電撃の短距離戦の解法とは?~春雷ステークス~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
春雷ステークスを予想します。

荒れるとしたらこのレース
と思っている方も
多いのではないでしょうか。

各馬の特徴を把握するために
春雷ステークス
上位人気馬4頭の考察、不安材料
穴馬1頭の考察
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

ヴェントヴォーチェ
シャンデリアムーン
▲タイセイビジョン
△タイセイアベニール
ルッジェーロ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

春雷ステークス(オープン)予想

このレースではどんな観点が必要?

短距離戦らしく
立ち回り力がある馬を狙いたい。
ペースが速くなれば
外差しが決まることもある。
WIN5ということを考えると
先行力がある馬を優先して狙いたい。

2019年春雷ステークス4コーナー直前

穴馬を狙うのであれば、2019年の勝ち馬
ビップライブリーのようなポジションが理想。

2021年春雷ステークス4コーナー直前

人気馬で位置が取れる馬がいたら要注目!

中山芝1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中山芝1200mは外回り
向正面の直線入り口からのスタート
スタート直後から坂があり
ペースが上がりやすい。

  • 短距離のレースなので、内枠が有利
  • スタート直後から下り坂で
    直線に坂があるのでタフ
  • 上級条件になれば
    差しが決まりやすくなる

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴ジャンダルム(1人気)
    • 前走、阪急杯で4人気3着
    • 初の1200m戦
    • 中山競馬場でリステッド勝利経験あり
    • 中山競馬場での重賞実績あり
      • 京成杯AH10人気3着
      • 弥生賞4人気3着
      • ホープフルステークス4人気2着
  • 2020🐴ラヴィングアンサー(9人気)
    • 前走、阪急杯で13人気9着
    • 3走前、同舞台ラピスラズリステークス
      2人気5着
      • 上がり2位の末脚を使っている
    • 2、3勝クラスの連勝経験あり
  • 2019🐴ビップライブリー(8人気)
    • 前走、シルクロードステークス
      14人気8着
    • 2走前、淀短距離ステークス
      3人気5着
  • 2018🐴ぺイシャフェリシタ(1人気)
    • 前走、阪急杯10人気5着
    • 2走前、同舞台の
      カーバンクルステークス2人気2着
  • 2017🐴フィドゥーシア(9人気)
    • 前走、京都牝馬ステークス
      11人気18着
    • 2走前、3勝クラスを3人気で勝利
勝ち馬の共通点は?
  • 6歳以下である
  • 前走は重賞に出走
    • 近走のオープン競争で3人気以内に
      支持された経験あり
  • 穴馬は前走重賞で先行して負けている
  • 差し馬であれば
    ラヴィングアンサーのように
    現級で上位の末脚を使えている

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇タイセイアベニール(三浦)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は3点

  • 前走シルクロードステークス
    (重賞)に出走していた
    • 上がり3位の末脚を使えている
  • 3走前の同舞台の
    ラピスラズリステークスでは
    上がり2位の末脚を使って
    2着に好走している
    • 開催が進み
      差し有利馬場になっていれば
  • 近走に比べて、相手関係は楽

タイセイアベニールは前走重賞に出走していた。過去の5年の勝ち馬は全て、前走重賞組だった。前走のシルクロードステークスでは上がり3位の末脚を使っていた。オープン競争を勝つ力はあるだろう。3走前の同舞台のラピスラズリステークスでは上がり2位の末脚を使って追い込んできた。開催が進んで差し有利馬場になっていれば面白い存在だろう。近走に比べて、今回は相手関係が楽になるので久しぶりの勝利があっても。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 7歳という年齢がどうか
  • 最後に勝利したのが、
    2020年5月の鞍馬ステークス
    • 2着が多い戦績なのが気になる
  • 追込馬なので、展開が向かないと
    勝ち切るまでは厳しい
    • WIN5の鉄則は迷ったら前!

過去5年の勝ち馬は全て6歳以下だった。本馬は7歳であり、上積みがどうか。また、追込なこともあり、勝ちきれない戦績が気になる。WIN5の鉄則は前の馬。土曜の馬場傾向を見ると、内が恵まれる印象があった。正直、追込馬は買いにくい馬場傾向だろう。

🏇ヴェントヴォーチェ(西村淳)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は2点

  • 近走の内容を見ていると
    先行して大崩れしていない
    • 迷ったら前の馬を選ぶ
    • 有力馬に差し馬が多い
  • 2走前のオパールステークスの
    内容を評価している
    • 内前有利の馬場の中
      6枠から外を回して5着まで粘った
    • 1人気に支持されていた

ヴェントヴォーチェは近走の内容を評価している。先行競馬をして、大崩れしていない。2走前のオパールステークスでは、内前有利の馬場の中、6枠から外を回して5着まで粘った。オープン競争で実力は通用する。今回は上位人気馬に追込馬が多いので、先行馬を優先して選びたい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 前走重賞組でない
  • 中央競馬場で走っていることが少なく
    急坂の適性があるかどうか
  • 脚元に不安がある馬なので
    間隔が詰まったローテがどうか

本馬は前走が重賞ではない。過去の勝ち馬は全て前走重賞組であることから、勝ち馬の特徴に一致していない。また、好走しているのはローカル競馬場が多く、中央競馬場のでの適性があるかが未知。それに加え、脚元に不安がある馬なので、間隔が詰まったローテがどうか。最終追切、陣営コメントを見て買うかどうか決めたい。

🏇ルッジェーロ(横山和)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走シルクロードステークス
    (重賞)に出走していた
    • 上がり3位の末脚を使えている
  • 3走前のラピスラズリステークスの
    内容を評価している
    • 内枠完全有利、かつ
      苦手な距離短縮ローテで
      勝ち馬に0.4秒差
    • 枠順とローテ次第では
      ラピスラズリステークス組に
      逆転可能

ルッジェーロは前走重賞組である。そこでタイセイアベニール同様、上がり3位の末脚を使っている。また、3走前のラピスラズリステークスの内容を評価している。内枠が非常に恵まれるかつ、苦手な距離短縮ローテで勝ち馬に0.4秒差だった。不利が重なったレースとしては健闘しただろう。枠順とローテ次第では負けたラピスラズリステークス組には逆転可能だろう。展開がハマればチャンスあり。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 7歳がどうか
  • 追込馬なので、展開が向かないと
    勝ち切るまでは厳しい
    • WIN5の鉄則は迷ったら前!

タイセイアベニール項でも話したが、過去5年の勝ち馬は全て6歳以下だった。本馬は7歳馬であることが気になる。また、追込馬なので展開が向かないと勝ち切るまでは厳しいと予想。

🏇タイセイビジョン(菅原明)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は2点

  • 前走阪急杯(重賞)に出走していた
    • 3人気に支持されていた
    • 内前が圧倒的に恵まれる中
      外目の枠から差し競馬をして
      敗戦したので度外視できる
  • 4走前のスプリングステークスでは
    上がり最速を使っている

タイセイビジョンは前走重賞組である。その中でも3人気に支持されており、実力は最上位だろう。前走は内前が圧倒的に恵まれる中、外目の枠から差し競馬をしたので敗戦も仕方がないだろう。度外視できる。また、4走前のスプリングステークスでは上がり最速を使っており、GⅠで上がり最速を使った経験があるということを評価したい。差し勢では本馬を最も上に取りたい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 前走の予想でも話したが
    善戦キャラなので1人気で買うべきか
  • タイセイアベニール
    ルッジェーロ同様、追込脚質は
    WIN5で買いづらい

前走の阪急杯の予想記事を引用

戦績を見ると2年前のアーリントンカップ以来勝利がない。馬柱を見ても勝ち切れず善戦キャラの印象は拭えない。善戦キャラの理由としては先行競馬では何かに差されてしまい、差し競馬では差し届かないから。1着以外は意味がないWIN5には向いていない

https://keiba-analysis.com/win5-2022hankyuuhai/

前走もそうだったが、展開が向かないと馬券内は厳しい。それに加え、近走は追い込んできて勝ちきれないという競馬が続いている。今回は1人気に支持されそうだが、勝ちきれない戦績を考えると手を出しづらい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇シャンデリアムーン(斎藤新)

この馬は対抗予定。強調材料は4点

  • 近走の内容を見ていると
    先行して力がある
    • 有力馬に差し・追込馬が多い
    • 穴なら先行馬
  • 右回りは4-0-1-6とピンかパーな
    戦績である
  • 1200mで全4勝
  • 4月から6月で全4勝

シャンデリアムーンは近走、先行できていることがプラス。土曜の馬場傾向を見ると、内が恵まれていた印象がある。本レースで先行できそうな馬が少ないので、本馬には期待したい。また、右回りは4-0-1-6とピンかパーな戦績であり、1200m、4月~6月で全4勝を挙げていることから穴馬であれば本馬だろう。軽斤量を活かして一発に期待したい。

現時点の予想

現時点予想

◎ヴェントヴォーチェ
○シャンデリアムーン
▲タイセイビジョン
△タイセイアベニール
消ルッジェーロ

以上、「電撃の短距離戦の解法とは?~春雷ステークス~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

有力馬に追込馬が多い…とはいえ、先行馬で有力な馬も少ない。どうしよう。ここは最後まで迷う。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA