WIN5対象レース4R目【京都記念(GⅡ)予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月13日に行われるWIN5対象レース
4R目京都記念を予想します。

京都記念は例年好メンバーが揃います。
今年のGⅠ戦線を占う重要なレースです。
各馬の特徴を掴み馬券的中に繋げましょう!

京都記念で上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

先週のきさらぎ賞では◎マテンロウレオ
東京新聞杯では○イルーシヴパンサーでした🔥
京都記念の予想も期待してください!自信ありです🐎

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

普段はTwitterでWIN5に関して書いてます🐎
下記の「WIN5的中のカギ」は人気記事なので
まだご覧になったことがない方はぜひご覧ください!

WIN5的中に向けて🎯

京都記念(GⅡ)予想

阪神芝2200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神2200mは季節によって、表情を変えるコース。皆さんご存知のように宝塚記念で使用される。梅雨の時期は内が荒れ、外枠が有利になる。全体の傾向としては3~4コーナーから動いていける機動力とタフさがある馬が有利(一番イメージしやすいのはクロノジェネシス)馬場が綺麗な場合は内回りということもあり、差し馬には厳しい展開になることがある。

京都記念出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される予定の
各馬考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇ユーバーレーベン(Mデムーロ)

【考察】
この馬は対抗~4番手評価の予定。強調材料が3つ

  • GⅠ実績がある
  • 中間の調整が順調である
  • 阪神2200mに強いMデムーロ騎手が騎乗する

京都記念は過去の勝ち馬を見ても、ラヴズオンリーユー、クロノジェネシス、サトノクラウンなどGⅠ実績がある馬の好走が目立つ。ユーバーレーベンはオークス馬。京都記念はオークス好走馬が好走するレース。
調教師の手塚先生は良くも悪くも正直な方。中間の調子を包み隠さず伝えてくれる、今回の手塚先生コメントは以下。

デビューしてから一番いい。調教はオークスの時よりいい。このくらいの状態だったら秋華賞でも良い勝負ができていたのでは」

https://news.yahoo.co.jp/articles/64a39ca61a286762893eb6898c5bf357cb96ab2f

手塚先生がここまで言うなら信用していい。
阪神2200mに強いMデムーロ騎手が継続騎乗するのも大きなプラス。

【不安材料】
不安材料が2つ

  • 追込脚質である
  • 阪神2200m適性の不安がある

調子がいいのは確かだと思うが、追込脚質なのが気になる。内回りを使用するため、後方一気では差し届かずということが考えられる。
勝ち切ったオークスは会心の騎乗がハマってのもの。この馬のベストは東京2400mだと考える。東京2400mと阪神2200mは真逆と言っていい条件なため、阪神2200m適性に不安がある。

🏇レッドジェネシス(藤岡康太)

【考察】
この馬は3番手以下の予定。強調材料が2つ

  • 頭数が13頭以下の時は3-1-1-1と好走率が高い
  • 非根幹重賞実績がある

神戸新聞杯の時に確信したが、この馬の買い時は少頭数でこそ。実際に頭数が13頭以下の時は3-1-1-1と好走率が高い。今回は登録馬が13頭と手ごろでこの馬の買い時であることは確か。
また、京都記念は非根幹重賞であり、非根幹重賞実績がある馬を高く評価したい。この馬は京都新聞杯、神戸新聞杯と2つの非根幹重賞で連対している。ここでも好勝負の可能性はある。

【不安材料】
不安材料が2つ

  • 追込脚質である
  • 川田騎手からの乗り替わり

ユーバーレーベン同様、追込脚質であることも気がかり。前走の菊花賞と似た競馬になってしまう可能性がある。
また、トップ騎手である川田騎手からの乗り替わりは割引せざるを得ない。川田騎手は阪神競馬場で圧倒的な成績を残している騎手。その川田騎手がレッドジェネシスではなく、共同通信杯のダノンスコーピオンを選んだことで勝負度合いが分かる。乗り替わりで人気するなら手を出しづらい。

🏇ジェラルディーナ(福永)

【考察】
この馬はきっと今週の本命。強調材料は4つ

  • 3,4走前の小倉1800mでのパフォーマンスの高さ
  • 4歳牝馬であり、53kgで出走できる
  • 距離延長が得意な斉藤崇史厩舎である
  • 福永騎手が騎乗する

3,4走前の小倉1800mでのパフォーマンスが圧巻だった。どちらもラスト5Fで11秒台を刻むタフな展開だったが、突き抜けて勝利。クロノジェネシスの新馬戦と似たものを感じた。自分は『小倉1800mと阪神2200mの適性は近い』と考える。

小倉1800mと阪神2200mの適性は近いのはなぜ?

小倉1800mはラスト5Fで11秒台のラップを刻みタフになりやすく
阪神2200mは3,4コーナー中間から動き出し、最後に急坂がありタフになりやすいから

このように自分は小倉1800mで好走した馬を阪神2200mで高評価にしている。
それに加えて4歳牝馬で53kgで出走でき、今回は2000m→2200mの距離延長となるが、距離延長が得意な斉藤崇史厩舎なのも推し材料。
福永騎手が継続騎乗なのもプラス。また、ルメール騎手、川田騎手、松山騎手などのトップジョッキーが阪神競馬場にいないのも追い風。

【不安材料】
不安材料2つ

  • 重賞実績がない
  • モーリス産駒の阪神成績が良くない

ジェラルディーナをここぞとばかりに推したが、不安材料がないわけではない。ユーバーレーベンの項でも話したように、京都記念の勝ち馬は既に重賞で実績がある馬がほとんど。馬券内をみてもGⅠ・GⅡで掲示板に入ったことがある馬がほとんど。この馬はGⅢで前走2人気に支持されながら勝ち馬に0.8秒差負けた4着。重賞で勝ち負けできるかは未知。
また、モーリス産駒の阪神競馬場成績が良くないこともマイナス。

🏇マリアエレーナ(坂井)

【考察】
近5レース全てで馬券内の安定感のある馬。前走の愛知杯では3人気に支持され前にいた馬には厳しかった展開の中に2着に好走。アンドヴァラナウト、シゲルピンクダイヤ、マジックキャッスルに先着したという事実は覚えておきたい。
4歳牝馬であり、53kgで出走でき、鞍上の坂井騎手と相性が良いことがプラス。勢いそのままに重賞初制覇があっても。

【不安材料】
血統面から考えて、クロフネ産駒を2000m超のレースで積極的に手を出しづらい。クロフネ産駒は2000mがギリギリであることが多い。唯一好走したのがソダシの札幌記念。この馬がそのレベルにあるかは疑問。
また、この馬が高いパフォーマンスを発揮しているのは左回りであり、陣営は左回りを優先して選択している。今回は重賞初の右回りで、通用するかは未知なことも不安。

🏇サンレイポケット(鮫島駿)

【考察】
以前は後方から強烈な末脚を使って、突っ込んできていた馬。近走は位置を取れるようになり、戦績が安定してきた。
2走前は後の有馬記念勝ち馬のエフフォーリアに0.5秒差、前走先着を許したのは現役屈指の馬たち(コントレイル、オーソリティ、シャフリヤール)の3頭のみ。
このメンバー内では実績は上位。位置を取れるようになった今なら右回りで通用しても。

【不安材料】
マリアエレーナの項でも話したが、右回りで重賞で通用するかは未知。過去重賞10回出走しているが、全て左回り。近2走でGⅠで好走をして、人気するようなら今回は静観が妥当か。京都記念は4,5歳馬が強いレースであり、7歳という年齢が気になる。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ラーゴム(池添)

前走の中日新聞杯は内前が恵まれすぎていたレース。その中で7枠14番の外枠を引いてしまい、13着。展開が向かなすぎた。
中日新聞杯組の次走を見てみると展開に恵まれなかったボッケリーニ、キングオブコージ、シフルマンがOP、重賞で好走したり、巻き返しが目立つ。
この馬の2走前は阪神競馬場でボッケリーニ(後にAJCCで3着に好走)に勝っていることから実力はある。人気がないなら妙味十分!

現時点の予想

現時点予想

◎ジェラルディーナ
○ユーバーレーベン
▲ラーゴム
△アフリカンゴールド
★レッドガラン
消レッドジェネシス

開幕週の阪神2200mはどんな傾向になるか読みにくいですが、ジェラルディーナは自在性があるので大丈夫でしょう!信頼しています🐎

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。