皐月賞に繋がるトライアル~スプリングステークス予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月20日に行われる
スプリングステークスを予想します。

今週は2度WIN5があります。
まずは日曜日的中できるよう予想しました🎯

予想をしてみて、上位馬に明確な不安点があり
軸を決めるのが難しいなと感じました。

どの馬を軸にするか決めるために
スプリングステークスで
上位人気馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

スプリングステークス予想

このレースではどんな観点が必要?

イメージとしては開催が進んでいるので、外から差して来られる馬を狙いたい。2020年の勝ち馬ガロアクリークが良い例。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2020年スプリングステークスの4コーナー
2020年スプリングステークスの4コーナーから直線の入り口

中山芝1800mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中山芝1800m上り坂からのスタート。すぐに1コーナーがあるので内枠が有利。外枠から先行するのは厳しく、勝つには好位に付けておきたい。最後の直線に急坂もあるので、タフさ・小回り適性がある馬をチョイスしたい。

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴ヴィクティファルス
    • 前走、重賞で連対している(0.4秒差)
  • 2020🐴ガロアクリーク
    • 近走で、中山競馬場を2度経験している
    • ホープフルステークス9人気11着、水仙賞6人気4着(0.3秒差)
  • 2019🐴エメラルファイト
    • 前走、白梅賞(京都1600m)3人気1着
    • 過去に2度重賞に出走経験あり
    • 朝日杯7人気6着、札幌2歳8人気4着
  • 2018🐴ステルヴィオ
    • 朝日杯、サウジアラビアRCでどちらも連対経験あり
    • 前走、朝日杯2着(0.6秒差)
  • 2017🐴ウインブライト
    • 前走、若竹賞(中山芝1800m)1人気1着(0.3秒差)
勝ち馬の共通点は?
  • 前走、重賞で連対している
  • 中山競馬場を経験している
    • 同舞台で勝利しているとなおよい
  • 前走、条件戦組は勝利が必須である

スプリングステークス出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇アサヒ(田辺)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は3点

  • 過去5走全て、上がり2位以内の末脚を使えている
  • 2走前の東スポ杯2歳ステークスではイクイノックスに0.4秒差の2着と世代力上位である
  • 前走の共同通信杯で2人気に支持された実力馬である
    • +12kgの馬体重、出遅れと敗因が明確であり度外視できる

アサヒは過去5走全て、上がり2位以内の末脚を使えていることが強み、過去の傾向を見ると上位の上がりを使うことが勝利の条件なのでそこに合致する。また、2走前の東スポ杯2歳ステークスでは牡馬クラシックの主役の1頭であるイクイノックスに0.4秒差の2着だった。世代で力上位の存在である。
前走の共同通信杯で2人気に支持された実力馬。その前走は+12kgの馬体重、出遅れと敗因が明確であり度外視できる。皐月賞のボーダーラインが上がってきており、ここでの勝負度合いは高いはず。巻き返しがあっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 出遅れ癖がある
  • 小回りの中山競馬場より、東京競馬場に適性がありそう

前走の共同通信杯、2,3走前の未勝利戦を見ると明らかだが、スタートが得意でない。出遅れ癖のある馬はWIN5では買いにくい。また、近走のパフォーマンスを見ていると東京競馬場>中山競馬場といった印象を持った。本馬の適性とはズレた中山競馬場で人気しすぎるのであれば積極的には買いづらい。

🏇アライバル(ルメール)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 前走の京成杯では1人気に支持された実力馬である
    • +16kgの馬体重増と敗因が明確であり度外視できる
  • 収得賞金が1,000万円と皐月賞に向かうには少ないためここの勝負度合いは高い
  • 中山が得意なルメール騎手が継続騎乗する

アライバルは前走の京成杯で1人気に支持されていた実力馬である。その前走は+16kgの馬体重増と敗因が明確であり度外視できる。また、皐月賞に出走するためにはここで権利を取らないと厳しいので、勝負度合いは高いだろう。それに加えて、中山競馬場が得意なルメール騎手が騎乗することもプラス。サウジアラビアで調子を取り戻した感のある鞍上が継続騎乗するのは心強い。

【不安材料】
不安材料は4点

  • ルメール騎手から、「広い競馬場が良い」とのコメントあり
  • 人気先行型である
  • ハービンジャー産駒が得意としていない距離短縮ローテーション
  • 栗田徹厩舎の直近5回の重賞勝利はタイトルホルダー、アルクトスのみである

前走後にルメール騎手から、以下のようなコメントがあった。

超スローペースでしたし、エンジンがかかるのに時間がかかりました。広い競馬場が良いですね。今日はプラス16キロ。次です

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/post_25559.html

このコメントを見る限り、中山競馬場では手を出しづらい。また、本馬は人気先行型のイメージがあり、イマイチ勝ちきれない。ハービンジャー産駒が得意としていない、距離短縮ローテーションなのも気になる。
それに加え、栗田徹厩舎は特定の馬で重賞を勝利している印象が強い。直近の5勝はタイトルホルダー、アルクトスの2頭のみである。今回、ルメール騎手が騎乗し人気が予想されるがそれほどの信頼度はないと考える。

🏇アルナシーム(福永)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は1点

  • 2走前の朝日杯フューチュリティステークスの内容を評価している。
    • 外差しが有利な馬場傾向の中、勝ち馬に0.5秒差の4着

アルナシームは2走前の朝日杯フューチュリティステークスの内容を評価している。外差しが有利な馬場傾向の中、内枠を引いてしまった不利がありながら掲示板を確保した。GⅠで掲示板を確保するのは実力がないとできないことだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 馬体重が減り続けている
  • 福永騎手の非根幹距離重賞の成績が良くない

馬体重が減り続けていることが気になる。3走前の東スポ杯2歳ステークスでは438kgだった体重が、2走続けてマイナス馬体重での出走となっている。また、京都記念の時も話したが、福永騎手の非根幹距離の重賞成績が良くない。中山1800mは特殊な条件であることからも手を出しづらい。

🏇ソリタリオ(横山武)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 前走のシンザン記念の内容を評価している
    • 上がり2位の末脚を使い、連対した実績がある
  • 中山中距離が滅法得意な横山武騎手への乗り替わり

ソリタリオは前走のシンザン記念の内容を評価している。上がり2位の末脚を使い、連対した実績面を評価したい。過去5年の勝ち馬を見ても、前走重賞で連対し勢いそのままに重賞制覇というパターンがあったので、本馬も期待できる。また、中山中距離が滅法得意な横山武騎手への乗り替わりもプラス。横山武騎手が得意としているスムーズな先行競馬をして初の重賞制覇があっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 初めての右回り戦である
  • モーリス産駒が得意な中京芝1600mからの舞台替わり

新馬から5戦連続で左回りを使っており、6戦目にして初の右回り戦である。若駒は経験が重要であり、初の右回りはどうなのか未知である。また、モーリス産駒は中京芝1600mを得意としており、前走より恵まれない条件になると予想する。それでどこまでやれるか。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇オウケンボルト(Mデムーロ)

この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • 中山競馬場の経験が豊富である
    • 1800~2200全ての距離を経験済
  • 人気がない時の関東厩舎に騎乗するMデムーロ騎手が不気味

オウケンボルトは中山競馬場での経験が豊富である、内・外周りどちらも経験しているのは大きなプラス。また、人気があまりない関東厩舎に騎乗するMデムーロ騎手が不気味である。デムーロ騎手は人気薄で穴を開けることが多いので警戒しておきたい。

現時点の予想

現時点予想

◎アライバル
○オウケンボルト
▲アサヒ
△ソリタリオ
消アルナシーム

以上、「皐月賞に繋がるトライアル~スプリングステークス予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

過去5年の勝ち馬の共通点に該当する馬が少ないです。その上、アライバルも中山競馬場で自信を持って推せるかというと微妙なところで…。頭数が揃うこともあり、枠順が確定してから最終結論を出したい。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA