WIN5対象レース3R目【北九州短距離ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月13日に行われるWIN5対象レース
3R目北九州短距離ステークスを予想します。

荒れやすい小倉1200mのオープン競走です。
レース前に各馬の特徴を捉えておきましょう

そこで北九州短距離ステークスで
上位人気馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇

今回は気になる穴馬が3頭いたので
その記載もあるので
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

北九州短距離ステークス(オープン)予想

小倉芝1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

小倉芝1200mは、スタートしてから下り坂になっているため前傾ラップになりやすい傾向。馬場傾向によって有利不利は大きく変わり、外有利な馬場になった際は驚くほど差しが決まる。小倉芝1200mは特に馬場傾向を確認する必要があるコース。

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇デトロイトテソーロ(菅原明)

【考察】
この馬は本命~4番手の予定。強調材料は3点

  • テンが速いので、自分の持ち味が出せそう
  • 右回り>左回りの戦績である
  • 菅原明騎手と全4勝している

この馬はロケットスタートが出来るので常にテンが速い。スタートして下り坂の小倉芝1200mでは持ち前のスタート能力を遺憾なく発揮できるだろう。近5走のうち、敗れている2レースはどちらも左回りのレース。戦績を見ると右回りの方がより力を発揮できるため、前走に引き続き右回りでレースが出来ることはプラス。4勝全てでコンビを組む菅原明騎手が継続騎乗なのも強み。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 重賞に出走経験がない
  • 逃げてしか勝利がない
  • 小倉の馬場傾向が差し有利になる可能性がある

オープンの小倉1200m戦で勝つ馬は重賞に出走経験がある馬が多かった。この馬はまだ重賞の出走経験がない。
全4勝が逃げなことも気になる。スタートが良いのであまり考えづらいが、もし逃げれなかった場合脆い一面を見せる可能性があることは頭に入れておきたい。
土曜の馬場傾向を見るまで判断できないが、差し有利になっていたら、勝ち切るまでは厳しいと予想。土曜の馬場傾向を確認してから、この馬を購入するか決めたい。

🏇スティクス(浜中)

【考察】
この馬は対抗以下の予定。強調材料は2点

  • 近走の内容を評価している
  • 鞍上の浜中騎手が小倉競馬場を得意にしている

前走は3勝クラスを逃げ切った。3勝クラスを逃げ切れる能力があるのは強い馬の証。2走前は昇級初戦で、差し馬が上位を独占する展開の中5着まで粘った。この2レースの内容は評価している。逃げ・先行勢が多いメンバーだが、ハナを取れればオープン初戦で勝利があっても。
【不安材料】
不安材料は3点

  • 3勝クラスでタイム差なしでの勝利している
  • 逃げでしか勝利がない
  • 小倉の馬場傾向が差し有利になる可能性がある

自分は昇級馬に対して目安として、前走の着差を用いている。
WIN5的中のカギに以下のような記述がある。

★昇級初戦は着差に注目する

 昇級馬は爆発力を感じない

 or

 着差0.1秒以内は基本軽視する

 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

この馬は前走タイム差なしの勝利だった。
デトロイトテソーロの項でも話したので省略するが、馬場・展開が向かないと勝ち切るまでは難しいと判断。

🏇ダディーズビビット(竹之下)

【考察】
4歳馬で馬体重を少しずつ増やしていることは好感が持てる。オープン競走でも安定した成績を残しており、重賞への出走歴もある。今回背負う斤量56kgでも勝利しており、実力を出し切ればオープン勝利も十分考えられる。竹之下騎手が騎乗するからか、いつも人気が手ごろになるのも大きなプラス。
【不安材料】
陣営が意図してだと思うが、6戦連続で左回りを使われている。新馬戦から数えても右回りには2戦しか出走していない(左回りは10戦)。好走しているほとんどが左回りのレースであることから、サウスポーの可能性がある。右回りのオープン競走でどの程度やれるかは未知。
また、竹之下騎手が勝利に乏しいことも大きな不安材料。前走も勝てた可能性があったと思うだけにWIN5(勝ち切る)と考えると買いにくいのが本音。

🏇マイネルジェロディ(丹内)

【考察】
この馬は本命~4番手の予定。強調材料は3点

  • 前走の内容を評価している
  • 小倉での戦績が安定している
  • 丹内騎手への乗り替わり

前走は初の昇級戦ながら、勝ち馬に0.1秒差の3着だった。たまたまレースを見ていたので覚えているが、勝利まである内容だった。初めてのオープン競走で、あのレースが出来るならここで通用する可能性はある。
小倉の戦績が安定していることも推し材料。戦績を見ると、右回り>左回りの馬なので、引き続き右回りの小倉でのレースも良い。
今年の小倉で乗れている印象がある丹内騎手への乗り替わりもプラス。巌流島Sのメイショウミモザのような手綱捌きに期待したい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 重賞の出走経験がない
  • 斤量が2kg増える

オープン競走なので、勝ち馬の多くは重賞の厳しい流れを経験してからこのレースに臨んできている。この馬はまだ重賞経験がないのは気になるところ。
斤量が2kg増えるのも歓迎ではない。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇アスコルターレ(松若)

近4走は馬柱を汚しているが、着差を見るとその4レースは全て0.4秒差以内負け。負けているのはレイハリア、ヨカヨカ。ナランフレグと重賞級の馬なので、ここで巻き返しがあってもおかしくない。
特に2走前の北九州記念では外前有利な馬場展開の中、馬場の真ん中を通り勝ち馬(ヨカヨカ)に0.4秒差だった内容は評価したい。
前走は太め残りの+12kgでの出走だった。状態は最後まで確認しておきたいが、このレースを目標に調整されているのであれば思い切って狙いたい。

🏇ビオグラフィー(藤岡佑)

4走前の京王杯SCで勝ち馬のラウダシオンに0.3秒差の5着。初重賞で掲示板は立派。その後のCBC賞は4人気に支持されていた実力馬。近走勢いを失っているのは確かだが、実力はある。小倉1200mで成績が良いロードカナロア産駒なのも推し材料。

🏇カイザーメランジェ(柴山)

前走のカーバンクルSは+12kgの太め残りだった。この馬は中央競馬の1200mの成績は良くないが、ローカル競馬場の芝1200mならまだやれる実力を持っている。
2走前のキーンランドカップでは対抗を打ったが、そのレースもあわや勝利かと思わせる素晴らしい内容だった。高齢馬だが、重賞勝利馬であるのは忘れないでおきたい。

現時点の予想

現時点予想

マイネルジェロディ
アスコルターレ
▲デトロイトテソーロ
△スティクス
ダディーズビビット

混戦です…。あくまでも以上の印は現時点のものになります!
上位人気馬でも不安材料があり、馬場、枠によっても印は大きく変わりそうです🐎
土曜日の傾向、枠、状態などをみて最終判断を下したいです!

最後まで読んでいただきありがとうございました!
最終的な印は、日曜日に執筆しますWIN5最終予想で記載予定です✨
そのブログも読んでくれると幸いです。