ハンデ戦の内回りを制するのは?~明石特別予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
明石特別を予想します。

少頭数ですが、上位人気馬は
左回りの適性の方がありそう。
となると、右回り適性がある穴馬の出番…?

明石特別
上位人気馬3頭の考察、不安材料
穴馬2頭の考察を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎セグレドスペリオル
○ピノクル

▲スタッドリー
△ノースザワールド
消ウインリブルマン

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

明石特別(2勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

阪神芝2000m内回りで行われるレース。「先行して、器用に立ち回る競馬が出来る馬」を狙いたい。最もイメージしやすい例が2019年の勝ち馬アルアイン。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2019年大阪杯4コーナー入り口

内前で脚を溜めて、抜け出せる馬を狙いたい!

阪神芝2000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝2000mは内回りコースを使用するので、コーナーを4つ回る形態。

  • スタートして直後に坂を上るので、ペースは速くならない
  • 3コーナーから直線途中まで下り坂である
    • コーナーで加速する器用さが求められる
  • コーナーで加速した後、最後に坂があるので、タフになりやすい

過去4年の勝ち馬の特徴は?

2018年から、現在と同条件である2勝クラス芝2000mに変更となった。2018~2021年までの4年間の勝ち馬の特徴を調べる。

  • 2021🐴ニホンピロスクーロ
    • 前走、春日特別(阪神芝1800m)で6人気4着
    • 2、3走前、小倉芝1800mで2連対
    • 未勝利戦で勝利したのは小倉ダート1700m
  • 2020🐴ショウナンバルディ
    • 前走、須磨特別(阪神芝1800m)で3人気3着
    • 2、3走前、現級で馬券内
      • 3走前は現級で連対経験あり
    • 未勝利戦で勝利したのは阪神芝1800m
  • 2019🐴エーティラッセン
    • 前走、淡路特別(阪神芝2400m)で3人気5着
    • 2走前、現級で連対経験あり
    • 新馬戦を勝利したのは京都芝1800m
  • 2018🐴サトノグラン
    • 前走、木津川特別(京都芝1600m)で7人気8着(0.7秒差)
    • 3走前、現級で2人気に支持されていた経験あり
    • 未勝利戦で勝利したのは新潟芝1800m
勝ち馬の共通点は?
  • 前走、掲示板を確保している
    • ない場合は3走以内に、現級で2人気以内に支持された経験あり

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇ウインリブルマン

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 2走前の鳥栖特別の内容を評価している
    • 苦手な距離短縮ローテ、かつ差し有利馬場で先行して2着
  • 頭数が13頭以下の時、1-1-0-1と良績を残している
    • 14頭以上だと1-4-0-3
  • 松岡騎手と騎乗する際は、2、3番手で先行競馬ができている

ウインリブルマンはエピファネイア産駒である。エピファネイア産駒は距離延長が得意の種牡馬であり、2走前は苦手な距離短縮ローテであった。鳥栖特別はそれに加え、差し有利な展開で先行するという不利が重なりながら2着に好走した。この内容は評価したい。また、頭数が手ごろになるのもプラス。頭数が13頭以下の時、1-1-0-1と良績を残している。それに加え、明石特別は阪神内回りで行われるレースなので、先行力が求められる。本馬は先行力があり、阪神内回り向きな脚質であることもプラス。前走勝利の勢いに乗り、連勝に期待。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 昇級馬であり、着差がないのが気になる
  • 戦績を見ると、2-5-0-4と2着が多い
  • 関西圏の競馬場であれば、関西騎手を買いたい

WIN5的中のカギで昇級馬は以下のような評価を基本としている。

★昇級初戦は着差に注目する
 昇級馬は爆発力を感じない
 or
 着差0.1秒以内は基本軽視する
 ※0.2秒差以上でも逃げ馬は軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

本馬は昇級馬であり、前走0.1秒差しか付けていない。相手関係は一気に強化されるので、勝ち切るまではどうか。また、戦績を見ると善戦キャラ感が否めない。今回も先行して、2、3着という絵が浮かぶ。それに加えて、関西圏の競馬場で行われるレースでは関西騎手を買いたい。関東騎手である松岡騎手が騎乗することで、重い印を打ちにくいのが正直なところ。

🏇スタッドリー

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 芝2000mで全2勝を挙げている
  • 右回りの競馬場では、新馬戦以外上がり2位以内の末脚を使っている
  • 前走、直線でモタれていたので右回り替わりは歓迎

スタッドリーは2000mという距離で全2勝を挙げており、今回は適距離でレースが行える。本馬は近走、左回りを続けて使ってきているが、右回りの競馬場では、新馬戦以外上がり2位以内の末脚を使えている。それに加え、前走の天竜川特別では直線でモタれていたので、右回り替わりは歓迎だろう。レースぶりを見ると、不器用な面があり、内回りがどうかもクラス突破の素質はある。

【不安材料】
不安材料は1点

  • ハービンジャー産駒らしく、広いコースに適性がある
    • 内回りの適性がどうか

考察でも話したが、走りに器用さは感じなかった。ハービンジャー産駒らしく、大きい、広い競馬場に適性があるのだろう。右回りに替わることは歓迎だが、内回りに対応できるかどうかは未知。人気するのであれば購入は見送る予定。

🏇ノースザワールド

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は2点

  • 近走は2着続きだが、負けた相手が強かった
    • 前走の渥美特別はビックリボン
    • 3走前の浜名湖特別はジャックドール
    • 4走前の長久手特別はロバートソンキー
    • 3勝クラス馬、重賞で馬券内になる馬との対戦では分が悪かった
  • GⅠ(菊花賞)に出走経験がある

ノースザワールドは近走2着が多い。善戦キャラというわけではなく、相手が強かった。前走の渥美特別はビックリボン、3走前の浜名湖特別はジャックドール、4走前の長久手特別はロバートソンキーと上級条件で活躍する馬ばかりを相手にしていた。今回はそれに比べると相手関係は一気に楽になる。また、大敗してしまっているがGⅠ(菊花賞)に出走経験があることは強調材料。GⅠに出走しているということが強さの証。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 左回り>右回りの適性を持つ馬であり、右回りの勝利経験がない
    • 左回り:2-4-0-3
    • 右回り:0-0-1-3
  • 東京・中京競馬場のような、直線が長く広い競馬場向き

戦績を見ると、圧倒的に左回りの適性がある。また、右回りの勝利経験がないことも割引材料。本馬は東京・中京競馬場のような、直線が長く広い競馬場向きと考える。狙うとしても今回の条件(阪神内回り)ではないような気がしている。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇セグレドスペリオル

この馬は本命予定。強調材料は2点

  • 近2走は、現級で勝ち馬にそれぞれ0.1、0.2秒差と健闘している
  • 前走は上がり最速の末脚を使って4着

★賢島特別 エグレムニ
 前走上がり最速で5着は
 人気薄でも抑える。
 掲示板ではなくても距離短縮で
 位置が取れそうなら抑える

★斑鳩ステークス ルプリュフォール
 前走上がり最速で5着は
 追い込み馬でも抑える。
 追い込み馬だからという理由で
 考えず消さない

★隅田川特別 ユキノファラオ
 混戦だったら混戦だったら、前走上がり最速で
 掲示板を確保している馬は買っておく
 もう3回目。次はしない。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

セグレドスペリオルは近2走、現級で勝ち馬にそれぞれ0.1、0.2秒差と健闘している。現級では力上位の存在である。また、前走は上がり最速の末脚を使って4着と掲示板を確保している。2勝クラスの前走上がり最速は買わず、何度も来られるという悲劇を経験しているので今回は買う。

🏇ピノクル

この馬は対抗予定。強調材料は4点

  • 前走は大敗しているが、2走前の同舞台で行われたフォーチュンカップでは勝ち馬に0.3秒差である
    • 現級で通用する力はある
    • 内前有利の馬場で、内から差し競馬をして掲示板を確保している
  • 苦手な左回りから、得意の右回りに替わるのは歓迎
    • 左回り:0-0-3-6
    • 右回り:2-6-2-15
  • 穴パターンと一致する
    • 5走前は現級で3人気に支持されていた
  • 浜中騎手と手が合っている
    • 1-3-2-4

ピノクルは前走の渥美特別で大敗している。戦績を見ると分かるが、左回りは9度出走し、1度も連対していない苦手条件。今回、右回りの阪神競馬場に舞台が替わるのはプラスだろう。また、2走前に今回と同舞台で行われたフォーチュンカップでは勝ち馬に0.3秒差の競馬をしている。現級で通用するだけの力はあると予想。近走は苦手の左回り、得意ではない2000m超のレースで馬柱を汚しているが、現級で「2000m以下かつ右回り」という条件では大崩れしていない。今回、上位人気に左回り巧者が多いのであれば、右回り巧者の本馬を狙いたい。

現時点の予想

現時点予想

◎セグレドスペリオル
○ピノクル

▲スタッドリー
△ノースザワールド
消ウインリブルマン

以上、「ハンデ戦の内回りを制するのは?~明石特別予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

上位人気馬は大箱・左回り向きの馬が多い印象。小回り・右回りに適性がある馬を狙いたい。本レースは穴馬で攻める予定!