中山マイルはもう見切った!~春興ステークス編~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
春興ステークスを予想します。

土曜の馬場傾向を見ると
内前が止まらなそうですね。

今回はどの馬が恵まれて
どの馬が厳しいのか考察しました。

春興ステークス
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

春興ステークス(3勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

直線が短いコースらしく内前が恵まれる。開幕が進んでいる場合は、多少外からも伸びる馬場が想定されるが、内前で抵抗されると届かないことが考えられる。イメージは2020年ストーミーシー(※1)、2021年トーラスジェミニ(※2)が通った黄色の位置。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

※1)2020年、内前で立ち回った1枠のストーミーシーが勝利

今回は立ち回りが器用な中山巧者の先行馬を狙いたい。

※2)2021年、内前で立ち回った3枠のトーラスジェミニが勝利

中山芝1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

コースの形状はおにぎり型の1600m。距離は1600mだが、他の競馬場の1600m戦とは関連性が薄く、中山芝1600mで好走する中山巧者を見つけて買いたいコース。

  • スタートしてからコーナーまでが短い
    • 先行馬は内枠が有利、外枠が不利
    • 外枠だと道中ずっと外を回されてしまう。
  • スタート後から3コーナーまで下り坂が続く
    • ペースが速くなりやすい

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴フォックスクリーク
    • 前走、キタサンブラックメモリアル15人気14着(逃げて敗戦)
      • 岩田望騎手→テン乗りの内田騎手
    • 本レースを重馬場で逃げて勝利
    • 昇級初戦、2戦目と1人気に支持されていた
    • 中山芝の勝利経験はなし
    • ハンデ54kg
  • 2020🐴レッドサイオン
    • 前走、スピカステークス1人気3着
      • ヒューイットソン騎手→ルメール騎手
    • 2走前、アメジストステークス2人気3着
    • 中山芝は未勝利戦で勝利
    • ハンデ56kg
  • 2019🐴イレイション
    • 前走、幕張ステークス4人気2着
      • 田辺騎手が継続騎乗
    • 中山芝1600mの2勝クラスで1-1-0-0
    • ハンデ56kg
  • 2018🐴フィアーノロマーノ
    • 前走、節分ステークス1人気5着
      • 川田騎手→デムーロ騎手
    • 1、2勝クラスを連勝した経験があり
    • 中山芝の勝利経験はなし
    • ハンデ54kg
  • 2017🐴ヒーズインラブ
    • 前走、同舞台の鎌ヶ谷特別で2人気1着
      • シュタルケ騎手が継続騎乗
    • 2勝クラス時代は常に3人気以内に支持されていた
    • ハンデ55kg
勝ち馬の共通点は?
  • 3勝クラスで3人気以内に支持されていた経験がある
    • 前走掲示板、もしくは逃げ競馬が出来る馬
    • 中山芝経験がなくてもOK
  • 昇級初戦は中山適性がある馬の方がよい
  • ハンデ54~56kg

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性
騎手との相性を中心に評価します。

🏇ウインシャーロット(石川)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は2点

  • 前有利の馬場傾向で恵まれそうな先行脚質
    • 内枠を引けた
  • 新馬戦から全9戦コンビを組む石川騎手が継続騎乗する

土曜の競馬を見ていても、前有利は明らかで前に行ける馬を狙いたい。ウインシャーロットは先行脚質であることが強みで、内枠を引けたこともプラスだろう。また、新馬戦から全9戦コンビを組む石川騎手が継続騎乗してくれることも大きなプラス。前走勝利した勢いそのままで連勝を目指す!

【不安材料】
不安材料は3点

  • 距離延長ローテがどうか
  • 右回りで勝利がない
  • 昇級馬は着差を付けていないと厳しい
    • 0.1秒差の勝利がどうか

WIN5的中のカギで昇級馬は以下のような評価を基本としている。

★昇級初戦は着差に注目する
 昇級馬は爆発力を感じない
 or
 着差0.1秒以内は基本軽視する
 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

苦手な距離延長ローテがどうか気になる。また、右回りで勝利がないのも買いにくい要素の1つ。自分は昇級馬を買う時に、着差を1つの目安としている。本馬は前走、0.1秒差の勝利であり着差を付けていないので、厳しいのではないかと考える。好走はできても、勝利するまでどうか。

🏇ソウルラッシュ(浜中)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は5点

  • 2連勝している戦績を評価している
    • 特に、前走の中山芝1600mは短縮→同距離という厳しいローテでありながら勝利した
  • 過去5年の勝ち馬の「昇級初戦は中山適性がある馬の方がよい」という特徴に合致する
  • 全成績が3-0-0-5とピンかパーな成績である
  • 競馬エイトの調教馬プレミアムである
  • 芝1600mでは2戦2勝である
    • どちらも浜中騎手と挙げたもの

ソウルラッシュは2連勝している戦績を評価している。特に、前走の中山芝1600mは短縮→同距離という厳しいローテでありながら勝利。今回はそのローテに比べたら楽になると予想。また、過去5年の勝ち馬の「昇級初戦は中山適性がある馬の方がよい」という特徴に合致する。WIN5向きな戦績であることも大きな強みだろう。また、競馬エイトの調教馬プレミアムであり状態も上向きである。それに加え、浜中騎手とコンビを組んだマイル戦では2戦2勝である。得意な鞍上と共に、3連勝に向けて視界良好だ。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 久しぶりの休み明けがどうか
  • ルーラーシップ産駒の1人気が不安
  • 昇級馬は着差を付けていないと厳しい
    • 0.1秒差の勝利がどうか

WIN5的中のカギで昇級馬は以下のような評価を基本としている。

★昇級初戦は着差に注目する
 昇級馬は爆発力を感じない
 or
 着差0.1秒以内は基本軽視する
 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

久しぶりの休み明けがどうかということが気になる。また、ルーラーシップ産駒は人気先行型が多く、1人気での信頼度は低い。ビックリボンとイメージが被る。ウインシャーロット項でも話したが、着差を付けていない昇級馬を過信しすぎないようにしたい。今回は1,2人気に支持されるようで買うかどうか最後まで考えたい。

🏇シンハリング(菅原明)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走の立志ステークスの内容を高く評価している
    • 圧倒的に内前が恵まれる馬場の中、外から差して勝ち馬に0.2秒差
    • 2着馬のインテンスライトは次走、同舞台の幕張ステークス(3勝クラス)で勝利している
  • 中山芝1600mの成績が良いダイワメジャー産駒である
    • 2017年以降、216回出走し、19勝している
    • 勝率9%は今回出走する種牡馬の中で最も高い値である

シンハリングは前走の立志ステークスの内容を高く評価している。圧倒的に内前が恵まれる馬場の中、外から差して勝ち馬に0.2秒差であった。最も強い競馬をしたのは本馬だろう。2着馬のインテンスライトは次走、同舞台の幕張ステークス(3勝クラス)で勝利しており、メンバーレベルは高かった。また、中山芝1600mの成績が良いダイワメジャー産駒であることもプラス。2017年以降、216回出走し19勝(勝率9%)は、今回出走する種牡馬の中で最も良い成績である。地力上位なのは明らかで、ここでオープン入りを果たしたい。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 前有利の馬場傾向で差し脚質なのがどうか
    • 差し届かずのパターンは考えておきたい

今日の馬場傾向を見ていると圧倒的に内前が恵まれる馬場傾向だった。差し脚質の本馬が勝ちきるまではどうか。前走同様に、差し届かずのパターンは考えておきたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ハーモニーマゼラン(戸崎)

この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 前走、幕張ステークスは手術明けながら3着に粘った内容を評価している
    • 戸崎騎手から、「手術の影響か、手応えほど伸びなかった」とコメントあり
    • 陣営から、「使って芯がしっかりしたし、得意の舞台で上位を目指したい」とコメントあり
  • 先行競馬ができる
  • 大型馬の明け2戦目である
  • 現級の中山芝1600mで実績がある
    • 現級で0-1-3-1である

ハーモニーマゼランは前走、幕張ステークスは手術明けながら3着に粘った内容を評価している。土曜の馬場傾向を見ると、内前を取れる馬を買いたい。本馬の前走の敗戦は、手術明けと言い訳がつくので度外視できる。陣営からも前走より仕上がった旨のコメントが出ており、期待したい。また、現級の中山芝1600mで実績があることは大きなプラス。現級での力の差を見せつけ、クラスを突破してほしい。

現時点の予想

現時点予想

ハーモニーマゼラン
ソウルラッシュ
▲ウインシャーロット
△ヴィッテルスバッハ
消シンハリング

以上、「中山マイルはもう見切った!~春興ステークス編~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

土曜の馬場傾向を見ると、外枠の差し馬には厳しいと感じたのでシンハリングの評価は下げた。内+前で決着すると予想。