【セントウルステークス予想】実績馬の中で最上位に取るのは?

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

セントウルステークスを予想します。

GⅡらしくハイレベルな
メンバー構成になりました!

どの馬が上位に来るか
人気馬の序列
意識して書きました🌟

注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

予想のコンセプト『上位人気の中で、前にいる馬』

◎メイケイエール
○ジャングロ
▲ソングライン
消ダディーズビビット

🐴月:WIN5回顧~新潟記念・小倉2歳S~
🐴火:セントウルS
🐴水:京成杯AH
🐴木:白井特別
🐴金:セプテンバーS
🐴土:浜松S
🐴日:WIN5最終予想~セントウルS・京成杯AH~

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

セントウルステークス予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

左回りの6分割

中京芝1200mは
基本的には前有利である。
その上で、開幕週なので逃げ馬には警戒したい。

①逃げ
④外先行

のタイプを狙いたい。

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

馬名脚質タイプ騎手ランク
サンライズオネスト横山典:B
ジャングロ福永:S
ソングラインルメール:D
ダディーズビビット竹之下:D
メイケイエール池添:B
早見表

脚質タイプは「①逃げ、④外先行を◎」、「それ以外を△」とする。
騎手は現時点の想定です。

サンライズオネスト

🏇

【結論】

4番手以下

【根拠】

  • 左回りで勝利がないこと
  • 適性が「右回り×急坂コース」
    にあると考えたため
    • 今回の「左回り×急坂コース」
      という条件は適性と
      ややズレていると判断したため

【具体例】

  • 左回りは0-0-1-7であり、
    連対を確保したことがない
  • 全5勝のうち、
    4勝を「阪神・中山」で挙げており、
    「右回り×急坂」が最も
    得意な舞台である

【その他強調点】

  • 2走前の高松宮記念で勝ち馬に
    0.3秒差まで追い込んできている
    • 今回人気するメイケイエールと
      僅差の競馬ができている
  • 3走前の阪急杯は厳しい距離延長ローテで
    馬券内に来たことを評価している
    • 阪神芝1400mにおいて
      距離延長ローテで馬券内に入るのは
      力がないとできない
    • ラチ沿いを通った馬が1,2着の中
      ラチから2,3頭分の外の位置から
      3着まで粘ったのは強さの証

【WIN5的中のカギからの学び】

★東海Sスワーヴアラミス

 上位人気と前走僅差の競馬していた馬は

 不当な人気ではないか確認する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★高松宮記念

 スプリント戦、かつ内前と

 判断した場合に外枠は厳しい

 7、8枠は買わないといった割り切りは大事

 1、2枠でいい馬いない?と思考を変える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

【不安材料】

  • 叩き良化型であり、
    中17週のローテがどうか
    • 全5勝のうち、
      4勝は中3週以内の
      詰まったローテでのもの
  • 近走に比べると相手関係が強化される
    • 具体例の項でも話した通り
      GⅡとなり、連対すらない左回りで
      いきなり勝ち切るまではどうか

ジャングロ

🏇

【結論】

対抗

【根拠】

  • 3人気以内に支持される予定の馬
    (メイケイエール、ソングライン、
    本馬)の中で、最も前の位置を
    取れると予想したため
    • 開幕週の中京芝は
      前有利になりやすく
      なるべく前にいる馬を狙いたい
  • 1600→1200mへの距離短縮ローテで
    パフォーマンスを上げると
    予想するため
    • 1200~1400mが
      本馬の適性距離と考える

【具体例】

  • 前走こそ、ゲートにぶつかり出遅れたが
    2,4~7走前の5戦は逃げ競馬ができている
  • 直近、2走は1600mと適性より
    やや長い距離に出走
    • 1200mは2-0-1-0と全4勝のうち
      2勝を挙げている得意距離である
    • 1600→1200mという距離短縮ローテは
      ベゴニア賞→中京2歳ステークスで
      経験し、勝利という結果を出している
    • 中京2歳ステークスは
      2歳レコードで勝利しており
      今回の舞台の適性はある
    • キャリアで2戦、
      距離短縮ローテで出走しており、
      1-1-0-0と戦績が安定している

【その他強調点】

  • 前走のNHKマイルカップは
    スタート後にゲートへ突進してしまい、
    出遅れてしまった
    • 逃げ馬であり、
      大敗してもおかしくない中、
      上がり2位の末脚を使い
      追い込んできた
    • 結果的に、競馬の幅が
      広がったと判断する
    • 適性距離より、やや長い1600mで
      ダノンスコーピオン相手に
      0.6秒差に好走したのは
      力がある証と考える
  • 3走前のNZTの高く内容を評価している
    • 1200→1600mという
      厳しい距離延長ローテの中、
      重賞で勝ち切った
    • 若駒で1200→1600mへの
      距離延長に対応し、

      勝ち切るのは相当強い馬でないと
      できないことと考える
    • 2着馬はNHKマイルで
      2着に好走する
      マテンロウオリオンであり、
      レベルは低くなかった
  • 4走前の中京2歳ステークスは
    キーンランドカップを2着に好走した
    ウインマーベル相手に
    0.6秒差の着差を付けて勝利
    • 逃げて、上がり最速の末脚を使い
      2歳レコードを繰り出している

【WIN5的中のカギからの学び】

★鞍馬ステークス

 シゲルピンクルビー

 中京芝1200mは直線が長いので

 距離が1400~1600mで

 結果を残している馬を狙う

 スタンスにする

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★京都記念

 アフリカンゴールド

 開幕週の逃げ馬(同型不在)で

 展開利が見込める

 開幕週の逃げ馬を抑えようという

 考えがなかった

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★両国特別

 ヴィルヘルム?スーパーホープ?

 どっちが勝つか序列を付ける

 その上で、序列が下の馬で

 勝つイメージが湧かないなら買わない

 安心感で置きに行く買い方はしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

【不安材料】

  • 相性の良かった武豊騎手からの
    乗り替わりがどうか
    • 福永騎手は中京芝1200mを
      得意としているが
      テン乗りということは
      頭に入れておきたい

ソングライン

🏇

【結論】

単穴

【根拠】

  • 3人気以内に支持される予定の馬
    (メイケイエール、ジャングロ、
    本馬)の中で、最も後方の
    位置取りになると予想したため
    • 開幕週の中京競馬場は
      人気馬の中で
      なるべく前の位置を狙いたい

【具体例】

  • 前走の1600mの安田記念は
    18頭立ての10番手からの競馬となった
    • 初スプリントの例としては、
      1400mまで逃げていたレシステンシアが
      高松宮記念に出走した際は
      4コーナー7番手からの競馬となっていた
    • 以上のことから、
      400mの距離短縮で
      先行競馬ができないと判断する

【近走内容・強調点】

  • 左回りで全5勝を挙げており、
    引き続き左回りで
    レースが出来るのはプラス
    • 馬券外に崩れているのは
      右回りの阪神2戦、
      GⅠのヴィクトリアマイルの
      3戦のみである
  • 前走のヴィクトリアマイルは
    厳しい距離延長ローテ、
    3コーナーで躓くといった
    不利が重なり、5着に敗戦
    • 1枠を引いてしまったこともあり、
      スムーズなレースが
      出来なかった
    • そんな中、掲示板を確保したのは
      地力の高さだろう
  • 中京芝1200mは直線が長く、
    マイラーでも対応可能である
    • 2021年の高松宮記念は
      初のスプリントだった、
      レシステンシア、
      インディチャンプが2,3着に
      好走している
    • 2,3着に好走する可能性は
      あると判断する
      • ただ、初の1200mで勝ち切る
        まではどうなのかは
        オッズと相談して
        最後まで迷いたい

【WIN5的中のカギからの学び】

★鞍馬ステークス

 シゲルピンクルビー

 中京芝1200mは直線が長いので

 距離が1400~1600mで

 結果を残している馬を狙う

 スタンスにする

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ルメール騎手は中京での1倍台は過信厳禁!

 ククナ、ラスール

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★調教師・助手さんのコメントから

 折り合い難のある馬を1点にしない

 具体例:ルペールカーリア(迎春S)

 ビジュノワール(アネモネS)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

【不安材料】

  • 明らかにここがメイチではない
    • 今回の出走の理由が、
      「速い流れを経験させる」ことである

サンデーレーシングの吉田俊介代表は「速い流れを経験させてから渡米したい」と狙いを説明した。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/07/14/kiji/20220713s00004000760000c.html

ダディーズビビット

🏇

【結論】

軽視

【根拠】

  • 善戦キャラであり、
    WIN5という券種に向いていない
    ため
  • 重賞で相手関係が厳しくなるため

【具体例】

  • オープン以上の戦績が
    1-4-2-14と勝率は約5%と低い
    • 重賞に限ると
      0-0-0-5と好走歴がない
  • 前走の安土城ステークスは
    上位人気がスマートリアン、
    レッドベルオーブ、
    リレーションシップだった
    • それに対して、今回は
      安田記念覇者のソングライン、
      重賞5勝のメイケイエールが
      上位人気に支持されることが
      想定される

【近走内容・強調点】

  • 3走前のオーシャンステークスは
    1着のジャンダルムに0.2秒差
    • ナランフレグ、ビアンフェといった
      重賞実績馬に対しても
      差のない競馬をしている
  • 全7連対中6連対が中京競馬場である
    • 全3勝のうち2勝を
      中京競馬場で挙げており
      得意舞台で出走できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★福島TVオープン オパールシャルム

 逃げ勢が多くても、

 前の馬を狙うのが1200mの基本

 5人気までの馬の中で

「若い×最も前」を取れそうな馬を狙う

 今回であればオパールシャルム

https://keiba-analysis.com/win5-key/

【不安材料】

  • 具体例の項で話した通り、
    勝ち切れないタイプであり
    WIN5で買いにくい

メイケイエール

🏇

【結論】

本命

【根拠】

  • 戦績がピンかパーであるため
    WIN5で押さえておきたいから
  • 中京芝1200mの適性が高いと考えるから

【具体例】

  • 重賞5勝を含む
    全成績が6-0-0-5であり、
    WIN5向きな戦績である
  • 中京芝1200mは1-0-0-1である
    • シルクロードステークスは
      差し馬に有利な展開の中、
      先行して勝利しており、
      0.1秒差の着差以上に評価できる
    • 馬券外の1戦は「枠順」、
      「展開」と不利が重なりながらも
      GⅠで5着に粘った

【その他強調点

  • 前走の京王杯スプリングカップは
    厳しい距離延長ローテで
    折り合いの難しさを
    見せながらも勝利
    • 大外枠に入り、馬群に
      揉まれなかったことが
      プラスに働いたと考える
  • 3走前のシルクロードステークスは
    展開に恵まれない中、
    勝利したことを評価している
    • 道中折り合いを欠いていたが、
      池添騎手の好騎乗で
      直線は余裕があった
    • 池添騎手が騎乗してから
      成績が安定している
    • 池添騎手に乗り替わってから
      2-0-0-2である

      (馬券外の2度はGⅠである)

【WIN5的中のカギからの学び】

★フェブラリーステークス

 カフェファラオ

 ピンかパーな馬は

 混戦模様のレースでは押さえておく

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★鞍馬ステークス

 シゲルピンクルビー

 中京芝1200mは直線が長いので

 距離が1400~1600mで

 結果を残している馬を狙う

 スタンスにする

https://keiba-analysis.com/win5-key/

【不安材料】

  • 内枠を引いて、
    揉まれる展開になるとどうか
    • 力を出し切るのであれば、
      前走のように外枠を引きたい
    • 3走前のシルクロードステークスは
      内枠から好走したものの、
      池添騎手が折り合いに苦労していた

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手

該当馬なし

現時点の予想

現時点予想

◎メイケイエール
○ジャングロ
▲ソングライン
消ダディーズビビット

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:WIN5回顧~新潟記念・小倉2歳S~
🐴火:セントウルS
🐴水:京成杯AH
🐴木:白井特別
🐴金:セプテンバーS
🐴土:浜松S
🐴日:WIN5最終予想~セントウルS・京成杯AH~

以上、【セントウルステークス予想】実績馬の中で最上位に取るのは?でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

現時点では、メイケイエール+ジャングロの2点で勝負する予定です。
【位置取り】
近走の内容から、直線に向いた時の位置取りが
ジャングロ>メイケイエール>ソングラインとなると予想して、買い目を決めました。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA