【常滑特別予想】馬場傾向を掴め!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

常滑特別を予想します。

中京芝2000mは基本的には前を狙います!
ただ、先週自分はミスを犯しました…
開催が進み、外も伸びる馬場になっていました。
そこを考え、今の中京の馬場状態で
最も恵まれるのはどの馬か記載しました!

そこで、常滑特別
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ルージュメサージュ
○アナレンマ
▲ナリタザクラ
△ピノクル
消ウインリブルマン

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

常滑特別(2勝クラス)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

左回りの6分割

中京芝は内が荒れてきているので
④外先行
⑤中団外差し

のどちらかを狙いたい!

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇アナレンマ

この馬は対抗予定。

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の1勝クラスは得意の左回りで
    2着馬に0.2秒着差を付けて勝利
    • 苦手な距離延長ローテで
      勝利できたのは大きい
  • 2走前の1勝クラスは内差し有利の
    馬場傾向だった
    • 8枠を引き、外差しの競馬に
      なってしまったので
      着順は度外視でよい
  • 3走前の1勝クラスは内前が
    恵まれる馬場傾向だった
    • 4着に敗れたが、先着した3頭が
      本馬より内を通った馬であり
      健闘した
  • 全2勝が左回り2000mという条件

【WIN5的中のカギからの学び】

★昇級初戦は着差に注目する

 昇級馬は爆発力を感じない

 or

 着差0.1秒以内は基本軽視する

 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★脚質にも注目

 先行馬か差し馬かによっても違う

 先行馬を優先する

 例)

 先行馬:ソウルラッシュ

 差し馬:サトノラムセス

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★フェブラリーステークス

 カフェファラオ

 ピンかパーな馬は

 混戦模様のレースでは抑えておく

https://keiba-analysis.com/win5-key/

アナレンマは前走の1勝クラスは得意の左回りで2着馬に0.2秒と着差を付けて勝利。苦手な距離延長ローテで勝利できたのは大きいだろう。今回は同距離ローテになるので、パフォーマンスを上げてくることが予想される。2走前の1勝クラスは内差し有利の馬場傾向の中、8枠を引き、外差しの競馬になってしまった。不利が重なったこともあるので、着順は度外視でよいだろう。3走前の1勝クラスは内前が恵まれる馬場傾向で、4着に敗れた。それレースを見ると先着した3頭が本馬より内を通った馬であり、馬場傾向を考えると健闘しただろう。それに加え、全2勝が左回り2000mという条件であり、今回は適鞍でのレースとなり、期待出来る。

【不安材料】

  • 中1週の詰まったローテがどうか

中1週の詰まったローテで連勝ができるかどうか。状態面で上積みが見込めているかを確認してから買うかどうか決めたい。

🏇ウインリブルマン

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の安城ステークスは外枠から
    先行競馬をして2着
    • 内前有利のトラックバイアス
      中京芝2000mの特徴を
      生かしての好走
  • 2走前の明石特別は大敗しているが
    差し馬有利の展開で先行して敗戦
    • 前走内容からも2勝クラスを
      突破する力はあるだろう
  • 全2勝を松若騎手と挙げているので
    今回も松若騎手が騎乗するので
    あれば、勝利のチャンスはある

【WIN5的中のカギからの学び】

★湾岸ステークス

 キングオブドラゴン

 長距離は前にいる馬を選ぶようにする。

 それが高配当に繋がる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★両国特別

 ヴィルヘルム?スーパーホープ?

 どっちが勝つか序列を付ける

 その上で、序列が下の馬で

 勝つイメージが湧かないなら買わない

 安心感で置きに行く買い方はしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★清津峡特別 スイーツマジック

 内が荒れている馬場の時

 枠順の差が着順に直結する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ウインリブルマンは前走の安城ステークスは外枠から先行競馬をして2着。内前有利のトラックバイアス、中京芝2000mの特徴を生かしての好走。恵まれた感は否めない。2走前の明石特別は大敗しているが、差し馬有利の展開で、先行しての敗戦。着差を付けられて負けているが、前走の内容からも2勝クラスを突破する力はあると判断。また、全2勝を松若騎手と挙げているので、今回も松若騎手が騎乗するのであればチャンスはあるだろう。

【不安材料】

  • 前走の安城ステークスは
    中京芝2000mらしく、先行して
    好走したが開催が進み
    外差し馬場になっている
    • 先行競馬で勝ちきれるか
  • 全成績が2-6-0-5と2着が多い
    戦績でWIN5向きではない

前走の安城ステークスは中京芝2000mらしく、先行して好走した。ただ、今の中京芝は開催が進み、外差しもできる馬場になっている。前走、同様の競馬をすると勝ち切るまではどうか。また、全成績が2-6-0-5と2着が多い戦績で、WIN5向きではないのも気になる。

🏇ナリタザクラ

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走は1年3ヶ月の休養明けで
    ありながら、上がり最速の
    末脚を使い2着
  • 現級で2連対しており、前走からの
    上積みがあればここで
    勝ち負けできる地力はある
  • 3走前の渥美特別は
    「先行馬が有利な展開」
    「苦手な距離短縮ローテ」
    「内枠有利」な展開で
    差し競馬をして8枠に入る
    という不利があった中2着

【WIN5的中のカギからの学び】

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ナリタザクラは前走、1年3ヶ月の休養明けでありながら、上がり最速の末脚を使い、2着に好走。過去の戦績を見ると現級で2連対している実績馬。前走からの上積みがあればここで勝ち負けできる地力はあるだろう。状態面は見極めて、買うかどうか決めたい。3走前の渥美特別は「先行馬が有利な展開」、「苦手な距離短縮ローテ」、「内枠有利」な展開で「差し競馬」かつ「8枠に入る」という不利が重なりながら2着に好走。左回りで勝利がないのは気になるが、好走できる絵は見える。

【不安材料】

  • 左回りで勝利がない
  • 2400m以上でしか勝利がない

左回りで勝利がない。確かに、3走前の渥美特別は不利がありながら、健闘しているが勝ちがないということは頭に入れておきたい。また、2400m以上でしか勝利がなく、該当距離での勝利実績がないのも買いにくい理由の1つ。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇ルージュメサージュ

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 4走前の1勝クラスは後に
    2勝クラスを突破する
    スタッドリーに勝利している
    • 今回と同舞台で勝利している
  • 3走前の中京芝2000mで行われた
    名古屋日刊スポーツ杯は
    内前のポジションを取った馬が
    恵まれる馬場傾向だった
    • 4コーナーで外を回されたので
      厳しかった
    • 1人気に支持された実績を
      評価している
  • 2000mという距離で全2勝している
  • 現級で行われた近2走は上がり3位以内の
    末脚を使い、勝ち馬に0.2秒差以内に
    詰めており、現級を勝ち切る力はある

ルージュメサージュは4走前の1勝クラスは、後に2勝クラスを突破するスタッドリーに勝利している。今回と同舞台で勝利しているのは大きな強調材料。3走前の中京芝2000mで行われた名古屋日刊スポーツ杯は、内前のポジションを取った馬が恵まれる馬場傾向だった。そんな中、4コーナーで外を回され、厳しい競馬になり大敗。3走前は1人気に支持された実績を評価している。また、2000mという距離で全2勝しており、今回の中京芝2000mという条件も問題ないだろう。それに加え、現級で行われた近2走は上がり3位以内の末脚を使い、勝ち馬に0.2秒差以内に詰めている。現級を勝ち切る力はあると判断する。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎ルージュメサージュ
○アナレンマ
▲ナリタザクラ
△ピノクル
消ウインリブルマン

今週はこの予定で更新します✨

月:WIN5回顧~安田記念編~
火:エプソムC~末脚のある外枠の馬~
水:常滑特別~馬場傾向を読み切れ~
木:夏至S
金:函館SS
土:三宮S
日:WIN5最終予想

以上、【常滑特別予想】馬場傾向を掴め!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここは少頭数であるので、絞って攻めたい。馬場傾向も見極めて、買う馬を選びたい。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA