【フィリピントロフィー予想】混戦を断つのは?

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

フィリピントロフィーを予想します。

2勝クラスであり、各馬の力が
拮抗しています。
どの馬から攻めるか、難しいですよね。
このレースはWIN5対象1レース目で
なんとしても突破したいですよね?!?!

そこで、フィリピントロフィーの
注目馬解説を書きました🏇

このブログを最後まで読むと
小倉芝1800mで勝つ馬は
どんなタイプか
出走する馬たちの特徴が見えてきます🐴

角馬の特徴を掴み、取捨選択することで
WIN5的中🎯の道は開かれます🌟

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

予想のコンセプト『先行競馬ができそうな馬!』

◎サトノペルセウス
○ホウオウジョルノ
▲メイショウベッピン
消アトリビュート、トゥルーヴィル

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

フィリピントロフィー(2勝クラス)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

右回りの6分割

小倉芝1800mは

④外先行

まだ、開幕して浅いので
なるべく外前にいる馬を狙いたい!

馬場を考えると、内ラチよりも
ラチから3頭分ほどを通したい。

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

アトミカ

🏇アトミカ

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の蓬莱峡特別は超前有利の中、
    中団後方から差し競馬をした
    • 前を通った馬に有利な馬場傾向で
      あり、後方から差す本馬には
      厳しい競馬となった
  • 2走前の野島崎特別は10人気ながら
    4着に好走
    • 外が伸びる馬場で、内枠(2枠)を
      引いてしまい、かつ直線で挟まれて
      加速を妨げられた
    • 不利が重なりながらも、
      上がり最速の末脚を
      使っていることを評価
  • 3走前の四国新聞杯は苦手な
    距離延長ローテで8人気ながら
    上がり2位の末脚を使い、3着に好走
    • 現級で上位の末脚を使っている
      ので、クラスで通用する力がある
  • 中央で唯一勝利を挙げているのは
    福島芝1800mであり、
    小回り適性はあると判断する
  • 先週を見ていると、前有利の
    馬場傾向となるので、展開が向いて
    外が伸びる馬場なら一発があっても

【WIN5的中のカギからの学び】

★隅田川特別 ユキノファラオ

 混戦だったら、前走上がり最速で

 掲示板を確保している馬は買っておく

 もう3回目。次はしない

★斑鳩ステークス

 ルプリュフォール

 前走上がり最速で5着は

 追い込み馬でも抑える

 追い込み馬だからという理由で

 考えず消さない

★賢島特別 エグレムニ

 前走上がり最速で5着は

 人気薄でも抑える

 掲示板ではなくても距離延長で

 位置が取れそうなら抑える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ポルックスSクレスコブレイブ

 近走で現級で上がり最速使っていた馬は注意

★斑鳩ステークス

 ルプリュフォール

 差し・追い込み馬は少頭数になると

 恵まれる可能性があるので

 頭数ごとの成績は確認しておく

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★志摩ステークス ライティア

 3勝クラスの牝馬限定戦でのみ

 活躍してきた馬を過信しすぎない

 ようにする。負けるとしたら?

 を常に考える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

アトミカは前走の蓬莱峡特別は「超前有利」の中、中団後方から差し競馬をした。直線で前を通った馬に有利な馬場傾向であり、後方から差す本馬には厳しい競馬となった。2走前の野島崎特別は10人気ながら、4着に好走。「外」が伸びる馬場で、内枠(2枠)を引いてしまい、かつ「直線で挟まれて」加速を妨げられた。そんな不利が重なりながらも、上がり最速の末脚を使っていることを評価したい。3走前の四国新聞杯は「苦手な距離延長ローテ」で8人気ながら、上がり2位の末脚を使い、3着に好走。近走、現級で上位の末脚を使っていることから、クラスで通用する力があると判断する。また、中央競馬で唯一、勝利を挙げているのは福島芝1800mであり、小回り適性はあると判断。先週を見ていると、「前有利」の馬場傾向となるので、展開が向いて、外が伸びる馬場なら一発があっても。

【不安材料】

  • 人気薄の追い込み馬は
    手を出しづらい
  • 小倉の馬場が差し有利に
    なっていればよいが、先週を
    見る限りは前有利の馬場傾向である
    • 枠順と前日の馬場を見て、
      購入するかどうか決めたい

人気薄の追い込み馬は手を出しづらいのが正直なところ。また、小倉の馬場が「差し有利」になっていればよいが、先週を見る限りは「前有利」の馬場傾向である。枠順と前日の馬場を見て、購入するかどうか決めたい。

アトリビュート

🏇アトリビュート

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の蓬莱峡特別は超前有利な
    馬場を生かし、2番手から
    上がり2位の末脚を使い、3人気2着
  • 2走前の小豆島ステークスは
    内を通る馬が有利な馬場傾向で
    外を通り3人気4着
    • 勝ち馬のジャスティンカフェは
      外を通り勝利したが、本馬は
      後にエプソムカップで1人気に
      支持されるほどの実力馬
    • 2,3着馬は本馬より
      内を通っていた馬
    • 通る場所次第で着順は
      変わっていたと予想
  • 4,5走前の2勝クラスはどちらも
    2着に好走
    • 負けた相手がワールドバローズ、
      カイザーバローズとどちらも後に
      重賞に出走する馬との戦いで
      相手が悪かった
  • テン乗りにはなるが、松山騎手への
    乗り替わりはプラス

【WIN5的中のカギからの学び】

★関門橋Sダブルシャープからの学び

 近5走で5着以内に

 入っている回数を確認する

 ローカル巧者は前走だけではなく

 広い視点で判断する

 他の重賞に出走する馬と

 僅差の競馬が出来ていたなら評価する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★東風ステークス

 ボンセルヴィーソ

 善戦キャラであろうと

 相手関係が弱いと勝てるので

 相手関係を見る前に善戦キャラだから

 という理由で切らない

★両国特別

 ヴィルヘルム?スーパーホープ?

 どっちが勝つか序列を付ける

 その上で、序列が下の馬で

 勝つイメージが湧かないなら買わない

 安心感で置きに行く買い方はしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★志摩ステークス ヴァトレニ

 昇級馬が「上位人気になっているケース」

 「勝ちきれない現級馬が人気」の場合

 現級で上位争いしている馬がいたら

 不当に人気ない可能性がある

★ホンコンJCT ピュアブレンド

 2勝クラスは前走上がり最速の末脚を

 使っている馬には注意(3度目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★志摩ステークス ライティア

 3勝クラスの牝馬限定戦でのみ

 活躍してきた馬を過信しすぎない

 ようにする。負けるとしたら?

 を常に考える

★フラワーカップ

 危険な1人気を見抜く力を身に付ける

 隅田川特別レッドロワ、フラワーカップ

 シンティレーションのように違和感を

 感じた1人気馬は買わない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

アトリビュートは前走の蓬莱峡特別は「超前有利」な馬場を生かし、2番手から上がり2位の末脚を使い、3人気で2着に好走。2走前の小豆島ステークスは「内」を通る馬が有利な馬場傾向で、「外」を通り3人気で4着に敗戦。勝ち馬のジャスティンカフェは「外」を通り勝利した。ただ、本馬は後にエプソムカップで1人気に支持されるほどの実力馬であるので本馬と比較しづらい。2,3着馬は本馬より「内」を通っていた馬ので、通る場所次第で着順は変わっていたと予想。ジャスティンカフェを除けば、2勝クラスを勝ち上がる力はある。また、4,5走前の2勝クラスは、どちらも2着に好走。負けた相手が「ワールドバローズ」、「カイザーバローズ」とどちらも後に重賞に出走する馬との戦いで、相手が悪かっただろう。それに加え、テン乗りにはなるが、松山騎手への乗り替わりはプラスと判断する。

【不安材料】

  • 近走を見ていると、馬券の軸としては
    最適だが勝ち切るまではどうか
    • この手のタイプは人気に対して、
      勝ち切る可能性が低いので
      思い切って切ることも
      選択肢に入れたい

近走を見ていると、馬券の軸としては最適だが、勝ち切るまではどうか。この手のタイプは人気に対して、勝ち切る可能性が低いので、思い切って切ることも選択肢に入れたい。現時点では軽視の予定。

ベストクィーン

🏇ベストクィーン

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

①逃げ

【近走内容・強調点】

  • 前走の天神橋特別は苦手な
    距離延長ローテの中、逃げて4着
    • 前有利の馬場を生かしての
      好走とはいえ、逃げてレースが
      できていることを評価したい
  • 2走前の熱田特別は勝利のない
    1400m戦での敗戦
    • 度外視でよいだろう
    • 距離延長ローテ自体は歓迎では
      ないが、本馬の適性距離は
      1600~2000mの印象
  • 近走を見ていると、2勝クラスで
    1着馬との着差が縮まってきており、
    クラスの目処は立ってきている
    • 3走前1.4秒差、
      2走前0.9秒差、
      前走0.6秒差
  • ハンデ戦であり、51kgの軽斤量で
    出走できる
    • 先週の小倉は軽斤量の馬が
      有利な馬場傾向だった

【WIN5的中のカギからの学び】

★むらさき賞、安土城ステークス

 気になる逃げ馬がいたら

 エイトの調教欄を確認!

★アメジストステークス

 ノースブリッジ

 重馬場であれば、前!

 とにかく前にいく馬を優先する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

★高松宮記念 ナランフレグ

 荒れるなら芝という考えを持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★マーメイドステークス

 ウインマイティー

 混戦時は競馬エイトの調教欄を確認!

 どちらも◎の人気馬がいたら注意!

★夏至ステークス ダノングリスター

 上位人気に不安を感じたら

 競馬エイトの穴工場(2回目)

※マーメイドステークスで確認できた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ベストクィーンは前走の天神橋特別は「苦手な距離延長ローテ」の中、逃げて、4着。「前有利」の馬場を生かしての好走とはいえ、逃げてレースができていることを評価したい。WIN5において、逃げ馬の存在は重要。2走前の熱田特別は「勝利のない1400m戦での敗戦」であり、度外視でよいだろう。今回の、距離延長ローテ自体は歓迎ではないが、本馬の適性距離は1600~2000mの印象がある。適距離でレースが出来ることは歓迎だろう。近走を見ていると、2勝クラスで1着馬との着差が縮まってきており(3走前1.4秒差、2走前0.9秒差、前走0.6秒差)、クラスの目処は立ってきている。また、ハンデ戦であり、51kgの軽斤量で出走できるのは大きな魅力。先週の小倉は軽斤量の馬が有利な馬場傾向だったので、それを生かして立ち回れれば。

【不安材料】

  • 前走同様、苦手な距離延長ローテ
    での出走となるのがどうか
  • Dランクの藤懸騎手が
    騎乗するのがどうか

前走同様、苦手な距離延長ローテでの出走となるのがどうか。本馬は距離延長ローテで良績が少なく、気になる。また、Dランクの藤懸騎手が騎乗するのがどうか。基本WIN5でDランク騎手を買うのは控えている。馬場が圧倒的に前有利でない限り購入は見送る予定。

騎手ランク表

メイショウカクウン

🏇メイショウカクウン

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の明石特別は内前が有利な
    馬場傾向の中、外から差し競馬をして
    4着と掲示板を確保した
    • 明石特別の上位3頭は
      後に、3勝クラスに駒を進めている
    • 2勝クラスとしては
      ハイレベルレース
    • 勝利がない2000m戦で掲示板を
      確保したのは力を付けてきた証
  • 2走前の中京で行われた2勝クラスは
    勝利がない左回り、2000mと
    厳しい条件が重なってのもの
  • 1勝クラスの時に、今回と同舞台の
    小倉芝1800mで2着の経験あり
    • 4走前の玄海特別を見ていると、
      本馬が最も強さを活かせるのは
      小倉芝1800mと判断
  • 今回は全2勝を挙げている、右回り、
    得意の距離短縮での1800m戦となり、
    前走からのパフォーマンスの
    上昇が見込める
  • メイショウの2頭出しであり、
    警戒したい

【WIN5的中のカギからの学び】

★メイショウの法則には気を付ける

 メイショウが複数頭出しの時

 人気薄には注意!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス キタノリューオー

 Dランク騎手の差し馬は基本買わない!

★ホンコンJCT ドゥラドーレス

 少頭数のレースでは往々にして

 スローになりすぎて、差し届かず

 となることがあるので

 2点買うというのも選択肢に

 入れておく

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 混戦で迷った際は競馬エイトの

 調教馬プレミアムを買い目に入れる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

メイショウカクウンは前走の明石特別は「内前有利」な馬場傾向の中、外から「差し競馬」をして4着と掲示板を確保した。明石特別の上位3頭は後に、3勝クラスに駒を進めている。2勝クラスとしてはハイレベルレースだったといえる。また、前走は「勝利がない2000m」で掲示板を確保したのは力を付けてきた証と考える。2走前の中京で行われた2勝クラスは「勝利がない左回り」、「2000m」と厳しい条件が重なっての敗戦。度外視でよいだろう。また、1勝クラスの時に、今回と同舞台の小倉芝1800mで2着の経験がある。舞台設定は問題ないだろう。4走前の玄海特別を見ていると、本馬が最も強さを活かせるのは小倉芝1800mと判断している。それに加えて、今回は全2勝を挙げている、「右回り」、「得意の距離短縮」での1800m戦となり、前走からのパフォーマンスの上昇が見込める。何と言ってもメイショウの2頭出しであり、警戒したい。

【不安材料】

  • 叩き良化型なので、
    中13週空いたローテがどうか
    • 勝利している2勝は
      中2週以内のもの
  • 近走の横山典、和生騎手と比較すると
    Dランクの富田騎手への
    乗り替わりがどうか

本馬がは叩き良化型なので、中13週空いたローテがどうか。勝利している2勝は中2週以内のものであり、今回勝ち切るまでどうか。また、近走の横山典、和生騎手と比較すると、Dランクの富田騎手への乗り替わりがどうか。ベストクィーン項でも話したが、基本的にDランクの騎手が騎乗する馬は購入は見送っている。

メイショウベッピン

🏇メイショウベッピン

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の舞子特別は内前有利な
    馬場傾向の中、外から
    差し競馬をして2着に好走
    • 馬場傾向に反して好走した
      内容を評価したい
  • 2走前の芦ノ湖特別も
    苦手な距離延長ローテ、
    馬場の内~真ん中が有利な
    馬場傾向の中、外から
    差し競馬をして4着
    • 上がり2位の末脚を使っており、
      現級で上位の存在である
  • 3走前の2勝クラスは差し有利な
    馬場傾向に恵まれながら、
    4人気3着に好走
    • このレースも上がり2位の
      末脚を使っている
  • 距離延長ローテは不安だが、
    前走で1400mを経験していることで
    先行することができれば
    チャンスあり
  • メイショウの2頭出しであり、
    警戒したい

【WIN5的中のカギからの学び】

★メイショウの法則には気を付ける

 メイショウが複数頭出しの時

 人気薄には注意!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ホンコンJCT ピュアブレンド

 2勝クラスは前走上がり最速の末脚を

 使っている馬には注意(3度目)

★ストークステークス

 1頭本命を決めて

 もう1頭買うとなった場合

 現級で上位人気に

 支持されていた馬には警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

※成功こそしなかったが、UHB賞で意識して対処

https://keiba-analysis.com/win5-key/

メイショウベッピンは前走の舞子特別は「内前有利」な馬場傾向の中、「外」から差し競馬をして2着に好走。馬場傾向に反して好走した内容を評価したい。2走前の芦ノ湖特別は「苦手な距離延長ローテ」、「馬場の内~真ん中が有利」な馬場傾向の中、「外」から差し競馬をして、4着に健闘。上がり2位の末脚を使っており、現級で上位の存在であると判断する。3走前の2勝クラスは「差し有利」な馬場傾向に恵まれながら、4人気で3着に好走。このレースも上がり2位の末脚を使っているのは好感が持てる。距離延長ローテは不安だが、前走で1400mを経験していることで先行することができればチャンスありだろう。また、メイショウの2頭出しであり、警戒したい。

【不安材料】

  • 前走の阪神1400mからの
    400mの距離延長ローテがどうか
  • 差し競馬で結果を残していること
    が気になる
    • 先週までの小倉は前有利の
      馬場傾向であり、なるべく
      先行できる馬を選びたい
  • 芝で勝利経験がない

前走の阪神1400mからの400mの距離延長ローテがどうか。距離延長ローテを得意としていないので、パフォーマンスを下げる可能性がある。また、差し競馬で結果を残しているのも気になる。先週までの小倉は「前有利」の馬場傾向であり、なるべく先行できる馬を選びたい。それに加えて、芝で勝利経験がないのがどうか。勝ち切るまでどうか。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手

サトノペルセウス

🏇サトノペルセウス

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 半年の休養明けがどうかも、
    前走の1勝クラスは2着馬に
    0.3秒差付けて勝利している
    • 先行して、上がり2位の末脚を
      使っており、1勝クラスでは
      力が抜けていた
  • 2走前の1勝クラスは苦手な
    距離延長ローテで初の芝、
    中央競馬で3着
    • ダート1000m→芝1800mの
      距離延長に対応するのは
      相当力があると判断
  • 阪神1800mと小倉1800mの適性が
    異なるものの、先行しており、
    小回りに対応できる可能性はある

【WIN5的中のカギからの学び

★昇級初戦は着差に注目する

 昇級馬は爆発力を感じない

 or

 着差0.1秒以内は基本軽視する

 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

★常滑特別 アナレンマ

 昇級馬は自分より前に実績のある

 現級馬がいる場合は

 そちらを優先するのも選択肢の一つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★昇級馬は「着差を付けている」

「該当距離・回りの勝利経験あり

(当該舞台の勝利実績も可)

「先行馬」の馬を優先して買う

 昇級馬が複数頭いた場合は

 上記の3点を満たす馬を優先

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★福島中央テレビ杯 ルクルト

 2勝クラスの基本は前走で

 上位の上がりを使えている馬

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★弥彦ステークス クロワドフェール

 昇級戦で間隔が半年以上空いている馬は

 基本軽視する

※UHB賞のヴィズサクセスで成功

https://keiba-analysis.com/win5-key/
望来騎手の買う条件は以下

3勝クラスかOPの中で
馬番1桁、1桁オッズ、関西馬
1200m~1900mの
5つ全てに該当した場合
それ以外は買わない

サトノペルセウスは昇級馬であるが、2着馬に0.3秒と着差を付けて勝利している。半年の休養明けがどうかも、調教次第では買い目に入れるか検討したい。

🏇ホウオウジョルノ

【馬タイプ】

①逃げ

【近走内容・強調点】

  • 2走前の和田岬特別は差し馬有利の
    展開の中、逃げて6着
    • 差し馬が有利な展開の逃げでの
      敗戦は度外視でよい
  • 3走前の脊振山(せふりさん)特別は
    逃げて今回と同舞台の
    小倉芝1800mを勝利している
    • 馬場次第であるが、内前有利な
      馬場になったら妙味あり
  • 今回横山典騎手への乗り替わりは
    変わり身が見込める
  • 近走、装着していなかった
    ブリンカーを装着する

【WIN5的中のカギからの学び】

★巌流島Sメイショウミモザ

 初ブリンカーを見逃さない

★隅田川特別

 テンバガー

 初ブリンカー組を買うことは継続する

★福島中央テレビ杯 ステラダイヤ

 初ブリンカーは押さえる

 1200mのロードカナロア産駒の巻き返し

 には改めて警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★節分Sホウオウラスカーズ

 前走掲示板じゃない馬

 妙味を考えても対抗までにする

■例外

 銀蹄Sシゲルタイタン(石橋)

 ニュートンテソーロ(戸崎)

 掲示板組が極端に少ないかつ

 その馬に騎乗する騎手が物足りない場合

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★志摩ステークス ヴァトレニ

 中穴(5~8人気)の逃げ馬には警戒

 かつ

 3勝クラス、かつ

 Cランクの騎手が乗っていた場合

 特に警戒

★むらさき賞、安土城ステークス

 気になる逃げ馬がいたら

 エイトの調教欄を確認!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ホウオウジョルノ初ブリンカー装着ということで押さえる。前走は大敗しているが、2走前のレースぶりから、クラスでも通用する力があると判断する。馬場が前有利のままだと買いやすい存在。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎サトノペルセウス
○ホウオウジョルノ
▲メイショウベッピン
消アトリビュート、トゥルーヴィル

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:WIN5回顧~CBC賞・ラジオNIKKEI賞~
🐴火:七夕賞~狙いたい馬は決まっている!~
🐴水:プロキオンS~1700m適性~
🐴木:天の川S~外枠さえ…~
🐴金:フィリピンT
🐴土:五稜郭S
🐴日:WIN5最終予想~七夕賞・プロキオンS~

以上、【フィリピントロフィー予想】混戦を断つのは?でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここは難しい。前日の人気・枠・調教など様々な点を考慮して、買い目を決めたい。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA