WIN5対象レース4R目【きさらぎ賞(GⅢ)予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月6日に行われるWIN5対象レース
4R目きさらぎ賞(GⅢ)を予想します。

きさらぎ賞は例年頭数が少ないですが
様々な条件から出走してくるので
比較が難しい
ですよね。

そこできさらぎ賞で
上位人気に支持されるであろう
5頭の考察、不安材料を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

先週のシルクロードSでは
◎メイケイエール
〇シャインガーネット
▲ナランフレグ
で的中しました🏇

いーの

今週も的中できるように
頑張って予想します!
みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

きさらぎ賞(GⅢ)予想

中京2000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中京2000mは上り坂からのスタート。
前残りが上級条件でも目立つコース。
中京2200mとは200mしか違わないが、
傾向は真逆といっていいので注意が必要。

重賞データ(過去10年)

勝ち馬データ

勝ち馬9頭は以下どちらかを満たしていた

  1. 前走重賞3着以内
  2. 前走2人気以内

※きさらぎ賞は頭数が少なめで良いデータがありませんでした。

きさらぎ賞出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性
などを中心に評価します!

🏇アスクワイルドモア(武豊)

【考察】
メンバー内唯一の重賞連対馬であり
前走のホープフルSでは5人気に
支持された実力の持ち主。
10着と大敗しているが
落鉄していたので度外視できる。
藤原厩舎は中京芝2000mの成績が良く、
武豊騎手が継続騎乗なのもプラス。

【不安材料】
重賞を連対しているとはいえ、
ジオグリフには0.7秒差付けられており
重賞勝ち馬のレベルにない可能性がある
好走は北海道開催だけであることと
追い込み脚質であることも
中京芝2000mの条件に合っていない。

🏇ダンテスヴュー(川田)

【考察】
未勝利戦で同舞台勝利。
川田騎手が継続騎乗なのもプラス。
なんといっても大箱中距離の友道厩舎
ここに向けて仕上げてきているはず。
ヨーホーレイクの弟なので
血統面での後押しもある。

【不安材料】
前走の東スポ杯2歳Sでは川田騎手が
騎乗したにも関わらず5人気だった。
勝ち馬に1.0秒差負けも引っかかるし
3着テンダンスに0.5秒離されている。
テンダンスが京成杯で
5着に敗れているのをみると
過剰人気感は否めないか。
想定オッズの段階だが
2倍台前半で買いたい馬ではない。

🏇マテンロウレオ(横山典)

【考察】
前走のホープフルSは前が有利な展開で
外から上がり3位で差してきた。
今回のホープフルS出走組では最も
評価したい走りだった。
的中へのカギでもあげたように若駒の
ハーツクライ産駒
というのも推し材料。
若い頃から走りそうな血統であるし
昆貢厩舎所属馬の時ノリさんは注意。
継続騎乗であることもプラス。

【不安材料】
脚質が後方からなのが気になるところで
伸びるが馬券内までも考えられる。
鞍上も何をするか分からない怖さがあり
軸向きではあるが、頭ではどうか。

🏇ストロングヴィル(松山)

【考察】
2走前の新馬戦は4コーナーから
手応えが良かったが、最後は伸びず。
伸びなかった理由が分からなかったが
ルメール騎手のコメントを見るに
単走になりフラフラ走っていたそう。

2着 ストロングウィル(C.ルメール騎手)

「良い競馬をしてくれました。直線で単走になるとフラフラするところがあり、まだ子供の部分があります。伸びしろがありますし、これから良くなってくると良いと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=196817

前走は新馬戦と比べ成長を見せての勝利。
中京芝2000mが向きそうな脚質である。
きさらぎ賞の有力馬の多くが
後ろからの馬なこともあり、
この馬にも大いにチャンスがあるだろう。
松山騎手のコメントからも期待したい。
もちろん、松山騎手なのも強み。

強かったのが土曜7Rのストロングウィル。乗り味のいい馬で、今後がとても楽しみです。

https://news.yahoo.co.jp/articles/cd206b696ecbd82df3eb7c4faf8055145c9ca0f1

【不安材料】
きさらぎ賞過去10年で
前走未勝利戦で勝った馬はいない。
前走はスローペースだったこと、
初の左回りがどうかと不安点がある。
未勝利上がりなのに松山騎手効果で
人気しすぎる可能性がある。

🏇エアアネモイ(福永)

【考察】
新馬戦で0.5秒差を付けて圧勝。
逃げて上がり最速は強い内容だった。
底が見えていない魅力もある。
血統面で見ても、
全兄にエアサージュ、近親はエアファンディタ、エアアルマスがいる。
どの馬も勝ち上がっている。
何よりも強調できるのは
中京の鬼福永騎手が騎乗する。
馬の実力が少し足りなくても、
福永騎手ならと期待したくなる。

【不安材料】
いくら福永騎手が騎乗するとはいえ、
前走新馬戦勝ちの馬は嫌いたい。
新馬戦の2着馬は
まだ未勝利を勝ち上がっていない。
0.5秒差をだったとはいえ
レースレベルには疑問。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇シェルビーズアイ(松田大)

前走のホープフルSでは13人気で8着。
馬柱は汚れたが、今回人気が予想される
アスクワイルドモアには先着しており
マテンロウレオにも0.2秒差の僅差負け。
予想オッズの段階だが、9人気51倍なら
狙う価値あり。当舞台勝ちもあり、
先行できそうなのもプラス。

現時点の予想

現時点予想

◎マテンロウレオ
○ストロングヴィル
シェルビーズアイ
△アスクワイルドモア
★ダンテスヴュー
消エアアネモイ

現時点の◎マテンロウレオ
前走のレース内容を見て
伸びしろを感じました🐎
○ストロングヴィルも期待!
穴ならシェルビーズアイ!

エアアネモイとダンテスヴュー
今回はこの2頭は消す予定です。
人気と強さが妥当ではないと考えるからです🐎

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA