【WIN5予想~中京記念編~】混戦こそチャンス!

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年7月24日に行われる
WIN5のレース予想します。

予想の前に少しだけ、自分がオンラインサロンを始めるきっかけになった話を聞いてください。もし、予想だけ見たい人は飛ばしてくださって構いません。

明日の7/25(月)から
オンラインサロン1期生募集します🐴✨

競馬を始めてから、5年になりました。
去年まで、回収率が30%に満たない下手くそでした。
消費者金融から借金したり、生活費のために炊飯器を売ったり
水道、電気などのインフラ料金を払えなくなるくらい借金をしたりと…
散々な生活を送っていました。

競馬が好き!!という熱意から、過去10年のデータを必死に集めて
馬券を買うも、当たらず。
血統や競馬場の形態を勉強し、それを反映させて
馬券を買うも、当たらず。
ラップから展開予想して馬の適性を考え、
馬券を買うも、当たらず。

競馬を楽しみながら、馬券を的中させたいからこそ
様々な角度から勉強をしましたが成果が出ない日々が続きました。
馬券を外すことが続き、競馬を楽しめず、
ついにはあんなに大好きだった競馬が嫌いになる時もありました。

最も競馬が嫌になったのは去年の有馬記念。忘れもしません。
2021年は特に回収率が悪く、年間の負けを一撃で取り返すしかないと考えました。
2021年2月に結婚してから、家族や将来のために
当時は毎月3万円以内でなんとかやりくりし、馬券を購入していました。
しかし、何としてでも年間の負けを取り返したかった僕は
友人からの年末の飲み会の誘いは全て断り、
奥さんに有馬記念への熱意を伝えて、先々のお小遣いを前借に前借を重ねることで
何とか10万円確保しました。
そして、その10万円を僕は
【クロノジェネシスとタイトルホルダーのワイド1点】
に突っ込みました。
結果は3-5着。
レース後は言葉では言い表せないような感情でいっぱいでした。
なんで、お金を使ってこんな思いをしないといけないんだ…と。

普通の人ならここでくじけるところですが、
スーパーポジティブ人間こと、いーの!

この悔しさを忘れてたまるか…!!と思い
どうしたら、競馬を楽しみつつ勝てるのかを徹底的に考え抜きました。
本気で勝つために、四六時中競馬に対して、真剣に向き合いました。
常に負け続けて、競馬を楽しめなくなったからこそ、
どうしたら競馬を楽しめるのかを重点的に考えました。

負けている時にメンタルに悪影響を及ぼしているのは何か…?
それは、「大金を失いたくない」という気持ち。
また、「負けた分を取り返さないといけない」という気持ち。

…それを回避するためには「少額で戦えばよいのでは」ないか?
その中で爆発力のある馬券はなにか…。WIN5はどうだろう?
少額でも100万円単位の払い戻しが見込める。

ローリスク、ハイリターンの戦いに挑めば

「メンタルを安定させながら
馬券力が向上するのではないか…」

そう考えた自分は、2022年の1月から
「WIN5の100万円的中を2000円以内で目指すブログ」
書き始めました。

2022年からは、本気で競馬に向き合おうと思い、毎日更新を始めました。
絶対に競馬で負けたくない。
無茶な賭け方をせずに勝ちたい。
そのために、毎週本気の予想を続けることで
WIN5を攻略して、少額で大きな払い戻しを掴みたい。
そんな強くて熱い気持ちを込めて書いています。

毎日朝7時に起きてレース映像を見てメモしてブログに書き
仕事の通勤時間は全てレース映像、パトロールビデオを見る時間に充て
帰宅してから、日付が替わる時間までブログに書いてまとめる。

ブログを始めた1月から今日まで、毎日更新を意識しながら
WIN5対象の全レースと向き合ってきました。
平日は5時間、休日は10時間以上かけて
WIN5予想・回顧記事を書いています

より多くの競馬ファンにブログを読んでほしくて、同時期に開設したツイッターは
最初はフォロワー数も少なく、いいねもリツイートもされませんでした。
誰よりも熱意を込めて時間を掛けて書いているのに、1日に数回しか見てもらえない
現実はとても悲しく、何よりも悔しかったです。

どうしたら自分のブログを読んでもらえるのか。

どうしたら自分の熱意が人に届くのか。

毎日のブログ更新と並行して、フォロー&リツイートの企画をしたり
自分から積極的にリプを送ったり
様々な工夫を重ねていくうちに、ブログの購読者が少しずつ増えていきました。
また、WIN5の失敗を毎週経験するたびに
その失敗から何を学んだかをブログに蓄積していきました。
それが、“WIN5的中のカギ”や、回顧記事です。
同じミスを繰り返すことがないように、
少額で何としてもWIN5的中を掴むために
毎日毎日これらの行動を積み重ねていきました。

そして、WIN5に真剣に向き合ってから約半年。
ついにツイッターのフォロワー数が1000人を超え

フォロワーさんに200万、300万のWIN5的中を
もたらすことが出来るまでに成長しました。

先ほどお話した通り、去年から競馬ブログ自体は始めていましたが、
書いている内容に自信が持てず、無料公開にしていました。

ですが、今では自分の予想に100%自信をもって発信できるようになりました。
自信があるからこそ、来週から有料での公開に切り替えることにしました。

もし、あなたが

  • 1度でいいからWIN5を的中させて大金をゲットしたい
  • 1レースで10万以上大金を賭けて、大負けし、競馬を嫌いになったことがある
  • 回収率が50%に満たないけど、理由が分からない
  • 競馬を始めたばかりで、どう予想したらいいのか分からない
  • 価値観の合った仲間と楽しいことを追求したい
  • 競馬について多くを学びたい


どれかひとつでも当てはまっているのであれば
自分のブログはあなたの競馬予想に
十二分に役立つものになる自信があります!

もちろん、これまでに公開していた

  • 「いーの」の無料ブログに魅了された
  • 「いーの」の予想なしで競馬をするのはありえない

というあなたも大歓迎です!!(笑)

有料記事では、いーのの馬券に対する考え方
スーパーポジティブマインドも馬券の買い方と共に記載します。

サロンの紹介ページです✨

今後有料にさせていただく記事は
家族、友人にも全力で紹介できます。

それくらい自信ありますし、長期的に見れば必ずプラスになります。
ついでに、馬券も当たるようになるはずです。
それくらいWIN5を本気でやることには価値があります。

最後になりますが、開設したオンラインサロンのビジョンをお話しします。
5年後までのビジョンを共有します。

🐴1年後、サロンメンバーを100人越えする
🐴3年後、DMMにある競馬サロン30個の中で、トップ3のサロンになる。
🐴5年後、起業し、競馬界に1000万円以上の寄付が出来るような会社にする。その上で競馬に関わる方が1人でも多く笑顔になる活動をする。

改めての告知になりますが

オンラインサロン1期生
明日(7/25 20:00~)から募集開始します。

「いーの」の話を聞き、サロンに入ってみたい。
ビジョンに共感した!面白そう!と思った方のサロンの参加
もしくは、note(フォロー待ってます✨)でも予想します。
どちらかでこれからも「いーの」と共に競馬を楽しみませんか。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございました。

それでは予想に移ります。

いーの

みなさんWIN5
当てましょう✨

自分が実際にWIN5を購入した際に
学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース予想

自信度はS~Eの6段階です。
馬券は基本◎の単勝、◎-○ワイドが基本です。

①岩国特別(自信度:B)

■最終予想(荒)
◎16.レガーメペスカ
○10.サンライズグリット
▲1.キングズソード
消13.タガノクリステル
消9.グットディール

予想コメント

予想のテーマは『実績のある先行馬』
本命レガーメペスカ

  • 前走の吹田特別は逃げて
    勝ち馬に0.3秒差の4着
    • 道中から絡まれる
      厳しい逃げとなったが、
      最後は粘って掲示板を確保した
    • 前走の2,3着馬は後に
      2勝クラスを突破しており、
      4着だった本馬が突破する力はある
  • 3走前の早鞆(はやとも)特別は
    11人気に支持されながら、3着に好走
    • 2着のラヴィータエベラは後に
      2勝クラスを勝ち上がっており、
      本馬が勝ち上がる可能性はある
    • このレースは外から
      ラヴィータエベラが競り掛ける
      厳しい展開であった
    • その中、逃げ競馬ではなく
      控えて競馬できたのは収穫
    • 今回のレースは同型馬がおらず、
      大外枠を引けたので
      スムーズに先行ができそう
  • 本馬は間隔が空いたローテでより
    実力を発揮できる
    • 直近2走は中2週の
      詰まったローテでのもので、
      今回は中14週の間隔が空いた
      ローテは歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★志摩ステークス ヴァトレニ

 中穴(5~8人気)の逃げ馬には警戒

 かつ

 3勝クラス、かつ

 Cランクの騎手が乗っていた場合

 特に警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★志摩ステークス ヴァトレニ

 昇級馬が「上位人気になっているケース」

 「勝ちきれない現級馬が人気」の場合

 現級で上位争いしている馬がいたら

 不当に人気ない可能性がある

★花のみちステークス オーヴァーネクサス

 大外枠に同舞台で爆発力のある

 先行差しができる馬がいたら警戒

 ダート戦は砂を被らず

 スムーズに運べると

 パフォーマンスを上げることがある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

レガーメペスカは前走の吹田特別は逃げて、勝ち馬に0.3秒差の4着。道中から絡まれる厳しい逃げ競馬となったが、最後は粘って掲示板を確保した。その内容を高く評価したい。前走の2,3着馬は後に2勝クラスを突破しており、吹田特別で4着だった本馬が突破する力はあると考える。3走前の早鞆(はやとも)特別は11人気に支持されながら、3着に好走。早鞆特別で2着のラヴィータエベラは後に2勝クラスを勝ち上がっており、本馬が勝ち上がる可能性はあると判断する。早鞆特別は外からラヴィータエベラが競り掛ける、厳しい展開であった。その中、逃げ競馬ではなく控えて競馬できたのは収穫だろう。また、今回のレースは同型馬がおらず、「大外枠」を引けたので、スムーズに先行ができそう。それに加え、本馬は間隔が空いたローテでより実力を発揮できる馬である。直近2走は中2週の詰まったローテでの敗戦で、今回は中14週の間隔が空いたローテは歓迎だろう。

対抗サンライズグリット

  • 前走の1勝クラスは
    真ん中の枠から、外目に付け、
    通過順位を4-3-2-2と
    位置を上げながら、
    上がり最速の末脚を使い、勝利
    • 1:45:0と優秀な時計で勝利しており
      良馬場のメンバー内で
      上位の持ち時計
  • 2走前の阪神ダート1800mは、
    通過順位を6-6-4-3と
    位置を上げながら、
    差し馬有利の展開に巻き込まれ敗戦
    • ローカルダート1700mは
      押し上げ競馬が通用するが、
      中央のダート1800mでは通用しない
    • ローカルダート1700m>
      中央ダート1800m向きな印象を感じた
  • 前走の時計面から、クラスで
    通用することは明らかなので
    タフな展開に持ち込めれば勝ち負けになる

単穴キングズソード

  • 前走の1勝クラスは斤量50kgを生かし、
    インからスルスルと抜け出して
    上がり最速の末脚を使い、
    2着馬に0.7秒の着差を付けて勝利
    • レースの途中から内に入れて、
      砂を被りながら
      勝ち切ったことを評価したい
    • 最内枠に入ってしまったのが
      不安だが、前走は砂を被っても
      進んでいるので気にしない
  • 2走前の中京ダート1400mという
    コース形態から内前を
    立ち回る必要があった
    • 阪神ダート1800mからの
      距離短縮ローテで、
      後方からの競馬になり、
      本馬には展開が向かなかった
  • 内枠からスムーズに差せれば
    勝ち負けになる力がある

危険な人気馬タガノクリステル

サメカツ騎手、松山騎手と比べると、和田騎手への乗り替わりは割引せざるを得ない。また、今回の「牡馬混合×良馬場ダート」の適性がどうか。直近2戦の連勝は「牝馬限定戦×脚抜きの良い馬場」でのもの。牝馬は脚抜きの良い馬場なら、買うことを検討する。ただ、天気を見る限りは、良馬場での開催が見込まれ、本馬の良さが発揮できないと判断し、今回は軽視する。

危険な人気馬グットディール

1600mを超える距離の経験がない。人気馬の未知は疑いたい。ダート10Rで川田騎手が騎乗するのは怖いが、前走の負け方を見ると、1700mは長い印象を受けた。それに加え、前走から引き続き、距離延長ローテとなり、パフォーマンスを落とすと判断し、今回は購入を見送る。

②白河特別(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎3.エリオトローピオ
○5.ジュンブルースカイ
▲1.バルバレスコ
消4.ヤマニンサルバム
消10.ケンアンビシャス

予想コメント

予想のテーマはローカル芝1800m実績がある馬
本命エリオトローピオ

  • 前走の織姫賞は、外枠からスムーズに
    2番手に付けて、先行競馬をして勝利
    • 2着とタイム差なしだったが、
      3着馬に0.5秒差付けていた
    • 昇級馬としての着差は
      気にしなくて良いと判断
  • 2走前の未勝利戦は通過順位を
    4-3-2-2と上げながら、
    上がり最速の末脚を使い、勝利
    • 本馬は稍重の馬場で勝利しており、
      渋った馬場の適性があると判断
  • 「連勝している」という
    戦績を評価している
    • 連勝するのは「強い馬」でなければ
      出来ないことと判断するので
      前走は着差以上の評価をしている
  • 戦績を見ると、福島に舞台が替わり
    2戦2勝という好相性である
    • 前走の内容から福島芝1800mの
      適性の高さを感じた
  • 近走を見ると、スタートが得意で
    スムーズに先行できるのが強み
    • 今回も頭数が少なく
      先行力があることはレースを
      有利に運べる
  • 3歳牝馬であり、52kgで出走できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★関門橋Sダブルシャープからの学び

 近5走で5着以内に

 入っている回数を確認する

 ローカル巧者は前走だけではなく

 広い視点で判断する

 他の重賞に出走する馬と

 僅差の競馬が出来ていたなら評価する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★松風月ステークス スナークダヴィンチ

 昇級馬は0.1秒差以内の勝利は

 基本買わないは継続

※マーメイドステークスの

 軽斤量勢を見極められた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ブラッドストーンステークス

 ハコダテブショウ

 現級馬に自信がなかった場合は

 昇級馬1点で勝負してもよい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★春興ステークス

 ソウルラッシュ

 勝たれる気がすると感じた時は合っている

 自分の経験を信じる!

 他の1人気との序列を考え直す

 調教馬プレミアムの場合はこちらを優先

 例)混戦オッズで1人気を買うか?

 2勝クラスでタイム差なしだった場合でも

 3着馬を大きく離していることを評価

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★アメジストステークス

 ノースブリッジ

 重馬場であれば、前!

 とにかく前にいく馬を優先する

★香嵐渓特別

 メイショウコジョウ

 1人気を対抗にしない。買うなら本命。

 追込馬の1人気を過信しない。

https://keiba-analysis.com/win5-key/

エリオトローピオは前走の織姫賞は、外枠からスムーズに2番手に付けて、先行競馬をして勝利。2着とはタイム差なしだったが、3着馬に0.5秒差付けていた。3着馬に差を付けていることから、2着馬とタイム差なしの勝ち上がりは気にしなくて良いと判断。2走前の未勝利戦は「通過順位を4-3-2-2」と上げながら、上がり最速の末脚を使い、勝利。本馬は稍重の馬場で勝利しており、渋った馬場の適性があると判断。福島競馬場、最終週の渋った馬場は問題ない。また、「連勝している」という戦績を評価している。連勝するのは「強い馬」でなければ出来ないことと判断するので、前走は着差以上の評価をしている。戦績を見ると、福島競馬場は2戦2勝という好相性の舞台である。特に、前走の内容から福島芝1800mの適性の高さを感じた。また、近走を見ると、スタートが得意でスムーズに先行できるのが強み。今回も頭数が少なく、先行力があることはレースを有利に運べるのは間違いないだろう。それに加え、3歳牝馬であり、52kgで出走できるのも大きなプラス。

対抗ジュンブルースカイ

  • 前走の八ヶ岳特別は苦手な
    距離延長ローテでありながら、
    上がり最速の末脚を使い、3着に好走
    • 今回は同距離ローテで出走でき、
      前走と比べると
      パフォーマンスを上げてくる
  • 2走連続、現級で上位の末脚を
    使えており、クラス上位の力はある
  • 5走前の筑後川特別は外有利の
    馬場を生かし、2人気2着に好走
    • 道中は5番手に付けながらも、
      4コーナー3番手に位置を上げて
      上がり2位の末脚を使い、2着
    • 勝ち馬は後に重賞で馬券になる
      ジェラルディーナであり、
      相手が悪かった印象
    • 5走ぶりの右回りとなるが、
      筑後川特別を見る限り、
      ローカル1800m適性はある
  • ローカルで菅原明騎手への
    乗り替わりになり、期待値が高い

【WIN5的中のカギからの学び】

★斑鳩ステークス

 ルプリュフォール

 前走上がり最速で5着は

 追い込み馬でも抑える

 追い込み馬だからという理由で

 考えず消さない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★隅田川特別 ユキノファラオ

 混戦だったら、前走上がり最速で

 掲示板を確保している馬は買っておく

 もう3回目。次はしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★サメカツ、菅原両騎手は

 ローカル競馬場で買える

★夏至ステークス ダノングリスター

 上位人気に不安を感じたら

 競馬エイトの穴工場(2回目)

※マーメイドステークスで確認できた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

★清津峡特別 スイーツマジック

 馬場傾向>該当回りの勝利経験

 該当回りの勝利経験が

 なくとも馬場を活かせば

 勝ちきれるから

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★福島中央テレビ杯 ルクルト

 2勝クラスの基本は前走で

 上位の上がりを使えている馬

★ストークステークス

 1頭本命を決めて

 もう1頭買うとなった場合

 現級で上位人気に

 支持されていた馬には警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ジュンブルースカイは前走の八ヶ岳特別は「苦手な距離延長ローテ」でありながら、上がり最速の末脚を使い、3着に好走。今回は同距離ローテで出走でき、前走と比べるとパフォーマンスを上げてくると考える。また、2走連続、現級で上位の末脚を使えており、クラス上位の力はある。5走前の筑後川特別は「外有利の馬場」を生かし、2人気2着に好走。道中は5番手に付けながらも、4コーナー3番手に位置を上げて、上がり2位の末脚を使い、2着だった。勝ち馬は後に重賞で馬券になるジェラルディーナであり、相手が悪かった。今回は、5走ぶりの右回りとなるが、筑後川特別を見る限り、「ローカル1800m適性はある」だろう。今回は筑後川特別くらいの走りが出来れば、勝ち負けになると考える。それに加え、ローカルで菅原明騎手への乗り替わりになり、期待値が高いのも推せる。土曜日は菅原明騎手が絶好調で、現在の福島競馬場の馬場を理解していることもプラス。

単穴バルバレスコ

  • 2走前の野島崎特別は外有利の馬場、
    差し馬有利の展開で
    勝ち馬に0.3秒差に好走
    • 内から先行するという
      馬場・展開に反して、
      クラスで僅差の競馬をしている
    • 先行競馬をして、現級で
      僅差の競馬をしており
      馬場次第ではチャンスありと判断
  • 3走前の2勝クラスは
    勝利のない左回り、
    外枠から先行競馬をして、
    勝ち馬に0.1秒差に好走
  • 全2勝は右回りで挙げている
    • 前走、3走前は勝利のない左回りの
      レースで敗戦してのは度外視でよい
  • 安定して、先行力があるのは魅力
    • 未勝利、1勝クラスと
      勝利しているのは札幌、小倉と
      ローカル競馬場で挙げており、
      ローカル適性はある印象
    • 今回狙いたいタイプは
      ローカル適性がある、先行馬である

危険な人気馬ヤマニンサルバム

芝1800mの経験がない。それに加え、右回りで勝利経験がない。本馬の全2勝は中京競馬場であり、福島競馬場の適性がどうか。

危険な人気馬ケンアンビシャス

決め手不足な印象がある。近走の内容を見ていると、差しだと差し届かず。先行すると何かに差されるイメージがある。田辺騎手というだけで人気するなら、妙味がない存在と考える。

③大雪ハンデキャップ(自信度:B)

■最終予想(堅~荒)
◎5.サトノロイヤル
○10.リキサントライ
消3.ステイブルアスク
消7.ブラッティーキッド

予想コメント

予想のテーマは現級経験のある先行馬
本命サトノロイヤル

  • 前走の薫風ステークスは外有利の
    馬場傾向を生かし、先行競馬をして
    2着に好走した
    • 適性外と考える東京ダート1600mで
      この競馬ができるのであれば
      地力がある証と判断する
    • 得意のローカル1700mで
      前走と比較すると
      パフォーマンスを上げることが
      想定される
  • 2走前の三河ステークスは
    馬体重を大きく減らしており、
    状態が良くなかったのか
    得意の先行競馬が出来ず
    良さを発揮できずに敗戦
    • 勝利のない左回りで掲示板を
      確保したのは地力の分と予想する
  • 3走前の阪神ダート1800mで行われた
    梅田ステークスは苦手な距離延長ローテ、
    差し馬有利な展開となり、
    2人気15着に敗戦
    • この負け方はいかにも
      ローカル1700m巧者の負け方と考える
    • 通過順位が3-4-3-1と上げながら
      直線を迎えられた
    • ローカル1700mだと
      通用する押し上げ競馬だが、
      中央のダート1800mでは通用しない
  • 4,5走前を見ても明らかなように、
    ローカル1700mの適性が高いと判断する
    • 連勝して、3勝クラスまで
      上がってきている
    • どちらも着差を付けて勝利しており、
      舞台適性の高さを感じさせる
  • 連勝している戦績を評価している
    • 連勝するのは強い馬の証であると判断する
  • 直近、WIN5で絶好調の浜中騎手が
    騎乗するのは心強い
    • 先週もハヤヤッコで函館記念を勝利している

【WIN5的中のカギからの学び】

★志摩ステークス ヴァトレニ

 昇級馬が「上位人気になっているケース」

 「勝ちきれない現級馬が人気」の場合

 現級で上位争いしている馬がいたら

 不当に人気ない可能性がある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

※成功こそしなかったが、UHB賞で意識して対処

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★門司Sホールシバン

 豊前Sロッシュローブ

 阪神・中山と比較して、

 ローカル競馬場のダ中距離は適性が異なる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★駒場特別 ラヴィータエベラ

 同型馬が多く、スムーズに逃げられないと

 判断した場合は、1人気の逃げ馬は過信しない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

サトノロイヤルは前走の薫風ステークスは「外有利の馬場傾向」を生かし、先行競馬をして2着に好走。勝利のない左回りという適性外の東京ダート1600mで、この競馬ができるのであれば、クラスで力上位だろう。今回、得意のローカル1700mでの出走となり、前走と比較するとパフォーマンスを上げることが想定される。2走前の三河ステークスは馬体重を大きく減らしており、状態が良くなかった印象を受けた。得意の先行競馬が出来ず、本馬の良さを発揮できずに敗戦。その三河ステークスは「勝利のない左回り」でありながらも、掲示板を確保したのは地力の分と考える。3走前の阪神ダート1800mで行われた梅田ステークスは、「苦手な距離延長ローテ」、「差し馬有利な展開」となり、2人気15着に敗戦。この負け方はいかにもローカル1700m巧者の負け方と感じた。「通過順位が3-4-3-1」と上げながら、直線を迎えたが、そこから伸びず敗戦。ローカル1700mだと通用する押し上げ競馬だが、中央のダート1800mでは通用しない。4,5走前を見て感じたが、明らかに、「ローカル1700mの適性が高い」と判断する。また、連勝して、3勝クラスまで上がってきており、どちらも着差を付けて勝利している。舞台適性の高さを感じさせる。それに加え、連勝している戦績を評価している。連勝するのは強い馬の証であると判断する。直近、WIN5で絶好調の浜中騎手が継続騎乗するのは心強い。先週もハヤヤッコで函館記念を勝利しており、2週連続のメイン勝利に期待したい。

対抗リキサントライ

  • 前走の韓国馬事会杯は外枠を引き、
    通過順位6-7-6-4と位置を上げながら
    6着に敗戦
    • 通過順位を上げて
      途中から動く競馬は、
      ローカルダートでは通用するが、
      中央ダートになると厳しい
    • ローカル1700m巧者らしい
      負け方だという印象を受けた
    • ウィリアムバローズには
      大差を付けられたが、
      2着馬のソルドラードとは
      0.4秒差であり、
      昇級初戦にしては健闘した
  • 2~4走前を見ても、本馬は
    中央ダート1800mより、
    ローカルダート1700mの適性が高い
    • その中で、最も評価しているのは
      早鞆(はやとも)特別
      • 5人気に支持され、通過順位を
        7-7-8-4と押し上げて
        上がり最速の末脚を使い勝利
      • 機動力があるのは魅力
  • 前走の負けで馬柱が汚れているが
    中央ダート1800mのものであり
    人気落ちするのであれば妙味がある

危険な人気馬ステイブルアスク

ダートの上級条件で、牝馬は基本的には買わない方針である。馬場が渋り、スムーズに運べそうな外枠を引かないと買いにくいと考えていた。内枠を引いたので、評価を下げる。それに加え、追込脚質は過信しないようにしたい。前走の内容から人気するのであれば思い切って切る。

危険な人気馬ブラッティーキッド

Dランク騎手の水口騎手が騎乗するので、正直頭で買いにくい。Dランク騎手が騎乗している馬は着差を付けているなど、力が抜けていないと勝ち切るまでは厳しい印象を受ける。前走の2勝クラスで着差を付けて勝利していないのも気になる。今回、馬の力が抜けているまでは感じないため、購入を見送る。

④中京記念(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎14.ベレヌス
○5.カイザーミノル

▲8.モズナガレボシ
消2.ミスニューヨーク
消15.ファルコニア

予想コメント

予想のテーマは『逃げ馬+人気馬の中で最も先行できる馬』
本命ベレヌス

  • 前走の谷川岳ステークスは
    前有利の馬場傾向を生かし、
    4人気2着に好走
    • 勝ち馬は後に米子ステークスを
      勝利するウインカーネリアン
    • 着差は付けられての敗戦だったが、
      ウインカーネリアン比較で考えると
      カイザーミノル、
      シャーレイポピー、
      ヴァリアメンテの3頭より
      オッズ妙味があると判断
  • 直線に急坂がある中山、阪神より
    直線が平坦な競馬場(新潟、福島、
    小倉)に適性がある印象
    • 直近好走しているのは、
      前走の新潟、7走前の小倉、
      8走前の福島であり、
      引き続き、直線が平坦な
      小倉競馬場でレースが出来る
  • WIN5において、中穴の逃げ馬は
    押さえておきたい
    • 今回は外枠を引けたので、
      同型馬のベステンダンクを
      見ながらスムーズに先行ができそう
  • 土曜日の小倉の馬場を見ていると、
    マイルの追走力が求められると判断
    • マイル実績があり、追走力はある
    • 戦績を見ると距離延長>距離短縮の
      特徴があり、今回は距離延長ローテで出走できる
  • 中京記念は近年、重賞未勝利の
    3~6歳馬が連勝しており
    本馬の初重賞勝利に期待できる
  • 芝での全3勝は西村騎手と挙げたもの
    • 得意の鞍上が継続騎乗してくれるのは心強い

ベレヌスは前走の谷川岳ステークスは「前有利の馬場傾向」を生かし、4人気2着に好走。勝ち馬は後に米子ステークスを勝利するウインカーネリアンであった。着差は付けられての敗戦だったが、ウインカーネリアン比較で考えるとカイザーミノル、シャーレイポピー、ヴァリアメンテの3頭よりオッズ妙味があると判断して、本命にする。本馬は、直線に急坂がある中山、阪神より直線が平坦な競馬場(新潟、福島、小倉)に適性がある印象を受ける。直近好走しているのは、前走の新潟、7走前の小倉、8走前の福島であり、引き続き、直線が平坦な小倉競馬場でレースが出来るのは大きなプラス。WIN5において、中穴の逃げ馬は押さえておきたい。今回は外枠を引けたので、同型馬のベステンダンクを内に見ながら、スムーズに先行ができそう。土曜日の小倉の馬場を見ていると、マイルの追走力が求められつつ、先行力が求められる。本馬はマイルの追走力、先行力が共にある。戦績を見ると距離延長>距離短縮の特徴があり、今回は距離延長ローテで出走できるのは大きい。また、中京記念は近年、重賞未勝利の3~6歳馬が連勝しており、本馬の初重賞勝利に期待できる。それに加え、芝での全3勝は西村騎手と挙げたもので、得意の鞍上が継続騎乗してくれるのは心強い。

対抗カイザーミノル

  • 2走前のダービー卿CTの内容を
    非常に評価している
    • 外からタイムトゥヘヴン、
      フォルコメンが外から追込競馬を
      して、馬券内に入れる差し馬有利
      の展開だった
    • 本馬は直線で最内を通り
      先行競馬するという不利な
      展開の中、勝ち馬に0.5秒差
  • 3走前の京都金杯は
    得意ではない左回りで
    先行競馬をして、馬券内を確保した
    • GⅡまでは厳しいが、GⅢであれば
      勝ち負けになる力がある
    • 先行脚質が出来る人気馬であり、
      安定感がある
    • 今回、内枠からスムーズに
      ロスなく運べれば勝ち負けになる
  • 5走前の毎日王冠は
    苦手な距離延長ローテながら、
    勝ち馬のシュネルマイスター相手に
    0.3秒差の5着を確保した
    • 勝利のない1800mで
      シュネルマイスター
      ダノンキングリー
      ポタジェ相手に健闘したのは
      評価できる
  • メンバー内で地力上位は
    明らかなので、距離延長ローテを
    乗り越えられれば

【WIN5的中のカギからの学び】

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★フィリピントロフィー トゥルーヴィル

 1,2人気の上位人気馬に違和感を感じ

 エイトの調教3位以内、穴工場に

 該当している馬がいたら考慮に入れ直す

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ユニコーンステークス

 当該距離で勝利がない人気馬を頭で買わない

 最後の失態にしよう(2回目)

 根岸ステークスのソリストサンダーでしている

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★小倉がいい例だが、馬場は生き物

 前日の確認を怠らない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★スイートピーステークス

 ウインエクレール

 雨で渋った馬場の時は

 上位人気の中で前に行ける馬!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

カイザーミノルは2走前のダービー卿CTの内容を非常に評価している。外からタイムトゥヘヴン、フォルコメンが外から追込競馬をして、馬券内に入れる差し馬有利の展開だった。本馬は直線で最内を通り、先行競馬するという不利な展開の中、勝ち馬に0.5秒差まで迫った。ダービー卿CTで最も強い競馬をしたのはカイザーミノルだったと判断する。3走前の京都金杯は「得意ではない左回り」で先行競馬をして、馬券内を確保した。GⅡまでは厳しいが、GⅢであれば勝ち負けになる力があるだろう。また、先行脚質が出来る人気馬であり、安定感があるのも強み。土曜の小倉の馬場を見ていると、先行力がある程度求められる。内枠からスムーズにロスなく器用さがあり、その馬場を生かせれば勝ち負けだろう。5走前の毎日王冠は「苦手な距離延長ローテ」ながら、勝ち馬のシュネルマイスター相手に0.3秒差の5着を確保した。勝利のない1800mでシュネルマイスター、ダノンキングリー、ポタジェ相手に健闘したのは評価できる。毎日王冠に比べると、明らかに楽なメンバー構成である。メンバー内で地力上位は明らか。高速馬場ということもあり、懸念している距離延長ローテもごまかせるだろう。

単穴モズナガレボシ

  • 前走の七夕賞はスタート後から、
    追走できず、最後方付近での
    競馬になった
    • 先行馬有利の展開になり、
      見せ場なく7着に敗戦
    • 500mの距離短縮が
      響いたものと判断する
    • 今回の200mの距離短縮に
      対応できればチャンスあり
  • 芝で勝利しているのは
    1桁馬番の時であり、
    今回の4枠8番という枠順は歓迎
  • 全10連対のうち、中1週以内の
    ローテで7連対しており、
    詰まったローテは歓迎
  • 前走が4人気だったのに対して、
    今回の11人気というのは
    明らかに舐められている

【WIN5的中のカギからの学び】

★マーメイドステークス

 ウインマイティー

 混戦時は競馬エイトの調教欄を確認!

 どちらも◎の人気馬がいたら注意!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★春興ステークス

 ハンデ戦は2択に迷ったら

 斤量の重い馬を選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

モズナガレボシは前走の七夕賞はスタート後から、追走できず、最後方付近での競馬になった。先行馬有利の展開になり、見せ場なく7着に敗戦。500mの距離短縮が響いたものと判断するので、度外視でよいだろう。重賞勝ち馬であり、地力があるのは明らかなので、今回の200mの距離短縮に対応できれば勝つチャンスはあるだろう。また、芝で勝利しているのは1桁馬番の時であり、今回の4枠8番という枠順は歓迎だろう。それに加え、全10連対のうち、中1週以内のローテで7連対しており、詰まったローテは歓迎。最も強調したいのが、前走、重賞で4人気だった馬が、今回の11人気というのは明らかに舐められている。展開待ちになるのは否めないが、3走前の新潟大賞典のように先行競馬をしたら一変はあるだろう。

危険な人気馬ミスニューヨーク

上級条件で牡馬相手に勝ちきった経験がないのがどうか。それなのに、2人気というのは手を出しづらい。また、追込脚質であり、差し届かずというイメージが湧くのでここでは購入を控える。

危険な人気馬ファルコニア

勝ちきれない戦績が気になる。前走のマイラーズカップは、川田騎手が完璧な騎乗をした上で勝ちきれなかった。マイラーズカップを見た瞬間に、今後のWIN5では買いにくいタイプだと感じた。勝ち切れないキャラの馬が、1人気に支持されるのであれば思い切って切りたい。

⑤ジュライステークス(自信度:D)

■最終予想(堅~荒)
◎6.ダノンファスト
○14.バレッティ

▲7.ニュートンテソーロ
△1.ダイメイコリーダ

消2.ニューモニュメント
消15.ケンシンコウ

予想コメント

予想のテーマはクラス実績がある実力馬
本命ダノンファスト

  • 前走のブリリアントステークスは
    苦手な距離延長ローテ、
    適性距離より明らかに長い2100m戦と
    厳しい条件が重なり、凡走
  • 今回は得意の距離短縮ローテで
    出走できる
    • 距離短縮ローテで出走できるのは、
      5走前の福島民友カップ以来であり
      近走と比べると、大幅な
      パフォーマンス向上が見込める
  • 渋った馬場で勝利経験がある
    • 全5勝のうち、4勝は
      稍重~不良で挙げている
  • 右回りで全5勝を挙げており、
    左回りの東京競馬場からの
    舞台替わりは歓迎
  • 福島ダート1700mは2戦2勝である

【WIN5的中のカギからの学び】

★大垣ステークス

 トーセンアラン

 過去に好走したレースがあり

 今回同条件であっても

 スムーズにレースができるか

 どうかを確認する

 スムーズにレース出来なそうと

 判断したら切る選択肢も持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★門司Sホールシバン

 豊前Sロッシュローブ

 阪神・中山と比較して、

 ローカル競馬場のダ中距離は適性が異なる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★豊前Sロッシュローブ

 福島・小倉ダ1700mはリンクする

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

※成功こそしなかったが、UHB賞で意識して対処

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★マーメイドステークス

 ウインマイティー

 混戦時は競馬エイトの調教欄を確認!

 どちらも◎の人気馬がいたら注意!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ダノンファストは前走のブリリアントステークスは「苦手な距離延長ローテ」、「適性距離より明らかに長い2100m戦」と厳しい条件が重なり、凡走。今回は一転、得意の距離短縮ローテで出走できるのは大きなプラス。距離短縮ローテで出走できるのは、5走前の福島民友カップ以来であり、近走と比べると、大幅なパフォーマンス向上が見込める。また、渋った馬場で勝利経験があり、今の馬場状態と合いそう。全5勝のうち、4勝は稍重~不良で挙げている。また、右回りで全5勝を挙げており、左回りの東京競馬場からの舞台替わりは歓迎。それに加え、福島ダート1700mは2戦2勝であり、最も合う舞台でのレースとなる。近走と比べて、条件の好転が大きいので人気馬の中では最も上に取りたい。

対抗バレッティ

  • 前走のマーチステークスは
    外差し有利の馬場傾向の中、
    最内枠を引き、常にラチ沿いを走り、
    馬場に恵まれず敗戦
    • 7着までに好走した馬のうち、
      6頭は5枠より外の馬だった
    • 枠順も馬場も恵まれなかった
  • オープンクラスで4連対しており、
    実績はメンバー内で上位
  • 3走前の師走ステークスのように
    先行して、上位の上がりを
    使えれば勝ち負けになる
  • 全6勝のうち4勝は、中9週以上の
    休み明けの時に挙げており、
    今回の中16週の休み明けは歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★千葉ステークス
 WIN5のダート上級条件の
 勝ちパターンは3つあるのではないか?

  1. 連勝して勢いのある馬が勝利する
  2. 近走現級で僅差の競馬を
    している馬が勝利する
  3. 実績のある実力馬が
    人気の盲点となり勝利する

③と判断したらクラス成績を確認し
実績馬が人気の盲点になっていないか見る

★桜花賞 スターズオンアース

 6人気以下の人気薄は

 マイナスポイントを見るのではなく

 良いところを積極的に見る

 上位人気の違和感を感じたら

 多少のマイナスポイントに

 目を瞑り、穴馬からいくのはOK

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★京都記念

 アフリカンゴールド

 上位人気に対して明確な不安材料がある時

 どこかの人気までしか

 目を付けないことをしない

 最下位人気の馬でも考慮に入れる

★プロキオンステークス 

 ゲンパチルシファー

 ダート中距離戦はGⅡ、GⅠといった

「位が高いレース」に出走していることが

 強さの証

https://keiba-analysis.com/win5-key/

バレッティは前走のマーチステークスは「外差し有利の馬場傾向」の中、最内枠を引き、常にラチ沿いを走り、馬場に恵まれず敗戦。マーチステークスは7着までに好走した馬のうち、7頭中、6頭は5枠より外の馬だった。枠順も馬場も恵まれなかったので、大敗は度外視でよいだろう。本馬はオープンクラスで4連対しており、実績はメンバー内、上位である。外枠を引ければ狙いたいと週中から考えていた。8枠を引いてくれたので、ここは思い切って狙う。3走前の師走ステークスのように先行して、上位の上がりを使えれば、勝ち負けになるだろう。全6勝のうち4勝は、中9週以上の休み明けの時に挙げており、今回の中16週の休み明けのローテは歓迎だろう。

単穴ニュートンテソーロ

  • 前走の天保山ステークスは
    位置が後方からのレースになり、
    勝ち切るまでは厳しかった
  • 2走前の吾妻小富士ステークスは
    通過順位5-3-2-2と
    位置を上げながら、
    勝ち馬に0.6秒差の8着
    • 苦手な距離延長ローテ、
      差し有利の展開で先行したことを
      考えると健闘しただろう
    • 2走前は初のローカル
      ダート1700m戦であった
      レースを見る限り、適性は
      あると感じた
    • 今回人気に支持される
      ケンシンコウと0.2秒差
    • 展開を考えると、本馬の方が
      強い競馬をしたと判断
  • 3度騎乗して、2-0-0-1と相性の良い
    戸崎騎手が継続騎乗する
  • 今回は久しぶりにブリンカーを
    外しての出走となる
    • 苦手な距離延長ローテでの出走と
      なるが、ブリンカーを外したことが
      良い方に出て、スムーズに
      先行できれば勝ち負けする力はある

【WIN5的中のカギからの学び】

★東海Sスワーヴアラミス

 上位人気と前走僅差の競馬していた馬は

 不当な人気ではないか確認する

★橘ステークス

 ウインマーベル

 騎手ランク制度を導入しており

 Bランク以上の騎手が

 中穴に乗っていたら警戒する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★1点にする騎手は考える

 自分が1点にするには

 心もとないと思う騎手は1点にしない

 ダート戦であれば以下

 WIN5ダート戦30勝以上

 している騎手から選ぶ

 ⇒戸崎、川田、岩田(康)

  ルメール、武豊、松山、幸の7人

※甲州街道ステークスの木幡騎手1点は

 攻めすぎた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ニュートンテソーロは前走の天保山ステークスは位置が後方からのレースになり、勝ち切るまでは厳しかった。2走前の吾妻小富士ステークスは「通過順位5-3-2-2」と位置を上げながら、勝ち馬に0.6秒差の8着。「苦手な距離延長ローテ」、「差し有利の展開」で先行したことを考えると健闘しただろう。吾妻小富士ステークスは初のローカルダート1700m戦であった。負けはしたものの、そのレースを見る限り、適性はあると感じた。今回人気に支持されるケンシンコウと0.2秒差だったので、展開を考えると、本馬の方が強い競馬をしたと判断する。今回は逆転可能と判断する。3度騎乗して、2-0-0-1と相性の良い戸崎騎手が継続騎乗するのは大きなプラス。今回は久しぶりにブリンカーを外しての出走となる。苦手な距離延長ローテでの出走となるが、ブリンカーを外したことが良い方に出て、スムーズに先行できれば勝ち負けする力はある。

4番手ダイメイコリーダ

  • 直近4走は馬柱が汚れているが
    理由がそれぞれ明確である
    • 4走前のシリウスステークスは
      不得意の左回りの重賞、
      差し馬有利の展開を
      先行しての敗戦
    • 3走前のベテルギウスステークスは
      長期休養明けで、馬体重が+66kg
      大幅、馬体重増での敗戦
    • 2走前は馬体重が-26kgと
      大幅、馬体重減での敗戦
    • 前走は勝利のない左回りでの敗戦
  • 叩き良化型であり、今回の
    中5週のローテは歓迎
    • 全5連対は中6週以内の詰まった
      ローテで挙げており、
      2年ぶりに得意ローテで出走できる
  • 先行力があるのも魅力で、
    叩いた上積みから
    粘れれば勝ち切るチャンスはある
    • 前走の勝利のない左回りから、
      全2勝を挙げている
      右回りに舞台が替わるのはプラス
  • 森田直行厩舎と繋がりが深い、
    競馬エイトのミッキTMが
    高い評価をしている点も好感が持てる
    • 近走に比べると、今回の状態は
      最も良いのだろう

ダイメイコリーダは直近4走、馬柱が汚れているが、理由がそれぞれ明確である。4走前のシリウスステークスは「不得意の左回りの重賞」、「差し馬有利の展開」を先行しての敗戦。3走前のベテルギウスステークスは長期休養明けで、馬体重が+66kgという大幅、馬体重増での敗戦。2走前は馬体重が-26kgと大幅、馬体重減での敗戦。前走は「勝利のない左回り」での敗戦。本馬は叩き良化型であり、今回の中5週のローテは歓迎だろう。全5連対は中6週以内の詰まったローテで挙げており、2年ぶりに得意ローテで出走できる。先行力があるのも魅力で、叩いた上積みから粘れれば勝ち切るチャンスはある。また、前走の勝利のない左回りから、全2勝を挙げている右回りに舞台が替わるのはプラス。それに加え、森田直行厩舎と繋がりが深い、競馬エイトのミッキTMが高い評価をしている点も好感が持てる。近走に比べると、今回の状態は最も良いのだろう。この馬の復活に期待したい。

危険な人気馬ニューモニュメント

WIN5において、追込馬は信用しにくい。また、Dランク騎手である小崎騎手はメインレースで買いにくい。今回も差してきて、掲示板というイメージなので、購入は見送る。

危険な人気馬ケンシンコウ

去年の覇者であり、連覇はどうか。また、気性によってパフォーマンスの上下が激しく、本馬の買い時は人気薄でこそと考える。2走前のように位置を取る競馬をしてくれればいいが、前走のように後方からの競馬になると厳しい。

買わない1人気馬は?

亀谷さんのスマート出馬表での
推定人気を基に記載

  • 岩国特別:グットディール
  • 大雪ハンデキャップ:ブラッティーキッド
  • 中京記念:ファルコニア
  • ジュライステークス:ケンシンコウ

購入馬券

Twitterで14時半ごろに公開予定です。

ひとりごと

Twitterの
アイコン変えました!

以上、「【WIN5予想~中京記念編~】混戦こそチャンス!」でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

あとがき

中京、福島のメインレースは迷ったが最終的には納得のいく予想ができた。サロンを開設する前、最後のWIN5。当てて最高の滑り出しを決めたい。