いていく
    タフな競馬をした上で勝ちきった
    • 上がり最速の末脚を繰り出しており
      力がないと出来ない勝利
  • 未勝利戦から3戦連続で上がり最速の
    末脚を使えている
    • 展開が噛み合えば今回も
      堅実に差してくる
  • 横山典騎手が騎乗してから2戦2勝
    • 騎手のタイプと馬のタイプがピッタリ

【WIN5的中のカギからの学び】

★関門橋Sアドマイヤポラリス

 追込脚質を信用しすぎない

 迷ったら前の馬!

 相当強いと思わない限り本命にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★3歳ダートは実力が測りかねるので

 絞って買わない方がいい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ハセドンは前走の青竜ステークスは外差し有利の馬場傾向の中、大外をぶん回し勝利。最後の末脚は確実。今回と同舞台を勝利しているのは大きい。また、のびのび走らせることが向いていそうで、引き続き東京競馬場でレースが出来るのは歓迎。2走前は道中で動いていくタフな競馬をした上で、勝ち切った。その展開で上がり最速の末脚を繰り出しており、力がないと出来ない勝利だと感じた。近走を見ていると、未勝利戦から3戦連続で、上がり最速の末脚を使えている。展開が噛み合えば今回も堅実に差してくるだろう。横山典騎手が騎乗してから、2戦2勝であり、騎手のタイプと馬のタイプがピッタリなのだろう。今回も展開ひとつ。

【不安材料】

  • 追込馬を信用しにくい
    • 特に若駒限定はなるべく前
  • 前走ほど展開がハマらないと予想

WIN5において、追込馬を信用しにくい。特に若駒限定はなるべく前にいる馬を買いたい。それに加えて、前走ほど展開がハマらないと予想するので今回は購入を見送る予定。

🏇リメイク

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 先行力があり、安定感がある
    • 2走前の昇竜ステークスでは
      上がり2位の末脚を使い
      2着馬に0.4秒差を付けて勝利
  • 前走は唯一、57kgを背負い
    馬群の中で揉まれる厳しい競馬の中、勝利
  • 前走後のコメントで福永騎手が
    「マイルを意識した控えた競馬をした」
    と話していた
    • 対応力があるのは持ち味
  • 上がり最速の末脚を使っていた
  • 左回りの方が向いている印象があり
    阪神競馬場からの舞台替わりは歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北村(友)・福永両騎手はダートでは

 信頼度が少し下がる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

リメイクは先行力があり、安定感がある。2走前の昇竜ステークスでは上がり2位の末脚を使い、2着馬に0.4秒差を付けて勝利。先行して上位の上がりが使えるのは強い。前走は出走馬で唯一、57kgを背負い、馬群の中で揉まれる厳しい競馬の中、勝利。前走は軽視していたが、非常に強さを感じた。前走後のコメントで福永騎手が「マイルを意識した控えた競馬をした」と話していた。距離経験こそないものの、対応力があるのは持ち味。近走のレースを見ていると、回りの方が向いている印象がある。阪神競馬場からの東京競馬場への舞台替わりは歓迎だろう。

【不安材料】

  • 1400mまでしか勝利がなく
    1600m以上の出走経験がない
  • 去年のスマッシャーは1400mまでしか
    勝利がなかったものの
    新馬戦で1800mへの出走経験あり

1400mまでしか勝利がなく、1600m以上の出走経験がないのが気になる。去年のスマッシャーは1400mまでしか勝利がなかったものの、新馬戦で1800mへの出走経験があった。人気に支持されそうで買うかどうかは最後まで考えたい。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇タイセイディバイン

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走はNHKマイルカップに出走
  • 血統的にダートはどうかも
    2走前のアーリントンカップ
    3走前のファルコンステークスは
    重賞で共に2着に好走
  • 重賞でやれる力はあるので
    ダートに対応できれば
  • 近走を見ていると、先行はできそうで
    外枠を引ければ、勝つチャンスあり

外枠を引いてから、買うかどうか考える。

🏇ペイシャエス

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の青竜ステークスは2人気に
    支持され5着
  • レースを見てもらうと分かるが
    本馬が最も強い競馬をした
    • 掲示板を確保した残り4頭は
      差して好走している
    • 本馬は2番手から掲示板を確保
  • 前走のような後方有利な
    展開にならなければ
    今回パフォーマンスを上げてきそう
  • 前走こそ敗れているが
    新馬戦で同舞台を勝利している
  • 2走前に中山ダート1800mを勝利しており
    距離の不安はない
  • 前走同様、外目の枠を引いて
    先行できれば

人気しないようだが、青竜ステークスでは最も上に取りたい

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎コンバスチョン
○ペイシャエス
▲リメイク
消ハセドン

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:WIN5回顧~エプソムC・函館SS編~
🐴火:ユニコーンS
🐴水:マーメイドS
🐴木:多摩川S
🐴金:UHB賞
🐴土:ATRT
🐴日:WIN5最終予想

以上、【ユニコーンステークス予想】外枠先行馬を狙う!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

枠順発表が重要!どの馬が外枠を引けるのか、どの馬が内枠を引いてしまうのか。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA