2強のどちらを上に取る?~大阪杯(GⅠ)予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
大阪杯(GⅠ)を予想します。

グランプリホース
エフフォーリアの今年初戦ですね。

1強だと思われていましたが
新生ジャックドールの登場で
2強の様相を呈しています。
楽しみなレースですね!

大阪杯(GⅠ)
上位人気馬5頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎エフフォーリア
キングオブコージ
ジャックドール
△アカイイト
★ヒシイグアス
消レイパパレ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

大阪杯(GⅠ)予想

このレースではどんな観点が必要?

大阪杯は阪神芝2000m内回りで行われるレース。「先行して、器用に立ち回る競馬が出来る馬」を狙いたい。最もイメージしやすい例が2019年の勝ち馬アルアイン。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2019年大阪杯4コーナー入り口

内前で脚を溜めて、抜け出せる馬を狙いたい!

阪神芝2000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝2000mは内回りコースを使用するので、コーナーを4つ回る形態である

  • スタート直後に坂を上るので、ペースは速くなりにくい
  • 3コーナーから直線途中まで下り坂である
    • コーナーで加速する器用さが求められる
  • コーナーで加速した後、最後に坂があるので、タフになりやすい

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴レイパパレ
    • 5連勝で大阪杯を迎えている
      • 全て1人気に支持されてた
    • 2000m以上の重賞で連対経験あり
      • チャレンジカップで阪神内回りの勝利経験あり
    • ディープインパクト産駒
    • ノーザンファーム生産馬
  • 2020🐴ラッキーライラック
    • 前走、中山記念2人気2着
    • 2000m以上の重賞で連対経験あり
      • エリザベス女王杯勝利
    • オルフェーヴル産駒
    • ノーザンファーム生産馬
  • 2019🐴アルアイン
    • 前走、金鯱賞3人気5着
    • 2000m以上の重賞で連対経験あり
      • 皐月賞、セントライト記念、京都記念、2018大阪杯、オールカマー
    • ディープインパクト産駒
    • ノーザンファーム生産馬
  • 2018🐴スワーヴリチャード
    • 前走、金鯱賞1人気1着
    • 2000m以上の重賞で連対経験あり
      • ダービー、アルゼンチン共和国杯、金鯱賞
    • ハーツクライ産駒
  • ノーザンファーム生産馬
  • 2017🐴キタサンブラック
    • 前走、有馬記念2人気2着
    • 2000m以上の重賞で連対経験あり
      • セントライト記念、菊花賞、大阪杯(GⅡ)、天皇賞春、京都大賞典、ジャパンカップ、有馬記念
    • ブラックタイド産駒
    • ヤナガワ牧場生産馬
勝ち馬の共通点は?
  • 前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている
    • 5連勝しているならGⅢでもOK
  • 2000m以上の重賞で連対経験あり
  • サンデーサイレンス系がGⅠに昇格してから、5連勝中

大阪杯(GⅠ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇アカイイト(幸)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は6点

  • 前走の金鯱賞では内前有利の馬場傾向で、中団から競馬をした内容を評価している
  • 勝ち馬の特徴である、「2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしている
  • タフな流れが得意なので、内回り特有の持続力勝負で持ち味を出せる
  • 右回りで5勝中4勝を挙げており、右回りへの舞台替わりは歓迎
    • 阪神は3勝を挙げている得意コース
  • 明け2戦目は2-1-0-1と成績が安定している
  • 手が合っている幸騎手が継続騎乗する

アカイイトは前走の金鯱賞で内前有利の馬場傾向の中、中団から競馬をして3着に好走した。その内容を評価している。追込一辺倒ではなく、位置を取る競馬ができるようになると、安定感が増す。内回りのレースをするにあたって位置を取れるようになっているのはプラス。また、過去5年の勝ち馬の特徴である「2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしていることはプラス。キズナ産駒はタフな流れが得意なので、内回り特有の持続力勝負は望むところだろう。それに加え、右回りと阪神競馬場を得意としている。特に全5勝のうち3勝は阪神競馬場で挙げているものであり舞台替わりは歓迎。
それに加え、明け2戦目の成績が2-1-0-1と安定しており、手が合う幸騎手が継続騎乗することも大きなプラスだろう。エリザベス女王杯以来、2勝目のGⅠ勝利を目指す。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 勝ち切るとしたら、マクり競馬だと考える
    • 大阪杯は先行して立ち回る馬が有利なので、買いたいキャラとはズレる

先行競馬で勝ち切る絵が見えない。金鯱賞で位置を取る競馬ができてきたとはいえ、まだまだ発展途上である。この馬が最も強さを見せられるのはエリザベス女王杯のような、マクり競馬であり、勝ち切るならそれしかないと考える。大阪杯は過去のレース傾向を見ると、先行抜け出しで勝つ馬が多く、買いたいキャラとズレるのが正直なところ。

🏇エフフォーリア(横山武)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は5点

  • 全成績が6-1-0-0とWIN5では抑えておかないといけない成績である
  • 勝ち馬の特徴である、「前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている、2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしている
  • 前走は有馬記念で1人気に支持され、上がり最速を使い勝利している
  • 先行して抜け出せる器用さがあり、大崩れしない
  • 斤量が57kgに増えるが、その実績があるので問題ない

エフフォーリアは全成績が6-1-0-0と圧倒的であり、現役最強馬だろう。また、過去5年の勝ち馬の特徴である、「前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている、2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしており、実績に不足はない。前走の有馬記念では上がり最速を使い、勝利した。本馬は先行して抜け出す競馬ができる器用さがあり、大崩れしないのは強み。また、今回斤量が57kgに増えるが皐月賞、ダービーと同斤量で結果を残しているだけに不安はない。現役最強馬としての格を見せつけてほしい。

【不安材料】
不安材料は4点

  • 負けるとしたら外枠を引き、逃げ馬に逃げ粘られるという展開だろう
    • ジャックドールという強烈な逃げ馬がいるので、足をすくわれる可能性はある
  • 初輸送である
  • 1週間追い切りは余裕があると騎手が話している
    • 最終追いでどこまで仕上がるか、状態は最後まで見ておきたい
  • 横山武騎手が重賞未勝利である

実は不安材料も少なくない。負けるとしたら、逃げ馬に逃げ切られるという展開だろう。今回初対戦のジャックドールという強烈な逃げ馬がいるので、確勝級かと言われると微妙な気がする。それに加え、初めての関西輸送である。自分は輸送に関してはデリケートなものだと考えているので、多少の割引はする。また、横山武騎手が1週間追い切り後に、「まだ余裕がある」と話していた。最終追いでどこまで仕上がるか、最後まで状態は見ておきたい。それに加え、去年絶好調であった横山武騎手がまだ、重賞未勝利である。そういった不安材料が露呈し、足をすくわれる可能性も頭に入れておきたい。

🏇ジャックドール(藤岡佑)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 5連勝という戦績を評価している
  • 特に前走の金鯱賞の内容を評価している
    • 前半1000mを59.3というペースで入りながら、最後は上がり3位の末脚を使い逃げ切った
    • 1人気に支持され勝ち切った
    • 2着に0.4秒差を付けた
  • 勝ち馬の特徴である、「前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている、2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしている

ジャックドール5連勝という戦績を評価している。去年のレイパパレもそうだったが、5連勝は強さがないとできないこと。特に前走の金鯱賞の内容を評価している。1人気に支持され、前半1000mを59.3というペースで入りながら、最後は上がり3位の末脚を使い逃げ切った。強さに痺れた。GⅡで2着に0.4秒差を付けたのは本馬の実力があることの証明だろう。エフフォーリアと同様に、過去5年の勝ち馬の特徴を満たしていることもプラス。今回は勢いそのままに、有馬記念ウィナーを倒す逃げ切りを期待したい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 前走のレコードの影響がどうか
  • 同型馬のアフリカンゴールドとの兼ね合いがどうか
  • 初の斤量57kg、久しぶりの右回りがどうか

前走の金鯱賞は素晴らしい内容だったが、レコード勝利の反動が気になる。また、同型馬のアフリカンゴールドとの兼ね合いがどうか。主張すれば逃げ切れると予想するが、そこで余計な脚を使ってしまう可能性はある。それに加え、初の57kg、久しぶりの右回りがどうかは気になる。連勝馬は負けるまで買えと格言があるので、買うつもりではいるが不安材料が多いことは引っかかる。

🏇ヒシイグアス(未定)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は3点

  • 近走内容を評価している
    • 前走の香港カップではラヴズオンリーユーに次ぐ、2着の内容を評価している
    • 2走前の天皇賞秋では休養明けであり、かつ外枠と不利な状況で5着は評価している
  • 好位抜け出しが出来るので大阪杯の勝ち馬のキャラと合致する
  • 父はサンデー系のハーツクライである

ヒシイグアスは近走内容を評価している。前走の香港カップではラヴズオンリーユーに次ぐ2着、2走前の天皇賞秋では休養明けであり、かつ不利な外枠で5着は復調してきた証だろう。本馬は好位抜け出しが出来る脚質なので、大阪杯の勝ち馬のキャラと合致する。いかにも内回り2000mが合いそうな脚質である。また、大阪杯はサンデー系が強いレース、ハーツクライ産駒であるのがプラス。本馬には一発を期待したい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 輸送があると堀厩舎の成績が落ちる
  • 休み明けで状態がどうなのか
  • 松山騎手か外人騎手以外が騎乗した時どうなのか

今回は阪神競馬場への輸送になるが、堀厩舎の馬は関西圏になると少し成績を落とすのが気になる。また、休み明けでGⅠを勝ちきるまでの状態になっているかどうか。それに加え、松山騎手の負傷もあり、未だに鞍上が決まっていないことも不安材料である。

🏇レイパパレ(川田)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の金鯱賞で久しぶりの馬券内で、復調の兆しが見えた
  • 全7勝でコンビを組む川田騎手が継続騎乗
  • 父はサンデー系のディープインパクトである

レイパパレは前走の金鯱賞で久しぶりの馬券内に入り、復調の兆しが見えた。先行し、折り合って競馬を出来るようになったのはプラスだろう。全7勝でコンビを組み、阪神芝で無類の強さを誇る川田騎手が継続騎乗なのは心強い。また、大阪杯はサンデー系が強いレースでディープインパクト産駒であるのがプラス。去年の覇者として、意地を見せたい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 連覇は厳しい
  • 去年は5連勝と勢いに乗ってきたが、今年は違う

同一GⅠを連覇するというのは相当の強さ・適性がないと厳しい。本馬は去年重馬場・展開に恵まれての勝利だったと考える。今年は馬場が渋らず、逃げれなそうということを考えると厳しい競馬になりそう。また、ディープインパクト産駒は勢いが大事な種牡馬である。去年は5連勝と勢いに乗り、本レースに挑んできたが今年は去年ほどの勢いがない。そうすると買いづらい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇キングオブコージ(横山典)

この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • 勝ち馬の特徴である、「前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている、2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしている
  • 右回りで6勝中5勝を挙げており、引き続き右回り競馬場でレースができる
  • 今年絶好調のロードカナロア産駒である

キングオブコージは過去5年の勝ち馬の特徴である、「前走、GⅡ以上で3人気以内に支持されている、2000m以上の重賞で連対経験あり」を満たしている。また、右回りで全6勝中5勝を挙げており、引き続き右回り競馬場でレースができることはプラス。今年はロードカナロア産駒が絶好調で、本馬の重賞連勝に期待したい。

現時点の予想

現時点予想

◎エフフォーリア
キングオブコージ
ジャックドール
△アカイイト
★ヒシイグアス
消レイパパレ

以上、「2強のどちらを上に取る?~大阪杯(GⅠ)予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

エフフォーリア1点で抜くか、エフフォーリア+他馬でいくかは最後まで迷いたい。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA