【函館スプリントステークス予想】逃げ・先行馬しか買いません!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

函館スプリントステークスを予想します。

開幕週の函館です。
とにかく前の馬を狙いましょう!
5番手以内を取れそうな馬を狙います🔥

そこで、函館スプリントステークスの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ビアンフェ
○キルロード
▲シゲルピングルビー
△ナムラクレア
★ヴェントヴォーチェ
消プルパレイ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

函館スプリントステークス(GⅢ)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

右回りの6分割

開幕週の函館競馬場は
とにかく前!
①逃げ
④外先行

目安としては5番手くらいに
いられる馬を狙いたい!

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇シゲルピンクルビー

この馬は予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の鞍馬ステークスは初めて
    1200mで勝利した
    • その前走は1200m未勝利
      左回り未勝利ということで
      評価を下げた
    • その予想を覆し
      先行競馬をして勝利
    • 前走、3走前を見ていると
      距離が1200mでも対応できる
  • 適性として右回り>左回りの印象があり
    左回りの中京競馬場から
    右回りの函館競馬場に
    舞台が替わるのは歓迎
  • 戦績が3-0-0-7とピンかパー

【WIN5的中のカギからの学び】

★大阪城ステークス

 アルサトワ

 アルサトワ自身も

 阪神芝成績が3-0-0-5とピンかパー

 幸騎手とアルサトワのコンビが

 3-0-0-7とピンかパー

 混戦であるならこの馬を抑える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

シゲルピンクルビーは前走の鞍馬ステークスは初めて1200mで勝利した。その前走は「1200mで未勝利」、「左回り未勝利」ということで評価を下げた。その予想を覆し、先行競馬をして勝利。前走、3走前を見ていると、距離が1200mでも対応できる目途が立った。適性として、右回り>左回りの印象があり、左回りの中京競馬場から、右回りの函館競馬場に舞台が替わるのは歓迎だろう。戦績が3-0-0-7とピンかパーであり、WIN5向きだろう。

【不安材料】

  • 新馬戦を除く2勝は9週以上の
    休み明けのローテーションだった
    • 今回の中4週のローテがどうか

新馬戦を除く2勝は9週以上の休み明けのローテーションだった。今回の中4週の詰まったローテでハイパフォーマンスを見せられるかどうか。勝ち切るまでは見えにくい。

🏇ナムラクレア

この馬は4番手予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の桜花賞は内枠有利な馬場傾向に
    恵まれたとはいえ、3着に好走
    • 実績は最上位
  • 3走前の阪神JFは外枠の差し馬に
    有利な展開で、最内枠の本馬には
    厳しい
  • 斤量50kgで出走できる
    • 前走から-5kg
    • 上位人気に支持されそうな
      ビアンフェとは7kg差
  • 距離が1400m以下の4戦は全て
    上がり2位以内の末脚を使っている
    • 今回も堅実な末脚で差してくる
  • 6走前に1600m→1200mの
    距離短縮ローテの経験あり
  • 1200mは2戦2勝

【WIN5的中のカギからの学び】

★関門橋Sアドマイヤポラリス

 追込脚質を信用しすぎない

 迷ったら前の馬!

 相当強いと思わない限り本命にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★大垣ステークス

 トーセンアラン

 帯を狙うのであれば1人気は2頭まで

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ナムラクレアは前走の桜花賞は内枠有利な馬場傾向に恵まれたとはいえ、3着に好走。クラシックで3着の実績は、今回のメンバー内で最上位だろう。3走前の阪神JFは外枠の差し馬に有利な展開で、最内枠の本馬は厳しい競馬となった。また、前走から-5kgの斤量50kgで出走できるのは大きい。上位人気に支持されそうなビアンフェとは7kg差があるのは大きなアドバンテージだろう。また、距離が1400m以下の4戦は全て上がり2位以内の末脚を使っており、今回も堅実な末脚で差してくるだろう。それに加え、6走前に1600m→1200mの距離短縮ローテの経験があるのは大きい。1200mは2戦2勝であり、得意距離でレースが出来るのはプラス。

【不安材料】

  • 直近5年の函館スプリントステークスを
    見ていると勝ち馬は
    4コーナー5番手以内にいた
    • その傾向を考えると
      本馬が5番手以内を取るのは
      厳しい印象

直近5年の函館スプリントステークスを見ていると、勝ち馬は4コーナー5番手以内にいる馬だった。その傾向を考えると、本馬は4コーナー5番手を取るのは厳しい印象があり、抜けた1人気だと手を出しづらい

🏇ビアンフェ

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

①逃げ

【近走内容・強調点】

  • 前走のオーシャンステークスは
    デトロイトテソーロにハナを
    取られたが、道中で
    ハナを取りきった
  • 直近5走中、4回でハナを取れている
  • 逃げてくれるだけで
    開幕週の函館では買いたい
  • 間隔を空けたローテで勝利を挙げており
    ここを目標に取りに
    来ていることがうかがえる
  • 函館芝1200mは2歳時に重賞を
    勝利している舞台
    • 直線が平坦な1200m戦の方が
      より強みを発揮できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★灘ステークス

 レッドソルダード

 迷ったら前の馬!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★根岸ステークス

 テイエムサウスダン

 去年同一重賞に出走している場合

 去年の人気を確認する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★東京新聞杯カラテ

 関門橋Sワールドウインズ

 連覇はやはり難しい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ビアンフェは前走のオーシャンステークスはデトロイトテソーロにハナを取られたが、道中でハナを取りきった。過去5走中4走で逃げられており、逃げてくれるだけで開幕週の函館では買いたい。また、間隔を空けたローテで勝利を挙げており、ここを目標にしていることがうかがえる。去年も同じオーシャンステークス→函館スプリントステークスというローテで勝利をしており、このローテは歓迎。また、函館芝1200mは2歳時に重賞を勝利している舞台で問題ないだろう。それに加え、直線が平坦な1200m戦の方がより強みを発揮できる印象があり、重賞連勝の可能性はあるだろう。

【不安材料】

  • 去年に比べると、マークが
    激しくなることが予想される
    • 去年は5人気、今年は2人気

楽逃げさせると、好走するのは去年証明しており、去年に比べるとマークが激しくなることが予想される。去年は5人気でマークが薄く、楽に逃げられたが、今年は2人気に支持される。そうなると去年より厳しいレース展開になることが見込まれる。

🏇プルパレイ

この馬は予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走のNHKマイルカップは
    結果的に距離が長かった
    • 1400m以下は2戦2連対
  • 距離を短縮するのは歓迎
    • 1600m→1200mに短縮して
      対応できれば
  • 52kgで出走できる
  • 上位人気に支持されそうな
    ビアンフェとは5kg差で出られる

【WIN5的中のカギからの学び】

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

プルパレイは前走のNHKマイルカップは結果的に距離が長かった。戦績を見ると、1400m以下は2戦2連対で、距離を短縮するのは歓迎だろう。1600m→1200mという距離短縮に対応できれば、パフォーマンスを上げる可能性がある。また、3歳牡馬であり、52kgで出走できるのは大きい。上位人気に支持されそうなビアンフェとは5kg差で出走できる。出遅れがなく、距離短縮ローテに対応できればチャンスがある。

【不安材料】

  • ナムラクレア同様、近走を見ていると
    先行競馬をできるかどうか
    • 1400m戦はどちらも
      差し競馬になっている
    • 1200mに短縮された今回は
      後方からの競馬が予想される
  • 2走前のファルコンステークス
    3走前のクロッカスステークスを
    見ていると出遅れクセがある

ナムラクレア同様、近走を見ていると先行競馬ができるかどうか。1400mはどちらも差し競馬になっている。1200mに短縮された今回は、後方からの競馬が想定される。後方になると勝ち切るまでは厳しいと判断する。それに加え、2走前のファルコンステークス、3走前のクロッカスステークスを見ていると出遅れクセがあるのも気になる。

🏇ヴェントヴォーチェ

この馬は5番手予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の春雷ステークスはレースレベルが
    高くなかったものの
    2着馬に0.5秒差を付けて勝利
    • 着差を付けての勝利は
      力を付けている証拠
    • 重賞で通用する可能性はある
  • 3走前のオパールステークスの
    内容を評価している
    • 内枠前が有利の馬場傾向で外枠を
      引いてしまい、外を回された
  • 勝利しているレースはいずれも
    4コーナー5番手以内からのもの
  • 3度騎乗して2-1-0-0と相性の良い
    西村淳騎手とのコンビ

【WIN5的中のカギからの学び】

★春雷ステークス

 1200mは若さが問われるので

 迷ったら年齢が若い馬を選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ヴェントヴォーチェは前走の春雷ステークスはレースレベルが高くなかったものの、2着馬に0.5秒差を付けて勝利。着差を付けての勝利は力を付けている証拠だろう。充実期であり、今なら重賞で通用する可能性はあるだろう。特に3走前のオパールステークスの内容を評価している。内枠前が有利の馬場傾向で外枠を引いてしまい、外を回されてしまった。昇級戦、かつ馬場傾向が恵まれず厳しい競馬になってしまった。また、勝利しているレースはいずれも4コーナー5番手以内からのもので、今回のレースの傾向に合っているだろう。また、3度騎乗して2-1-0-0と相性の良い西村淳騎手が継続騎乗するのも大きなプラス。初重賞に対応できれば。

【不安材料】

  • 初重賞なのがどうか
    • 過去10年での勝ち馬は全頭
      重賞への出走経験があった
    • 人気薄であれば妙味があるが
      上位人気に支持されると
      妙味はない

初重賞なのがどうかが気になる。過去10年での勝ち馬は全頭重賞への出走経験があった。人気薄であれば妙味があるが、上位人気に支持されると妙味はない。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇キルロード

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 2走前のオーシャンステークスで
    重賞レベルの1200mの流れを
    先行した経験がある
    • 勝ち馬に0.4秒差の6着
    • 今回人気が想定される
      ビアンフェと0.3秒差
  • 前走の高松宮記念ではスタートを
    決めて3番手から3着に好走
    • GⅠの厳しい流れで
      先行できていたことを評価
  • 脚質的に買いたい位置を
    取れるキャラである
  • 菊沢一樹騎手と相性が良く
    2度騎乗して、2度とも馬券内である

【WIN5的中のカギからの学び】

★小倉大賞典

 アリーヴォ、ランブリングアレー、カデナ

 迷ったら近走GⅠに出走している馬から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

キルロードは2走前のオーシャンステークスで、重賞レベルの1200mの流れを先行した経験があるのは大きい。オーシャンステークスでは今回人気が想定されるビアンフェと0.3秒差であり、さほど差はないと判断する。今回、人気が落ちるなら妙味があるだろう。また、前走の高松宮記念ではスタートを決めて3番手から3着に好走。GⅠの厳しい流れで先行できていた経験を評価している。前走は大穴での好走だが、オーシャンステークスの内容を見る限り、前走は人気がなさすぎただけの印象があり、フロックではないと判断している。先行競馬ができそうで、函館スプリントステークスの脚質的に買いたいキャラであるのもプラス。それに加え、菊沢一樹騎手と相性が良く、2度騎乗してどちらも馬券内に入っている。今回もスムーズに先行し、レースができれば。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎ビアンフェ
○キルロード
▲シゲルピングルビー
△ナムラクレア
★ヴェントヴォーチェ
消プルパレイ

今週はこの予定で更新します✨

月:WIN5回顧~安田記念編~
火:エプソムC~末脚のある外枠の馬~
水:常滑特別~絞って1点~
木:夏至S~馬場傾向を読み切れ~
金:函館SS
土:三宮S
日:WIN5最終予想

以上、【函館スプリントステークス予想】逃げ・先行馬しか買いません!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

開幕週の函館はとにかく前を狙います!