中山ダート1800mは前!前!前!~卯月ステークス予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
卯月ステークスを予想します。

ウィリアムバローズ1強の
雰囲気が漂っていますね。

あなたの注目馬は何ですか?
もし決まっていないようでしたら
当ブログを見てイメージを
膨らませてくれたら幸いです✨

卯月ステークス
上位人気馬4頭の考察、不安材料
穴馬1頭の考察
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ウィリアムバローズ
○ホウオウルバン
▲リッターシュラーク
△キタノヴィジョン
消デュアライズ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

卯月ステークス(オープン)予想

このレースではどんな観点が必要?

上級条件のダート戦らしく、基本的には
前目で立ち回ることが勝利の条件。
中山ダート1800巧者、かつ
前目で立ち回れる馬を狙いたい🏇
パトロールビデオはJRA公式のものを
使用しています。

2020年マーチステークス勝ち馬スワーヴアラミス

外枠が恵まれるコースなので
外目に出した状態で
4コーナーに突入したい。

2021年マーチステークス勝ち馬レピアーウィット

中山ダート1800mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中山ダート1800mは前残り
差し決着どちらも考えられるので
馬場傾向・メンバーは
確認しておきたい

  • 急坂を2度登るので
    タフな競馬になりやすい
  • 外枠が有利になりやすい
  • 下級条件は前が残りやすく
    上級条件になると差しが決まることもある

過去5年の勝ち馬の特徴は?

去年まで卯月ステークスは芝1600mで
行われていたためデータがありません。
参考程度ですが、マーチステークスの
過去5年の勝ち馬を載せます。

  • 2021🐴レピアーウィット
    • 前走、武蔵野ステークス7人気10着
      • 石橋騎手が継続騎乗しており
        鞍上と勝利経験あり
    • 2走前、同舞台(中山ダート1800m)
      オープン競争のラジオ日本賞で勝利
      • 6走前の同舞台で行われた
        ポルックスステークスでは
        4人気に支持されていた
      • 同舞台は2勝クラス時に勝利している
    • 前年、マーチステークスで8人気3着
  • 2020🐴スワーヴアラミス
    • 前走、オープン競争の
      アルデバランステークスで2人気2着
      • 藤岡康太騎手が継続騎乗しており
        鞍上と勝利経験あり
    • 2走前、同舞台(中山ダート1800m)
      オープン競争のポルックスステークスは
      1人気で勝利
    • 本レースを迎える
      5走前まで3人気以内に支持されていた
  • 2019🐴サトノティターン
    • 前走、金蹄ステークス
      (東京ダート2100m)2人気で勝利
      • 石橋騎手が継続騎乗しており
        鞍上と勝利経験あり
    • 中山ダート経験はないが
      タフな東京ダート2100mで3勝
      2着1回の成績を残している
  • 2018🐴センチュリオン
    • 前走、同舞台(中山ダート1800m)
      オープン競争の総武ステークスは
      1人気で勝利
      • 幸騎手に乗り替わりで
        鞍上と勝利経験なし
    • オープン競争、条件戦を含め
      10戦連続で3人気以内に支持されていた
    • 中山ダート1800mはオープン競争
      条件戦を含め勝利経験あり
    • 総武ステークス、ラジオ日本賞
      北総ステークス、韓国馬事会杯
      鋸山特別
  • 2017🐴インカンテーション
    • 前走、フェブラリーステークス
      15人気13着
      • 勝浦騎手に乗り替わりで
        鞍上と勝利経験なし
    • 2走前は東海ステークスで
      4人気に支持されていた
    • 中山ダート勝利経験はないが
      フェブラリーステークス2着
      みやこステークス・平安ステークス
      レパードステークス勝利経験あり
勝ち馬の共通点は?
  • 同舞台のオープン競争で勝利経験あり
  • 前走は勝利、または重賞に出走している
  • 重賞で馬券内の経験があり
    • GⅠ、ダート1800m重賞を優先

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇ウィリアムバローズ(三浦)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 実質5連勝の成績を評価している
    • 2走前のバーデンヴァイラーは
      その後OP競争を勝利しており
      相手が強かった
  • 中山競馬場では底を見せていない
    • 中山ダート1800mでは2戦2勝
    • どちらも1秒以上の
      大差を付けて勝利している
  • メンバー構成を考えると
    今回も逃げれそうなメンバーである

ウィリアムバローズは実質5連勝の成績を評価している。2走前は2着に敗れたが、勝ち馬のバーデンヴァイラーはその後OPを勝利しており、相手が強かった。また、中山ダート1800mでは2戦2勝で1秒以上の大差をつけて勝利している。底を見せていない魅力がある。今回のメンバー構成を見ると、逃げれそうなのでスムーズに運び連勝は考えられる。現時点では1点で抜く予定。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 恐らく逃げられるが、他馬で主張する馬
    に絡まれると逃げられない可能性がある
    • 3走前のように下級条件であれば
      4コーナーで他馬を置いていけるが
      オープンになるとどうか

不安材料を挙げるとしたら、逃げれず、揉まれることだろう。今まではスムーズにレースをしていたが、ごちゃつくと実力を出せない可能性がある。その点は頭に入れておきたい。

🏇キタノヴィジョン(田辺)

【考察】
この馬は4番手以下予定。強調材料は2点

  • 前走のポルックスステークス
    (オープン)の内容を評価している
    • 苦手な距離短縮ローテの中
      上がり3位の末脚を使って
      追い込んできた
  • 新馬戦から常に上がり3位以内の
    末脚を使っている

キタノヴィジョンは前走のポルックスステークスの内容を評価している。苦手な距離短縮ローテの中、上がり3位の末脚を使って追い込んできた。現級で上位の力を持っている証だろう。また、新馬戦から常に上がり3位以内の末脚を使っており、安定しているのは強み。展開が向けば飛び込んでくる可能性はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 後方からの競馬になることが予想される
    • 中山ダート1800mで
      買いたいキャラとズレる
  • 近走、東京ダート2100mを使っている
    ように距離が短い可能性がある

近走の競馬を見ると、今回も後方からの競馬になることが予想される。中山ダートは前で立ち回る器用さが欲しい。中山ダート1800mで買いたいキャラとズレる。また、近走は東京ダート2100mを使っており、1800mという距離が短い可能性がある。

🏇デュアライズ(菅原明)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走のアレキサンドライトステークスは
    大外をぶん回して差し切った
    • ディープインパクト産駒だが
      ダート適性はある
  • 前走の2着馬であるバイシュラバナが
    次走3勝クラスを勝ち上がっていた
    ことからレースレベルは低くなかった

デュアライズは前走のアレキサンドライトステークスの内容を評価している。大外を回して勝ち切った。距離ロスがありながら勝利したことを見ると、ダート適性はあると感じる。また、前走の2着馬であるバイシュラバナが次走3勝クラスを勝ち上がっていたことからレースレベルも低くなかったと考える。今回も同様の競馬をして押し切れればチャンスあり。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 芝血統なので、砂を被るとどうか
  • 鮮やかな差し切りで
    人気に支持されそうだが
    あの競馬をオープンでできるのか
  • 馬格が物足りない
    • 前走馬体重458kg

芝血統のディープインパクト産駒であり、内枠で揉まれる競馬はしたくない。それに加え、前走の勝ち方が鮮やかだったため人気を集めそうだが、相手関係が強化された今回あの競馬をして勝ち切るまでは考えにくい。また、前走馬体重458kgと中山の上級条件を勝つには馬格が物足りないことも気になる。

🏇ホウオウルバン(内田)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は5点

  • 3連勝という戦績を評価している
  • 近2走は先行して
    上位の上がりを使い抜け出している
    • 前走の最後100mの伸びが
      素晴らしかった
  • 上級条件の中山ダートの
    勝ち方に一致する
    • 「中山ダート1800巧者
      かつ前目で立ち回れる馬」
  • 中山競馬場で全4勝を挙げている
  • 相性の良い内田騎手が継続騎乗

ホウオウルバンは3連勝という戦績を評価している。中山ダートの勝ち方に必要な「中山ダート1800巧者、かつ前目で立ち回れる馬」を兼ね備えているのも強調材料。特に前走のラスト100mの伸びは素晴らしかった。それに加え、中山競馬場で全4勝を挙げている舞台巧者であり舞台に不安はない。相性の良い内田騎手が継続騎乗することを考えると昇級初戦だが、通用する可能性はあると予想。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 内枠に入り砂を被ったり
    揉まれりするとどうか
    • 3連勝しているダート戦が
      全て8枠でのもの

本馬は3連勝しているダート戦が全て8枠でのものであり、内枠に入った時がどうか。揉まれずスムーズに運べないと崩れる可能性はあることを頭に入れておきたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇リッターシュラーク(宮崎)

この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 4-0-1-7というピンかパーな戦績である
  • 宮崎騎手とも3-0-0-4と
    ピンかパーな戦績である
    • アルサトワと似た印象を持った
  • 右回りの全3勝は中山競馬場でのもの

リッターシュラーク4-0-1-7というピンかパーな戦績であることが強み。WIN5において、ピンかパーな成績を持つ馬は注目しておきたい。また、宮崎騎手とも相性が良く期待できる。右回りで3勝しているおり、それは全て中山競馬場でのもので今回の舞台替わりは期待できる。

現時点の予想

現時点予想

◎ウィリアムバローズ
○ホウオウルバン
▲リッターシュラーク
△キタノヴィジョン
消デュアライズ

以上、「中山ダート1800mは前!前!前!~卯月ステークス予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここはウィリアムバローズ1点で抜く予定。この馬の強さは前回感じたので信じたい。唯一、逆転があるとするならホウオウルバンだろう。