阪神替わりの天皇賞春に直結するトライアル~阪神大賞典予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月20日に行われる阪神大賞典を予想します。

ディープボンドが抜けた人気になりそうですね。
WIN5の観点で考えると
その扱いをどうするかがカギになりそうです。

阪神大賞典で
上位人気馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

阪神大賞典予想

このレースではどんな観点が必要?

長距離レースらしくいかにロスなく立ち回るかが重要。イメージとしては2020年のユーキャンスマイルが良い例。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2020年阪神大賞典直線の入口

先行して上位の末脚を使うことが勝利への絶対条件

2020年阪神大賞典直線

阪神芝3000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝3000mは向こう正面からスタートし、コーナーを6回、回るコース。内回りコースを使用するので、2周目の3、4コーナー途中から加速していき、バテ合いになりやすいコース。上位人気が堅実なのが特徴。基本的には阪神大賞典でしか使用されないコースなので、データは少ない。

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴ディープボンド
    • 前走、中山金杯で2人気に支持されていた
    • 直近1年で重賞勝利あり
    • 直近1年GⅠで掲示板が2度あった
  • 2020🐴ユーキャンスマイル
    • 前走、JC4人気5着
    • 直近1年で重賞勝利あり
    • 直近1年GⅠで掲示板が3度あった
  • 2019🐴シャケトラ
    • 前走、AJCC7人気1着
    • 直近1年で重賞勝利あり
  • 2018🐴レインボーライン
    • 前走、有馬記念9人気8着
    • 直近1年GⅠで3着以内あり
  • 2017🐴サトノダイヤモンド
    • 前走、有馬記念1人気1着
勝ち馬の共通点は?
  • 直近1年で重賞勝利あり
  • 前走GⅠ出走
  • 直近1年以内にGⅠ掲示板経験あり

阪神大賞典出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇アイアンバローズ(石橋)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 3走前の京都大賞典では3人気に支持されていた実力馬である
    • その際は+18kgの馬体重増であったので度外視できる
  • 近走、先行競馬が出来ていることは阪神大賞典向きである
    • ディープボンドに勝つなら、前にいる馬だと予想

アイアンバローズは3走前の京都大賞典では3人気に支持されていた実力馬である。その際は+18kgの馬体重増という明確な敗因があるため度外視できる。その後、2度重賞に出走し、前走が初の馬券内だった。実力を付けてきた証拠だろう。今回はディープボンドが抜けた1人気になることが想定されるが、その馬を負かすならディープボンドより前にいる馬だと予想する。本馬は近走で先行競馬ができており、前走のように先行して粘り込めれば勝利があっても。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 折り合いがどうか
  • 頭数が14頭以上の際には勝利がない
    • 阪神大賞典にしては頭数が揃うのでどうか
  • 石橋騎手(関東騎手)なので、阪神経験が少ないことが不安

前走を見るとスタミナがあることは明らかだが、スタート直後に折り合いを欠き、逃げてしまった感があるレースだった。折り合い面に不安がある。頭数が14頭以上の際には勝利がないのも気になる。阪神大賞典にしては頭数が揃う今回勝ちきるまではどうか。それに加え、阪神経験が少ない関東騎手である石橋騎手が騎乗する。経験が少ないのは不安な面である。

🏇ディープボンド(和田)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 斤量を57kgを背負うが、58kgで勝利実績があるので問題ない
  • 先行脚質なので、大崩れはしない
  • キズナ産駒であり、タフな馬場が向きそう
    • 週末の天気を見ると、雨が降りタフな馬場になりそう

ディープボンドは今回、斤量を57kgを背負うが、58kgで勝利実績があるので斤量に不安はないだろう。実績もメンバー内では抜けており、先行脚質なので大崩れしないことが強み。キズナ産駒でありタフな展開・馬場が得意である。週末の天気を見ると天気が悪くなることが予想され、馬場が渋ることは本馬にとって明らかにプラスだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 人気しないキャラなので、1人気(1倍台)で買うのは抵抗がある
  • 国内戦でキャリア13戦しているが、1人気に支持されたのは1度だけである
    • その際に2着に敗れている

実績面を評価すると当たり前なのだが、本馬は人気しないキャラであり今回1倍台で買うことは若干抵抗がある。国内戦でキャリア13戦しているが、1人気に支持されたのは1度だけである。その際は2着に敗れている。去年も断然1人気だったアリストテレスが飛んだように実績面だけを見て即本命!とするのは危険な印象がある。本命にするとしても他馬との比較はしておきたい。

🏇マカオンドール(吉田隼)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • ゴールドシップ産駒は輸送が苦手なので輸送がない
    • 輸送がなくなり、阪神競馬場でレースができる
  • 5走連続で上がり最速を使っている

マカオンドールはゴールドシップ産駒らしく輸送競馬でパフォーマンスを落とし、輸送がなくなるとパフォーマンスを上げる傾向にある。前走は中京への輸送があったが、今回は地元阪神開催であり輸送がなくなるのはプラスだろう。また、上位の末脚を使った馬が勝利するレースであり、5走連続で上がり最速を使っている本馬はレース適性があると考えて良いだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 全4勝を松山騎手と挙げており、吉田隼人騎手への乗り替わり
  • 左回り>右回りの適性があるので、中京→阪神の舞台替わりはどうか

先週の落馬事故で松山騎手が負傷し、本馬と全4勝を挙げているコンビから乗り替わりとなるのはマイナス。また、戦績をみると左回り>右回りの適性があると考えられる。今回は左回りの中京から右回りの阪神への舞台替わりでパフォーマンスを下げる可能性があることは頭に入れておきたい。

🏇ユーキャンスマイル(藤岡佑)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 阪神芝3000mは2度走り2連対という好相性な舞台
  • 前走GⅠ出走組である

ユーキャンスマイルは2年連続、阪神大賞典で馬券内に入っている実力馬。舞台設定に不安はない。勝ち馬の条件である、前走GⅠ出走組ということも満たしている。近走は奮っていないが、得意舞台で巻き返しがあっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 7歳という年齢がどうか
    • 5歳時に勝利しているが1年空いて勝利するかどうか…
  • 藤岡佑介騎手が6度騎乗して1度も勝てていない

2年連続で馬券内に入っているが、今年すでに7歳。スタミナが問われるレースなだけに7歳という年齢は気になる。2年前の同レースで勝利しているが、1年空いて勝利するのは考えにくいというのが正直な気持ち。また、岩田騎手との相性が良く、藤岡佑介騎手とコンビを組んで1度も勝利していないこともマイナスである。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇キングオブドラゴン(坂井)

この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 右回りで全4勝を挙げている
    • 阪神は3戦2勝で、内回りコースでの勝利がある
  • 近走、5連続で連対している安定感
  • 間隔が詰まったローテーションで良績を残している

キングオブドラゴンは右回りで全4勝を挙げており、今回の阪神開催は向いているだろう。阪神競馬場として見ても、3戦2勝で、内回りコースでの勝利経験がある。近走、5連続で連対している安定感があり、先行できるのも強み。アイアンバローズの項でも話したが、ディープボンドを倒すならディープボンドより前の位置を取る必要があり、本馬はそれをかなえられそうである。
それに加え、間隔が詰まったローテーションを得意としており昇級の勢いそのままに連勝があっても。

現時点の予想

現時点予想

◎ディープボンド
キングオブドラゴン
マカオンドール
△ユーキャンスマイル
消アイアンバローズ

以上、「阪神替わりの天皇賞春に直結するトライアル~阪神大賞典予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここは基本的にはディープボンド1点で抜く想定です。ディープボンドを出し抜けるとしたら、マカオンドール、キングオブドラゴンのどちらかと予想します。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA