【WIN5予想~マーメイドS・ユニコーンS~】流れに乗っているので今週こそ!

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年6月19日に行われる
WIN5のレース予想します。

WIN5的中のカギは
必見です!

混戦を極めるマーメイドステークス
皆さんは何を狙いますか?✨

いーの

みなさんWIN5
当てましょう✨

WIN5各レース予想

自信度はS~Eの6段階です。B以上はWIN5とは別に馬券を購入します🐎買い目も載せます!

①オークランドサラブレッドレーシングトロフィー(自信度:B)

■最終予想(堅~荒)
◎9.メイショウフンジン
○4.フィロロッソ
▲16.ジャスパードリーム

☠11.ロッキーサンダー

■買い目
◎-○ワイド

予想コメント

予想のテーマは『前走で掲示板を確保し、先行している馬』
本命メイショウフンジン

  • 前走の丹沢ステークスは2人気に
    支持されて、逃げて2着
    • 差し有利の馬場傾向の中
      2着に来たことは評価
    • 一度、差されてから差し返している
  • 右回りで勝利こそないものの
    4走前の灘ステークスは芝スタートで
    後手を踏みながら2着に好走
    • 外前有利な馬場傾向の中
      内枠を引きながらも好走した
      内容を評価
  • 今回のメンバーで数少ない
    先行競馬が出来る
  • 全3勝のうち、2勝を1800m戦で
    挙げている
  • 酒井騎手と相性が良い
    • 全成績3-4-2-4に対して
      2-4-2-2と好走のほとんどは
      酒井騎手とのもの

【WIN5的中のカギからの学び】

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ブリリアントステークス

 アルドーレ

 2000m超のレースは当該距離で

 勝利がある馬を狙うのを基本にする

 ダート長距離は先行できる実力馬!

 テンP15・30が一つの目安

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★高山ステークス ニホンピロタイズ

 該当回りで勝利がない

 3人気以内馬は買わない

★麦秋ステークス ファイアランス

 ダートレースの該当回りで勝利がない

 人気馬を買わない(2度目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

メイショウフンジンは前走の丹沢ステークスは2人気に支持されて、逃げて2着。差し有利の馬場傾向の中、2着に来たことは評価したい。最後の直線では一度、差されてから差し返している。勝負根性がある点も評価できる。また、右回りで勝利こそないものの、4走前の灘ステークスは得意ではない芝スタートで、後手を踏みながら2着に好走。外前有利な馬場傾向の中、内枠を引きながらも2着に好走した内容を評価している。また、今回のメンバーで数少ない先行競馬が出来る馬なのもプラス。現級で実績がある馬のうち最も先行できるのは本馬だと予想している。それに加え、全3勝のうち、2勝を1800m戦で挙げている得意距離でのレースとなる。酒井騎手と相性が良く、全成績3-4-2-4に対して2-4-2-2と好走のほとんどは酒井騎手とのもので鞍上、距離共に不安はない。

対抗フィロロッソ

  • 前走の丹沢ステークスは内枠で砂を
    被りつつ、じわじわと位置を上げ
    4コーナーで3番手に付けた
    • 最後の直線でもあわや
      勝利かと思わせた
    • 最後止まっていたのは
      距離の分と予想
    • 勝利のない左回りで勝ち馬に
      0.3秒差に迫り、掲示板を
      確保したのは力を付けてきた証
  • 4走前→3走前のように
    距離短縮ローテでこそ良さが出る馬
    • 今回は2100m→1800mへの
      距離短縮ローテは歓迎
  • 全3勝を右回りで挙げており
    舞台替わりも歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 混戦で迷った際は競馬エイトの

 調教馬プレミアムを買い目に入れる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★千葉ステークス
 WIN5のダート上級条件の
 勝ちパターンは3つあるのではないか?

  1. 連勝して勢いのある馬が勝利する
  2. 近走現級で僅差の競馬を
    している馬が勝利する
  3. 実績のある実力馬が
    人気の盲点となり勝利する

ここを意識。

フィロロッソは前走の丹沢ステークスは内枠で砂を被りつつ、じわじわと位置を上げ4コーナーで3番手に付けた。内枠と恵まれない条件の中、位置を上げられた器用さは評価したい。最後の直線でもあわや勝利かと思わせた。最後の直線で止まっていたのは距離の分と予想。勝利のない左回りのレースで勝ち馬に0.3秒差まで迫り、掲示板を確保したのは力を付けてきた証と判断する。4走前→3走前のように距離短縮ローテでこそ良さが出る馬であり、今回は2100m→1800mへの距離短縮ローテは歓迎。全3勝を右回りで挙げており、舞台替わりも歓迎だろう。前走に比べると回りも距離も適舞台に戻るのでパフォーマンスを上げることが予想される。

ジャスパードリームは前走の丹沢ステークスは5人気に支持されながら、11着。「初の2100m」、「差し有利の展開」を考えると2番手の本馬には厳しいレースとなった。度外視でよいだろう。今回は全3勝のうち、2勝を挙げている得意の阪神ダート1800mでのレースとなる。前走の東京ダート2100mから、今回の阪神ダート1800mへの舞台替わりは歓迎だろう。また、今回は先行勢が手薄で、メイショウフンジンと兼ね合いが付けば楽に先行できるのもプラス。今回は先行勢が手薄になりそうで、前に行く馬を中心に狙いたい。また、中央での全成績が3-0-0-6とピンかパーな戦績であり、WIN5では押さえておきたい。

危険な人気馬ロッキーサンダー

WIN5の2走前の灘ステークスで購入していた。その時のレースぶりを見て、後方からがデフォルトとなると厳しい印象を受けた。今回のレースで狙いたいのは先行馬であるので、そのキャラとズレる。今回も差してきて掲示板までという絵が見える。

②多摩川ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎7.ウインシャーロット
1.タイニーロマンス
4.ブルーシンフォニー

☠5.ルーカス

予想コメント

予想のテーマは『先行できる現級馬を狙う』
本命ウインシャーロット

  • 前走の湘南ステークスは現級で
    1人気に支持され2着
    • レースを見ていただくと分かるが
      NHKマイルの日で外差しが
      圧倒的に有利な展開で逃げて2着
    • 馬場、展開に恵まれない中
      現級で好走したのは評価できる
  • Dコース替わりの週で逃げ・先行馬が
    恵まれる可能性がある
  • 2走前の春興ステークスは後の
    重賞馬である、ソウルラッシュの2着
    • この時は苦手な距離延長ローテ
      という厳しい中好走
    • クラス突破できる力はある
    • 左回りで全3勝をしており
      右回りで善戦した
  • 今回は同型馬が多いが、3走前の
    テレビ山梨杯を見る限り
    番手でも問題ない

【WIN5的中のカギからの学び】

★常滑特別 ウインリブルマン

 先行有利と感じたら、上位人気から

 先行できる馬を優先して選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★三宮ステークス スレイマン

 自分より前に現級で実績のある馬がいた場合は

 伸び負けると勝てない可能性がある

 今回であればハヤブサナンデクンが前にいた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ウインシャーロットは前走の湘南ステークスは現級で1人気に支持され2着。レースを見ていただくと分かるが、NHKマイルの日で外差しが圧倒的に有利な馬場だった。その中で逃げて2着。馬場、展開に恵まれない中、現級で好走したのは評価してよいだろう。Dコース替わりの週で逃げ・先行馬が恵まれる可能性がある。現級で実績があり、先行できるので狙いたい。2走前の春興ステークスは後の重賞馬である、ソウルラッシュに0.3秒差の2着。この時は苦手な距離延長ローテという厳しい中、好走。また、左回りで全3勝をしており、右回りで善戦した2走前は評価できる。今回は同型のブルーシンフォニーがおり、楽逃げは見込めなさそうだが、3走前のテレビ山梨杯を見る限り、番手でも問題ないのは強み。スタートさえ決めれば勝ち負けだろう。

対抗タイニーロマンス

  • 前走のフリーウェイステークスは
    昇級戦でありながら、4着に好走
    • 前走同様、逃げ馬の番手から
      抜け出す競馬をすれば
      勝ち負けになる
    • レース後に豊騎手から
      「このクラスでもやれる」と
      コメントあり
  • 2走前の熱田特別はスムーズに先行し
    楽に抜け出し2着馬に
    0.4秒差を付けて圧勝
    • 中京芝1400mのお手本のような
      勝ち方だった
  • 間隔を詰めたローテで結果を
    残している
    • 新馬戦を除く、全3連対は
      中3週以内のローテで挙げている
    • 今回の中3週替わりも歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★志摩ステークス ヴァトレニ

 昇級馬が「上位人気になっているケース」

 「勝ちきれない現級馬が人気」の場合

 現級で上位争いしている馬がいたら

 不当に人気ない可能性がある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

タイニーロマンスは前走のフリーウェイステークスは昇級戦でありながら、4着に好走。昇級戦であそこまでやれるのであれば、前走同様、逃げ馬の番手から抜け出す競馬をすれば勝ち負けになると予想。前走のレース後に豊騎手から「このクラスでもやれる」とコメントがあり、力は通用するだろう。2走前の熱田特別はスムーズに先行し、楽に抜け出し、2着馬に0.4秒差を付けて圧勝。レースを見ていただくと分かるが、中京芝1400mのお手本のような勝ち方だった。また、間隔を詰めたローテで結果を残しており、新馬戦を除く、全3連対は中3週以内のローテで挙げている。今回の中3週替わりも歓迎だろう。内枠を引いてスムーズに先行できればチャンスありと予想。

ブルーシンフォニーは前走の2勝クラスはキャリア初の逃げで、逃げ切り勝利。少頭数とはいえ、上がり3位の末脚を使い勝利した。前走、「同舞台を先行して」、「着差を付けて」勝利しているのは昇級戦を買う条件を満たしている。また、近走を見ていると3番手以内で競馬が出来ており、先行力があるのは強み。2走前の先種川特別、3走前の岡崎特別といった近走を見ていると左回り>右回りの印象がある。今回は引き続き同舞台でレースが出来る。左回りで全2勝を挙げていることもプラス。また、頭数13頭以下の時に全2勝を挙げており、頭数が手頃になるのもプラス。ただ、前走ほどスムーズにレースが運べないと判断し、単穴まで。

危険な人気馬ルーカス

前走の好走で人気を集めるなら妙味がないと判断する。また、新馬戦以来勝利がなく、ことWIN5という馬券には向いていない印象がある。年齢的な上積みもどうなのか、未知である。

③UHB杯(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎14.コスモアンジュ
○5.シュアーヴアリア
▲3.マウンテンムスメ

☠12.ヴィズサクセス

■買い目
◎-○ワイド

予想コメント

予想のテーマは『先行できる現級実績馬(2回目)』
本命コスモアンジュ

  • 前走の芦屋川ステークスはスタートして
    少し躓いたが、二の足の速さで逃げて3着
    • 枠順に恵まれたが、スタート後に
      躓いていて、馬券内を確保したのは
      評価している
  • 2走前のアクアマリンステークスは
    2人気に支持されながら12着
    • スタート後に他馬に寄せられる
      不利あり
    • 差し有利の展開で
      先行競馬をしていた
    • 着順は度外視でよい
  • 過去のレースを見ていると、抜け出して
    最後詰めの甘さで差されることが
    多いので直線平坦替わりはプラス
  • 函館×先行馬に丹内騎手が騎乗する
    • 全3勝を丹内騎手と挙げている

【WIN5的中のカギからの学び】

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス リーガルバトル

 オールイズウェルのように変わり身を

 期待するのはいいが3勝クラスは前走

 掲示板を確保した馬が基本!

 基本に忠実に買う!(2回目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

コスモアンジュは前走の芦屋川ステークスはスタートして少し躓いたが、二の足の速さで逃げて3着に好走。枠順に恵まれたが、スタート後に躓いていて、馬券内を確保したのは評価している。2走前のアクアマリンステークスは2人気に支持されながら、12着。最後の直線の伸びがあまりにも欠けていたので、パトロールビデオを見ると、スタート後に他馬に寄せられる不利があった。それに加え、差し有利の展開で、先行競馬をしており、着順は度外視でよいだろう。過去のレースを見ていると、抜け出して最後詰めの甘さで差されることが多い印象を受ける。今回、直線が平坦な競馬場に替わることはプラスだろう。何といっても「函館」×「先行馬」に丹内騎手が騎乗する時は侮っていけない。全3勝を丹内騎手と挙げていることもあり、ここでの好走が期待できる。

対抗シュアーヴアリア

  • 前走の晩春ステークスは7着と
    敗れたものの勝ち馬に0.4秒差
    • 苦手な距離延長ローテ
      勝利のない左回り
      勝利のない1400m戦と
      いうことを考えれば健闘した
  • 2走前の船橋ステークスは
    函館スプリントステークスで好走した
    ジュビリーヘッドと差のない競馬をしている
  • 3,4走前には異なる脚質で連勝をしており、
    自在性があるのも強み
    • 3走前は差して勝利
    • 4走前は逃げて勝利
  • ローカルで吉田隼人騎手が
    騎乗してくれるのは心強い

【WIN5的中のカギからの学び】

★節分Sホウオウラスカーズ

 前走掲示板じゃない馬

 妙味を考えても対抗までにする

■例外

 銀蹄Sシゲルタイタン(石橋)

 ニュートンテソーロ(戸崎)

 掲示板組が極端に少ないかつ

 その馬に騎乗する騎手が物足りない場合

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★日本ダービー ドウデュース

 重賞の的中率を考えたら

 重賞以外で1点作る選択肢を持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

シュワーヴアリアは前走の晩春ステークス(1400m)は7着と敗れたものの、勝ち馬に0.4秒差だった。「苦手な距離延長ローテ」、「勝利のない左回り」、「勝利のない1400m戦」ということを考えれば健闘した。レースを見返していて、このクラスでも通用すると感じた。2走前の船橋ステークスは、函館スプリントステークスで好走したジュビリーヘッドと差のない競馬をしている。近走は異なる脚質(3走前は差して勝利、4走前は逃げて勝利)で連勝をしており、自在性があるのも強み。それに加え、ローカルで吉田隼人騎手が騎乗してくれるもの期待値が高い。想像していたより人気しているが、ここでは仕方がないと判断。

マウンテンムスメはとにかく二の足が速いことに好感が持てる。短距離戦は前を取ってナンボである。前走のように番手になってからも上手に競馬ができるのは強み。今回も同様の競馬ができれば、昇級戦だが勝ち負けになると予想。前走の袖ケ浦特別は今回買いたい馬のキャラに一致する素晴らしい勝ち方だった。また直近7戦連続で掲示板を確保しており、安定感がある。成長していることがうかがえる。それに加え、4歳と若さもあり、若さが問われる1200m戦では積極的に狙いたい。

危険な人気馬ヴィズサクセス

昇級馬を買う条件の「着差を付けて勝利する」ということを満たしていない。前走は、重馬場という特殊な条件だったとはいえ、昇級していきなり勝利はどうか。岩田騎手は確かに怖いが、休養明けの昇級馬は積極的に狙いづらい。

④マーメイドステークス(自信度:D)

■最終予想(荒)
◎7.ウインマイティー
○10.アイコンテーラー
▲3.ソフトフルート
☠9.ルビーカサブランカ

予想コメント

予想のテーマは『実力馬で舐められている馬を探せ』
本命ウインマイティー

  • 前走のメトロポリタンステークスは
    逃げて4着
    • NHKマイルカップの日で外有利な
      馬場傾向の中、外から3頭に差された
    • 馬場傾向を考えると
      一定の評価はできる
  • 前走は勝利がない左回りのレースだったが
    今回は全3勝を挙げている右回りのレース
  • 2,3走前は長期休養明けのレース
    • 前走詰めてレースを使えているので
      オークスで実績が残せた頃の
      状態に戻っていれば
  • 2年前にはなるが、同舞台の
    忘れな草賞を勝利している
  • ゴールドシップ産駒であり
    輸送がなくなりレースが迎えられる
  • 前走、重賞組が苦戦しているレースなので
    前走が非重賞組である
  • 阪神芝で勝利経験あり

【WIN5的中のカギからの学び】

★明石特別(阪神芝2000m)

 プレイイットサム

 父か母父に

 ディープインパクト産駒が

 入っている馬の期待値が高い

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ウインマイティーは前走のメトロポリタンステークスは逃げて4着。NHKマイルカップの日で、外有利な馬場傾向なこともあり、外から差してきた3頭に捉えられ4着。馬場傾向を考えると、一定の評価はできるだろう。また、前走は勝利がない左回りのレースだったが、今回は全3勝を挙げている右回りのレースに替わるのはプラス。近走を見ると、2,3走前は長期休養明けのレースだった。前走は、間隔を詰めてレースを使えているので、今回、オークスで実績が残せた頃の状態に戻っていればチャンスありだろう。2年前にはなるが、同舞台の忘れな草賞を勝利しており、舞台設定は問題ない。また、ゴールドシップ産駒であり、輸送がなくなりレースが迎えられるのも強調材料。例年のマーメイドステークスは前走、重賞組が苦戦しているレースなので、前走が非重賞組である本馬は積極的に狙ってみたい。

対抗アイコンテーラー

  • 前走の新潟大賞典では1人気に
    支持されていた
    • 左回り巧者とはいえ、人気がなく
      妙味があると判断
    • 展開、距離延長ローテと不利が
      重なった厳しいレース
  • 右回りの勝利こそないものの、
    2,3走前を見る限り右回りの
    牝馬限定戦であればやれる印象
  • 特に2走前の大阪城ステークスは
    重賞勝利馬であるレッドガランに
    勝利している
  • 陣営からも「牝馬限定なら差はないし、
    改めて期待」と前向きなコメントあり
  • 先行力もそれなりにあり
    開幕週の馬場の恩恵を受けられても

アイコンテーラーは前走の新潟大賞典で1人気に支持されていた。左回り巧者とはいえ、人気がなく妙味があると判断。53kgでこのメンバーに入れば地力上位だろう。その前走は「展開」、「苦手な距離延長ローテ」と不利が重なった厳しいレースになったので、結果は度外視でよいだろう。右回りの勝利こそないものの、2,3走前を見る限り、牝馬限定戦であれば、右回りでもやれる印象を受けた。近走の中でも、特に2走前の大阪城ステークスは重賞勝利馬であるレッドガランに勝利しており、通用する力はある。また、陣営からも「牝馬限定なら差はないし、改めて期待」と前向きなコメントあり、デキ落ちも心配ない。脚質としても先行力がそれなりにあり、開幕週の馬場の恩恵を受けられる可能性がある。メンバー内でも人気と実力の乖離がある1頭だと考えるので、積極的に狙いたい。

ソフトフルートは去年のマーメイドステークスは1人気に支持されていた。去年に比べると、重賞で掲示板を確保していたり、成長しているのは確かだろう。3,4走前の重賞では上がり2位以内の末脚を繰り出せており、展開がハマれば重賞で勝ち負けになる力はある。また、阪神芝2000mの成績が鬼な川田騎手が騎乗するのは心強い。ソフトフルートとも2戦コンビを組み、2勝を挙げている。相性が良いのだろう。今回は岩田望騎手から川田騎手への乗り替わりとなるので、プラスといってよいだろう。前走は7頭立てだったとはいえ、3番手でレースが出来ていた。前走の先行経験が活きて、先行競馬で良さを出せればより成績が安定するだろう。この馬も前走の非重賞組であり、強調できる。ただ、阪神芝で勝利経験がないことが気になり単穴まで。

危険な人気馬ルビーカサブランカ

WIN5において、追込馬は信用しづらい。また、岩田騎手は先行馬でこそ買いたい騎手。追込馬では買いづらい騎手と判断。そんな不安点を抱えつつ、1桁オッズの人気になるなら今回は購入を見送りたい。

⑤ユニコーンステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎7.リメイク
○5.ペイシャエス
▲15.タイセイディバイン

☠1.ハセドン

予想コメント

予想のテーマは『先行力と地力を信頼』
本命リメイク

  • 先行力があり、安定感がある
    • 2走前の昇竜ステークスでは
      上がり2位の末脚を使い
      2着馬に0.4秒差を付けて勝利
  • 前走は唯一、57kgを背負い
    馬群の中で揉まれる厳しい競馬の中、勝利
  • 前走後のコメントで福永騎手が
    「マイルを意識した控えた競馬をした」
    と話していた
    • 対応力があるのは持ち味
  • 上がり最速の末脚を使っていた
  • 左回りの方が向いている印象があり
    阪神競馬場からの舞台替わりは歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北村(友)・福永両騎手はダートでは

 信頼度が少し下がる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

リメイクは先行力があり、安定感がある。2走前の昇竜ステークスでは上がり2位の末脚を使い、2着馬に0.4秒差を付けて勝利。先行して上位の上がりが使えるのは強い。前走は出走馬で唯一、57kgを背負い、馬群の中で揉まれる厳しい競馬の中、勝利。前走は軽視していたが、非常に強さを感じた。前走後のコメントで福永騎手が「マイルを意識した控えた競馬をした」と話していた。距離経験こそないものの、対応力があるのは持ち味。近走のレースを見ていると、回りの方が向いている印象がある。阪神競馬場からの東京競馬場への舞台替わりは歓迎だろう。

ペイシャエスは前走の青竜ステークスは2人気に支持され、5着。オープンで2人気に支持された実績面を評価している。また、レースを見てもらうと分かるが、差し有利の展開の中、先行した本馬が最も強い競馬をした。掲示板を確保した残り4頭は差して好走している、本馬は2番手から先行し、掲示板を確保。スムーズに先行できれば今回も通用する。前走のような後方有利な展開にならなければ、今回パフォーマンスを上げてくるだろう。また、前走こそ敗れているが、新馬戦で同舞台を勝利しており、舞台設定も不安はない。ただ、内目の枠を引いたので対抗まで。

タイセイディバインは前走はNHKマイルカップに出走している。既にGⅠに出走している実績を評価している。血統的にダートはどうかも、2走前のアーリントンカップ、3走前のファルコンステークスは重賞で共に2着に好走。重賞でやれる力はあるので、ダートに対応できればここでもチャンスあり。近走を見ていると、先行はできそうで外枠を引けたのは大きい。ただ、未知な面が多く単穴まで。

危険な人気馬ハセドン

WIN5において、追込馬を信用しにくい。特に若駒限定はなるべく前にいる馬を買いたい。それに加えて、前走ほど展開がハマらないと予想するので今回は購入を見送る予定。

買わない1人気馬は?

亀谷さんのスマート出馬表での
推定人気を基に記載

  • UHB賞:オメガラヴィサン
  • マーメイドステークス:マリアエレーナ

購入馬券

14時半ごろにTwitterで貼ります!

ひとりごと

以上、【WIN5予想~マーメイドS・ユニコーンS~】流れに乗っているので今週こそ!でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

あとがき

マーメイドステークス以外は比較的堅めな予想。というより、現級馬で前に行ける馬を優先しました!

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA