WIN5対象レース3R目【関門橋ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月6日に行われるWIN5対象レース
3R目関門橋ステークスを予想します。

関門橋ステークスは3場開催の
裏メインということもあり混戦模様
です。
WIN5的中には難解なレースを
攻略する必要があります。

そこで関門橋ステークスで
上位人気馬5頭の考察、不安材料
を書きました🏇ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

関門橋ステークス(OP)予想

小倉芝2000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

小倉芝2000mは1コーナーが
上り坂になっているため、
ここでペースが落ちる。
逃げ・先行馬はここで息を入れられるため
先行馬有利な展開になることがある。
コーナーまで距離があるため、
小倉芝1800mに比べると、
逃げ先行馬の成績が落ち
差し馬の台頭もあるコース。

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇ダブルシャープ(酒井)

【考察】
全3勝のうち2勝を小倉であげる小倉巧者
前走は内前有利な展開だったし、伸びがいまいちだった、この馬はやはり小倉でこそ。
2走前は東京新聞杯で人気するであろうプリンスリターン(回避になってしまいました…お大事に)とタイム差なし。
小倉記念でも外差し馬場だったが、内で抵抗して4着。ここでももちろん期待大。

【不安材料】
2000mで勝利がないことが1番の不安材料。根岸Sのソリストサンダーから学んだことでWIN5的中のカギに以下のような記述がある。

★当該距離で勝利がない

人気馬は頭で買わない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

この馬のベストは小倉1800m。
勝利したことがなくベストではない2000mで1人気に支持されるなら静観が妥当か。2着が多い戦績もWIN5的には手を出しづらい馬。

🏇アイコンテーラー(亀田)

【考察】
前走の愛知杯は初めての重賞で掲示板に。戦績を見ても、4-0-0-6といういかにもWIN5向きな馬。
重賞ではワンパンチ足りないが、オープンなら通用する可能性はある。
休み明けより、叩いて出走してきた時の成績がよく、休み明けは2戦2勝。13頭立て以下の少頭数時の成績は4戦全勝と完璧。4歳牝馬で53kgで出走できるのも強み。
鞍上の亀田騎手とは4勝全てでコンビを組んでおり鞍上に不安もない。今回は絶好の狙い目。

【不安材料】
強調材料が多いのは確かだが、右回りの勝利がない。右回りは4度出走しているが、掲示板にすら入ったことが1度もない。重賞であるラジオNIKKEI賞を除いたとしても、新馬では1.3秒差負け、未勝利では0.5秒、1.1秒負けといったように明らかに左回りに適性がある馬。人気しているなら、手を出しづらいか。

🏇ヒュッゲ(吉田隼)

【考察】
1年6か月ぶりの休養明けだが、3走前のGⅢ京成杯では2人気に支持されていた実績馬。この馬もアイコンテーラー同様全成績が3-0-0-3というピンかパーな馬。体調が整っていれば面白い存在。ローカルの吉田隼人騎手も心強い。

【不安材料】
前述したが、1年6か月ぶりという臨戦過程が気になる。友道厩舎なので、一定の信頼は出来るが体調が整っていてもオープンの実力はない可能性がある。追い切りなど最後まで状態は確認してから結論を出したい。また、勝っているのが全て逃げ。今の小倉で逃げ勝ちは厳しいだけに…

🏇ヴァンケドミンゴ(酒井)

【考察】
現役屈指の福島マイスター。GⅢで2度馬券内があったり、去年の小倉大賞典では3人気に支持されており、実績は頭一つ抜けている。
前走は特殊。逃げたパンサラッサがそのまま逃げ残った。展開が不利な中6着まで来たことは評価できる。
2走前のカシオペアSは内有利だったとはいえ、勝ち馬とタイム差なしの2着。
休養明けで走れるようになってきていることも大きな強み。
この馬とコンタクトが多い酒井学騎手が騎乗することもプラス。

【不安材料】
今回戦績を見て驚いたのだが、福島競馬場以外勝利がない。
福島マイスターすぎる…というのが正直な感想。
小倉も過去2戦して見せ場があまりなく終わっている。去年は3勝クラス時代の関門橋ステークスに出走しているが、5人気で8着に敗れている。
明け6歳で上積みがどうかと、実績面で人気するのであれば軽視したい。
成績も1800m>2000mの傾向があるので、そこも不安。

🏇アドマイヤポラリス(藤岡佑)

【考察】
前走は最後方から上がり3位の末脚で掲示板。先着を許した4頭はラーゴム、ボッケリーニ、プレシャスブルー、ファルコニアと重賞勝ち馬もしくは重賞で馬券内に入ったことがある馬だった。レベルはある程度担保されているはず。
前走より斤量増だが2,3勝クラス時代に56,57kgを背負っていたので問題なし。
小倉競馬場の経験は1度しかないが、海の中道特別(小倉2600m)で2着。その時の走り方がいかにも小倉2000m向きだと感じた。
間隔明けのローテーションもよい。頭数が手頃なのもプラス。

【不安材料】
安定した末脚を繰り出せるのだが、展開に左右される面が大きい馬。
2,3走前は重賞なので度外視するが、少し前までは4連続3着がある。今回も末脚は繰り出すが、2,3着止まりということも大いに考えられる。
また、友道厩舎は大箱競馬場でこそというイメージがある。実際に2021年で勝率の高い競馬場上位は阪神→中京→東京であった。ローカル小倉でどうか。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇シフルマン

前走の中日新聞杯は超前有利の展開で0.9秒差負け。重賞はさすがに敷居が高かったか。間隔の明けたローテーションは好感が持てるし、このメンバーなら通用してもおかしくない。

現時点の予想

現時点予想

◎アドマイヤポラリス
シフルマン
▲ワールドウインズ
△ダブルシャープ
★ヴァンケドミンゴ
ヒュッゲ

正直上位人気に支持される予定の馬の中で買いたいのが◎アドマイヤポラリス1頭だけでした。WIN5はここ1点で抜きます。他は全然買いたくないな…笑

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。