中京ダートは椅子取り合戦??~鈴鹿ステークス編~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
鈴鹿ステークスを予想します。

左回り巧者が揃いました。
皆さんはどの左回り巧者を選びますか?

鈴鹿ステークス
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

鈴鹿ステークス(3勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

中京ダート1900mは中京ダート1800mより差しは決まる。ただ、中京ダートらしく先行馬狙いは変わらない。2月に行われた瀬戸ステークスの勝ち馬ハヤブサナンデクンを例に出します🏇
先行抜け出しが出来る馬を狙いたい!

5番手以内を取れる馬を狙いたい!

中京ダート1900mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中京ダート1900mは上り坂からのスタートする。内の逃げ・先行馬に展開が向きやすいコース形態である。

  • 1コーナーまで距離があるため枠順の差はあまりない
    • どちらかというと外枠が良い
  • 中京ダート全般に共通している、逃げ・先行馬が有利である
  • 直線は長いが、差し追い込みは決まりづらい

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇ペルセウスシチー(横山武)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • 前走の瀬戸ステークス(中京ダート1900m)で勝ち馬に0.1秒差だった内容を評価している
    • 3着馬に1.0秒差を付けていた
  • 左回り>右回りの戦績である
    • 中京は1-1-0-0
    • どちらも中京ダート1900mでのもの
  • 馬場が渋っても対応できる

ペルセウスシチーは前走の瀬戸ステークス(中京ダート1900m)での内容を評価している。3勝クラスで上位の力を持っているハヤブサナンデクンに0.1秒差だった。それに加え、3着馬に1.0秒差を付けていたことを考えると現級では力上位だろう。また、右回り:1-2-0-9に対して、左回り:2-2-1-2であり、左回りの適性がある。中京競馬場は得意舞台であり、1-1-0-0(どちらも中京ダート1900m)である。得意舞台で引き続き競馬ができるのはプラスだろう。惜敗にピリオドを打ち、オープン入りを果たしたい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 3勝クラスで力上位だが、善戦キャラ感が否めない
    • 後方からの競馬となると、差し届かずは考えられる
  • 頭数が14頭以上の時、15戦して1勝しかしていない

3勝クラスで力上位なのだが、差し脚質なこともあり勝ち切れないことが多い。善戦キャラのイメージが否めない。また、頭数が14頭以上の時、15戦して1勝しかしていない。頭数が増えると、勝率が下がる傾向にあるのが気になる。今回は16頭と頭数が揃い、勝ち切るまではどうか。

🏇ペプチドナイル(武豊)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は3点

  • 3連勝という戦績を評価している
    • ダートでは底を見せていない
    • 特に、3走前の未勝利戦の競馬が中京競馬場向き
    • 先行力があり安定している
  • 走法を見ていると広い競馬場の方が向いている
    • 中京競馬場>阪神競馬場と考える
  • 戦績が3-0-0-2とピンかパーな戦績である

ペプチドナイルは3連勝という戦績を評価している。3連勝するのは強さの証であり、底を見せていない魅力がある。特に、3走前の未勝利戦の勝ち方が中京競馬場向きと感じた。先行し、抜け出すという競馬ができるのは大きな強み。また、トビが大きいので、直線の長い広い競馬場が合っている印象がある。阪神競馬場→中京競馬場への舞台替わりはパフォーマンスを上げてくる可能性があるだろう。また、戦績が3-0-0-2とピンかパーな戦績であり、WIN5では抑えておきたい馬である。昇級初戦であるが、突き抜けて今後のダート界を引っ張っていってほしい。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 昇級馬は着差を付けていないと厳しい
    • 0.0秒差の勝利がどうか

WIN5的中のカギで昇級馬は以下のような評価を基本としている。

★昇級初戦は着差に注目する
 昇級馬は爆発力を感じない
 or
 着差0.1秒以内は基本軽視する
 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

本馬は前走、タイム差なしの勝利であり過信しすぎないようにしたい。昇級初戦でいきなり勝ち切るかまではどうか。

🏇レプンカムイ(鮫島駿)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は5点

  • 前走の加古川ステークスの内容を評価している
    • 不得意な右回り、差し有利な馬場傾向の中で先行し勝ち馬に0.4秒差
  • 全3勝は左回りで挙げている
  • 右回りの阪神競馬場→左回りの中京競馬場への舞台替わりは◎
  • 先行力があり安定している
  • サメカツ騎手が継続騎乗

レプンカムイは前走の加古川ステークスの内容を評価している。不得意な右回り、差し有利な馬場傾向の中で先行し勝ち馬に0.4秒差であった。その着差なら健闘した。前走の加古川ステークス後の回顧が以下。

▲レプンカムイは弱くはないはず、左回りで見直す。注意したいのは、4歳馬なので過信は禁物。

https://keiba-analysis.com/win5-20220213-retrospective/

今回、右回りの阪神競馬場→左回りの中京競馬場への舞台替わりは大きなプラスと予想する。先行力があり、安定感があるのも強み。また、この馬と相性抜群のサメカツ騎手が継続騎乗するのは大きい。得意の左回りでオープン入りを目指す。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 苦手な延長ローテがどうか
  • 初めての1900m戦がどうか

今回、久しぶりの延長ローテがどうか。それに加え、初の1900m戦ということもあり、パフォーマンスを下げる可能性があるのは頭に入れておきたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇メイショウフンジン(石橋)

この馬は単穴以下予定。強調材料は5点

  • 前走の灘ステークスの内容を評価している
    • 昇級初戦で2着に好走した
    • 内枠が不利な阪神ダート2000mで、内枠から先行していた
    • クラスにめどを立てた
  • 先行力があり安定している
  • 全3勝は左回りで挙げている
  • 右回りの阪神競馬場→左回りの中京競馬場への舞台替わりは◎
  • 中京ダートでメイショウが出走したら狙いたい

メイショウフンジンは前走の灘ステークスの内容を評価している。昇級初戦で、内枠不利の阪神ダート2000mで2着に好走した。クラスにめどを立てられただろう。本馬は先行力があり、安定していることが強み。全3勝は左回りで挙げており、右回りの阪神競馬場→左回りの中京競馬場への舞台替わりはプラス。また、オカルトだが先週のメイショウドヒョウでも話した通り、中京ダートでのメイショウの期待値は高いので覚えておきたい。

また、これはオカルトだがメイショウ冠名が中京ダートに出走した際に穴を開けているイメージがある。

https://keiba-analysis.com/win5-2022-nagoyazyous/
先週の名古屋城ステークスは完璧でした🐴

現時点の予想

現時点予想

◎レプンカムイ
○ペルセウスシチー
▲ペプチドナイル
△メイショウフンジン
消シルヴェリオ

以上、「中京ダートは椅子取り合戦??~鈴鹿ステークス編~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

先行力のある馬が多い印象。波乱はなく、印を回した4頭のいずれかが勝つと予想する。シルヴェリオは芝向きのハーツクライ産駒であり、ダート適性に疑問があるので今回は購入を見送る。