【エプソムカップ予想】末脚のある外枠の馬を狙い撃ち!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

エプソムカップを予想します。

怒涛の連続GⅠが終わりほっと一息
付いていませんか?
夏競馬の始まりですよ✨
盛り上げていきましょう。
そのためにはまずエプソムカップを当てて
波に乗りましょう!

そこで、エプソムカップの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ダーリントンホール
○シャドウディーヴァ
▲ジャスティンカフェ
△ヤマニンサンパ
★ザダル
消タイムトゥヘヴン

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

エプソムカップ(GⅢ)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

左回りの6分割

先週の東京競馬場を見ていると
明らかに外差し馬場。
枠順も鍵になりそう。

外枠を引けた
⑤中団外差し
の馬を狙いたい!

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇ザダル

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し
⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 近走は左回りの芝1600~1800mで
    強さを見せている馬であり
    この舞台は絶好
    • 年齢を重ねてマイルより
      1800mの方が向いている印象
  • 前走のダービー卿CTは外差しが
    有利な馬場傾向だった
    • 最後方から馬場の中団から
      追い込んできたが
      スムーズではなく詰まっていた
    • 加速が速い馬ではないので
      中山の短い直線は
      合っていない印象がある
    • トップハンデを背負っていた
      ので着順は度外視でよい
  • 2走前の京都金杯は先行馬に有利な
    展開の中、内から上がり最速の
    末脚を使い勝利
    • 中京マイルであの勝ち切り方を
      したのは非常に評価できる
  • 間隔を空けたローテで良績を
    残しており中9週と間隔を空けた
    ローテは歓迎
    • オープン以上の3勝は全て
      8週以上の間隔を空けたローテ
  • 初騎乗となるが、先週好調だった
    レーン騎手への乗り替わり
    • 脚質的にレーン騎手と
      手が合う印象がある

【WIN5的中のカギからの学び】

★東京新聞杯カラテ

 関門橋Sワールドウインズ

 連覇はやはり難しい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★明石特別 プレイイットサム

 「スタートに難あり」ということだが

 近走を見るに許容できるもの

 出遅れにも程度がある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ザダルは近走、左回りの芝1600~1800mで強さを見せている馬であり、この舞台は絶好だろう。近走を見ると、年齢を重ねて1600mより、1800mの方が向いている印象がある。前走のダービー卿CTは外差しが有利な馬場傾向だった。そのレースは最後方から、馬場の中団から追い込んできたが、スムーズではなく詰まっていた。また、加速が速い馬ではないので、中山の直線は合っていない印象がある。それに加えて、トップハンデを背負っていたことを考えれば着順は度外視でよいだろう。2走前の京都金杯は先行馬に有利な展開の中、内から上がり最速の末脚を使い、勝利。中京マイルであの勝ち切り方をしたのは非常に評価できる。本馬は間隔を空けたローテで良績を残しており、中9週と間隔を空けたローテは歓迎だろう。戦績を振り返ると、オープン以上の3勝は全て8週以上の間隔を空けた時に全3勝を挙げている。また、初騎乗となるが、先週好調だったレーン騎手への乗り替わりはプラス。ザダルとレーン騎手は脚質的に手が合う印象があり、期待できる。

【不安材料】

  • 前走はゲート内で暴れており
    出遅れる可能性がある
  • WIN5をしてきて学んだが
    連覇は難しい

前走はゲート内で暴れており、出遅れる可能性がある。出遅れると少頭数であり、後方になればなるほど勝ち切るには厳しい印象がある。また、WIN5をしてきて学んだが、同一レースの連覇は相当厳しい。5→6歳で上積みがどうか。

🏇シャドウディーヴァ

この馬は対抗予定。

【馬タイプ】

⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走のヴィクトリアマイルは
    距離が若干短い印象があった
    • 最後方からの競馬になりながらも
      上がり最速の末脚で
      追い込んできた
  • 今回は1600m→1800mの
    距離延長ローテ
    • 5走前の府中牝馬ステークスも
      同様のローテで勝利している
  • ハーツクライ産駒は
    距離延長ローテを得意としている
  • 2,3走前はどちらも展開向かずで
    度外視でよい
    • 2走前の金鯱賞はコーナーで
      内を立ち回った馬が
      上位を占めるレース
      • 外の位置を取らざるを
        得なかったので
        厳しいレース展開となった
    • 3走前の有馬記念は明らかに
      距離が長かった
  • 差し馬の本馬に今の東京競馬場の
    馬場は合っていそう
  • 全3勝のうち、2勝を挙げている
    1800mでのレース

【WIN5的中のカギからの学び】

★清津峡特別 サニーオーシャン

 WIN5において追込馬を過信しない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

シャドウディーヴァは前走のヴィクトリアマイルは距離が若干短い印象があった。そんな中、最後方からの競馬になりながらも、上がり最速の末脚で追い込んできた。6歳牝馬であるが、衰えは気にしなくて良いだろう。今回は1600m→1800mの距離延長ローテとなり、5走前の府中牝馬ステークスも同様のローテで勝利している。それに加えて、ハーツクライ産駒は距離延長ローテを得意としているのもプラス。近走を見ると、2,3走前はどちらも展開向かずだったので、度外視でよい。2走前の金鯱賞はコーナーで内を立ち回った馬が上位を占めるレースだった。そのレースでは外の位置を取らざるを得なかった。3走前の有馬記念は明らかに距離が長く、大敗。また、今の東京競馬場の馬場は差し馬の本馬に合っていそうな印象を受けた。全3勝のうち、2勝を挙げている1800mでのレースで、近3走と比べて条件が一気に好転するので狙ってみたい

【不安材料】

  • 追込馬をWIN5で信用しにくい
  • 坂井騎手は追込脚質の馬ではなく
    先行脚質でこその騎手

正直、WIN5で追込馬を信用しにくい。また、坂井騎手は追込脚質の馬ではなく、先行脚質でこそ買いたい騎手である。追込脚質で買うのがどうなのか。

🏇ジャスティンカフェ

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

⑥タメ外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の湘南ステークスは
    外差し有利の馬場傾向だった
    • とはいえ、楽な手応えで2着馬に
      0.5秒差付けた内容は評価
  • 2走前の小豆島ステークスは少頭数の
    スローな展開で上がり最速の
    末脚を使い勝利
    • このレースも2着馬に
      0.4秒差付けて圧勝
  • 2連勝中で底を見せていない
    魅力がある
  • 横山典騎手が騎乗してから2連勝中
    • 今回も後方ポツンが想定されるが
      それでも届く頭数・馬場傾向である

【WIN5的中のカギからの学び】

★清津峡特別 サニーオーシャン

 WIN5において追込馬を過信しない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ジャスティンカフェは前走の湘南ステークスは外差し有利の馬場傾向だったとはいえ、楽な手応えで2着馬に0.5秒差付けた。着差を付けて勝利した内容は評価したい。2走前の小豆島ステークスは少頭数のスローな展開で、上がり最速の末脚を使い勝利。このレースも2着馬に0.4秒差付けて圧勝。この2連勝中で底を見せていない魅力がある。勢いが最もあるのは本馬だろう。また、横山典騎手が騎乗してから2連勝中で相性が良いのだろう。今回、後方ポツンが想定されるが、それをしても届く頭数・馬場傾向であり、勢いそのままに勝利する可能性は大きい。

【不安材料】

  • 追込馬をWIN5で信用しにくい
  • エピファネイア産駒であり
    距離延長は歓迎だが
    非根幹距離になるのはどうか

シャドウディーヴァの項でも話したが、追込馬をWIN5で信用しにくい。エピファネイアは根幹距離>非根幹距離の適性がある。エピファネイア産駒の距離延長ローテは歓迎だが、非根幹距離になるのはどうか。

🏇ダーリントンホール

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 今回、挙げた注目馬は軒並み
    追い込み脚質である
    • 本馬が4コーナー時点で
      最も前にいられる可能性がある
  • 一時期、調子を崩していた時期も
    ありながら、4走前の富士ステークスでは
    勝ち馬のソングラインに0.5秒差の5着
  • 3走前のマイルチャンピオンシップでも
    33.4秒の末脚を使い
    グランアレグリアに0.6秒差
    • 先週の安田記念で好走したサリオス
      シュネルマイスターと
      それぞれ0.1、0.5秒差
  • 2走前の洛陽ステークスはマイルを
    1分31秒台という高速決着に対応
  • 前走のダービー卿CTは外差しが有利な
    馬場傾向の中、内から差してきて
    3着に好走
  • 広い東京競馬場に変わり
    注目馬より前から末脚が使えれば
  • 1800mで全2勝している
  • 共同通信杯以来の
    ルメール騎手とのコンビ
    • ルメール騎手は東京GⅠで好走を
      続けており、馬場への理解がある

ダーリントンホールは今回、挙げた注目馬が軒並み追い込み脚質である。本馬が4コーナー時点で最も前にいられる可能性がある。それだけで買いたくなる。一時期、調子を崩していた時期もありながら、4走前の富士ステークスでは勝ち馬のソングラインに0.5秒差の5着だった。3走前のマイルチャンピオンシップでも33.4の末脚を使い、グランアレグリアに0.6秒差だった。先週の安田記念で好走した「サリオス」、「シュネルマイスター」とそれぞれ0.1、0.5秒差。その重賞の2戦を見ると、GⅢで勝ち負け出来る力はあるだろう。また、2走前の洛陽ステークスはマイルを1分31秒台という高速決着に対応しており、高速決着でもある程度戦えるだろう。前走のダービー卿CTは外差しが有利な馬場傾向の中、内から差してきて3着に好走。前走を見ると、中山競馬場より、東京競馬場への適性の方がある。今回は広い東京競馬場に変わり、注目馬より前から末脚が使えればチャンスがあるだろう。1800mという距離で全2勝しているのもプラス。また、共同通信杯以来のルメール騎手とのコンビは歓迎だろう。ルメール騎手は東京GⅠで好走を続けており、馬場への理解があり、今回も期待できる。

【不安材料】

  • 新馬を除いては良馬場で勝利がない
  • 良馬場で開催されて
    キレ味勝負になるとやや分が悪い

新馬を除いては良馬場で勝利がないのが気になる。今回、良馬場で開催されてキレ味勝負になるとやや分が悪いだろう。週末に雨予報が出ているのはプラスだが、馬場状態は注目したい。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇ヤマニンサンパ

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 2連勝と勢いがある
    • 特に前走の飛鳥ステークスは直線で
      挟まれ、詰まり・スムーズでない
      ながら勝利
    • 不利が重なった中で0.2秒差と
      着差を付けて勝利した
  • 引き続き川田騎手が
    継続騎乗してくれることも心強い
  • 1800mという距離で
    全3勝を挙げている

ヤマニンサンパは初輸送がどうかも、川田騎手がこの人気で買えるのであれば妙味はあるだろう。

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎ダーリントンホール
○シャドウディーヴァ
▲ジャスティンカフェ
△ヤマニンサンパ
★ザダル
消タイムトゥヘヴン

今週はこの予定で更新します✨

月:WIN5回顧~安田記念編~
火:エプソムC
水:常滑特別
木:夏至S
金:函館SS
土:三宮S
日:WIN5最終予想

以上、【エプソムカップ予想】末脚のある外枠の馬を狙い撃ち!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここは追込馬が多いレース。スローになり、差し届かずのパターンも頭に入れておきたい。