【安土城ステークス】古豪の集い~復活するのは?~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

安土城ステークスを予想します。

幅広い年齢からの参戦となったレース。
どの馬から攻めればよいか
迷っている方は、このブログを参考にして
馬のイメージを付けてください🐴!
狙い目は古豪…?

そこで安土城ステークスの
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎レッドベルオーブ
○エントシャイデン
▲リレーションシップ
△スマートリアン
消ダディーズビビット

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

安土城ステークス(リステッド)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

今回、中京芝1400mなので
極端な脚質は狙いづらい
中穴なら①逃げ

人気馬なら
②中団内差し
⑤中団外差し

の馬を狙いたい!

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇スマートリアン

この馬は4番手予定。

【馬タイプ】

④外先行
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の六甲ステークスは馬群の
    中団から伸びて4着
    • 負けた馬はエアロロノア
      ファルコニア
      カレンシュトラウスと
      重賞で好走する馬達
    • 外差し有利な馬場傾向だったので
      直線ラストでカレンシュトラウスに
      差されたが評価できる内容だった
  • 2,3走前は牡馬混合の
    中山芝1600m戦で勝ち馬に
    それぞれ0.2、0.4秒差の好走
  • 4走前までは牝馬限定戦で
    好走してきていたが、近3走から
    牡馬混合でも目途が立っている
  • 今回はキャリア初の1400m戦で
    変わり身が見込めれば
    • メンバーを見渡す限り
      1600m戦より相手関係が楽になる

【WIN5的中のカギからの学び】

★東風ステークス

 ボンセルヴィーソ

 善戦キャラであろうと

 相手関係が弱いと勝てるので

 相手関係を見る前に善戦キャラだから

 という理由で切らない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★春興ステークス

 ハンデ戦は2択に迷ったら

 斤量の重い馬を選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

スマートリアンは前走の六甲ステークスは馬群の中団から伸びて4着だった。そのレースで負けた馬はエアロロノア、ファルコニア、カレンシュトラウスと重賞で好走する馬達
であり、相手関係は強力だった。そのレースは外差し有利な馬場傾向だったので、最後カレンシュトラウスに差されてしまったが、評価できる内容だった。2,3走前は牡馬混合の中山芝1600m戦で勝ち馬にそれぞれ0.2、0.4秒差の好走。4走前までは牝馬限定戦で好走してきていたが、近3走から牡馬混合でも目途が立っているのはプラス。今回のメンバーを見渡す限り1600m戦より相手関係が楽になるので、キャリア初の1400m戦で変わり身が見込めればチャンスありだろう。

【不安材料】

  • 距離短縮で後方からの競馬に
    なると勝ち切るまではどうか
  • Dランク騎手が騎乗するので
    本命にはしづらい

距離短縮で後方からの競馬になってしまうと、勝ち切るまではどうか。また、Dランク騎手が騎乗するので、正直重い印を打ちづらい

🏇ダディーズビビット

この馬は軽視予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の鞍馬ステークスは後方から
    上がり3位の末脚を使い3着
    • 内有利な馬場傾向の中、健闘した
  • 2走前のオーシャンステークスは
    1着のジャンダルムに0.2秒差
    • ナランフレグ、ビアンフェといった
      重賞実績馬に対しても
      差のない競馬をしている
  • 4走前の淀短距離ステークスは
    同舞台で勝ち馬に0.1秒差の2着に好走
  • 全5連対中4連対が中京競馬場である
    • 全3勝のうち2勝を
      中京競馬場で挙げている

【WIN5的中のカギからの学び】

★志摩ステークス ヴァトレニ

 中穴(5~8人気)の逃げ馬には警戒

 かつ

 3勝クラス、かつ

 Cランクの騎手が乗っていた場合特に警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★小倉がいい例だが、馬場は生き物

 前日の確認を怠らない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ダディーズビビットは前走の鞍馬ステークスは後方から上がり3位の末脚を使い3着に構想した。そのレースは内有利な馬場傾向の中、外から差してきており、健闘しただろう。2走前のオーシャンステークスは1着のジャンダルムに0.2秒差。また、ナランフレグ、ビアンフェといった重賞実績馬に対しても差のない競馬をしている。ここでは地力上位と言えるだろう。4走前の淀短距離ステークスは同舞台で勝ち馬に0.1秒差の2着に好走しており、全6連対中5連対が中京競馬場である。全3勝のうち2勝を中京競馬場で挙げているので、引き続き得意の中京競馬場でレースができるのはプラスだろう。

【不安材料】

  • 勝ち切れないタイプなことが不安
    • 4走前の淀短距離ステークスは
      道中の手応えから勝利したかと
      思ったが、最後伸びず2着

勝ち切れないタイプなことが不安である。前走の鞍馬ステークスも同様の理由で買わなかった。今回も人気に支持されるのであれば妙味がないと判断し、購入を見送る予定。

🏇リレーションシップ

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

②中団内差し
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の京王杯2歳ステークスは
    勝ち馬のメイケイエールに
    0.3秒差まで詰め寄った
    • 外有利の馬場傾向を活かした
      とはいえ重賞のメンバー相手に
      善戦できる目途が立った
  • 2走前の阪急杯では対抗にしたが
    道中下げられてしまい4着
    • 道中で位置を取っていれば
      3着ならあったと予想
  • 左回りで2勝しており
    そのどちらも中京競馬場でのもの
    • 東京→中京替わりは歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

a★東風ステークス

 アオイクレアトール

 前走、重賞組は人気しやすいので

 買うかどうかは見極める

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★関門橋Sアドマイヤポラリス

 追込脚質を信用しすぎない

 迷ったら前の馬!

 相当強いと思わない限り本命にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

リレーションシップは前走の京王杯2歳ステークスは勝ち馬のメイケイエールに0.3秒差まで詰め寄った。外有利の馬場傾向を活かしたとはいえ、重賞のメンバー相手に善戦できる目途が立ったのは大きいだろう。2走前の阪急杯ではスタートを決めたものの、道中下げられてしまい、4着に敗戦。内枠を生かして、道中で位置を取っていれば3着ならあったと予想する。重賞でやれている馬なのでここでは地力上位だろう。また、左回りで2勝しており、そのどちらも中京競馬場でのものであり、東京→中京替わりは歓迎だろう。

【不安材料】

  • 酒井騎手のテン乗りがどうか
  • 近2走、重賞でやれているだけに
    人気になりそう
    • WIN5的中のカギで学んだが
      前走重賞組の取捨は慎重にする

酒井騎手のテン乗りがどうかが気になる。また、近2走、重賞でやれているだけに人気になりそう。WIN5的中のカギで学んだが、前走重賞組は人気する傾向にあるので取捨は慎重にしたい

🏇レッドベルオーブ

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 2走前の六甲ステークスは
    勝ち馬のエアロロノアに0.7秒差
    • 「1年弱の休養明け」
      「外差し有利の展開」で
      先行してのレースで善戦した
    • 騎手の手配から
      勝負度合いを感じなかった
  • 前走のマイラーズカップは前有利の
    馬場傾向の中、4コーナー9番手から
    上がり4位の末脚使い6着
    • 六甲ステークスより、良い競馬が
      出来ており、復調の兆しは見せた
  • 今回はサメカツ騎手を手配してきた
    • 近走に比べると、騎手配置に
      勝負度合いを感じる
  • 朝日杯で1人気に支持されていた
    実力馬なので、1400mに短縮して
    良さが出れば

【WIN5的中のカギからの学び】

★サメカツ、菅原両騎手は

 ローカル競馬場で買える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

https://keiba-analysis.com/win5-key/

レッドベルオーブは2走前の六甲ステークスは勝ち馬のエアロロノアに0.7秒差だった。「1年弱の休養明け」、かつ「外差し有利の展開」で先行してのレースであれば善戦しただろう。六甲ステークスの騎手の手配から勝負度合いは感じなかった。前走のマイラーズカップは前有利の馬場傾向の中、4コーナー9番手から上がり4位の末脚使い6着だった。六甲ステークスより、良い競馬が出来ており、復調の兆しは見せただろう。今回はサメカツ騎手を手配してきており、近走に比べると、騎手配置に勝負度合いを感じる。元々朝日杯で1人気に支持されていた実力馬なので、1400mに短縮して良さが出れば勝ち切るチャンスはあるだろう。

【不安材料】

  • 旬の過ぎた
    ディープインパクト産駒である
    • 長期の休養明けから、2~3歳春の
      状態まで近づいているか

旬の過ぎたディープインパクト産駒であるのが気になる。長期の休養明けから、2~3歳春の状態まで近づいているかどうか。好走はしても勝ちきるまでは厳しかったという可能性はある。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇エントシャイデン

【馬タイプ】

②中団内差し
⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • ドバイ、サウジと海外のレースを使い
    凡走してからの今回のレースである
    • 短い距離を経験したのは大きい
  • 近走は若い頃のような
    追い込み競馬でなく、位置を
    取れるようになってきている
  • 3走前のニューイヤーステークスでは
    今回人気が想定される
    リレーションシップと0.1秒差
    • オッズ差を考えると妙味ありと判断

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

https://keiba-analysis.com/win5-key/

推定人気の段階で7人気と人気がないが、乗り慣れた坂井騎手の一発があっても

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

◎レッドベルオーブ
○エントシャイデン
▲リレーションシップ
△スマートリアン
消ダディーズビビット

今週はこの予定で更新します✨

🐴月:【WIN5回顧】WIN3、あと2つの積み重ね
🐴火:【日本ダービー予想】イクイノックスを信じます!
🐴水:【むらさき賞予想】荒れ予想でいく!!!
🐴木:【香嵐渓特別予想】中京ダート1900m巧者を探せ!
🐴金:【清津峡特別予想】新潟芝の傾向を見抜け!
🐴土:安土城S
🐴日:WIN5予想

以上、【安土城ステークス】古豪の集い~復活するのは?~でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

Cランク以上の騎手を狙い撃ちする予定です。その中で狙うのは古豪達…?