WIN5対象レース5R目【フェブラリーステークス(GⅠ)予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月20日に行われるWIN5対象レース
5R目フェブラリーステークスを予想します。

2022年最初のGⅠです🐎
的中して流れに乗りましょう!

予習として使ってくださると幸いです!

フェブラリーステークスの
上位人気馬5頭の考察、不安材料
を書きました🏇
穴馬に関しても書いてます。
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

フェブラリーステークス(GⅠ)予想

東京ダート1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

東京ダート1600mは芝スタート。芝コースを長く走れる外枠が有利。スタート後に下り坂が続くので、上級条件になると差し追い込みが決まりやすいコース。

重賞データ(過去10年)

過去
  1. 10年全てで4歳馬から6歳馬が勝利
  2. 10年全てで直近1年以内に1400mから2000mのダート重賞で優勝経験ある馬が勝利

フェブラリーステークス(GⅠ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇ソダシ(吉田隼)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走のチャンピオンズカップからの上昇が見込める
  • 戦績はピンかパーな馬でWIN5向き馬である

前走のチャンピオンズカップは初ダートかつ、内枠という最悪の条件であった。フェブラリーステークスはモズアスコット、エアスピネルのように芝重賞で好走経験のある馬が好走できるレース。前走のチャンピオンズカップと比較すると、条件は好転するため上昇が見込める。揉まれない中枠~外枠に入ることが最低条件なので、枠順にも注目したい。
戦績を見ると、6-0-0-3というピンかパーな馬でWIN5向きである。人気と枠順によっては買い目に入れるか考えたい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • ダート戦で牝馬は買いにくい
  • 近走の勢いがない
  • 気性的にダートが合っていない可能性がある


WIN5的中のカギに以下のような記述がある。

★ダート上級条件で牝馬を買わない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

理由はダート戦は牡馬有利な傾向が強いため。
また、2走連続2桁着順で勢いがないのもマイナス。ソダシは気性的に砂をかぶるとレースをやめてしまう可能性もあり、加えて人気先行型なので軽視の方向。

🏇カフェファラオ(福永)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 東京ダート1600mで特に強さを発揮する馬である
  • フェブラリーステークスは若い馬が有利である

とにかく東京ダート1600mは強い馬。去年のフェブラリーステークスは内有利馬場だったとはいえ、完勝だった。本レースは若い馬に有利な傾向(過去10年で4~6歳が10勝)にある。今年は4歳馬の台頭があまりなく、有力馬は7歳の馬も数多くいる。5歳である本馬の連覇の可能性は十分ある。近走は恵まれていない条件を使われて、馬柱を汚しているおり人気を落とすなら絶好の狙い目。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 近走の勢いがない
  • ルメール騎手が騎乗しない
  • 福永騎手はダート重賞を得意としていない

過去10年の勝ち馬を見ると、直近1年以内に重賞を勝利していた。勢いを持ってこのレースに臨んできている。実際に去年のカフェファラオはユニコーンステークス、シリウスステークスと重賞2勝して臨んでいた。今年の本馬は去年のフェブラリーステークス以来馬券内すらなく、勢いがない。ルメール騎手が継続騎乗しないのも引っかかる。
福永騎手に乗り替わるのも割引せざるを得ない。福永騎手は芝重賞に比べて、ダート重賞は得意としていない。netkeibaさんの想定オッズを見る限り火曜現在、2人気に支持されている。この人気だと手を出しづらい。

🏇テイエムサウスダン(岩田康)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • フェブラリーステークスと相性の良い根岸ステークスの勝ち馬
  • 5歳馬という若さがある

フェブラリーステークスと根岸ステークスは毎年強い繋がりがある。過去10年で4年は前走根岸ステークス組が勝利しており、今年そのレースで好走したこの馬は警戒しておきたい。加えて、カフェファラオの項でも話したが勢いと若さが重要なレースでこの馬はどちらも兼ね備えている。今回の混戦ムードの本レースであれば、台頭があっても。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 今年の根岸ステークスが特殊だった可能性がある
  • ダート1600mで勝利がない
  • 東京ダート1600mでソリストサンダーに完敗している

今年の根岸ステークスは上位馬を見てみると、1200~1400mを主戦場にしている馬たちが占めている。考察で述べたように根岸ステークスと強い繋がりがある本レースだが、今回の結果を鵜呑みにし過ぎるのは危険
また、WIN5的中のカギに以下のような記述がある。

★根岸Sソリストサンダー
 当該距離で勝利がない
 人気馬は頭で買わない。
■例外
 関門橋Sダブルシャープ
 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板
 それなりにやれている場合は気にしない。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

人気馬で当該距離に勝利がない馬を積極的には買いづらい。実際3走前の武蔵野ステークスでは、ソリストサンダーに完敗している。距離が伸びていい馬でないだけに今回は軽視の予定。

🏇レッドルゼル(川田)

【考察】
この馬は上位評価予定。強調材料は3点

  • 常に重賞で安定した成績を収められる
  • 去年のフェブラリーステークスの内容を評価している
  • 間隔を明けたローテーションが良い

この馬は安定感がある馬。常に重賞で上位の成績を収めている。去年のフェブラリーステークスでは、内有利な馬場傾向を外から差してきて4着だった。馬場傾向が違っていたらもっと上の着順まであっただろう。間隔を空けたローテーションで好走していることもプラス材料。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 1600mという距離がギリギリ
  • ダート1600mで勝利がない

近走のローテーションを見ても明らかだが、距離適性として1200~1400mがベストな馬。1600mはギリギリの距離。タフな展開になると勝ち切るまでは厳しいか。
テイエムサウスダンの項でも話したが、ダート1600mで勝利がない人気馬を頭で買うのはどうなのか。枠順と人気を最後まで注意しておきたい。

🏇ソリストサンダー(戸崎)

【考察】
この馬は上位評価予定。強調材料は3点

  • 武蔵野ステークスの内容を評価している
  • 前走は距離が短かったので一変の可能性がある

2走前の武蔵野ステークスでは2着馬に0.2秒差を付けて勝利。スムーズな競馬をしたとはいえ、楽勝だった。同舞台のフェブラリーステークスで好走も十分に考えられる。前走は距離が足りなかったこと、休み明けだったことで力を出し切れなかった。今回は近走安定している1600m戦に戻し、叩いて状態を上げて反撃はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 内枠を引いてしまい、揉まれたら脆さがある
  • 7歳馬の勝ち馬は過去10年いない

前走もそうだったが、道中スムーズさを欠いて凡走した。内枠を引いて揉まれると本来を持っている力を出し切れない可能性がある。また、ダートで年齢を気にしすぎるのは良くないが、フェブラリーステークスはスピードに対応しやすい4,5歳馬が有利なレース。7歳馬は過去10年で1頭もいない。7歳馬のこの馬が勝ち切るかはどうか。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇アルクトス(田辺)

netkeibaさんの想定オッズだと、11人気。
去年は2人気に支持されていた馬。当日はもう少し人気すると思うが、過去2年は展開不利、間隔が詰まったローテーションと言い訳できる負けだった。
去年までの2年間でフェブラリーステークスの適性がないと思われているなら穴馬として面白い存在だろう。
最近の雨で馬場が渋って高速化しているなら積極的に狙いたい。

現時点の予想

現時点予想

◎ソリストサンダー
○アルクトス

▲レッドルゼル
△カフェファラオ
★テイエムサウスダン
消ソダシ

上位人気馬に不安材料が大きいですね…。
枠順や追い切りなど最終的な状態を見て判断しますが、現時点では以上の印です🏇