【WIN5回顧~安田記念編~】WIN0=成長!

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

2022年6月5日に行われた
WIN5のレース回顧します。

今回の回顧ではどうしたら
買えなかった馬が買えるようになるのか。
気付きから今後活かせることはないか
振り返ります🐎

本ブログの回顧は、買い目、買い目の根拠
結果、結果の振り返り
当てた場合は「収穫」
外した場合は「当てるにはどうしたら?」
として学べるような構成になっています。
当てていても、外しても「継続すること」
「改善すること」は見えてくると考えます✨

いーの

何か1つでも学ぶこと
モットーに書いています🐎
最後までご覧ください!

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース回顧

6月5日のWIN5予想

買い目の詳細はブログをご覧ください!

①ホンコンJCT(自信度:A)

■最終予想(堅)
◉6.ドゥラドーレス
○5.モンテディオ

☠1.サトノフォーチュン

■結果(荒)
1着ー2.ピュアブレンド
2着○5.モンテディオ

ここは割り切って1点で抜こうと考えていた。こういうこともある。1点でいかない選択肢も今後は持とう。

スローは番手の馬が
恵まれることがある

★振り返り

勝ち馬のピュアブレンドは前半のスローの流れを上手く生かした。4コーナーの時点でセーフティーリードを持った上で直線を迎えられた。ドゥラドーレスが勝つと思っていたが、1倍台の1本被りの時は、こういった人気薄の台頭があることも頭に入れておく。2頭買うというもの選択肢。ピュアブレンドを買えた理由でいくと、「2勝クラスは前走上がり最速の末脚を使えていた馬を狙う」という観点。福島中央テレビ杯のルクルト、隅田川特別のユキノファラオ、賢島特別のエグレムニのように2勝クラスの芝では気をつけたい。また、池添騎手は東京芝で中穴人気に乗った際は警戒したい。実際、先週今週で4人気以下の馬で3勝を挙げている。

◉6.ドゥラドーレスはスローの展開で33.0の脚を使ったが、届かず…。折り合いに難しさを抱えている馬で、道中で前方を捉えに行っていれば、勝てたというわけではなかったと考える。少頭数になってしまったが故に起きてしまった事象だと考える。今回の学びは「少頭数のレースでは往々にしてスローになりすぎて、差し届かず」となることがあるので、2点買うというのも選択肢に入れておく。

○5.モンテディオは先行して、最後の伸びに賭けたがピュアブレンドの末脚に屈してしまった。少頭数のスローのレースで逃げてしまうと、後ろの馬の目標にされて厳しかったと判断。ピュアブレンドと逆の位置取りだったら、逆転できていたと考える。少頭数の時はどの馬が先行するか(騎手の顔ぶれも考えて)、どの馬が恵まれるかという観点を強く持たないといけないと改めて感じた。

☠1.サトノフォーチュンは2400mでも機敏さが足りない印象を受けたので、やはりスローの2000mだと厳しかっただろう。2400mよりもっと長い距離で狙ってみたい。戸崎騎手も芝ではダートほど信頼できる騎手ではないのが正直なところ。

★当てるにはどうしたら?
  • 1点で割り切るのはOK
    • その上で、少頭数の時はどの馬が
      先行するか(騎手の顔ぶれも考えて)
      どの馬が恵まれるか
      という観点を持つ
    • 少頭数のレースでは往々にして
      スローになりすぎて、差し届かず
      となることがあるので
      2点買うというのも選択肢に
      入れておく
  • 2勝クラスは前走上がり最速の
    末脚を使えていた馬を狙う

    という観点
    • これは忘れずに意識していく

②高山ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎7.ニホンピロタイズ
○12.ミトノマルーン
▲9.ホウオウエクレール
△10.イクスプロージョン
☠3.セファーラジエル

■結果(堅)
1着△10.イクスプロージョン
2着ー5.ストリクトコード

思った馬場傾向と違った。このレースはどうすれば捉えられたか考えていく。

★振り返り

勝ち馬の△10.イクスプロージョンは1コーナーの時点では後方の位置取りだった。向正面から位置を上げていき、4コーナーに向く時には中団外に位置して伸びてきた。今回は予想段階で中京芝2000mということもあり、内々を立ち回った馬が恵まれる馬場になっていると予想。ただ、土曜日のレースを見る限り、外からも伸びてこられる馬場だった。その認識の違いで、馬のチョイスにズレが生じてしまった。正直、土曜日の馬場傾向チェックが甘かった。今回の反省点として必ず該当の馬場を見てから予想する

◎7.ニホンピロタイズはスタートで出負けしたのが全て。先行勢が多いとはいえ、先手を取らないと勝ちきれないと判断していた。後方からの競馬になってしまうと、キレる脚がない本馬には厳しい展開だった。吉田隼人騎手と相性が良いと感じていたので、左回り未勝利は度外視して買った。ただ、「次からは該当回りで勝利がない3人気以内馬は買わない」。次走以降は人気を落とした、夏の小回り競馬場で狙いたい。

○12.ミトノマルーンは逃げようと試みたが、ホウオウエクレールの方が速く、ハナを取り切れなかった。この馬は勝つのであれば、逃げて押し切りという展開なのでこの隊列・馬場だと厳しかった。今後は3走前の美浦ステークスのように、少頭数で楽に逃げれそうな時に購入予定。なかなかないと思いますが…。

▲9.ホウオウエクレールは外から差せる馬場状態でありながら、最後は3着まで粘った。中京芝2000mは逃げられる馬を押さえるのはやはりマストと感じた。大幅な距離短縮で逃げられるかどうか気になっていたが、前走も大幅な距離短縮で逃げられていた。逃げ馬なので、今後も狙い時はある。

☠3.セファーラジエルは最も得意な条件だったが、差し馬に有利な展開になり、先行した本馬には厳しかった。今後、この馬を買うのであればこの条件しかないので、覚えておく。また、自分は藤岡康太騎手を阪神でしか買いません。

★当てるにはどうしたら?
  • 前日の馬場の状態を確認して
    買いたい馬のキャラを決める
  • 該当回りで勝利がない
    3人気以内馬は買わない

③麦秋ステークス(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎5.ファイアランス
○13.ロコポルティ
▲10.ゴールドパラディン

☠3.ナンヨーアイボリー

■結果(堅)
1着ー15.タイセイサムソン
2着▲10.ゴールドパラディン

スカーレットスカイの後方に付けられる馬を探すレースだった。その位置取りを取れる馬が分からず…次からどうすれば対応できるか考える。

★振り返り

勝ち馬のタイセイサムソンはスタート後に、16.トウカイオラージュ、11.グラスボイジャー、14.オーヴァーネクサスに先行させて、空いたスペースで内に入れてロスを無くした。その後、5番手前後に付け、直線を向いてからはスペースを見つけ、直線抜けて勝利。逃げずにこの器用なレースが出来るのは強い。レース後のコメントから、共に長い時間を過ごしてきたのは大きいんだなと実感。

「2勝クラスでずっと教えてきたことが、前回と今回のレースで生きています。着順が悪かったことが無駄ではなかったです。3コーナーで我慢できたことが、最後の伸びに繋がりました。返し馬までは落ち着いていたのですが、ゲート裏でのテンションの上がり方などは、まだ安心できないところがあります。ただ、持っているポテンシャルは相当なものだと信じていますし、うまくこの馬と一緒に成長していきたいです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203839

予想段階で、前走同様のレースが出来なければ脆くなるかも?と感じ、高い評価はしていませんでした。ただ、2走前にはレモンポップに負けはしているものの、上がり2位の末脚を使い追い込んできている。脚質が安定しなくとも、追い上げてこられているのは力がある証拠。それに加え、昇級馬から1頭選ぼうと考えた際に、優先すべきは同舞台で着差を付けて勝っている馬を優先に選ぶのはどうか。自分は今回、ロコポルティを昇級馬では選んだが、ロコポルティは東京ダート1300mからの臨戦過程だった。

◎5.ファイアランスは前走に比べて、タイムは縮めており、本馬ができることはした印象。今回は前有利の馬場傾向だった分だけ、中団にいては差し届かない馬場だった。今回、1400mを続けて使ったことで前進が見込めるかと予想した。ただ、今回のレースを見る限り~1600mでは勝ち切るまでの末脚の速さが足りない印象。次走以降は1700m以上で狙ってみたい。

「差し(の脚質)が板についてきたように思います。好位差しの競馬を視野に入れてやってもいいと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203839

また、ダートレースの該当回りで勝利がない馬は基本買わない。

○13.ロコポルティはファイアランス項で話した通り、前有利の馬場傾向だったため、中団から差し競馬になった。近走見せていた末脚をここでも繰り出せると思い、対抗にした。ただ、昇級馬で1400m勝利経験がない馬を対抗にするのは自分の判断ミスだった。昇級馬は「着差を付けている」、「該当距離・回りの勝利経験あり」、「先行馬」を基本的には買う。本馬は該当距離の勝利が欠けていた。

▲10.ゴールドパラディンは前走、掲示板に入った力を見せてくれた。スタートを決め、3コーナーに入るまででラチ沿いに馬を付けていた。勝ち切るまでには至らなかったが、幸騎手はこういった騎乗が上手。今後も中京、阪神、京都ダートで先行馬に騎乗している際は気を付けたい。WIN5において、3勝クラスの勝利条件は「前走、3勝クラスで掲示板を確保」を1つの目安にしている。麦秋ステークスで上位に来た現級馬は前走、3勝クラスで掲示板組が多い。改めて、この指標は当てになるものだと感じた。

☠3.ナンヨーアイボリーは小柄な牝馬、内枠、昇級戦と厳しい条件が重なっていた。ルメール騎手がレース後に、砂を被るのを嫌がっていたとコメントを残していた。今後狙うとしたら外枠条件だろう。ただ、自分は今後この馬を上級条件のダートで買う予定はない。

★当てるにはどうしたら?
  • 昇級馬から1頭選ぼうと考えた際に
    優先すべきは同舞台で着差を付けて
    勝っている馬を優先に選ぶ
    • 昇級馬が多い時は有効
  • 昇級馬は「着差を付けている」
    「該当距離・回りの勝利経験あり」
    「先行馬」を全て満たす馬を
    基本的には買う
  • ダートレースの該当回りで
    勝利がない馬は基本買わない
    • 今回で改めて気付いた
  • 3勝クラスは前走、掲示板確保組
    というのは今後も継続

④松風月ステークス(自信度:D)

■最終予想(大荒)
◎8.イメル
○12.ノンライセンス
▲11.スナークダヴィンチ
△3.オーロラテソーロ

☠2.レシプロケイト

■結果(堅)
1着△3.オーロラテソーロ
2着○12.ノンライセンス

中京ダートは差し馬場でも、2頭選べるのであれば逃げ馬は買っておかないと。反省。

★振り返り

勝ち馬の△3.オーロラテソーロはヒデノヴィーナスとやり合って厳しい展開になると思い、そこまで高い評価はしなかった。さすがサメカツ騎手。本馬の揉まれなければ強いという特徴を上手く生かし、2番手外(横に馬は置かず)でスムーズにレースを運んだ。本馬は最後の粘り腰は強かった。中京ダートで差し馬場と判断しても、2頭選べるのであれば、1頭は逃げ馬は押さえておく。人気馬でもそうでなくとも。また、ローカルでサメカツ騎手が乗ってきたら、人気馬で軽視するのは危険。反省。

「もまれないレースをすれば強い馬だということは分かっていました。今日は内枠で外に速い馬がいるのがポイントでしたが、そこはうまくいきました。時計が示す通り、能力の高い馬です。今後は重賞や交流重賞にチャレンジしても、十分良い勝負ができると思います。今日は状態もすごく良かったと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203840

◎8.イメルは近走でそれなりに先行出来ていたので買いましたが伸びず…。出遅れが痛かったですね。もし、出遅れずにチェーンオブラブの位置を取れていれば、もっとやれてよかったと予想。また、イメル、ノンライセンスの2頭を買って思ったが、5人気以内から1頭は選ぶべきだと学び。上位人気の中で、最先着するのはどれか。という視点でレースに向き合うのは非常に大切。2頭買える場合は基本的には「5人気までで1頭」+「6~8人気」までで1頭とする。本当に買いたい馬がいなかった場合のみ、「6~8人気」から2頭選んで良いものとする。

○12.ノンライセンスはクビ差2着。力をフルで出し切れた。スタートを決めて、外からじわじわと先行。その後、3コーナーでインのラチ沿いに付けた。この騎乗でロスを無くすことに成功して、直線での伸びに繋がった。ノンライセンス×松田騎手はこれで7度騎乗して、3-2-1-1と抜群の相性だった。このように、Cランク騎手と相性が抜群のダート馬には注意!(デザートストームで800万消された悪夢が…)

▲11.スナークダヴィンチはスタートこそ決めたが、その後ダッシュが付かず、後方からの競馬に。中京ダートで後方からになってしまうと、勝つまでは厳しかった。なおさら、昇級馬の本馬にとっては厳しかっただろう。「0.1秒差で勝利した昇級馬は勝ち切るのはどうか」という考え方は今後も継続する。

☠2.レシプロケイトは追込馬であり、良馬場で0勝だったので軽視。予想通り、勝ち切るまでは厳しかった。また、藤岡康太騎手が中京ダートを得意としていないことも軽視の1つの理由。レシプロケイトは渋った馬場でこその馬なので、渋った馬場で改めて見直したい。

★当てるにはどうしたら?
  • 中京ダートで差し馬場と判断しても
    2頭選べるのであれば1頭は
    逃げ馬を押さえておく
    • 人気馬でも人気薄でも
  • ローカルでサメカツ騎手が騎乗なら
    人気馬で軽視するのは危険
  • 2頭買える場合は基本的には
    「5人気までで1頭」+

    「6~8人気」までで1頭とする
    • よほど、「人気馬で買いたい馬がいない」かつ「6~8人気で買いたい馬が2頭以上」いる時は例外
  • 昇級馬は0.1秒差以内の勝利は
    基本買わないは継続

⑤安田記念(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎4.ダノンザキッド
○17.サリオス
▲13.ソングライン
△9.シュネルマイスター

6.カラテ
☠8.イルーシヴパンサー

■結果(荒)
1着▲13.ソングライン
2着△9.シュネルマイスター

NHKマイルカップのリベンジを果たしましたね。ソングラインは前走の鬱憤を晴らすレースでした。ソングライン×池添騎手おめでとうございました!

★振り返り

勝ち馬の▲13.ソングラインはスタートを決め、中団外に位置した。ペースが落ち着いたこともあり、スムーズな加速が求められる展開だった。そんな中、いつでも動ける中団外に位置出来たのは大きかった。直線に向いた時は非常にスムーズに追い出し、馬場が伸びるところを常に通り、外伸びの馬場を上手く生かし、追い出せた。また、古馬牡馬が58kgを背負うレースでは56kgで出られる恩恵も大きかったのではないかと考える。中2週が厳しいのは事実だったが、今年のメンバー相手なら、その不利がありながら戦えたということだろう。去年の紅梅ステークスを見た時に「いずれ大きい所を獲る馬かも!」と思った感覚は間違いではなかった。今回、キズナ産駒初の左回りGⅠ勝利。キズナ産駒は切れ味勝負になると、分が悪い馬が多いが、この馬は牝馬ということもあり切れ味勝負に対応できた。次走以降も揉まれない外枠を引けたらチャンスはあり。今回粗品さんに指名されるまでは本命でした

◎4.ダノンザキッドはスタートが不安だったが、完璧なスタートを決めた。スタートを決め、そのまま位置を上げて、先行競馬をした。前半がスローだったこともあり、4コーナー2番手から押し切りを図ったが、最後は切れ味勝負に屈して6着。現地で見ていましたが、川田騎手できる限り最高の騎乗をしてくれました。馬も騎手も最高のパフォーマンスをしてくれたので、本命を打って後悔ないです。改めて川田騎手はマイルでこそ買うべき騎手だと感じた。ただ、1点。ジャスタウェイ産駒は古馬GⅠだと勝ちきるまでは厳しい印象を持った。今後、古馬GⅠでジャスタウェイ産駒が出走してきた際は基本買わない方針でいきます。

○17.サリオスは…復活!前日に共にダービーを好走したヴェルトライゼンデが重賞制覇するなど、5歳馬にとっては最高の週末となりましたね!自分も非常に嬉しかった。WIN5予想スペースでもお話したのですが、体重が減っていることを自分はプラスだと感じていました。好走していたダービー付近が530前後だったので、仕上げてきたなという判断でした。また、大型馬ということもあり、レーン騎手のような外国人騎手と相性抜群でした。妙味を考えると、今回が最後の買い時だった気がします。次走以降はレーン騎手が乗るなら買います(ただ、それも今回でバレて妙味がない)

サリオスのおかげです🐴

△9.シュネルマイスターは道中、中団に付けて、直線を迎えられた。得意のスローからの瞬発力勝負だったが、直線に向いた時に追い出しがワンテンポ遅れた。ホウオウアマゾン、レシステンシアがもう少し速く引っ張っていたら、直線向いた時にスペースがあっただろう。展開としては恵まれつつも、馬群に包まれてしまったことは運がなかった。とはいえ、ワンテンポ遅れながら内を突いて2着は非常に強かったと判断する。完璧なレースが出来たソングラインと比較すると、スムーズであればこちらが先着していてもおかしくなかったはず。強さは証明したので、次走以降注目だろう。マイルチャンピオンシップに出走してきた時は本命を打つ予定。また、海外帰りの状態が…というのはノーザンファームにはもう気にしなくて良いと改めて感じた。

6.カラテは馬場傾向的に厳しかった。正直、今回のレースは1~4枠の差し馬には厳しい馬場傾向だった。外を回すとロスがあり、内を突いても伸びず…とどうしようもなかった。天皇賞春で学んだが、馬場傾向は本当に大事。今回の結果で人気を落として、中山マイルに出走してきた時は全力で狙いたい。

☠8.イルーシヴパンサーは今回の馬場傾向、イルーシヴパンサーの特徴を考えると最後方からの追い込み競馬になると予想していた。その予想通りの追込競馬になった。本馬としてはもっと流れてほしかっただろうが、前半がスローになり、上がり3F32.6の鬼脚を使いつつも差し届かず…。例年の安田記念くらい、前半が速ければまた違った展開になった可能性がある。距離はおそらくマイルのほうが向いており、次走はどこになるのか。東京マイルだと過剰人気になりそうで手を出しづらい。阪神マイル適性は「?」であるため、今年のマイルチャンピオンシップも手を出しづらい。個人的にはよほど買いたい気持ちが強くならない限り、今後は買わない可能性が高い。

★当てるにはどうしたら?
  • 古馬牡馬が58kgを背負うレースでは56kgで出られる恩恵も大きい
    • WIN5で2頭買えるなら1頭は58kg以外を入れても良いかも
    • 2021年は2着グランアレグリア(56kg)、3着シュネルマイスター(54kg)
    • 2020年は1着グランアレグリア(56kg)、2着アーモンドアイ(56kg)
  • 世間の意見は自分がそう思っても疑う気持ちを持つ
    • ヴィクトリアマイルからの中2週が厳しいから勝つのは…?
    • 海外帰りで太め残りで状態が良くないのでは…?
  • 当日の馬場傾向を見て、馬券を決めたがその視点は改めて大事
    • 当日馬場を見ていて、外差しだと感じてシュネルマイスターの評価を上げた

ひとりごと

以上、【WIN5回顧~安田記念編~】WIN0=成長」でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

今週(函館スプリントステークス、エプソムカップ週)は以下のようにブログ更新予定です🌟

来週の予定です🐴
あとがき

ダービーに続き、馬券は2連勝出来ました。DMやリプライで的中報告をいただき嬉しい限りです!来週からもブログ、Twitterを見てくださるみなさんに的中を届けられるようにします。引き続きよろしくお願いします!

※画像はJRAのパトロールビデオを使用させてもらっています。