【WIN5回顧~マーメイドS・ユニコーンS編~】自信に繋がる回になりました

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

2022年6月19日に行われた
WIN5のレース回顧します。

今回!自分のブログ・予想を参考にされた方の中で
3名、WIN5的中者がいました🎯✨
コメントを紹介させていただきます。
※ご本人から承諾済みです

WIN5初的中が354万円…!
こちらの方もWIN5的中
されています!
600円は凄すぎる…

お3人素晴らしすぎます✨
WIN5的中おめでとうございました🎊

ちょっとここで自分語りさせてください。

今でこそ、Twitterのフォロワーも1000人を超えて
フォロワーさんにWIN5的中🎯をもたらしています。
自分自身も今年はWIN5の的中こそないものの、
上位人気から穴馬までレースごとに見極めて本命にして、
回収率200%前後を達成しています。

ただ、去年までの自分は回収率が毎年30%に満たない下手くそでした。
競馬の平均回収率は一般的に70~80%と言われています。
…はい。水準を遥かに下回る成績を残し続けていました。

競馬場に行き過ぎて留年したり、消費者金融からお金を借りたり、
奨学金を競馬に使い込んだせいで光熱費が払えず炊飯器を売ったり…。

常に借金をしながら、年に150万円以上競馬に使う生活でした。
今振り返るとひどいものです…。

競馬が好き!!という熱意から、過去10年のデータを必死に集めて
馬券を買うも、当たらず。
血統や競馬場の形態を勉強し、それを反映させて
馬券を買うも、当たらず。
ラップから展開予想して馬の適性を考え、
馬券を買うも、当たらず。

競馬を楽しみながら、馬券を的中させたいからこそ
様々な角度から勉強をしましたが成果が出ない日々が続きました。
馬券を外すことが続き、競馬を楽しめず、
ついにはあんなに大好きだった競馬が嫌いになる時もありました。

最も競馬が嫌になったのは去年の有馬記念。忘れもしません。
2021年は特に回収率が悪く、年間の負けを一撃で取り返すしかないと考えました。
2021年2月に結婚してから、家族や将来のために
当時は毎月3万円以内でなんとかやりくりし、馬券を購入していました。
しかし、何としてでも年間の負けを取り返したかった僕は
友人からの年末の飲み会の誘いは全て断り、
奥さんに有馬記念への熱意を伝えて、先々のお小遣いを前借に前借を重ねることで
何とか10万円確保しました。
そして、その10万円を僕は
【クロノジェネシスとタイトルホルダーのワイド1点】
に突っ込みました。
結果は3-5着。
レース後は言葉では言い表せないような感情でいっぱいでした。
なんで、お金を使ってこんな思いをしないといけないんだ…と。

普通の人ならここでくじけるところですが、
スーパーポジティブ人間こと、いーの!

この悔しさを忘れてたまるか…!!と思い
どうしたら、競馬を楽しみつつ勝てるのかを徹底的に考え抜きました。
本気で勝つために、四六時中競馬に対して、真剣に向き合いました。
常に負け続けて、競馬を楽しめなくなったからこそ、
どうしたら競馬を楽しめるのかを重点的に考えました。

負けている時にメンタルに悪影響を及ぼしているのは何か…?
それは、「大金を失いたくない」という気持ち。
また、「負けた分を取り返さないといけない」という気持ち。

…それを回避するためには「少額で戦えばよいのでは」ないか?
その中で爆発力のある馬券はなにか…。WIN5はどうだろう?
少額でも100万円単位の払い戻しが見込める。

ローリスク、ハイリターンの戦いに挑めば

「メンタルを安定させながら
馬券力が向上するのではないか…」

そう考えた自分は、2022年の1月から
「WIN5の100万円的中を2000円以内で目指すブログ」
書き始めました。

実は、2021年もGⅠ限定で予想ブログを公開していました。
ただ、それは備忘録程度で、年に20回ほどしか更新していませんでした。
2022年からは、本気で競馬に向き合おうと思い、毎日更新を始めました。
絶対に競馬で負けたくない。
無茶な賭け方をせずに勝ちたい。
そのために、毎週本気の予想を続けることで
WIN5を攻略して、少額で大きな払い戻しを掴みたい。
そんな強くて熱い気持ちを込めて書いています。

毎日朝7時に起きてレース映像を見てメモしてブログに書き
仕事の通勤時間は全てレース映像、パトロールビデオを見る時間に充て
帰宅してから、日付が替わる時間までブログに書いてまとめる。

ブログを始めた1月から今日まで、毎日更新を意識しながら
WIN5対象の全レースと向き合ってきました。
平日は5時間、休日は10時間以上かけて
WIN5予想・回顧記事を書いています

より多くの競馬ファンにブログを読んでほしくて、同時期に開設したツイッターは
最初はフォロワー数も少なく、いいねもリツイートもされませんでした。
誰よりも熱意を込めて時間を掛けて書いているのに、1日に数回しか見てもらえない
現実はとても悲しく、何よりも悔しかったです。

どうしたら自分のブログを読んでもらえるのか。

どうしたら自分の熱意が人に届くのか。

毎日のブログ更新と並行して、フォロー&リツイートの企画をしたり
自分から積極的にリプを送ったり
様々な工夫を重ねていくうちに、ブログの購読者が少しずつ増えていきました。
また、WIN5の失敗を毎週経験するたびに
その失敗から何を学んだかをブログに蓄積していきました。
それが、“WIN5的中のカギ”や、回顧記事です。
同じミスを繰り返すことがないように、
少額で何としてもWIN5的中を掴むために
毎日毎日これらの行動を積み重ねていきました。

そして、WIN5に真剣に向き合ってから約半年。
ついにツイッターのフォロワー数が1000人を超え

フォロワーさんに200万、300万のWIN5的中を
もたらすことが出来るまでに成長しました。

先ほどお話した通り、去年から競馬ブログ自体は始めていましたが、
書いている内容に自信が持てず、無料公開にしていました。

ですが、今では自分の予想に100%自信をもって発信できるようになりました。
自信があるからこそ、有料での公開に切り替えることにしました。

もし、あなたが

  • WIN5を的中させたい!
  • 回収率が50%に満たないけど、理由が分からない
  • 競馬を始めたばかりで、どう予想したらいいのか分からない


どれかひとつでも当てはまっているのであれば
自分のブログはあなたの競馬予想に
十二分に役立つものになる自信があります!

もちろん、これまでに公開していた

  • 「いーの」の無料ブログに魅了された
  • 「いーの」の予想なしで競馬をするのはありえない

というあなたも大歓迎です!!(笑)

有料記事では、いーのの馬券に対する考え方
スーパーポジティブマインドも馬券の買い方と共に記載します。

更新スケジュールは、以下を予定しております。
基本は今まで継続してきた内容です。

🐴月:WIN5回顧
🐴火~土:WIN5対象各レース予想
🐴日:WIN5最終予想

自分はWIN5ブロガーとして誇りを持っているので
基本は日曜のWIN5に絞って予想を出します
※妙味が特にある、自信が特にある場合のみ土曜のメインレースも参加するかもです。

今後有料にさせていただく記事は
家族、友人にも全力で紹介できます。

ここまで読んでくださり、本当にありがとうございます。

さて、皆様もう忘れているかもしれませんが
この記事は回顧記事です。笑
昨日のWIN5の回顧をします🐴

今回の回顧ではどうしたら
買えなかった馬が買えるようになるのか。
気付きから今後活かせることはないか
振り返ります🐎

本ブログの回顧は、買い目、買い目の根拠
結果、結果の振り返り
当てた場合は「収穫」
外した場合は「当てるにはどうしたら?」
として学べるような構成になっています。
当てていても、外しても「継続すること」
「改善すること」は見えてくると考えます✨

354万円です。
いーの

何か1つでも学ぶこと
モットーに書いています🐎
最後までご覧ください!

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース回顧

6月19日のWIN5予想

買い目の詳細はブログをご覧ください!

①オークランドサラブレッドレーシングトロフィー(自信度:B)

■最終予想(堅~荒)
◎9.メイショウフンジン
○4.フィロロッソ
▲16.ジャスパードリーム

☠11.ロッキーサンダー

予想コメント

予想のテーマは『前走で掲示板を確保し、先行している馬』
本命メイショウフンジン

  • 前走の丹沢ステークスは2人気に
    支持されて、逃げて2着
    • 差し有利の馬場傾向の中
      2着に来たことは評価
    • 一度、差されてから差し返している
  • 右回りで勝利こそないものの
    4走前の灘ステークスは芝スタートで
    後手を踏みながら2着に好走
    • 外前有利な馬場傾向の中
      内枠を引きながらも好走した
      内容を評価
  • 今回のメンバーで数少ない
    先行競馬が出来る
  • 全3勝のうち、2勝を1800m戦で
    挙げている
  • 酒井騎手と相性が良い
    • 全成績3-4-2-4に対して
      2-4-2-2と好走のほとんどは
      酒井騎手とのもの

【WIN5的中のカギからの学び】

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ブリリアントステークス

 アルドーレ

 2000m超のレースは当該距離で

 勝利がある馬を狙うのを基本にする

 ダート長距離は先行できる実力馬!

 テンP15・30が一つの目安

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★高山ステークス ニホンピロタイズ

 該当回りで勝利がない

 3人気以内馬は買わない

★麦秋ステークス ファイアランス

 ダートレースの該当回りで勝利がない

 人気馬を買わない(2度目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

メイショウフンジンは前走の丹沢ステークスは2人気に支持されて、逃げて2着。差し有利の馬場傾向の中、2着に来たことは評価したい。最後の直線では一度、差されてから差し返している。勝負根性がある点も評価できる。また、右回りで勝利こそないものの、4走前の灘ステークスは得意ではない芝スタートで、後手を踏みながら2着に好走。外前有利な馬場傾向の中、内枠を引きながらも2着に好走した内容を評価している。また、今回のメンバーで数少ない先行競馬が出来る馬なのもプラス。現級で実績がある馬のうち最も先行できるのは本馬だと予想している。それに加え、全3勝のうち、2勝を1800m戦で挙げている得意距離でのレースとなる。酒井騎手と相性が良く、全成績3-4-2-4に対して2-4-2-2と好走のほとんどは酒井騎手とのもので鞍上、距離共に不安はない。

対抗フィロロッソ

  • 前走の丹沢ステークスは内枠で砂を
    被りつつ、じわじわと位置を上げ
    4コーナーで3番手に付けた
    • 最後の直線でもあわや
      勝利かと思わせた
    • 最後止まっていたのは
      距離の分と予想
    • 勝利のない左回りで勝ち馬に
      0.3秒差に迫り、掲示板を
      確保したのは力を付けてきた証
  • 4走前→3走前のように
    距離短縮ローテでこそ良さが出る馬
    • 今回は2100m→1800mへの
      距離短縮ローテは歓迎
  • 全3勝を右回りで挙げており
    舞台替わりも歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 混戦で迷った際は競馬エイトの

 調教馬プレミアムを買い目に入れる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★千葉ステークス
 WIN5のダート上級条件の
 勝ちパターンは3つあるのではないか?

  1. 連勝して勢いのある馬が勝利する
  2. 近走現級で僅差の競馬を
    している馬が勝利する
  3. 実績のある実力馬が
    人気の盲点となり勝利する

ここを意識。

フィロロッソは前走の丹沢ステークスは内枠で砂を被りつつ、じわじわと位置を上げ4コーナーで3番手に付けた。内枠と恵まれない条件の中、位置を上げられた器用さは評価したい。最後の直線でもあわや勝利かと思わせた。最後の直線で止まっていたのは距離の分と予想。勝利のない左回りのレースで勝ち馬に0.3秒差まで迫り、掲示板を確保したのは力を付けてきた証と判断する。4走前→3走前のように距離短縮ローテでこそ良さが出る馬であり、今回は2100m→1800mへの距離短縮ローテは歓迎。全3勝を右回りで挙げており、舞台替わりも歓迎だろう。前走に比べると回りも距離も適舞台に戻るのでパフォーマンスを上げることが予想される。

ジャスパードリームは前走の丹沢ステークスは5人気に支持されながら、11着。「初の2100m」、「差し有利の展開」を考えると2番手の本馬には厳しいレースとなった。度外視でよいだろう。今回は全3勝のうち、2勝を挙げている得意の阪神ダート1800mでのレースとなる。前走の東京ダート2100mから、今回の阪神ダート1800mへの舞台替わりは歓迎だろう。また、今回は先行勢が手薄で、メイショウフンジンと兼ね合いが付けば楽に先行できるのもプラス。今回は先行勢が手薄になりそうで、前に行く馬を中心に狙いたい。また、中央での全成績が3-0-0-6とピンかパーな戦績であり、WIN5では押さえておきたい。

危険な人気馬ロッキーサンダー

WIN5の2走前の灘ステークスで購入していた。その時のレースぶりを見て、後方からがデフォルトとなると厳しい印象を受けた。今回のレースで狙いたいのは先行馬であるので、そのキャラとズレる。今回も差してきて掲示板までという絵が見える。

■結果(堅)
1着◎9.メイショウフンジン
2着ー10.エマージングロール

ここは予想通り。坂井騎手は完璧な逃げだった!

坂井騎手が逃げてくれた時点で
勝ちでした

★振り返り

勝ち馬の◎9.メイショウフンジンはスタート直後に無理してでもいいから逃げようという坂井騎手の姿勢に感動。この騎手は逃げ・先行馬に乗せると信頼度◎なのを改めて実感。メイショウフンジンは併せ馬になると強いので逃げられた時点である程度勝利を確信。直線で差し返すあたりもこの馬の強さを再確認。

○4.フィロロッソはスタートこそ、決めたが二の足が速くなく中団からの競馬に。4コーナーまでの競馬は悪くなかったが、前にいないと厳しいレースだった。藤岡康太騎手は改めて短距離までで良い騎手と感じた。

▲16.ジャスパードリームはメイショウフンジン同様、先行できると踏んで単穴に指名したが厳しかった。スタートして、先行することは出来たが、4コーナーで他馬に付いて行けなかった。
今回と前走の経験を糧に更な成長に期待。

☠11.ロッキーサンダーは地力こそあるが、阪神ダート1800mで差し馬は評価を1つ下げるのは正解。掲示板までと予想していた通りになった。次走以降もよほどのことがない限り、WIN5では購入を見送る予定。

■WIN5的中のカギからの成功体験

★節分Sホウオウラスカーズ

 前走掲示板じゃない馬

 妙味を考えても対抗までにする

■例外

 銀蹄Sシゲルタイタン(石橋)

 ニュートンテソーロ(戸崎)

 掲示板組が極端に少ないかつ

 その馬に騎乗する騎手が物足りない場合

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

★夏至ステークス リーガルバトル

 オールイズウェルのように変わり身を

 期待するのはいいが3勝クラスは前走

 掲示板を確保した馬が基本!

 基本に忠実に買う!(2回目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

3勝クラスでこの考えを継続できた

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

これがよぎったが、逃げ馬を優先して的中させることができた

★ブリリアントステークス

 アルドーレ

 2000m超のレースは当該距離で

 勝利がある馬を狙うのを基本にする

 ダート長距離は先行できる実力馬!

 テンP15・30が一つの目安

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ダート中~長距離はまず前に行く馬。

■WIN5的中のカギからの改善

藤岡康太騎手の買い時

自分はWIN5で840万馬券を破壊された
経験を持つので藤岡康太騎手には慎重です。

  • 騎乗経験がある
  • 直近好走
  • 上位人気
    • 5人気以内の1桁オッズが目安
  • 西騎乗(阪神のみ)
    • 2020年ギャラクシーステークスのデザートストーム
    • 2022年斑鳩ステークスのルプリュフォール
  • 短距離
    ~1400mまで

勝たれても割り切る。
藤岡康太騎手は阪神短距離のみ!

②多摩川ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎7.ウインシャーロット
1.タイニーロマンス
4.ブルーシンフォニー

☠5.ルーカス

予想コメント

予想のテーマは『先行できる現級馬を狙う』
本命ウインシャーロット

  • 前走の湘南ステークスは現級で
    1人気に支持され2着
    • レースを見ていただくと分かるが
      NHKマイルの日で外差しが
      圧倒的に有利な展開で逃げて2着
    • 馬場、展開に恵まれない中
      現級で好走したのは評価できる
  • Dコース替わりの週で逃げ・先行馬が
    恵まれる可能性がある
  • 2走前の春興ステークスは後の
    重賞馬である、ソウルラッシュの2着
    • この時は苦手な距離延長ローテ
      という厳しい中好走
    • クラス突破できる力はある
    • 左回りで全3勝をしており
      右回りで善戦した
  • 今回は同型馬が多いが、3走前の
    テレビ山梨杯を見る限り
    番手でも問題ない

【WIN5的中のカギからの学び】

★常滑特別 ウインリブルマン

 先行有利と感じたら、上位人気から

 先行できる馬を優先して選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★三宮ステークス スレイマン

 自分より前に現級で実績のある馬がいた場合は

 伸び負けると勝てない可能性がある

 今回であればハヤブサナンデクンが前にいた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ウインシャーロットは前走の湘南ステークスは現級で1人気に支持され2着。レースを見ていただくと分かるが、NHKマイルの日で外差しが圧倒的に有利な馬場だった。その中で逃げて2着。馬場、展開に恵まれない中、現級で好走したのは評価してよいだろう。Dコース替わりの週で逃げ・先行馬が恵まれる可能性がある。現級で実績があり、先行できるので狙いたい。2走前の春興ステークスは後の重賞馬である、ソウルラッシュに0.3秒差の2着。この時は苦手な距離延長ローテという厳しい中、好走。また、左回りで全3勝をしており、右回りで善戦した2走前は評価できる。今回は同型のブルーシンフォニーがおり、楽逃げは見込めなさそうだが、3走前のテレビ山梨杯を見る限り、番手でも問題ないのは強み。スタートさえ決めれば勝ち負けだろう。

対抗タイニーロマンス

  • 前走のフリーウェイステークスは
    昇級戦でありながら、4着に好走
    • 前走同様、逃げ馬の番手から
      抜け出す競馬をすれば
      勝ち負けになる
    • レース後に豊騎手から
      「このクラスでもやれる」と
      コメントあり
  • 2走前の熱田特別はスムーズに先行し
    楽に抜け出し2着馬に
    0.4秒差を付けて圧勝
    • 中京芝1400mのお手本のような
      勝ち方だった
  • 間隔を詰めたローテで結果を
    残している
    • 新馬戦を除く、全3連対は
      中3週以内のローテで挙げている
    • 今回の中3週替わりも歓迎

【WIN5的中のカギからの学び】

★志摩ステークス ヴァトレニ

 昇級馬が「上位人気になっているケース」

 「勝ちきれない現級馬が人気」の場合

 現級で上位争いしている馬がいたら

 不当に人気ない可能性がある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

タイニーロマンスは前走のフリーウェイステークスは昇級戦でありながら、4着に好走。昇級戦であそこまでやれるのであれば、前走同様、逃げ馬の番手から抜け出す競馬をすれば勝ち負けになると予想。前走のレース後に豊騎手から「このクラスでもやれる」とコメントがあり、力は通用するだろう。2走前の熱田特別はスムーズに先行し、楽に抜け出し、2着馬に0.4秒差を付けて圧勝。レースを見ていただくと分かるが、中京芝1400mのお手本のような勝ち方だった。また、間隔を詰めたローテで結果を残しており、新馬戦を除く、全3連対は中3週以内のローテで挙げている。今回の中3週替わりも歓迎だろう。内枠を引いてスムーズに先行できればチャンスありと予想。

ブルーシンフォニーは前走の2勝クラスはキャリア初の逃げで、逃げ切り勝利。少頭数とはいえ、上がり3位の末脚を使い勝利した。前走、「同舞台を先行して」、「着差を付けて」勝利しているのは昇級戦を買う条件を満たしている。また、近走を見ていると3番手以内で競馬が出来ており、先行力があるのは強み。2走前の先種川特別、3走前の岡崎特別といった近走を見ていると左回り>右回りの印象がある。今回は引き続き同舞台でレースが出来る。左回りで全2勝を挙げていることもプラス。また、頭数13頭以下の時に全2勝を挙げており、頭数が手頃になるのもプラス。ただ、前走ほどスムーズにレースが運べないと判断し、単穴まで。

危険な人気馬ルーカス

前走の好走で人気を集めるなら妙味がないと判断する。また、新馬戦以来勝利がなく、ことWIN5という馬券には向いていない印象がある。年齢的な上積みもどうなのか、未知である。

■結果(堅)
1着◎7.ウインシャーロット
2着ー2.セルフィー

鬼スタートを決めた時点で勝負ありだった。

鬼スタートでした
ここから綺麗な馬場を
通れたのは大きい

★振り返り

勝ち馬の◎7.ウインシャーロットは石川騎手も話すように、スタートが素晴らしすぎた。それに尽きる。あとは今回のメンバー構成であれば、ハナを取ったら押し切れる力はあった。唯一、タイニーロマンスの好位差しのみ警戒していた。

1.タイニーロマンスはウインシャーロットの項でも話したが、現級で実績があり先行が出来る本馬には警戒したかった。スタートしてから想定していた展開になった。前走と同タイムで走っており、この馬が出来る競馬はしただろう。時計が速すぎた印象。

4.ブルーシンフォニーはブルーシンフォニーは予想していた通り、前走より相手関係が強くなりスムーズに先行できなかった。そうなると、勝ち切るまでは厳しい。昇級馬の扱いは前走と比較して、スムーズに運べるか否か。

☠5.ルーカスは道中まで、好位に付けていてヒヤッとしたが最後止まってしまった。状態面が上がり切っていなかったのか、原因は不明。勝ちきれないキャラは勇気を持って切ることは大事。

■WIN5的中のカギからの成功体験

★常滑特別 ウインリブルマン

 先行有利と感じたら、上位人気から

 先行できる馬を優先して選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

Dコース替わりで前が有利になると判断し、抜けた。

★三宮ステークス スレイマン

 自分より前に現級で実績のある馬がいた場合は

 伸び負けると勝てない可能性がある

 今回であればハヤブサナンデクンが前にいた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★昇級馬は「着差を付けている」

「該当距離・回りの勝利経験あり

(当該舞台の勝利実績も可)

「先行馬」の馬を優先して買う

 昇級馬が複数頭いた場合は

 上記の3点を満たす馬を優先

https://keiba-analysis.com/win5-key/

対抗にするか迷ったが、
この観点でブルーシンフォニーの印を下げられた

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

混戦の時に基本に忠実に対応できた

■WIN5的中のカギからの改善

今回は特になし。
ルメール騎手も正しく軽視できた。

③UHB杯(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎14.コスモアンジュ
○5.シュアーヴアリア
▲3.マウンテンムスメ

☠12.ヴィズサクセス

予想コメント

予想のテーマは『先行できる現級実績馬(2回目)』
本命コスモアンジュ

  • 前走の芦屋川ステークスはスタートして
    少し躓いたが、二の足の速さで逃げて3着
    • 枠順に恵まれたが、スタート後に
      躓いていて、馬券内を確保したのは
      評価している
  • 2走前のアクアマリンステークスは
    2人気に支持されながら12着
    • スタート後に他馬に寄せられる
      不利あり
    • 差し有利の展開で
      先行競馬をしていた
    • 着順は度外視でよい
  • 過去のレースを見ていると、抜け出して
    最後詰めの甘さで差されることが
    多いので直線平坦替わりはプラス
  • 函館×先行馬に丹内騎手が騎乗する
    • 全3勝を丹内騎手と挙げている

【WIN5的中のカギからの学び】

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 混戦の時こそ、基本に忠実に

 前走、掲示板組から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★夏至ステークス リーガルバトル

 オールイズウェルのように変わり身を

 期待するのはいいが3勝クラスは前走

 掲示板を確保した馬が基本!

 基本に忠実に買う!(2回目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

コスモアンジュは前走の芦屋川ステークスはスタートして少し躓いたが、二の足の速さで逃げて3着に好走。枠順に恵まれたが、スタート後に躓いていて、馬券内を確保したのは評価している。2走前のアクアマリンステークスは2人気に支持されながら、12着。最後の直線の伸びがあまりにも欠けていたので、パトロールビデオを見ると、スタート後に他馬に寄せられる不利があった。それに加え、差し有利の展開で、先行競馬をしており、着順は度外視でよいだろう。過去のレースを見ていると、抜け出して最後詰めの甘さで差されることが多い印象を受ける。今回、直線が平坦な競馬場に替わることはプラスだろう。何といっても「函館」×「先行馬」に丹内騎手が騎乗する時は侮っていけない。全3勝を丹内騎手と挙げていることもあり、ここでの好走が期待できる。

対抗シュアーヴアリア

  • 前走の晩春ステークスは7着と
    敗れたものの勝ち馬に0.4秒差
    • 苦手な距離延長ローテ
      勝利のない左回り
      勝利のない1400m戦と
      いうことを考えれば健闘した
  • 2走前の船橋ステークスは
    函館スプリントステークスで好走した
    ジュビリーヘッドと差のない競馬をしている
  • 3,4走前には異なる脚質で連勝をしており、
    自在性があるのも強み
    • 3走前は差して勝利
    • 4走前は逃げて勝利
  • ローカルで吉田隼人騎手が
    騎乗してくれるのは心強い

【WIN5的中のカギからの学び】

★節分Sホウオウラスカーズ

 前走掲示板じゃない馬

 妙味を考えても対抗までにする

■例外

 銀蹄Sシゲルタイタン(石橋)

 ニュートンテソーロ(戸崎)

 掲示板組が極端に少ないかつ

 その馬に騎乗する騎手が物足りない場合

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★日本ダービー ドウデュース

 重賞の的中率を考えたら

 重賞以外で1点作る選択肢を持つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

シュワーヴアリアは前走の晩春ステークス(1400m)は7着と敗れたものの、勝ち馬に0.4秒差だった。「苦手な距離延長ローテ」、「勝利のない左回り」、「勝利のない1400m戦」ということを考えれば健闘した。レースを見返していて、このクラスでも通用すると感じた。2走前の船橋ステークスは、函館スプリントステークスで好走したジュビリーヘッドと差のない競馬をしている。近走は異なる脚質(3走前は差して勝利、4走前は逃げて勝利)で連勝をしており、自在性があるのも強み。それに加え、ローカルで吉田隼人騎手が騎乗してくれるもの期待値が高い。想像していたより人気しているが、ここでは仕方がないと判断。

マウンテンムスメはとにかく二の足が速いことに好感が持てる。短距離戦は前を取ってナンボである。前走のように番手になってからも上手に競馬ができるのは強み。今回も同様の競馬ができれば、昇級戦だが勝ち負けになると予想。前走の袖ケ浦特別は今回買いたい馬のキャラに一致する素晴らしい勝ち方だった。また直近7戦連続で掲示板を確保しており、安定感がある。成長していることがうかがえる。それに加え、4歳と若さもあり、若さが問われる1200m戦では積極的に狙いたい。

危険な人気馬ヴィズサクセス

昇級馬を買う条件の「着差を付けて勝利する」ということを満たしていない。前走は、重馬場という特殊な条件だったとはいえ、昇級していきなり勝利はどうか。岩田騎手は確かに怖いが、休養明けの昇級馬は積極的に狙いづらい。

■結果(堅)
1着▲3.マウンテンムスメ
2着○5.シュアーヴアリア

ここは自分が想定している以上にマウンテンムスメが楽に先行できた。この競馬をされると後続の馬は厳しい。

スタートから、武史騎手の好騎乗
スムーズに先行
開幕して浅い
函館競馬場で
逃げ馬に悠々いかせると残る

★振り返り

勝ち馬の▲3.マウンテンムスメは自分が想定しているより、マウンテンムスメがスムーズに先行できた。1200mは若さを優先すると話しながら、4歳馬より5歳馬の方を優先してしまった。
1200m戦は逃げられる可能性がある、若い馬には要警戒。というより、逃げられる人気馬は軽視しない。今回であれば逃げ候補はフミロアorマウンテンムスメ。マウンテンムスメの方が上位人気であった。また、武史騎手が逃げると決めた時は行き切れる騎手であり、その特徴も意識するべきだった。陣営からも「スタートは速い馬」というコメントあり。

◎14.コスモアンジュは番手を取れると思って予想したが、フミロアに先行されて4番手になってしまった。コスモアンジュが勝利していた時は、全て2番手以内だったので
先行出来ていない時点で厳しい印象があった。1200m戦は「若さ」×「位置取り」×「3勝クラスであれば前走掲示板」で序列を付けていく。今回は函館という直線が短い競馬場なので、位置取りが最優先。
今回であれば、マウンテンムスメ、シュアーヴアリア、コスモアンジュの中で序列を付ける。
位置取りなら、マウンテンムスメ>コスモアンジュ>シュアーヴアリア
年齢なら、マウンテンムスメ=シュアーヴアリア>コスモアンジュ
前走掲示板なら、コスモアンジュ>マウンテンムスメ>シュアーヴアリアとなる。
どれを優先するか難しい案件だが、これは頭に入れておきたい。

○5.シュアーヴアリアは前走からの巻き返しを見せてクビ差2着。馬群の間を突いて、伸びてきたが差し届かず。函館の直線は短かった。直線が短く、開催が浅い競馬場では人気馬の中でより、先行している馬を選ぶようにしよう。

☠12.ヴィズサクセスは軽視するのは怖かったが、WIN5的中のカギで学んだように、昇級馬の休養明けは過信しない。を守れた。

■WIN5的中のカギからの成功体験

★春雷ステークス

 1200mは若さが問われるので

 迷ったら年齢が若い馬を選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★ストークステークス

 1頭本命を決めて

 もう1頭買うとなった場合

 現級で上位人気に

 支持されていた馬には警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

この観点を意識しながら、7歳のオメガラヴィサンを切れた
現級の上位人気なのも理解していた

★弥彦ステークス クロワドフェール

 昇級戦で間隔が半年以上空いている馬は

 基本軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

昇級馬の休養明けは厳しいことを考え
岩田騎手騎乗のヴィズサクセスを軽視
(岩田騎手を切るのは怖かった…)

★北九州短距離ステークス

 ビオグラフィー

 3場開催でも上位騎手を選択する

 吉田隼人騎手、浜中騎手

 藤岡(佑)騎手、菅原明騎手、丹内騎手など

https://keiba-analysis.com/win5-key/

これを意識して吉田隼人騎手、丹内騎手を選べた

■WIN5的中のカギからの改善

★常滑特別 アナレンマ

 昇級馬は自分より前に実績のある

 現級馬がいる場合は

 そちらを優先するのも選択肢の一つ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

内枠を引き、他の逃げ馬が少ないにもかかわらず
楽逃げ出来ないのではと考え軽視

★当てるにはどうしたら?
  • 開幕して浅い直線が短い競馬場は
    なるべく前の位置を取れる馬を狙う

④マーメイドステークス(自信度:D)

■最終予想(荒)
◎7.ウインマイティー
○10.アイコンテーラー
▲3.ソフトフルート
☠9.ルビーカサブランカ

予想コメント

予想のテーマは『実力馬で舐められている馬を探せ』
本命ウインマイティー

  • 前走のメトロポリタンステークスは
    逃げて4着
    • NHKマイルカップの日で外有利な
      馬場傾向の中、外から3頭に差された
    • 馬場傾向を考えると
      一定の評価はできる
  • 前走は勝利がない左回りのレースだったが
    今回は全3勝を挙げている右回りのレース
  • 2,3走前は長期休養明けのレース
    • 前走詰めてレースを使えているので
      オークスで実績が残せた頃の
      状態に戻っていれば
  • 2年前にはなるが、同舞台の
    忘れな草賞を勝利している
  • ゴールドシップ産駒であり
    輸送がなくなりレースが迎えられる
  • 前走、重賞組が苦戦しているレースなので
    前走が非重賞組である
  • 阪神芝で勝利経験あり

【WIN5的中のカギからの学び】

★明石特別(阪神芝2000m)

 プレイイットサム

 父か母父に

 ディープインパクト産駒が

 入っている馬の期待値が高い

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★松風月ステークス

 2頭買う時は「5人気までで2頭」

 「5人気までで1頭+6~8人気から1頭」

 とし、推定人気8人気までが一つの目安

 ※小倉の初ブリンカーは例外

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ウインマイティーは前走のメトロポリタンステークスは逃げて4着。NHKマイルカップの日で、外有利な馬場傾向なこともあり、外から差してきた3頭に捉えられ4着。馬場傾向を考えると、一定の評価はできるだろう。また、前走は勝利がない左回りのレースだったが、今回は全3勝を挙げている右回りのレースに替わるのはプラス。近走を見ると、2,3走前は長期休養明けのレースだった。前走は、間隔を詰めてレースを使えているので、今回、オークスで実績が残せた頃の状態に戻っていればチャンスありだろう。2年前にはなるが、同舞台の忘れな草賞を勝利しており、舞台設定は問題ない。また、ゴールドシップ産駒であり、輸送がなくなりレースが迎えられるのも強調材料。例年のマーメイドステークスは前走、重賞組が苦戦しているレースなので、前走が非重賞組である本馬は積極的に狙ってみたい。

対抗アイコンテーラー

  • 前走の新潟大賞典では1人気に
    支持されていた
    • 左回り巧者とはいえ、人気がなく
      妙味があると判断
    • 展開、距離延長ローテと不利が
      重なった厳しいレース
  • 右回りの勝利こそないものの、
    2,3走前を見る限り右回りの
    牝馬限定戦であればやれる印象
  • 特に2走前の大阪城ステークスは
    重賞勝利馬であるレッドガランに
    勝利している
  • 陣営からも「牝馬限定なら差はないし、
    改めて期待」と前向きなコメントあり
  • 先行力もそれなりにあり
    開幕週の馬場の恩恵を受けられても

アイコンテーラーは前走の新潟大賞典で1人気に支持されていた。左回り巧者とはいえ、人気がなく妙味があると判断。53kgでこのメンバーに入れば地力上位だろう。その前走は「展開」、「苦手な距離延長ローテ」と不利が重なった厳しいレースになったので、結果は度外視でよいだろう。右回りの勝利こそないものの、2,3走前を見る限り、牝馬限定戦であれば、右回りでもやれる印象を受けた。近走の中でも、特に2走前の大阪城ステークスは重賞勝利馬であるレッドガランに勝利しており、通用する力はある。また、陣営からも「牝馬限定なら差はないし、改めて期待」と前向きなコメントあり、デキ落ちも心配ない。脚質としても先行力がそれなりにあり、開幕週の馬場の恩恵を受けられる可能性がある。メンバー内でも人気と実力の乖離がある1頭だと考えるので、積極的に狙いたい。

ソフトフルートは去年のマーメイドステークスは1人気に支持されていた。去年に比べると、重賞で掲示板を確保していたり、成長しているのは確かだろう。3,4走前の重賞では上がり2位以内の末脚を繰り出せており、展開がハマれば重賞で勝ち負けになる力はある。また、阪神芝2000mの成績が鬼な川田騎手が騎乗するのは心強い。ソフトフルートとも2戦コンビを組み、2勝を挙げている。相性が良いのだろう。今回は岩田望騎手から川田騎手への乗り替わりとなるので、プラスといってよいだろう。前走は7頭立てだったとはいえ、3番手でレースが出来ていた。前走の先行経験が活きて、先行競馬で良さを出せればより成績が安定するだろう。この馬も前走の非重賞組であり、強調できる。ただ、阪神芝で勝利経験がないことが気になり単穴まで。

危険な人気馬ルビーカサブランカ

WIN5において、追込馬は信用しづらい。また、岩田騎手は先行馬でこそ買いたい騎手。追込馬では買いづらい騎手と判断。そんな不安点を抱えつつ、1桁オッズの人気になるなら今回は購入を見送りたい。

■結果(荒)
1着◎7.ウインマイティー
2着ー12.マリアエレーナ

ここは前走内容から人気の盲点を見抜けた。継続。

スタート後の和田騎手の
位置取りが完璧でした
あとは抜け出すだけ

★振り返り

勝ち馬の◎7.ウインマイティーはスタートを決め、スムーズに先行した時点で勝てると思いレースを見てました。前走が復調の兆しだったことは明らか。競馬エイトの調教欄も良く、質、量共に◎が決め手でした。競馬エイトの調教欄は最高なので、ぜひ皆さん買ってください。これは本当に良いものなので、おすすめしてます。マーメイドステークスは阪神芝で勝ちがある馬を探すのが攻略法かもですね。来年はそれを忘れずにトライしてみます。和田騎手×ウインマイティーは阪神芝2000mのお手本のような勝ち方でした。阪神内回りは関西騎手。これは覚えておくと高配当にありつけるかもです。来週のエフフォーリアとタイトルホルダーは…。これは明日、火曜日の宝塚記念予想ブログをお楽しみに!

○10.アイコンテーラーはスタートをそれなりに決めて、中団前に付けられたところまではよかった。ただ最後は右回りの分か伸びず。該当回りで勝利がない馬を買ったが、前走重賞1人気馬が9人気であれば購入してもOK。良いところだけを見るのが穴馬。

▲3.ソフトフルートは前走のレースを見る限り、内枠から先行してくれると予想し購入。後方からの競馬になってしまったのは予想外。ただ、先行有利の馬場傾向の中、3着に持ってくるあたり阪神芝2000mの川田騎手は恐ろしい。複勝率が今回の騎手内なら、頭3つくらい抜けてます。
ソフトフルートは後方からの競馬になることが多く、WIN5では手を出しづらいのが正直なところ。

☠9.ルビーカサブランカは後方からの馬なので厳しかった。予想通りの敗戦。また、岩田望騎手は先行馬でこその騎手。狙い時ははっきりしているのでどこかで狙いたい。

■WIN5的中のカギからの成功体験

★ブリリアントステークス

 リッターシュラーク

 穴の差し馬を狙うのはまだ早い

https://keiba-analysis.com/win5-key/

追込馬を過信しすぎない

★松風月ステークス スナークダヴィンチ

 昇級馬は0.1秒差以内の勝利は

 基本買わないは継続

https://keiba-analysis.com/win5-key/

斤量の誘惑に惑わされそうになりつつも、昇級馬の扱いを守れた

★夏至ステークス ダノングリスター

 上位人気に不安を感じたら

 競馬エイトの穴工場(2回目)

https://keiba-analysis.com/win5-key/

競馬エイトの穴工場を確認できた

■WIN5的中のカギからの改善

特になし
斤量に騙されず前走内容から正しく本命を見抜けた。

沢山褒めていただいて
嬉しい週末でした。

⑤ユニコーンステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎7.リメイク
○5.ペイシャエス
▲15.タイセイディバイン

☠1.ハセドン

■結果(荒)
1着○5.ペイシャエス
2着ー2.セキフウ

1600mを経験していない馬を1点にしたのは自分のミス。

前走より遥かに
展開が向きましたね

★振り返り

勝ち馬の○5.ペイシャエス前走オープンで2人気に支持されていた馬が今回、7人気で買えたなら妙味ありでした。予想記事でも書きましたが、前走の青竜ステークスは明らかに、展開不向きの中、健闘して5着。ここでも先行すればやれてもと思っていましたがその通りでした。対抗に選んでおきながら、WIN5の買い目に入れられていないのは自分の弱さ・足りない点なので次こそ。若駒限定戦はやれてもが勝利までいくことは往々にしてある。

◎7.リメイはこれを1点にするな!自分!該当距離で勝利がない、経験がない馬を頭で買うのはこれが最後でしょう。ここで学ばせてもらいました。福永騎手×リメイクありがとうございます。個人的にはもう少し前かと思っていましたが、福永騎手の位置取りは全く問題ありませんでした。完全に距離という止まり方でした。1400mに戻して仕切り直しですね。

▲15.タイセイディバインは初ダートではありながら、先行競馬ができるので今回は評価。砂を被らない大外枠からしてほしい競馬をしてくれた。松若騎手の騎乗は完璧でした。もう少し先行馬が粘れていれば馬券内はあったと予想。

☠1.ハセドンは若駒限定の追込馬は信用しにくい。今後もこの考えは継続したい。ハセドンは差し・追込決着になる時に狙いたい。

■WIN5的中のカギからの成功体験

★麦秋ステークス タイセイサムソン

 東京ダート1400,1600mは

 基本的に5人気以内から選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ここを意識したうえで、リメイク以下は人気薄を注視できた

★関門橋Sアドマイヤポラリス

 追込脚質を信用しすぎない

 迷ったら前の馬!

 相当強いと思わない限り本命にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ハセドンの扱いは完璧
追込馬は過信しない。ましてや3歳ダート

■WIN5的中のカギからの改善

★根岸Sソリストサンダー

 当該距離で勝利がない

 人気馬は頭で買わない

■例外

 関門橋Sダブルシャープ

 陣営の意図を感じる、同距離重賞で掲示板

 それなりにやれている場合は気にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

距離を経験していない馬に手を出したのは反省
勇気を持って切る

★当てるにはどうしたら?
  • 重賞は的中率を考えて2点にする

購入馬券

ひとりごと

以上、【WIN5回顧~マーメイドS・ユニコーンS編~】自信に繋がる回になりました。でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

あとがき

自分の決意を書かせていただきました。決意表明と同時期にありがたいことにフォロワーさんから、有料のサロンを開いてほしいと要望を頂きました。ここから難解な夏競馬。より一層ギアを上げて、的中の嵐にします🔥!楽しみにしていてください!