WIN5対象レース1R目【加古川ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月13日に行われるWIN5対象レース
1R目加古川ステークスを予想します。

加古川ステークスは
上位人気明け4歳馬が多いので
しっかり馬の実力を見極めたい
ところです。

加古川ステークスで
上位が想定される人気馬4頭の
考察、不安材料を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

加古川ステークス(3勝クラス)予想

阪神ダ1800mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神ダート1800mは、スタートしてコーナーまでの距離が短いコースで、コーナーの角度は急なため内に揉まれることが起こりやすい。急坂を2度上るのでタフなコースだが、全体的に優位は逃げ・先行馬である。先行力とタフさが要求されるコース。

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

それでは加古川Sで絞っていきましょう、条件を満たす馬は9頭です。
その中で注目馬3頭の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇レプンカムイ(鮫島駿)

【考察】
この馬は本命~3番手の予定。強調材料は3点

  • 前走2勝クラスで0.4秒差で勝利している
  • 先行脚質である
  • 鮫島駿騎手との相性が良い

前走の2勝クラスでは単勝1.9倍の人気を背負い、2着に0.4秒差付けて勝利。スローペースだったこともあるが、0.4秒差を付けた事実は評価したい。
先行脚質であることもこの馬の戦績を安定させている1つの要因だろう。
この馬に6回騎乗して全て馬券内の鮫島駿騎手が騎乗することもプラス。昇級初戦であるが、通用する可能性は十分ある。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 右回りの経験が少ない
  • 昇級戦のレベルが低い
  • 明け4歳馬である

全3勝が全て左回り、連対3回のうち2回が左回りと典型的なサウスポー。ダートで連を外したのは重賞であったレパードSと今回と同舞台の阪神ダ1800m。左回りに比べて右回りの経験・実績が少なく想定1人気ほどの信頼感はないか。
前走の濃尾特別は0.4秒差の勝利とはいえ、2着以下のレベルが低かった。その理由として人気馬で年長馬がほとんどいなかったからだ。ダートは年齢を重ねるごとに経験を積み強くなっていく傾向にある。3勝クラスになり、周りのレベルアップに対して馬が付いていけるかは疑問。
自分はダートのレースで毎回言うが明け4歳世代はダートで苦戦している。前走の勝ち方で人気になるようだと積極的には狙いづらい。

🏇ヴァーダイト(福永)

【考察】
3-0-0-9というピンかパーな戦績なので、WIN5向きの馬である。その3勝全てを阪神競馬場なのはプラス。前走で3勝クラスに目途を立てたので、展開が向けばオープン入りの可能性もある。

【不安材料】
ダート戦は2000m以上しか勝利がない。前走はこの馬が最も得意としている阪神ダート2000m。今回は1ハロン短縮されるため、勝ち切るまではどうか。
また、福永騎手は芝に比べ、ダートだと信頼度が一枚落ちるだけに買いづらい。

🏇アルーブルト(幸)

【考察】
この馬は本命~3番手の予定。強調材料は3点

  • 阪神1800m実績がある
  • 幸騎手との相性が良い
  • 前走の内容を評価している

ダート戦での3勝は全て阪神ダ1800mであり、全て幸騎手とのコンビでのもので舞台・鞍上共に不安がない。
前走の雅Sは昇級初戦でありながら、1着馬に0.4秒差の3着に食らいついた。雅Sの勝ち馬グロリアムンディは特に強かった。雅S2着だったハヤブサナンデクンが、先週の瀬戸Sでは3着以下を大きく離してオープン入りを果たしている。そういった背景もあり、明け4歳世代であるが、3勝クラスでも十分通用する可能性はある。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 斤量56kgで勝利がない

勝利している3勝は全て斤量が55kgの時だった。今回は勝利がない56kgを背負った戦い、これを乗り越えられるか。

🏇ラヴァネヴァーエンズ(横山典)

【考察】
中央競馬に移籍してきてから上位の末脚を使えている馬。阪神ダート1800mでは2勝をしているので、舞台に不安はない。道中から動いていけてる器用さが強み。昇級戦のここでも、持ち味をフルに活かせれば。

【不安材料】
阪神ダート1800mで勝った2走を見ると、マクる競馬しかできていない。クラスが上がり、同様の競馬が出来たとして勝ち切るまではどうか。今年絶好調の典さんも阪神ダート1800mの経験が少ないだけに過信はしにくい。
また、前走の2勝クラスはタイム差なしの勝利だったので、昇級初戦で高評価はしにくい。2着以下に倒した相手がそれ以降の2勝クラスで好走できていないことから前走のレベルが高くない可能性がある。

🏇スズカデレヤ(秋山真)

【考察】
この馬は本命~4番手の予定。強調材料は4点

  • 3勝クラスで連対経験あり
  • 左回りから右回りへの舞台替わり
  • 間隔を詰めたローテーション
  • 日曜午後の天気が良くない

3勝クラスに5度出走しており、そのうち4度で掲示板を確保している。3勝クラスで崩れている2走は不得意な左回りのレース。この馬は左回りの戦績が0-1-0-4、右回りは3-6-3-4である。左回りから右回りへの舞台替わりは歓迎。
ダート戦の全3勝は中2週以内にあげたもので、間隔を詰めたローテーションも歓迎できる。
戦績を見ると馬場が渋った方がパフォーマンスを上げられそうなので、日曜午後の雨予報はプラス。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 追い込みになってしまう可能性がある

右回りだと先行が出来ているとはいえ、内枠で揉まれて後ろに押し下げられてしまう可能性がある。真ん中くらいの枠を引きたかった。2枠は割引せざるを得ない。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇カシノブレンド(藤井勘)

前走の豊前Sでは上がり最速で4着。
3走前の神無月Sでは先週の銀蹄ステークスを勝利したニュートンテソーロに先着している。神無月Sの2着のアーバンイェーガーはその後3勝クラスを突破しており、この馬がクラス上位の力を持っていることは明らか。
今回の中2週という間隔が詰まったローテーションも歓迎で、過去3勝全て中2週以内である。想定13人気であるなら、買っておいて損はないだろう。

現時点の予想

現時点予想

◎アルーブルト
○スズカデレヤ
▲レプンカムイ
△ヴァーダイト
★カシノブレンド

まだ想定なので、プレ予想としてお楽しみください。
雅Sのレベルが高かったことは先週の瀬戸Sでも証明されました。
アルーブルトは今回人気になるかもしれませんがそれでも逆らえないと判断します🐎

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA