【WIN5予想~オークス編~】オークスは1点で抜きます!

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年5月22日に行われる
WIN5のレース予想します。

オークスは桜花賞組を買いません。
今年は拮抗していると感じているので
上位人気に付け入るスキがあると
予想しました!!
それでは今週のWIN5予想をご覧ください!

いーの

みなさんWIN5
当てましょう✨

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース予想

自信度はS~Eの6段階です。B以上はWIN5とは別に馬券を購入します🐎買い目も載せます!

①鳳雛ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎10.ハピ
○2.セイルオンセイラー
▲4.ラヤス
△1.スマートビクター
★5.カンピオーネ
☠7.タイセイドレフォン

予想コメント

予想のテーマは『先行できる馬』
本命はハピ

  • 2走前の中京の新馬戦は今回と
    同舞台で4コーナー3番手から
    上がり最速の末脚を使い勝利
    • 加速するのに時間が掛かる印象で
      直線に向くまでで手が動いていた
    • 最後200mの加速は素晴らしかった
    • 左回りで勝利経験あり
  • 前走の阪神の1勝クラスは10頭立てで
    1コーナー8番手と後方に
    ポジションを取り最終的には
    4コーナー5番手から上がり最速の
    末脚を使い、差し切り勝利
  • 新馬戦とは違った回り、違った競馬で
    勝利していることは評価したい
  • 競馬エイトの調教ランキング1位

【WIN5的中のカギからの学び】

★橘ステークス

 ウインマーベル

 3歳は経験が重要で該当回りを

 経験していない馬は基本買わない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ハピは2走前の新馬戦、今回と同舞台で4コーナー3番手から上がり最速の末脚を使い勝利
。加速するのに時間が掛かる印象があった。直線に向くまでで手が動いていたが、最後200mの加速は素晴らしかった。あの手応えで伸びられるということは力がある証。前走の阪神の1勝クラスは10頭立てで、1コーナー8番手と後方にポジションを取り、最終的には4コーナー5番手から上がり最速の末脚を使い、差し切り勝利。新馬戦とは違った回り、違った競馬で勝利していることは評価したい。2連勝の内容を評価し、ここは本命で勝負してみたい。

対抗はセイルオンセイラー

  • 4走前の中山の未勝利戦は道中位置を
    押し上げながら上がり最速の
    末脚を使い勝利
    • 2着馬とは僅差だったが
      3着以降は大きく離した
  • 3走前のプラタナス賞は
    距離短縮ローテで4コーナー2番手に
    付けて上がり最速の末脚を使い2着
  • 中山ダート1800m

    東京ダート1600mは
    コース形態が異なりどちらでも
    対応できることを高く評価したい
    • 左回りで勝利経験はないが2着好走
    • 今回は中京なので
      左回りを経験したのも大きい
  • 近2走の1勝クラスは逃げて
    上位の上がりを使い好走
  • どのレースもスタートが安定しており
    位置を取ってナンボの
    中京ダート1800mと相性の良い脚質

【WIN5的中のカギからの学び】

★マーガレットステークス

 ジャングロ

 逃げて上がり最速を使っている馬は警戒する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★3歳ダートは実力が測りかねるので

 絞って買わない方がいい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

セイルオンセイラーは4走前の中山の未勝利戦、道中位置を押し上げながら上がり最速の末脚を使い勝利。2着馬とは僅差だったが、3着以降は大きく離した内容を評価したい。その後の3走前のプラタナス賞は距離短縮ローテで4コーナー2番手に付けて、上がり最速の末脚を使い2着。中山ダート1800m⇔東京ダート1600mはコース形態が異なり、どちらでも対応できる能力を高く評価したい。また、今回は中京でのレースなので、左回りを経験したのも大きい。近2走の1勝クラスは逃げて、上位の上がりを使い好走。逃げて上位の上がりを使えるのは力がある証拠。どのレースもスタートが安定しており、位置を取ってナンボの中京ダート1800mと相性の良い脚質だと感じた。それに加え、過去の2勝は間隔を9週以上空けた時に挙げており、今回の中11週替わりは歓迎だろう。スムーズに先行すれば勝ち負けになるだろう。

▲4.ラヤスは2,3走前のヒヤシンスステークス、端午ステークスは最後方から上がり最速の末脚を使い追い込んできた。常に上がり最速の末脚を使えることは上位の力がある。とはいえ、このタイプはWIN5で手を出しづらい。

△1.スマートビクターは陣営コメントから、逃げることが想定される。坂井騎手騎乗でおそらく逃げると予想。逃げられればチャンスあり。

★5.カンピオーネは3走前の東京の未勝利戦は二の足に進化を見せ、スムーズに2番手で運び勝利。相変わらずスタートは得意ではないが、スタート後の位置取りに成長を感じた。そのレースは直線途中でクリスタルウェイに詰め寄られるも最後一伸びして勝ち。左回りで勝利経験があるのは大きな強調材料。距離は違うが、中京ダート1800mでも通用しそうなタイプと感じた。

危険な人気馬はタイセイドレフォン

左回りで勝利経験がないのが気になる。左回りに出走した2戦は大敗している。若駒は経験、実績が重要。幸騎手は怖いが、左回り未勝利が気になるので購入を見送る。

②フリーウェイステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎11.テンハッピーローズ
○7.メイショウシンタケ
▲15.カルリーノ
6.ストーンリッジ

☠17.ブルースピリット

予想コメント

予想のテーマは『後方から上位の末脚を使える馬』
本命はテンハッピーローズ

  • 2,3走前の中京のレースはどちらも
    前が有利な展開で差しが
    決まりづらく、厳しい展開だった
  • 直近5走の中で、差しが決まった
    新潟、東京、阪神では結果が出来ている
  • 着差を徐々に詰めている
  • 前走のように、中団に付けて
    速い上がりが使えれば
  • 全3勝を挙げている福永騎手と再コンビ
  • 競馬エイトの調教ランキング2位

【WIN5的中のカギからの学び】

★ストークステークス

 1頭本命を決めて

 もう1頭買うとなった場合

 現級で上位人気に

 支持されていた馬には警戒

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★スイートピーステークス

 ウインエクレール

 雨で渋った馬場の時は

 上位人気の中で前に行ける馬!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

テンハッピーローズは2,3走前の中京のレース、前が有利な展開で差しが決まりづらく、厳しい展開だった。中京は前に行った馬が止まらずといったことも良くあるので、度外視でよいだろう。直近5走の中で、差しが決まった新潟、東京、阪神では結果が出来ている。今回東京に舞台が替わるのもプラス。近走は勝ち馬と着差を徐々に詰めており、前走のように、中団に付けて速い上がりが使えれば差し切れると予想。また、全3勝を挙げている福永騎手と再コンビなのも心強い。競馬エイトの調教ランキングも上位であり、状態も良いのだろう。

対抗はメイショウシンタケ

  • 3走前から戦績が安定している
  • 3走連続で上がり2位以内の末脚を
    使えている
  • 2走前の甲東特別は後に
    3勝クラスを勝利する
    シャーレイポピーと0.1秒差
  • 中穴人気のノリさんが不気味
    • ノリさん騎乗成績が1-1-0-0

メイショウシンタケは迷ったが、対抗に。他のレースとの兼ね合いでここはアヴァラーレ、ブルースピリットは買えない。昨日の馬場を考え、差し馬を優先して買う。3走連続で上がり2位以内の末脚を使えており、買いたいキャラと一致する。相性が良いノリさんとのコンビに期待したい。

▲15.カルリーノは前走、ダートを使ってサッパリだった。競馬エイトの調教ランキング3位であり、状態が上向いていることはプラス。差し有利の馬場傾向、得意の東京芝1400mということを考えると、一変があっても

6.ストーンリッジは前走、スタートに失敗し、直線でもスムーズな追い出しが出来なかった。2,3走前は現級の左回りで実績を残しており、左回り替わりで上積みが見込める。

危険な人気馬はブルースピリット

関東圏への初輸送なのが気になる。人気馬の未知は疑いたい。また、中京と東京競馬場の親和性があまりない印象がある。中京は先行馬が押し切ることが多いが、東京は差し切れてしまう。東京競馬場ではキレ負けしそうな印象がある。

③韋駄天ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎16.マリアズハート
○13.オヌシナニモノ
▲6.スティクス
△12.ロードベイリーフ
☠15.ジュニパーベリー

予想コメント

予想のテーマは『外枠の馬!』
本命はマリアズハート

  • 前走の京葉ステークスは
    合わないダート戦での敗戦
  • 3走前のカーバンクルステークスは
    勝ち馬に0.1秒差の2着に好走
  • その時の勝利馬はサンライズオネストで
    重賞で馬券になる馬に
    僅差の競馬が出来ていれば
    ここでも通用しても良い
  • 5走前の同舞台、ルミエールADは
    8枠16番から上がり3位の
    末脚を使い勝利
    • 今回も8枠16番という
      良い枠を引けた
  • 菊沢騎手はデビューした2016年以降で
    2017年以外は毎年
    新潟千直で勝利を挙げている

【WIN5的中のカギからの学び】

★春興ステークス

 ハンデ戦は2択に迷ったら

 斤量の重い馬を選ぶ

https://keiba-analysis.com/win5-key/

マリアズハートは前走の京葉ステークス、合わないダート戦での敗戦だったので度外視でよいだろう。3走前のカーバンクルステークスは勝ち馬に0.1秒差の2着に好走。その時の勝利馬はサンライズオネスト。重賞で馬券になる馬に、僅差の競馬が出来ていた。ここでも通用する力を持っているだろう。また、5走前の同舞台、ルミエールADは8枠16番から上がり3位の末脚を使い勝利。千直の適性もあるだろう。今回も8枠16番という良い枠を引けたので、枠の利を生かしてスムーズに運べれば。

対抗はオヌシナニモノ

  • 前走、前々走と中山ダート1200mで
    先行できているので
    テンの速さは付いていける
  • 全4勝のうち、3勝は福島ダート1150mで
    距離短縮ローテが
    プラスに働く可能性がある
  • ダートから芝替わりで一変が見込める
  • スピードが要求される千直は
    5歳以下を狙いたい
  • 7枠13番という良い枠を引けた

【WIN5的中のカギからの学び】

★下関ステークス

 トップオブメジャー

 ダート→芝は宝の山なことを認識する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

オヌシナニモノは前走、前々走と中山ダート1200mで先行できているので、1000mのテンの速さは付いていけると予想。また、全4勝のうち、3勝は福島ダート1150mで距離短縮ローテがプラスに働く可能性がある。トップオブメジャーで学んだが、ダートから芝替わりは宝の山であり、一変が見込める。スピードが要求される千直は5歳以下を狙いたいので、5歳馬の本馬は条件を満たしている。また、7枠13番という良い枠を引けたのもプラスで、初の千直でいきなり勝利があっても。

▲6.スティクスは初の千直であるが、スピードはある馬。ロードカナロア産駒もこの舞台と相性が良く、期待できる。デトロイトテソーロとの兼ね合いがどうなるかだが、デトロイトテソーロより外枠を引けたので先手を取れるだろう。また、芝での全戦績が4-0-0-5とピンかパーであるのもプラス。4歳という若さもあり、ここで適性を見せる可能性はある。

△12.ロードベイリーフ前走のオーシャンステークス、内前有利の馬場傾向の中、後方外からの差しになり厳しい競馬となった。また、4走前のみちのくステークスは今回人気するデトロイトテソーロとタイム差なしの2着である。デトロイトテソーロは1枠1番、本馬は6枠12番であり枠の利を活かせば逆転可能と予想。西村淳騎手も3場開催になれば上位騎手なので、期待できる。それに加え、森田厩舎は千直を得意とする厩舎である。過去にダイメイプリンセスを重賞制覇に導いている。

危険な人気馬はジュニパーベリー

嶋田騎手がWIN5で勝利しているのが記憶の中ではない。正直、1人気になるのであれば手を出しづらいのが正直なところ。

④大垣ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎5.トーセンアラン
○4.オールイズウェル
▲11.イディオム
△7.ダイシンイナリ

☠1.ワルツフォーラン

予想コメント

予想のテーマは『上位騎手と先行馬』
本命はトーセンアラン

  • 前走の天満橋特別はキャリア最長の
    中13週の休み明け、かつ昇級戦
    なので大敗は度外視でよい
  • 2走前の2勝クラスは
    後に3勝クラスを圧勝する
    レモンポップに勝利している
  • 3走前は苦手な距離延長ローテながら
    逃げて、2着に0.4秒差を付けて圧勝
  • 距離を1400mに伸ばして良さが出た
  • レースまでに乾いている可能性もあるが
    馬場が渋っている
  • 競馬エイトの調教馬プレミアムである

【WIN5的中のカギからの学び】

★灘ステークス

 レッドソルダード

 迷ったら前の馬!

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★京葉ステークス レシプロケイト

 道悪適性を確認しておく

 勝ち切れないキャラだと思っていたが

 道悪馬場で全4勝を挙げていた

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★1点にする騎手は考える
 自分が1点にするには
 心もとないと思う騎手は1点にしない
 ダート戦であれば以下
 WIN5ダート戦30勝以上
 している騎手から選ぶ
 ⇒戸崎、川田、岩田(康)
  ルメール、武豊、松山、幸の7人

https://keiba-analysis.com/win5-key/

トーセンアランは前走の天満橋特別で「キャリア最長の中13週の休み明け」、かつ「昇級戦」と厳しい条件が重なり大敗。この敗戦は度外視でよいだろう。2走前の同舞台で行われた2勝クラスは後に3勝クラスを圧勝するレモンポップに勝利している。今回、状態が整っていれば、3勝クラスを制する力はあると予想。3走前は苦手な距離延長ローテながら、逃げて2着に0.4秒差を付けて圧勝。近走、距離を1400mに伸ばして良さが出た馬なので、今回の1400mという距離も良いだろう。競馬エイトの調教馬プレミアムであり、状態も良いのだろう。本馬は先行できる脚質なので、当てにしやすく2走前のような競馬ができれば勝利に最も近いと予想。

対抗はオールイズウェル

  • 前走の秋色ステークスは内差し有利な
    展開の中、外先行競馬をして大敗
  • 2走前の紅葉ステークスは後に
    リステッドを勝利する
    アオイクレアトールと
    タイム差なしの2着
    • 3勝クラスで僅差の競馬をしている
      ウイングレイテスト
      トオヤリトセイトに先着している
  • 先行競馬ができ、得意の
    距離短縮ローテで出走できる
  • 初ダート×サメカツ騎手で
    変わり身が見込める
  • 競馬エイトの調教ランキング3位

【WIN5的中のカギからの学び】

ダートで狙いたい馬が少ないor
追込脚質が多い時
  • 狙いたい馬が少ない場合
    以下の条件が
    揃っていれば買ってよし
    • 初ダート
    • ブリンカー装着
    • 前走から距離延長で
      位置が取れそう
    • 競馬エイトの調教ランキング
      3位以内
    • 馬場・相手関係を考えて
      位置を取ってくれる騎手

★サメカツ、菅原両騎手は

 ローカル競馬場で買える

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★湾岸ステークス

 サンダーブリッツ

 該当回りで勝利がない馬を

 軽視する

https://keiba-analysis.com/win5-key/

オールイズウェルは前走の秋色ステークスで内差し有利な展開の中、外先行の競馬をして大敗。今回は目先を変えてダートの出走となる。2走前の紅葉ステークスは、後にリステッドを勝利するアオイクレアトールにタイム差なしの2着。その際には、現級で僅差の競馬をしているウイングレイテスト、トオヤリトセイトに先着している。そのことからも現級で通用する力はあるだろう。本馬は先行競馬ができ、得意の距離短縮ローテで出走できることがプラス。また、初ダート×サメカツ騎手で変わり身が見込める。天才サメカツ騎手が上手く流れに乗せて先行できれば。

▲11.イディオムは2走前のブラッドストーンステークスは1200mの距離短縮ローテで逃げられず大敗。前走の鎌倉ステークスは「苦手な距離延長ローテ」、「先行馬有利の展開」、「逃げられず」と不利が重なっての大敗。良さを出すなら逃げるしかないため、逃げられなかった直近2走は度外視でよいだろう。また、陣営から「いつ走るか分からない」というコメントがあった。爆発力はあるだろう。実際に3走前の3勝クラスの銀蹄ステークスはあわや勝利と思わせる激走を見せた。3走前のように外枠から逃げられればチャンスあり。Dランクの騎手ということもあり、条件を満たしていないので単穴まで。

△7.ダイシンイナリは前走の鎌倉ステークスで5人気に支持されながら、先行馬有利のレースになり大敗。後方待機の本馬には厳しい展開だった。また、2,3走前は現級の同舞台でどちらも勝ち馬に0.5秒差と現級に目処が立っている。追込馬なので信用はしにくいが、4,5走前は現級で上がり最速の末脚を使っており、現級上位の力はあるだろう。馬場が渋った際に2勝しており、現在の脚抜きのよい馬場は合うだろう。

危険な人気馬はワルツフォーラン

脚抜きの良い馬場だが、他に買いたい牡馬がいるので、牝馬の本馬は買わない

⑤優駿牝馬(自信度:B)

■最終予想(荒)
◎9.エリカヴィータ
○6.サークルオブライフ
▲18.スターズオンアース
△11.ベルクレスタ
★16.プレサージュリフト
☠3.アートハウス

予想コメント

予想のテーマは『牝馬は国枝厩舎』
本命はエリカヴィータ

  • 3走前の新馬戦は前有利な馬場の中
    外から上がり最速の末脚を使い勝利
    • 距離は違えど
      ⑤中団外差しを決めている
  • 2走前のフェアリーステークスは
    レース中の不利が重なっての10着
    度外視でよい
    • スタート直後、両サイドから
      挟まれ後方になる不利
    • 直線入る手前で前方にいた馬達が
      ヨレてぶつけられる不利
  • 前走のフローラステークスは
    初の距離延長ローテで
    上がり3位の末脚を使い勝利
    • 馬群の中で揉まれる競馬を
      できたのもプラス
  • 前走を見ると、器用な馬だと感じた
    • 馬タイプで見ても
      ⑤中団外差しのみでなく
      ②中団内差しもできるタイプ

【WIN5的中のカギからの学び】

★フローラステークス エリカヴィータ

 牝馬の国枝厩舎は迷ったら買う

 特に牝馬限定戦

 今回であればパーソナルハイと

 もう1頭というイメージだった

 この観点で次回以降押さえられるように

https://keiba-analysis.com/win5-key/

エリカヴィータは3走前の新馬戦は前有利な馬場の中、外から上がり最速の末脚を使い勝利。距離は違えど、オークスっぽい⑤中団外差しを決めている。2走前のフェアリーステークスはレース中に大きな不利があり10着。さすがにあれでは競馬にならず、度外視でよい。前走のフローラステークスは初の距離延長ローテで、上がり3位の末脚を使い勝利。馬群の中で揉まれる競馬をできたのはプラスだろう。前走を見ると、器用な馬だと感じた。今年は例年に比べて、桜花賞組と他路線組の力差があまりないと予想。なら他路線から攻める!他路線組ではエリカヴィータを最上位に取りたい。鞍上の福永騎手も心強い。また、牝馬の国枝厩舎は買っておく。

○6.サークルオブライフは4走前のアルテミスステークスでオークスの勝ち馬の見本のような中団からの外差しを決めた。この時からオークス向きの馬なのでは?と感じていた。3走前の阪神JFは外有利の馬場傾向とはいえ、上がり2位の末脚を使い、差し切った。アルテミスステークスがフロックではなかったことを証明した。そして、前走の桜花賞は内前有利な馬場傾向の中、外枠を引き、差し競馬になり厳しかった。その上で、上がり最速の末脚を使い、4着なのであれば桜花賞組の中では最も高く評価したい。また、エピファネイア産駒であり、大箱競馬場の根幹距離を得意としている。同産駒は距離延長ローテを得意としており、阪神芝1600m→東京2400mへの舞台替わりは歓迎だろう。今回、自分は桜花賞組でサークルオブライフを最も上に取る。

▲18.スターズオンアース3走前のフェアリーステークス、直線でスムーズに捌けず、伸びない内を通ったが2着に好走。内が伸びない馬場で、2着まで好走するのは力がある証。2走前のクイーンカップは馬群を割って、内から伸びて2着に好走。最後は勝ち馬の差し脚に屈したが、評価できる内容だった。そして、前走の桜花賞は本馬の根性、川田騎手の好騎乗が重なり勝利。パトロールビデオを見ると分かるが、馬の間を突っ込んで、強引に抜けてきた。それを見て、精神力が非常に強い馬だと感じた。本馬は常に重賞で馬券になっており、世代上位の力を持っているだろう。ここでも持ち前の精神力が生かせる展開になれば。

△11.ベルクレスタは3走前の阪神JFは道中で位置を上げることで、脚を使ってしまい最後は伸びず6着。世代上位の力はある。2走前のクイーンカップは1枠から位置を下げて、追い込み3着。レース後、鞍上の松山騎手から「乗りたい競馬が出来なかった」とコメントがあり、スムーズでない中、上がり最速の末脚を使い3着まで来た内容を評価する。前走の桜花賞は内前有利な馬場傾向の中、外枠を引き、上がり最速3位の末脚を使ったが7着。あの日の馬場で外差しは厳しかった。今の東京芝は差しが決まるため、阪神より舞台が向く東京で変身が見込める

★16.プレサージュリフトは3走前の新馬戦、圧巻の内容を見せ突き抜けて勝利。上がり33.3秒を計測しており、上がり2位の馬と1.4秒も差があった。非常に強さを感じたレースだった。2走前のクイーンカップはスタートで出遅れながら、最後の直線で他馬をごぼう抜きして勝利。ノビノビ走れる東京競馬場は合っている印象。前走の桜花賞はスタートで出遅れ
外を回さざるを得なかった。「初の長距離輸送」、「不利な外枠」と考えると上位馬とそこまで差はない。今回は輸送がなくなり、差しが決まるようになっている東京競馬場で桜花賞組との逆転はある。

危険な人気馬はアートハウス

輸送経験がなく、左回りが未経験であることが不安。桜花賞で勝利したスターズオンアースのように、人気薄であればさほど気にしなくても良い気がするが、アートハウスは人気馬。人気馬の初は注意しておきたい。また、重賞経験がないことも不安。直近5年で重賞経験なく、オークスを勝利したのはラヴズオンリーユーのみ。本馬がラヴズオンリーユーほどのレベルの馬であれば、跳ね返せる。ただ、近走を見るにそこまでのインパクトは感じなかったのが正直なところ。

買わない1人気馬は?

亀谷さんのスマート出馬表での
推定人気を基に記載

  • 韋駄天ステークス:ジュニパーベリー
  • 優駿牝馬:サークルオブライフ

購入馬券

14時半ごろにTwitterに挙げます✨

ひとりごと

今日は全体的に堅め予想。過去オークス回は当てたことがあるので、相性が良いと感じてます🔥