WIN5対象レース1R目【武庫川ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月20日に行われるWIN5対象レース
1R目武庫川ステークスを予想します。

武庫川ステークスは
阪神芝1600mで行われます。
紛れが起こりにくい王道コース
です。

馬の能力をしっかり見極めるために
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

武庫川ステークス(3勝クラス)予想

阪神芝1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝1600mは、紛れが起こりにくいチャンピオンコースの1つ。桜花賞をはじめとして、若駒のGⅠで使用されている。直線の長さが450m以上あるので末脚が強烈な馬が有利なコース。

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

条件を満たす馬は7頭です。
その中で特に注目する3頭の考察と
不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇シャーレイポピー(鮫島駿)

【考察】
この馬は対抗~4番手予定。強調材料は3点

  • 全3勝のうち、阪神芝1600mで3勝している
  • 2021年紫苑ステークスで4着に入った実績を評価している
  • 2走前の五色沼特別の内容を評価している

本馬は阪神マイルで全3勝をあげており、舞台設定に不安はない。
2021年紫苑ステークスでは秋華賞2着馬のファインルージュに0.4秒差の4着という実績がある。そのレース同様に先行競馬が出来れば、チャンスがある。
2走前の五色沼特別では、勝ち馬タガノディアーナに食らいついてタイム差なしの2着。勝ち馬が次走の3勝クラス(節分ステークス)で2着に好走している。2走前のレベルは決して低くないだけに、得意舞台で力を出し切れれば昇級初戦で通用してもおかしくない。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 昇級戦の前走が0.1秒差勝利
  • 斤量55kgを背負った経験がない

昇級馬の扱いは慎重にしたい。
WIN5的中のカギに以下のような記述がある。

★昇級初戦は着差に注目する

 昇級馬は爆発力を感じない

 or

 着差0.1秒以内は基本軽視する

 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

前走の2勝クラスの勝ち方を見ると、余裕がある勝ち方ではなかった。昇級初戦となる今回好走なら考えられるが、勝ち切るまではどうか。
また、斤量55kgを背負った経験がないのは気になる。

🏇ディヴィーナ(藤岡佑)

【考察】
この馬は軽視の予定。強調材料は1点

  • 前走着差を付けて2勝クラスを勝利したこと

先ほどシャーレイポピーの項で話したが、自分は昇級馬に対して、着差を目安として使用する。本馬は0.3秒差を付けて2勝クラスを勝利した。着差を付けたこと自体を評価している。阪神競馬場で勝利がないが、近走の内容をみるとマイルがベストだと考えられるので阪神1600mは楽しみな舞台である。

【不安材料】
不安材料は4点

  • 前走より条件が恵まれなくなる
  • 勝利を収めたのは全て左回りである
  • 斤量55kgを背負った経験がない
  • モーリス産駒は中京1600mが得意

前走より条件が恵まれなくなることが戦績を見て感じた。モーリス産駒は中京1600mを得意にしており、直近の2連勝はその面の後押しもあったと考える。得意の中京1600mから阪神1600mに替わるのはプラスではない。
その上、勝利を収めたのは全て左回りであること、斤量55kgを背負った経験がないことが不安。明確な不安材料があるが、水曜日現在netkeibaさんの想定オッズだと1人気なので、正直妙味を考えると手を出しづらい。

🏇ソウルトレイン(横山典)

【考察】
この馬は本命~単穴予定。強調材料は4点

  • 昆貢厩舎の馬である
  • 前走の僅差だった相手が重賞出走馬である
  • 右回り>左回りの戦績
  • 去年の同レースで勝ち馬に0.3秒差に好走した内容を評価している

ノリに乗っているノリさん×昆貢厩舎の組み合わせは期待できる。
前走は3勝クラスで勝ち馬に0.1秒差の2着だった。そこで負けたワールドバローズが次走東京新聞杯に出走していた。重賞出走馬に対して、0.1秒差であればここで好勝負してもおかしくない。戦績を見ても、右回りで全3勝をあげており前走より条件は好転するとみられ、舞台替わりで上昇を見込める。
去年の同レースでは昇級初戦ながら、勝ち馬に0.3秒差の4着に好走した。その際に先着を許した馬3頭のうち2頭(エアロロノア、ノルカソルカ)は3勝クラスを突破している。レベルが高いレースだった。3走前のストークステークスは7着に敗れ馬柱を汚しているが、勝ち馬に0.5秒差であり大きく負けてはいない。その際に先着を許した馬にはユニコーンライオン、グランデマーレ、アクアミラビリス、エアファンディタといったその後オープンで活躍する馬たちだった。このレースレベルも高かったと考えてよい。今回のメンバー相手であれば3勝クラスを突破する可能性はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 3勝クラスで頭打ち感が否めない
  • 前走の内容に魅力を感じなかった

3勝クラスでの近走を見る限り、頭打ち感が否めない。前走は7頭立てでありながら、5人気であった。前走からは3勝クラスを勝ち切るまでのインパクトを感じなかった。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇トオヤリトセイト(斎藤新)

3勝クラスで2度馬券になっている実力馬。3,5走前の3勝クラスでは、勝ち馬にそれぞれ0.2秒,0.3秒差の僅差な競馬をしている。
前走は直線でスムーズさを欠き、追い出しが遅れて3着だった。本馬はどちらかというと、右回りで好成績を残しており引き続き右回りで競馬できることはプラス。末脚が鋭い馬なので、直線が長い阪神芝1600mも合うだろう。3勝クラスでも上位の末脚を使えていることから、展開が向けば差し切りも十分考えられる。昇級馬が人気するのであれば、実績馬を上に取りたい。

現時点の予想

現時点予想

ソウルトレイン
トオヤリトセイト
▲シャーレイポピー
消ディヴィーナ

非常に混戦模様です。昇級馬を上に取るか、3勝クラス実績馬を上に取るかですが自分は後者を上に取ることを選びました。
※2/17に修正
リッケンバッカーが回避のため、印を変更

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。