【福島中央テレビオープン予想】外先行できる馬を狙え!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

福島中央テレビオープンを予想します。

ここは難関ですね…。
逃げ・先行馬が多いメンバー構成
かつ
前有利の馬場です。
どの馬が先手を取るのか
正しく展開を予想しましょう。

このブログを最後まで読むと
福島中央テレビオープンで

どの馬が好走に近いか

分かります。

そこで、福島中央テレビオープンの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

予想のコンセプト『先行脚質かつ地力がある馬』

◎ケープコッド
○エレナアヴァンティ
▲トリプルエース
消コムストックロード、アイラブテーラー

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

福島中央テレビオープン(オープン)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

右回りの6分割

福島芝1200mは
開催が進むと、差しが決まる

④外先行
⑤中団外差し

のタイプを狙いたい。

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

コムストックロード

🏇

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走のパラダイスステークスは
    外有利の馬場傾向の中、
    6人気4着
    • 苦手な距離延長ローテ、
      外有利な馬場の中
      2枠4番を引き、
      最後は伸びない内を通されての敗戦
    • 50kgの軽斤量を生かしたとはいえ、
      勝ち馬に0.2秒差であれば
      オープンを勝ち負けする力はある
  • 2走前の葵ステークスは9人気と
    低評価ながら2着に好走
    • 得意の距離短縮ローテであれば
      重賞で連対する力はある
  • 3走前の橘ステークスはキャリア最長の
    休養明けのレースだった
    • 6着に敗れはしたものの
      上がり2位の末脚を使い
      追い込んできている
    • この日は内前が有利な
      馬場傾向だったので
      馬場の真ん中を通る時点で
      勝つのは厳しかった
  • 4走前、つわぶき賞は4コーナー先頭で
    勝利している
    • 1200mで先手を取れるかどうかだが、
      先行力はある
  • 5走前、赤松賞で苦手な
    距離延長ローテの中、3人気6着
    • 赤松賞はスターズオンアース
      ナミュール、パーソナルハイなど
      ハイレベルレース
    • スターズオンアースに0.2秒差
  • 3歳馬であり、51kgで出走できる
  • 全2勝を挙げている中2週以内の
    詰まったローテで出走できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★福島中央テレビ杯 内枠の先行馬

 外差し馬場の時

 内枠の先行馬は買わない

★春雷ステークス

 ヴェントヴォーチェ

 若い先行できる馬を狙う

 というコンセプトで馬を選んでいて

 人気馬だから消すという無理矢理な

 理由で消さない

 消そうと思う人気馬は

 エイトの調教ランキングを確認する。

 今回3位だった。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★韋駄天ステークス

 ジュニパーベリー

 騎手ランクDの騎手が1人気に

 騎乗している際に買うか

 どうかは吟味する

★フィリピントロフィー アトリビュート

 1,2人気に違和感を感じていたなら

 勇気を持って切る

 人気馬だからと買うのは良くない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★高山ステークス ニホンピロタイズ

 該当回りで勝利がない

 3人気以内馬は買わない

★香嵐渓特別

 メイショウコジョウ

 1人気を対抗にしない。買うなら本命。

 追込馬の1人気を過信しない。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★スプリングステークス

 ソリタリオ

 右回りを経験していない

 人気馬は基本買わない

 強調材料が多く

 どうしてもという時以外は基本軽視

https://keiba-analysis.com/win5-key/
1200m戦の対処

1200m戦は「若さ」×「位置取り」×「3勝クラスであれば前走掲示板」
序列を付ける。今回は函館という直線が短い競馬場なので、位置取りが最優先。
UHB賞(例)であれば、マウンテンムスメ、シュアーヴアリア、コスモアンジュの中で序列を付ける。
【位置取り】
マウンテンムスメ>コスモアンジュ>シュアーヴアリア
【年齢】
マウンテンムスメ=シュアーヴアリア>コスモアンジュ
【前走掲示板】
コスモアンジュ>マウンテンムスメ>シュアーヴアリア
どれを優先するか難しい案件だが、これは頭に入れておきたい。

コムストックロードは前走のパラダイスステークスは「外」有利の馬場傾向の中、6人気4着に敗戦。「苦手な距離延長ローテ」、「外」有利な馬場の中、2枠4番を引き、最後は伸びない内を通されての敗戦であった。50kgの軽斤量を生かしたとはいえ、勝ち馬に0.2秒差であれば、力はあると判断。オープンを勝ち負けする力はあるだろう。2走前の葵ステークスは9人気と低評価ながら、2着に好走。「得意の距離短縮ローテ」であれば、重賞で連対する力はあることを示した。3走前の橘ステークスは「キャリア最長の休養明け」のレースで、6着に敗れた。敗れはしたものの、上がり2位の末脚を使い、追い込んできている。この日は「内前」有利な馬場傾向だったので、馬場の真ん中を通った時点で勝つのは厳しかった。4走前、つわぶき賞は4コーナー先頭で勝利している。1200mで先手を取れるかどうかだが、先行力はあるだろう。5走前、赤松賞で「苦手な距離延長ローテ」の中、3人気の支持され、6着。赤松賞は「スターズオンアース」、「ナミュール」、「パーソナルハイ」など、重賞で活躍する馬たちが揃ったハイレベルレースであった。スターズオンアースに0.2秒差は評価したい。また、3歳馬であり、51kgで出走できるのも大きなプラス。全2勝を挙げている、中2週以内の詰まったローテで出走できるのも歓迎だろう。

【不安材料】

  • 過去に10走、出走しているが、
    右回りの経験がない
    • 人気馬の未知は疑うので、
      今回は軽視

過去に10走、出走しているが、右回りの経験がないのが気になる。人気馬の未知は疑うので、今回は軽視する予定。

アイラブテーラー

🏇

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し
⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走のパラダイスステークスは
    苦手な内枠、勝利のない左回りで
    最後方からの競馬になり7着に敗戦
    • 上がり最速の末脚を使ったものの、7着
    • 脚質的に展開が向かないと
      勝ち切るまでは厳しい
    • 展開が向かずに敗戦は気にしなくて良い
  • 2走前の安土城ステークスも
    勝利のない左回りながら、
    上がり2位の末脚を使った
    • 左回りでの敗戦は気にしなくてよい
  • 3走前の六甲ステークスは
    得意の右回り戦だったが、
    苦手な距離延長ローテで13着に大敗
    • 1200m→1600mの400mの
      距離延長は厳しいと判断
  • 右回り1200mに絞ると、
    近走はオープンでも力を出している
  • 4走前のタンザナイトステークスは
    内前有利な馬場傾向の中、
    大外枠から差して、4着に好走
    • オープンで1人気に支持されていた
      実績を評価したい
    • 2,3着に入ったレジェーロ、
      ヤマカツマーメイドは馬場傾向を
      生かしたもので、馬場傾向に反して、
      突っ込んできたナランフレグと
      本馬は一定の評価をしてよい
  • 5走前の京阪杯も上がり2位の末脚を
    使い、9人気ながら4着

【WIN5的中のカギからの学び】

★マーメイドステークス

 ウインマイティー

 混戦時は競馬エイトの調教欄を確認!

 どちらも◎の人気馬がいたら注意!

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 混戦で迷った際は競馬エイトの

 調教馬プレミアムを買い目に入れる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★フィリピントロフィー トゥルーヴィル

 1,2人気の上位人気馬に違和感を感じ

 エイトの調教3位以内、穴工場に

 該当している馬がいたら考慮に入れ直す

★小倉大賞典

 外枠有利な馬場傾向と判断したら

 6~8枠から選ぶ!といったように

 割り切って予想してもOK

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス キタノリューオー

 Dランク騎手の差し馬は基本買わない!

★スイートピーステークス

 ウインエクレール

 雨で渋った馬場の時は

 上位人気の中で前に行ける馬!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

アイラブテーラーは前走のパラダイスステークスは「苦手な内枠」、「勝利のない左回り」で最後方からの競馬になり、7着に敗戦。上がり最速の末脚を使ったものの、敗れた。脚質的に展開が向かないと勝ち切るまでは厳しいので、展開が向かずに敗戦は気にしなくて良いと判断する。2走前の安土城ステークスも「勝利のない左回り」ながら、上がり2位の末脚を使った。前走もそうだが、左回りでの敗戦は気にしなくてよい。3走前の六甲ステークスは「得意の右回り戦」だったが、「苦手な距離延長ローテ」で13着に大敗。1200m→1600mの400mの距離延長は厳しかったと判断する。本馬は右回り1200mに絞ると、近走はオープンで力を出していることを評価したい。4走前のタンザナイトステークスは「内前」有利な馬場傾向の中、「大外枠」から差して、4着に好走。そのレースでは1人気に支持されており、オープンで1人気に支持されていた実績を評価したい。2,3着に入った「レジェーロ」、「ヤマカツマーメイド」は馬場傾向を生かしての好走で、馬場傾向に反して、突っ込んできた「ナランフレグ」と「本馬」は一定の評価をしてよいと考える。5走前の京阪杯も上がり2位の末脚を使い、9人気ながら4着。前走と比較すると、パフォーマンスを上げてくることが予想されるので、展開さえ向けば勝ち負けだろう。

【不安材料】

  • 差し・追込脚質なので、
    2枠3番に入ったのがどうか
    • 7連対しているうち、
      6連対が6枠より外の時のもの
  • 6歳牝馬なのがどうか
    • 1200m戦は瞬発力が求められるので、
      なるべく若い馬を狙いたい

差し・追込脚質なので、2枠3番に入ったのがどうか。内から捌くのは厳しい印象がある。また、7連対しているうち、6連対が6枠より外の時のものであり、今回の内枠は割引だろう。それに加え、6歳牝馬なのがどうか。1200m戦は瞬発力が求められるので、なるべく若い馬を狙うというのが自分のスタンスである。ここでは正直狙いにくい。

トリプルエース

🏇

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走のパラダイスステークスは
    外有利の馬場傾向の中、
    内枠を引き、
    直線も伸びない内を通り敗戦
    • 枠・馬場共に恵まれない
      敗戦であり、度外視でよい
  • 2走前の鞍馬ステークスは叩いた上積みを
    見せられるかと期待していたが
    鞍上が中井騎手ということで
    陣営の勝負度合いを感じず、見送った
    • 苦手な距離延長ローテ
      道中、詰まっていながら
      勝ち馬に0.8秒差
  • 3走前の六甲ステークスで
    1年以上の休養明けから
    復活した馬
    • 穴で考えたが、長期休養明け
      だったため見送った
    • 勝ち馬に1.1秒差であれば健闘した
  • 休養する前は東京新聞杯で2人気に
    支持されていた馬であり
    能力が戻ってきていれば
    ここで勝負になってもよい

【WIN5的中のカギからの学び】

★五稜郭ステークス フィオリキアリ

 人気馬に違和感があった場合

 穴工場の馬を考慮に入れ直す

 推定人気は8人気までで、

 穴工場の該当馬はいないか確認

 ここに騎手ランクBの騎手が中穴でいたら警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス キタノリューオー

 Dランク騎手の差し馬は基本買わない!

★アメジストステークス

 ノースブリッジ

 重馬場であれば、前!

 とにかく前にいく馬を優先する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★下関ステークス

 トップオブメジャー

 土曜日乗れているor

 馬場傾向を理解していると

 判断した騎手は買う

https://keiba-analysis.com/win5-key/

トリプルエースは前走のパラダイスステークスは「外」有利の馬場傾向の中、「内枠」を引き、直線も伸びない内を通り敗戦。「枠・馬場」共に恵まれない敗戦であり、度外視でよいと判断する。2走前の鞍馬ステークスは叩いた上積みを見せられるかと期待していたが、鞍上が中井騎手ということで陣営の勝負度合いを感じず、購入を見送った。そのレースは「苦手な距離延長ローテ」、「道中、詰まり」ながら勝ち馬に0.8秒差に善戦。3走前の六甲ステークスは「1年以上の休養明け」から復活し、穴で考えたが、長期休養明けだったため、購入を見送った。長期休養明けで勝ち馬に1.1秒差であれば、健闘したと判断する。また、休養する前は東京新聞杯で2人気に支持されていた馬であり、能力が戻ってきていればここでも勝ち負けになるだろう。

【不安材料】

  • 苦手な距離延長ローテが気になる
    • 位置が取れなく、後方からの
      競馬になると厳しい印象がある
  • 鞍上が津村騎手へ乗り替わるのがどうか
    • 津村騎手はWIN5で勝ちが
      遠い騎手であり、
      手を出しづらいのが正直なところ
    • 前走の菅原明騎手からの
    • 乗り替わりはマイナスと判断

今回の「苦手な距離延長ローテ」が気になる。前走と比較して、位置が取れなく、後方からの競馬になると厳しい印象がある。また、鞍上が津村騎手へ乗り替わるのがどうか。津村騎手はWIN5で勝ちが遠い騎手であり、手を出しづらいのが正直なところ。前走の菅原明騎手からの乗り替わりはマイナスと判断する。

ルッジェーロ

🏇

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の韋駄天ステークスは
    苦手な距離延長ローテ、
    1000直で不利な内枠を引きながら
    上がり最速の末脚を使い、5着に好走
    • 不利が重なりながら、
      掲示板を確保したのは力の証
  • 2走前の春雷ステークスは最後方から
    上がり最速の末脚を使い、7着
    • 伸びない内を通り、上がり最速の
      末脚を使ったことは
      ある程度評価したい
  • 3走前のシルクロードステークスは
    直線で追い出しが遅れて、
    スムーズさを欠きながら、
    上がり3位の末脚を使い、
    勝ち馬のメイケイエールに0.5秒差
    • スムーズに捌けていれば、
      もっと上の着順はあっただろう
    • 7歳馬であるが、衰えは
      さほどない印象
  • 菅原明騎手が騎乗するのは心強い

【WIN5的中のカギからの学び】

★五稜郭ステークス フィオリキアリ

 先々週のホウオウピースフル

 先週のフィオリキアリから感じたのは

 開催が進んでいった際(ラスト3週)には

「先行馬」+「差し馬」というセットで買うのも

 戦略の1つ!

★清津峡特別 スイーツマジック

 内が荒れている馬場の時

 枠順の差が着順に直結する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★サメカツ、菅原両騎手は

 ローカル競馬場で買える

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

※成功こそしなかったが、UHB賞で意識して対処

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス ダノングリスター

 上位人気に不安を感じたら

 競馬エイトの穴工場(2回目)

※マーメイドステークスで確認できた

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ルッジェーロは前走の韋駄天ステークスは「苦手な距離延長ローテ」、「1000直で不利な内枠」を引きながら、上がり最速の末脚を使い、5着に好走。不利が重なりながら、掲示板を確保したのは力の証だと考える。2走前の春雷ステークスは、最後方から上がり最速の末脚を使い、7着。伸びない内を通り、上がり最速の末脚を使ったことはある程度評価したい。3走前のシルクロードステークスは直線で追い出しが遅れて、スムーズさを欠いた。上がり3位の末脚を使い、勝ち馬のメイケイエールに0.5秒差にまとめた。スムーズに捌けていれば、もっと上の着順はあったと考える。また、7歳馬であるが、近走を見ていると、衰えはさほどない印象を受けた。それに加え、菅原明騎手が騎乗するのは心強い。

【不安材料】

  • 近走を見ると、追走が
    出来ていないのが気になる
    • 2走前の春雷ステークスのように
      最後方からの競馬になると、
      外差し有利の馬場になっていても
      勝ち切るまでは厳しい印象がある

近走を見ると、追走が出来ていないのが気になる。2走前の春雷ステークスのように最後方からの競馬になると、外差し有利の馬場になっていても、勝ち切るまでは厳しい印象がある。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手

エレナアヴァンティ

🏇

【馬タイプ】

①逃げ

【近走内容・強調点】

  • 前走の朱鷺ステークスは
    差し馬有利の展開・馬場で
    逃げての敗戦
    • 本馬にとっては1400m
      という距離は長かった印象
    • 今回、距離短縮ローテで出走できる
  • 今回は逃げ馬が多くいるが、
    去年の福島テレビオープンを
    見ているとスタートさえ決まれば
    本馬が逃げると予想
  • 全戦績を見ていると、3-0-1-11と
    ピンかパーな戦績に近く
    WIN5では押さえておきたい存在
  • 競馬エイトの調教を見ていると、
    休養明けだが豊富な乗り込みが
    出来ており、いきなりでも期待できる
    • 実績がある馬が久しぶりで
      嫌われるなら妙味ありと判断
  • 全3勝のうち2勝を内田騎手と
    コンビで挙げている
    • 好相性の鞍上に乗り替わるのはプラス

エレナアヴァンティは休養明けがどうかだが、オープンクラスで2勝を挙げる実績上位馬であり、穴で期待したい。

ケープコッド

🏇

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の鞍馬ステークスは
    勝利のない左回り、
    骨折休養明けのレースで
    先行して勝ち馬に0.6秒差
    • 約1年ぶりのレースで
      0.6秒差なら、健闘しただろう
  • 骨折休養する前は、
    函館スプリングステークスで
    3人気に支持されていた実力馬である
    • 重賞で3人気に支持される
      ということは実力がある証拠
  • 今回出走するメンバーで
    オープンクラスを
    2勝しているのは
    本馬とエレナアヴァンティの2頭
  • 戦績を見ると右回り>左回りの
    馬であり、前走からの
    パフォーマンスの上昇が見込める
    • 右回り:4-2-1-6
      左回り:0-0-0-2
  • 競馬エイトの調教欄を見ても、
    調子の良さがうかがえる

ケープコッドは調教の動きも抜群で、骨折明けを叩いて一変があれば勝ち負けになるだろう。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎ケープコッド
○エレナアヴァンティ
▲トリプルエース
消コムストックロード、アイラブテーラー

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:WIN5回顧~プロキオンS・七夕賞~成長のチャンス!!
🐴火:函館記念~若駒の勢いを信じる~
🐴水:信夫山特別~圧倒的1人気は切ります~
🐴木:博多S~ここは荒れる!~
🐴金:駒場特別~枠順は注目!~
🐴土:福島中央TVOP
🐴日:WIN5最終予想~函館記念編~

以上、【福島中央テレビオープン予想】外先行できる馬を狙え!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

土曜の馬場を見ると、差し馬は厳しい印象を受けた。先行できる地力のある馬を狙う。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA