【パラダイスステークス予想】馬場の恩恵を最も受けるのは?

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

パラダイスステークスを予想します。

リステッドのメンバーにしては
豪華なメンバーが揃っています✨
楽しんで予想しましょう!
最終週とはいえ、基本は前の馬です!

そこで、パラダイスステークスの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎リフレイム
○ヴィジュネル
▲ウーリリ

△トリプルエース
消ルークズネスト

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

パラダイスステークス(L)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

左回りの6分割

東京芝1400mは
直線が長いが

①逃げ
④外先行

を狙いたい!

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇グレイイングリーン

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の阪急杯は昇級戦でありながら
    掲示板を確保
    • 上位に入線した馬は内枠
      内を立ち回った馬であり
      7枠12番を引いた本馬には
      不利な馬場傾向だった
    • そんな中、掲示板を確保
      したのは強さの証
  • 2走前の新春ステークスは内前が
    有利な馬場傾向の中
    内後方から差し切った
    • 1頭だけ脚が違っており
      オープンで活躍できる器が
      あると感じた
  • 全4勝を1400mという
    距離で挙げている
    • その内、岩田望騎手と
      3勝を挙げている

【WIN5的中のカギからの学び】

★鞍馬ステークス

 シゲルピンクルビー

 近走重賞で先行して

 5人気以内に支持されていた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★安土城ステークス

 リレーションシップ

 重賞好走した馬は過剰人気になる

 傾向があるので注意

★香嵐渓特別

 メイショウコジョウ

 1人気を対抗にしない。買うなら本命。

 追込馬の1人気を過信しない。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★清津峡特別 サニーオーシャン

 WIN5において追込馬を過信しない

★夏至ステークス ダノングリスター

 上位人気に不安を感じたら

 競馬エイトの穴工場(2回目)

※マーメイドステークスで確認できた

https://keiba-analysis.com/win5-key/
望来騎手の買う条件は以下

3勝クラスかOPの中で
馬番1桁、1桁オッズ、関西馬
1200m~1900mの
5つ全てに該当した場合
それ以外は買わない

グレイイングリーンは前走の阪急杯は昇級戦でありながら、掲示板を確保。上位に入線した馬は「内枠」、もしくは「内を立ち回った」馬であり、7枠12番を引いた本馬には不利な馬場傾向だった。そんな中、掲示板を確保したのは強さの証だろう。2走前の新春ステークスは「内前」が有利な馬場傾向の中、内後方から差し切った。1頭だけ最後の伸び脚が違っており、オープンで活躍できる器があると感じた。また、全4勝を1400mという距離で挙げており、距離は問題ないだろう。その内、岩田望騎手と3勝を挙げており、騎手との相性も良いのはプラス。

【不安材料】

  • 岩田望騎手を買う条件を満たしていない
    • 差し馬であり、人気馬であるのは
      強調しにくい
    • netkeibaの想定通り、1人気で
      あるなら手を出さない予定
  • 前走重賞で好走している馬の
    取り扱いは慎重にしたい
    • 過剰人気になりがち

岩田望騎手を買う条件を満たしていないのが気になる。差し馬の人気馬であるのは強調しにくく、差し損ねる可能性は頭に入れておきたい。現在のnetkeibaの想定通り、1人気であるなら、手を出さない予定。また、前走重賞で好走している馬の取り扱いは慎重にしたい。過剰人気になりがちなことがあるので最後まで人気は見ておきたい。

🏇コムストックロード

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

②中団内差し
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の葵ステークスは9人気と
    低評価ながら2着に好走
  • 2走前の橘ステークスはキャリア最長の
    休養明けのレースだった
    • 6着に敗れはしたものの
      上がり2位の末脚を使い
      追い込んできている
    • この日は内前が有利な
      馬場傾向だったので
      馬場の真ん中を通る時点で
      勝つのは厳しかった
  • 3走前、つわぶき賞は4コーナー先頭で
    勝利している
  • 4走前、赤松賞で苦手な
    距離延長ローテの中3人気6着
    • 4コーナー3番手
    • 赤松賞はスターズオンアース
      ナミュール、パーソナルハイなど
      ハイレベルレース
    • スターズオンアースに0.2秒差
  • 3歳馬であり、50kgで出走できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★春興ステークス

 ハンデ戦は2択に迷ったら

 斤量の重い馬を選ぶ

★日本ダービー ドウデュース

 重賞の的中率を考えたら

 重賞以外で1点作る選択肢を持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★スピカステークス

 ホウオウエミーズ

 馬場傾向が分からない場合は

 先週と同様の馬場傾向として馬券を組む

 今回は、内前有利の馬場傾向と予想

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★清津峡特別 スイーツマジック

 馬場傾向>該当回りの勝利経験

 該当回りの勝利経験が

 なくとも馬場を活かせば

 勝ちきれるから

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★天皇賞春 タイトルホルダー

 馬場には勝てないので

 前有利と感じたり、差し有利と感じたら

 思い切って本命を変えるといった

 選択肢を持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

コムストックロードは前走の葵ステークスは9人気と低評価ながら、2着に好走。重賞で好走した実績は評価したい。2走前の橘ステークスはキャリア最長の休養明けで6着に敗れた。敗れはしたものの、上がり2位の末脚を使い、追い込んできている。橘ステークス当日は内前が有利な馬場傾向だったので、馬場の真ん中を通る時点で勝つのは厳しかった。巻き返しは可能だろう。3走前のつわぶき賞は4コーナー先頭から、押し切って勝利している。4走前、赤松賞で苦手な距離延長ローテの中、3人気6着。4コーナー3番手でレースをしていた先行力は評価したい。その赤松賞はスターズオンアース、ナミュール、パーソナルハイなどハイレベルレースだった。2冠馬のスターズオンアースに0.2秒差であったので世代上位の力があるだろう。何といっても、3歳馬であり、50kgで出走できるのはプラス。軽斤量の3歳馬は警戒したい。

【不安材料】

  • 距離延長ローテがどうか
    • 勝利している2戦はどちらも
      距離短縮ローテ

距離延長ローテがどうか。キャリアで勝利している2戦はどちらも距離短縮ローテであり、歓迎できるローテではないだろう。

🏇リフレイム

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

①逃げ

【近走内容・強調点】

  • 前走の京王杯スプリングカップは得意の
    東京競馬場、初の重賞で
    4人気に支持されながら8着
    • 差し有利の展開
      逃げた本馬には厳しかった
    • 着差として0.5秒差であり
      善戦した
  • 2走前のダービー卿CTは3人気に
    支持されながら15着に大敗
    • 勝利がない左回り
      差し有利の傾向の中
      逃げてのもの
    • 大敗だが、度外視でよい
  • リステッド競争になり
    相手関係が楽になる
  • 同型馬のキタイより、外枠に
    入れたので外から被せて逃げられそう
    • 逃げ馬はWIN5では押さえる
  • 左回りを得意としており
    全4勝が左回りでのもの
    • その内、3勝は東京競馬場でのもの
    • 野中騎手とも2勝

【WIN5的中のカギからの学び】

★東風ステークス

 アオイクレアトール

 前走、重賞組は人気しやすいので

 買うかどうかは見極める

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★福島民報杯 アンティシペイト

 近3走以内に重賞で3人気以内に

 支持されている馬がいたら要警戒!

 その条件で2択になり

 どちらかを取る時は若い馬

 もしくは競馬エイトの調教ランキングが

 良い方を選ぶ

 今回であればダブルシャープと

 アンティシペイト

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★安土城ステークス

 リレーションシップ

 重賞好走した馬は過剰人気になる

 傾向があるので注意

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★韋駄天ステークス

 ジュニパーベリー

 騎手ランクDの騎手が1人気に

 騎乗している際に買うか

 どうかは吟味する

★むらさき賞、安土城ステークス

 気になる逃げ馬がいたら

 エイトの調教欄を確認!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

リフレイムは前走の京王杯スプリングカップは得意の東京競馬場、初の重賞で、4人気に支持されながら、8着に敗れた。差し有利の展開であり、逃げた本馬には厳しい展開だったと判断する。着差として0.5秒差であり、展開不向きの中、善戦しただろう。2走前のダービー卿CTは、3人気に支持されながら、15着に大敗。「勝利がない左回り」、「差し有利の傾向」の中、逃げてのもの大敗であるので、度外視でよい。リステッド競争になり、相手関係が楽になるのはプラス。また、同型馬のキタイより、外枠に入れたので、外から被せて逃げられそうなのもプラスだろう。逃げ馬はWIN5では絶対押さえる。それに加え、左回りを得意としており、全4勝が左回りでのもの。その内、3勝は東京競馬場でのもので、野中騎手とも2勝している。舞台、鞍上共に不安はない。

【不安材料】

  • 前走の負け方を見ると、東京芝1400m
    より東京芝1600mに適性がある印象
    • 近走、重賞組なので
      過剰人気にならないか
      そこは最終的に判断したい

前走の負け方を見ると、東京芝1400mより東京芝1600mに適性がある印象を受けた。どちらかといえば東京芝1600m戦で買いたい。また、近走、重賞組なので、過剰人気にならないか、そこは最終的に判断したい。

🏇リレーションシップ

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の安土城ステークスは1400m戦で
    先行競馬ができていた
  • 2走前の京王杯スプリングステークス
    3走前の阪急杯では
    中団後方からの競馬になっていた
  • 先行競馬ができるようになったのは
    評価したい
  • 全成績が4-1-0-12と
    ピンかパーに近い戦績
    • 14頭以上のレースで
      4-0-0-10とピンかパーな戦績
    • 全4勝のうち、3勝は1400m戦

【WIN5的中のカギからの学び】

★マーメイドステークス

 ウインマイティー

 混戦時は競馬エイトの調教欄を確認!

 どちらも◎の人気馬がいたら注意!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ユニコーンステークス

 当該距離で勝利がない人気馬を頭で買わない

 最後の失態にしよう(2回目)

 根岸ステークスのソリストサンダーでしている

https://keiba-analysis.com/win5-key/

リレーションシップは前走の安土城ステークスは1400m戦で先行競馬ができていた。本馬は差し損ねるイメージがあるので、先行競馬ができるようになっているのなら評価したい。2走前の京王杯スプリングステークス、3走前の阪急杯では中団後方からの競馬になっていた。また、全成績が4-1-0-12とピンかパーに近い戦績であり、14頭以上のレースで4-0-0-10とピンかパーな戦績であるのもWIN5向きである。それに加え、全4勝のうち、3勝は1400m戦でのものであるのもプラス。

【不安材料】

  • 後方からの競馬になる人気馬を
    積極的に買いたくない
  • 戸崎騎手は芝よりダートの
    期待値が高い騎手
    • 乗りやすい馬ではない印象があり
      乗り替わりがどうか

後方からの競馬になる人気馬を積極的に買いたくない。先ほど先行競馬ができているなら、評価したい。と話したが、そうならず後方からになる可能性はある。また、戸崎騎手は芝よりダートの期待値が高い騎手である。芝で人気馬の時に積極的には買いたくない。それに加え、本馬は乗りやすい馬ではない印象があり、乗り替わりがどうか。

🏇ルークズネスト

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の谷川岳ステークスは休養明けで
    2人気に支持されながら7着
    • 敗れはしたが、位置を取って
      先行競馬が出来た
  • 全て人気は下回っているものの
    重賞で上位人気に支持されている
    • 2走前の京都金杯は3人気
      3走前の阪神カップは5人気
      4走前のスワンSは2人気
  • WIN5において、先行が出来る
    近走重賞実績馬は警戒したい

【WIN5的中のカギからの学び】

★マーガレットステークス

 ヴィアドロローサ

 転厩初戦は基本的に見送る

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★鞍馬ステークス

 シゲルピンクルビー

 近走重賞で先行して

 5人気以内に支持されていた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★中京芝1600mは

 ロードカナロア・モーリス産駒には注意

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ルークズネストは前走の谷川岳ステークスは休養明けで、2人気に支持されながら7着。敗れはしたが、位置を取って先行競馬が出来たことは評価したい。近走、全て人気は下回っているものの、重賞で上位人気に支持されている。これは力があるからこそと判断している。2走前の京都金杯は「3人気」、3走前の阪神カップは「5人気」、4走前のスワンSは「2人気」また、WIN5において、先行が出来る、近走重賞実績馬は警戒したい。本馬が良績を残していた時は先行していた時で今回もその可能性があるなら警戒しておきたい。

【不安材料】

  • 転厩初戦がどうか
  • 左回り実績で人気するかもしれないが
    左回り実績は全て中京でのもの
    • モーリス産駒は中京マイルを
      得意としている
    • 東京芝1400m替わりは
      プラスではない

転厩初戦がどうか。自分は転厩初戦は基本軽視している。人気薄ならまだしも、人気馬はリスクがある。また、左回り実績で人気するかもしれないが、本馬の左回り実績は全て中京でのもの。モーリス産駒は中京マイルを得意としており、過剰な評価は禁物と判断。自分は東京芝1400m替わりはプラスではないと考えている。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇ヴィジュネル

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 左回り>右回りの馬なので
    2,3走の凡走は度外視出来る
  • 4走前の京都金杯は12着と
    大敗しているように見えるが
    着順は0.8秒差
    • ベストは左回り1400mであり
      距離が長かったと考えると
      健闘した
  • 5走前の奥多摩ステークス同様の
    舞台でパフォーマンスの
    上昇が見込める
  • 前走の安土城ステークスは
    先行したものの、外に振られ
    内が伸びる馬場だった
  • 近走の負けで人気を落とすなら妙味あり

ヴィジュネルは左回り>右回りの馬なので、2,3走の凡走は度外視出来る。4走前の京都金杯は12着と、大敗しているように見えるが、着順は0.8秒差である。本馬のベストは左回り1400mであり、京都金杯は距離が長かったので、健闘しただろう。今回は、5走前の奥多摩ステークス同様の舞台で、パフォーマンスの上昇が見込める。本馬が最も得意な舞台は東京芝1400mだと判断する。また、前走の安土城ステークスは先行したものの、外に振られてしまった。内が伸びる馬場だったので、敗戦は度外視でよいだろう。3走前の阪急杯から狙っていた馬。高配当のトリガーとして、ここでは狙う。

🏇ウーリリ

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走、初ブリンカー
    初の1400m戦でありながら
    通過順位が3-2-2と先行できた
    • 今回も引き続き
      ブリンカー着用
      距離慣れが見込めれば
  • 調教の動きも抜群で、陣営から
    「この馬のらしさが戻ってきた」と
    コメントあり
  • 前走同様、先行できれば
    穴を開けるチャンスありと予想
  • 武藤騎手も若手の中では
    穴を開けられる技量がある騎手と
    判断している

ウーリリは前走、「初ブリンカー」、「初の1400m戦」でありながら、通過順位が3-2-2と先行できた。初の1400m戦で流れに乗って競馬が出来たのは地力があるからこそ。今回も引き続きブリンカー着用するとのことで、距離慣れが見込めればチャンスありだろう。それに加え、調教の動きも抜群で、陣営から「この馬のらしさが戻ってきた」とコメントあり。また、武藤騎手も若手の中では穴を開けられる技量がある騎手と判断しているので、期待している。

🏇トリプルエース

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 2走前の六甲ステークスで
    1年以上の休養明けから
    復活した馬
    • 穴で考えたが、長期休養明け
      だったため見送った
    • 勝ち馬に1.1秒差であれば健闘した
  • 前走の鞍馬ステークスは叩いた上積みを
    見せられるかと期待していたが
    鞍上が中井騎手ということで
    陣営の勝負度合いを感じず、見送った
    • 苦手な距離延長ローテ
      道中、詰まっていながら
      勝ち馬に0.8秒差
    • 調教も悪くなく、状態は
      上がってきていると予想
  • 今回は得意の距離延長ローテで出走できる
  • 今回は鞍上が菅原明騎手への乗り替わりで
    近3走の中では最も勝負度合いを感じる
  • 休養する前は東京新聞杯で2人気に
    支持されていた馬であり
    能力が戻ってきていれば
    ここで勝負になってもよい

トリプルエースは2走前の六甲ステークスで、1年以上の休養明けから復活した馬。その際に穴で考えたが、長期休養明けだったため見送った。1年以上の休養明けで勝ち馬に1.1秒差なのであれば、健闘しただろう。前走の鞍馬ステークスは叩いた上積みを見せられるかと、期待していた。ただ、鞍上が中井騎手ということで陣営の勝負度合いを感じず、見送った。そんな中、「苦手な距離延長ローテ」、「道中、詰まる不利」がありながら、勝ち馬に0.8秒差だった。競馬エイトを見ると、調教も悪くなく、状態は上がってきていると予想する。また、今回は得意の距離延長ローテで出走できるのもプラス。それに加え、今回は鞍上が菅原明騎手への乗り替わりで、近3走の中では最も勝負度合いを感じる。休養する前は東京新聞杯で2人気に支持されていた馬であり、能力が戻ってきていればここで勝負になってもよいと判断する。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎リフレイム
○ヴィジュネル
▲ウーリリ

△トリプルエース
消ルークズネスト

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:WIN5回顧~マーメイド・ユニコーン~
🐴火:宝塚記念~天気に注意!~
🐴水:大沼S~ローカル1700m巧者を狙え~
🐴木:花のみちS~ここは1点~
🐴金:甲州街道S~混戦を極めた時には基本から~
🐴土:パラダイスS
🐴日:WIN5最終予想

以上、【パラダイスステークス予想】馬場の恩恵を最も受けるのは?でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここはハンデ戦らしく手広く。