WIN5対象レース2R目【ブラッドストーンステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年2月27日に行われるWIN5対象レース
2R目ブラッドストーンステークスを予想します。

除外馬が多いこと
現級馬が手薄なことで昇級馬にも
チャンスありと見ます。

各馬の強み、弱みは理解しながら
予想するための手助けになればと思い
ブラッドストーンステークスで
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
穴馬編もあります。
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

ブラッドストーンステークス(3勝クラス)予想

中山ダート1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中山ダート1200mは芝スタートのダート戦でスピード自慢が集まる傾向。下級条件では逃げ先行馬がそのまま残ることもありますが、上級条件では差しも決まる。特に冬の時期で差しが決まりやすい時期があるので、馬場傾向には細心の注意を払いたい。

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇スワーヴシャルル(川田)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走の外差有利の展開で、内から耐えての2着は評価できる
  • 川田騎手が継続騎乗する

スワーヴシャルルは前走の伊賀ステークス(3勝クラス)では外差有利な馬場で外から強襲をくらい2着。2着の内容として内で耐えて、連対したことは評価したい。3勝クラスで常に先行競馬し、結果を出しており今回も好走が期待できる。
何より強みなのは、川田騎手が継続騎乗すること。リーディング上位騎手はサウジアラビア・阪神競馬場に散っており、リーディング上位の川田騎手が騎乗してくれるのは本馬にとって大きなプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 戦績を見ると明らかだが、左回り>右回りの馬である
    • 右回りで勝利経験がない
  • 人気先行型であり、妙味がない

戦績を見ると分かるのだが8連対しているが、その内7連対は左回りでのもの。右回りより、左回りの適性があるのは明らかだろう。その上で右回りに5度出走しているが1度も勝利がない
それに加えて本馬は人気先行型であり、直近12レース中11レースで2人気以内に支持されている(残り1レースは3人気)
その12レースのうち、人気通りに走ったことは4レースしかなく勝ち切れていない。勝ちきれないのに、人気するのであればWIN5としては軽視が妥当か。

🏇ハコダテブショウ(石川)

【考察】
この馬は本命候補予定。強調材料は3点

  • 前走0.5秒差付けて勝利した内容を評価している
    • テンが速く、逃げ競馬ができそう
  • 前走2着馬が、次走の2勝クラスを突破している
  • 石川騎手と相性が良い

ハコダテブショウは前走の2勝クラスで、テン3Fが33.1という相当速いラップで突っ込みながら0.5秒差を付けて勝利した。前走の2着馬がその後2勝クラスを突破していたので、前走はハイレベルだったと判断する。本馬と共に3勝をしている石川騎手が継続騎乗するのも大きなプラス。
今回はクラスが上がるので逃げ切れるかどうかだが、テン3Fが33秒台前半で入れるのであれば逃げれると予想する。

【不安材料】
不安材料は2点

  • クラスが上がって逃げ競馬ができるのか
  • 揉まれたくない馬なので、展開・枠順に注文が付く

考察では逃げれると予想したが、クラスが上がり逃げ切れない可能性も考えられる。直近2勝は逃げての勝利なので、逃げられなかった際にどんな競馬になるかは未知。
また、揉まれたくない馬なので中~外枠を引いてスムーズに逃げれるのが理想だろう。内枠を引き、逃げたい他馬が外枠を引いた場合、内に押し込まれてしまう可能性はある。本馬だけでなく、同型馬の枠順にも注目して最終判断したい。

🏇アウトウッズ(津村)

【考察】
この馬は対抗以下予定。強調材料は1点

  • 中団から差せる脚質で競馬ができる
    • 近3走で上位の末脚を使えている

アウトウッズは中団から上位の末脚を使えるのは強調材料。中山ダート1200mは前が速くなりやすいので、中団から早い末脚を使えそうな本馬には展開が向きそう。具体的には2走前の浦安特別のような競馬が出来ればこのクラスで戦えると予想する。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 休み明けがどうか
  • 勝利したスズカカナロアが、伊賀ステークスでスワーヴシャルルに大敗している
  • ノヴェリスト産駒のダート成績が良くない

500kgを優に超す大型馬なこともあり、4カ月半の休み明けがどう影響するか。本馬は中2~5週の際に全3勝を挙げており、狙うのは次走以降の可能性がある。また、前走勝利したスズカカナロアは伊賀ステークスで今回人気するスワーヴシャルルに0.6秒負けている。昇級初戦でいきなり勝利は難しいか。
それに加え、ノヴェリスト産駒のダート上級条件の成績が良くないことも気になる。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ジゲン(田辺)

この馬は対抗以下予定。強調材料は2点
現時点でのnetkeibaさんの想定オッズは4人気なので、穴馬という扱いにします。

  • 現級で上位の人気を集めていた経験がある
  • 3走前のアクアラインステークスの内容を評価している
    • アクアラインステークスで負けたチェーンオブラブは
      次走ジャニュアリーステークス(OP)で3着に好走した

本レースに出走する馬の中で、現級での中山ダート1200m実績が最もある馬。実際に2,3走前は現級で1人気に支持されていた実力馬。WIN5では「迷ったら前の馬を買え!」という格言があるように先行競馬出来ることも強み。3走前は差し有利な馬場傾向の中粘っての2着は評価できる。その際に負けたチェーンオブラブは次走中山ダート1200mのオープン競走で3着に好走していた。今回、人気の盲点になっているのなら狙いたい。
渋った馬場の方が相対的にパフォーマンスを上げられるので、一雨ほしいところ。

現時点の予想

現時点予想

◎ハコダテブショウ
ジゲン
アウトウッズ
△スワーヴシャルル
消カイアワセ
牝馬なので買いません

3勝クラスのダート戦は頭数が多く、除外馬が多発します。
今回は現級で成績を残してきた馬たちより、昇級馬に魅力を感じるメンバー構成です。
どの昇級馬がもっとも勝つ可能性が高いのかを予想しました。
最終予想まで各馬のレースをさらに深堀りし、力比較をできるようにします!

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。
明日は下関ステータスの予想ブログもあげますのでご覧ください🏇