【WIN5予想~NHKマイルカップ編~】初GⅠ制覇の時間です!!

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年5月8日に行われる
WIN5のレース予想します。

NHKマイルカップをはじめとして
混戦レースが多いですよね。

最初の2レースは頭数が手頃なので
そこで絞って、後半広げましょう!

いーの

粗品の呪いに負けないぞ!
頼むぞ!坂井騎手!!!!

自分が実際にWIN5を購入した際に
学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース予想

自信度はS~Eの6段階です。
B以上は妙味があれば
WIN5とは別に馬券を購入します🐎
買い目も載せます!

①橘ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅)
◎1.カジュフェイス
○5.ケイアイオメガ
▲7.デヴィルズマーブル
△6.カイハオン

☠9.ウナギノボリ

予想コメント

予想のテーマは『なんやかんやで若駒は前!』
本命カジュフェイス
理由は6点

  • 前走、アーリントンカップは
    4コーナー1番手で通過している
    • 苦手な距離延長ローテ
      差し有利な展開の中先行した
  • 3走前、京王杯2歳ステークスは
    4コーナー5番手で通過している
    • 内前有利な馬場傾向の中
      外枠を引いてしまい厳しい競馬
  • 4走前、もみじステークス(OP)は
    4コーナー先頭で勝利している
    • ジャスパークローネがいたが
      逃げられてた
  • スタートが良く、逃げ競馬ができそう
    • 開幕週の恩恵を受けられそう
    • 最内枠を引けた
  • 5走目、同舞台の未勝利で2着馬に
    0.7秒差を付ける圧勝
    • コース適性はある
  • 若駒は先行してナンボ

カジュフェイスは前走、アーリントンカップは4コーナー1番手で通過している。過去5年の勝ち馬は前に行く馬なので、その特徴に合致する。大敗してしまったが、苦手な距離延長ローテ、差し有利な展開の中、先行したことを考えると度外視でよいだろう。また、3走前、京王杯2歳ステークスは4コーナー5番手で通過している。安定した先行力が本馬の武器。また、4走前、もみじステークス(OP)は4コーナー先頭で勝利している。その際は同型馬ジャスパークローネも出走する中、本馬が逃げられていた。スタートが良いので、今回も逃げ競馬ができそうなことは大きなプラス。最内枠を引けたのも好材料で、開幕週の恩恵を最も受けられそうと予想する。それに加え、5走目、同舞台の未勝利で2着馬に0.7秒差を付ける圧勝しており、舞台適性も問題ないだろう。馬場はどうであれ、3歳戦は前に行く馬は押さえておきたい。

対抗ケイアイオメガ
理由は5点

  • ダート、芝と2連勝をしている
    戦績を評価している
  • スムーズに先行できる器用さ
  • 前走、1勝クラスで先行して
    勝利している
    • 前走競り勝ったドグマは
      デイリー杯2歳ステークスで
      セリフォスと0.7秒差と
      弱い馬ではなかった
  • 競馬エイトの
    調教馬プレミアムである
  • 競馬エイトの信頼する
    トラックマンの評価が良い

ケイアイオメガはダート、芝と2連勝をしている戦績を評価している。どちらのレースもスムーズに先行し、勝ち切っている。先行できる器用さはここでも必ず生きる。前走、1勝クラスで先行してドグマに勝利した。その競り勝ったドグマはデイリー杯2歳ステークスでセリフォスと0.7秒差の競馬をしていた馬である。決して弱い馬ではなかった。その馬と競り合い勝ち切った前走は評価したい。競馬エイトを読む限り、状態は良さそうで期待。ここでもスムーズに先行できればチャンスあり。

▲7.デヴィルズマーブルは前走、ファルコンステークスは初重賞でありながら4着に好走した。初重賞で掲示板を確保したのは力がある証拠だろう。2走前は、フィリーズレビューで3着に好走するアネゴハダと0.3秒差に走っている。リステッドを勝利する力はあると考える。また、3走前、同舞台の未勝利戦で4コーナー6番手から抜け出して勝利している。その内容は今回、買いたいキャラである「第一、第二象限を取れる馬」というもの一致していた。今回も同様の先行競馬が出来れば、チャンスありの1頭だろう。後ろから行く馬、人気、藤岡康太騎手の連勝は考えにくいといった理由から単穴まで。

△6.カイハオンは中京芝1600mで前残りの展開の中、上がり2位の末脚を使っていた。距離が長い印象があり、距離短縮ローテで替わり身が見込めれば。差し脚質なのと、勝利が新馬のみなので4番手まで。

危険な人気馬ウナギノボリ

ウナギノボリは5走連続で出遅れている。出遅れない確率は低いと考える。WIN5で出遅れ癖のある馬は買いにくいのが正直なところ。また、近走は後方からの競馬になっており、開幕週で買いたいキャラと異なる。今回も出遅れて第四象限から追込競馬になりそうなイメージがある。

②メトロポリタンステークス(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎6.フライライクバード
○4.ゴールドギア
▲8.サンアップルトン
△7.ボスジラ

☠9.ヴァイスメテオール

予想コメント

予想のテーマは『福永騎手を信頼』
本命フライライクバード
理由は7点

  • 前走の日経新春杯で2人気に
    支持されていた
    • その前走は苦手な距離短縮ローテ
      かつ差し有利の展開で
      先行馬には厳しい展開だった
    • 直近1年以内に重賞で5人気以内に
      支持されていた馬を狙いたい
  • 2走前、アルゼンチン共和国杯で
    3人気3着に好走している
  • 2400mで2勝を挙げている
  • 頭数が13頭以下の時に
    全4勝を挙げている
  • 福永騎手と全4勝のうち
    3勝を挙げている
  • 競馬エイトの調教ランキング1位である
  • 陣営のトーンが高く
    自信度がうかがえる

フライライクバードは前走の日経新春杯で2人気に支持されていた実績面を評価している。その前走は苦手な距離短縮ローテ、かつ差し有利の展開で先行馬には厳しい展開だった。大敗しているが、地力はあると考える。このレースの傾向を考えると「直近1年以内に重賞で5人気以内に支持されていた馬」を狙いたい。本馬は前走、2走前と共に重賞で3人気以内に支持されていた。また、2走前、アルゼンチン共和国杯で3人気3着に好走しており、東京競馬場への適性はあるだろう。2400mで2勝を挙げており、距離も問題ない。頭数が13頭以下の時に全4勝を挙げていることから、頭数が手頃になりさばきやすいのもプラスだろう。それに加え、福永騎手と全4勝のうち3勝を挙げており、岩田望騎手からの乗り替わりは大きなプラス。陣営コメントから状態が良さそうで、ここは1点で抜きたい。

○4.ゴールドギアは東京芝2400mで2勝を挙げていること、去年のメトロポリタンステークスの勝ち馬であることから舞台はここが最も合うのではないかと考える。追込馬であるのでWIN5では正直狙いづらい。ただ、頭数が13頭以下は3-2-3-6⇔14頭以上の時は2-0-1-16と頭数が少なくなれば成績が良くなっている。今回の10頭立ては歓迎だろう。また、前走の白富士ステークスは上がり最速の末脚を使い、6着まで追い込んできている。ジャックドールにこそ離されたが、2着のアドマイヤハダルとは0.4秒差だった。ここでは地力上位だろう。それに加え、白富士ステークスの2000mから今回、2400mへの距離延長ローテは歓迎。流れに乗って末脚を炸裂させれば連覇の可能性はある。土曜の馬場を見ると、大外一気は厳しいと予想し、対抗まで。

▲8.サンアップルトンは前走、10ヶ月の休養明けだった。今回は叩いて上昇が見込める。また、去年のメトロポリタンステークスは、2人気に支持されており、その実績面を評価している。そのレースは差し馬が有利な展開で、内で先行して4着に好走した。外から差してきた馬に屈したものの、力を見せた4着だった。過去にアルゼンチン共和国杯で3着に好走しており、東京競馬場への適性はあるだろう。調教の内容と近走内容を考え、単穴まで。

△7.ボスジラ同舞台で行われた早春ステークス(3勝クラス)で勝利している。同舞台を勝利している経験は評価したい。また、岩田望騎手と2度目のコンビで上昇が見込めることもプラス。それに加え、東京芝2400mを得意とするディープインパクト産駒であり、血統面の後押しもある。岩田望騎手の差し馬は正直買いづらく、4番手まで。

危険な人気馬ヴァイスメテオール

ヴァイスメテオール2000mまでしか勝利がないことが不安。おそらく2人気になるが、当該距離で勝ちがない馬は正直狙いにくい。ここは静観して2000m以下の時に狙いたい。

③新潟大賞典(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎2.アイコンテーラー
○13.ヤシャマル
▲8.カイザーバローズ
△12.シュヴァリエローズ
★4.アルサトワ
☠14.レッドガラン

予想コメント

予想のテーマは『左回り実績馬と勢い』
本命アイコンテーラー
理由は5点

  • 近2走は得意でない右回りで
    馬券内に入っている
  • 右回りから左回りへ
    舞台が替わるのは歓迎
  • 上位の末脚を使えており
    外伸び馬場であれば
    買いたいキャラに一致する
  • 左回りの戦績が4-0-0-2とピンかパー
    • 新潟で4勝を挙げている
  • 競馬エイトの
    調教馬プレミアムである

アイコンテーラーは近2走、得意でない右回りで馬券内に入っていることを評価している。3走前の愛知杯まで左回りしか馬券内がなかった。WIN5対象レースだった関門橋ステークス、大阪城ステークスはそれが理由で軽視していた。そんな苦手条件の中、どちらも馬券内に入ったのは正直驚いた。今回、右回りから左回りへ舞台が替わるのは歓迎だろう。また、常に上位の末脚を使えており、外伸び馬場であれば、買いたいキャラに一致する。また、この馬の強みは戦績がピンかパーなことである。左回りは4-0-0-2と、WIN5で押さえておきたい成績である。その4勝全て新潟競馬場で挙げていることから、新潟は特に得意舞台なのだろう。陣営コメントや調教の内容を見ると、成長しているようで人気しているがここは買う。

対抗ヤシャマル
理由は5点

  • 前走、日経新春杯は9人気3着に好走
  • 2走前、中日新聞杯は
    枠、展開不利ながら
    上がり最速の末脚を使い6着に好走
  • 去年の同舞台の
    新潟記念で4着に好走
  • 左回りで全4勝
  • 陣営から「チャンスは十分ある」と
    自信のコメントあり

ヤシャマルは前走、日経新春杯で9人気3着に好走した実績を評価している。先着を許したのはヨーホーレイク、ステラヴェローチェの2頭であり相手が強かった。また、2走前、中日新聞杯は枠、展開不利ながら上がり最速の末脚を使い6着に好走した。中日新聞杯組からは多くの巻き返し馬が生まれている。重賞で上がり最速の末脚を使えるのは力上位ではないとできないことだと考える。去年の同舞台の新潟記念で4着に好走しており、舞台適性も問題ないだろう。左回りで全4勝を挙げており、引き続き左回り競馬場でレースができるのはプラス。陣営コメント見ると自信を持って、送り込んできており外の差し馬ならヤシャマルと予想。

単穴カイザーバローズ
理由は5点

  • 前走の但馬ステークスを評価している
    • 前有利の展開の中
      上がり最速の末脚を使い勝利
  • 根幹距離を得意とする
    ディープインパクト産駒である
  • 間隔を空けた時の
    中内田厩舎の期待値が高い
  • 津村騎手は新潟競馬場を
    得意としている
  • 新潟大賞典は勢いが大事
    • 近2走連続で4着以下の馬は
      過去5年で39頭出走し勝利なし

カイザーバローズは前走の但馬ステークスを評価している。前有利の展開の中、後方から上がり最速の末脚を使い、勝利した。ラストの伸びは素晴らしかった。また、根幹距離を得意とするディープインパクト産駒であることもプラス。それに加え、管理する中内田厩舎は間隔を空けた時の期待値が高いので、中11週の今回は期待できる。底を見せていない魅力があり、末脚が生きる展開ならチャンスありだろう。

△12.シュヴァリエローズは前走の福島民報杯の内容を評価している。道中で位置を上げざるを得ない厳しい展開の中、2着に好走した。また、小回り競馬場も合っていない印象を受けた。その前走、福島民報杯後の回顧は以下。

◎2.シュヴァリエローズは想定している展開ではなく、ハイペースとなり、厳しいレースになった。とはいえ、道中で位置を上げながら2着まで好走したことは一定の評価をしたい。地力の高さを証明した。今回のレースで明らかになったのは「小回りより、大箱競馬場の適性がありそう」なので、今後その条件で狙いたい。

https://keiba-analysis.com/win5-20220417-retrospective/

大箱競馬場に出走した際は狙おうと考えていた。今回、小回りの小倉から大箱の新潟に替わるのは歓迎だろう。また、根幹距離を得意とするディープインパクト産駒であることもプラス。アドマイヤハダルが除外になったことで松山騎手を確保できたのも大きいだろう。松山騎手で人気するが、重賞を勝ち切るイメージが湧かなかったので4番手まで。

★4.アルサトワは2連勝中の勢いがある。また。全成績が5-0-0-10とピンかパーな戦績であり、WIN5向きである。それに加え、前走は東京新聞杯で4着に好走したカレンシュトラウスに勝利しており、力を付けてきている。長い直線で切れ味勝負になると分が悪いと予想し、5番手まで。

危険な人気馬レッドガラン

レッドガランは左回りが0-0-2-3と未勝利であり、連対すらないのは気になる。また、今回も前走同様、トップハンデを背負うのがどうか。新潟大賞典において、57.5kg以上を背負った馬は2019年2着だったミッキースワロー以外全て馬券外である。正直、頭では買いづらい。

④鞍馬ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎12.サンライズオネスト
○3.キャプテンドレイク
8.スティクス
7.チェアリングソング
★15.ビップウインク
☠1.グルーヴィット

予想コメント

予想のテーマは『勢いと実績』
本命サンライズオネスト
理由は5点

  • 前走の高松宮記念で勝ち馬に
    0.3秒差まで追い込んできている
  • 2走前の阪急杯の内容を評価している
    • 阪神芝1400mにおいて
      距離延長ローテで馬券内に入るのは
      力がないとできない
    • ラチ沿いを通った馬が1,2着の中
      ラチから2,3頭分の位置から
      3着まで粘った
  • 近走力を付けてきており
    スプリント戦で底を見せていない
  • 競馬エイトの調教馬プレミアムである
  • 土曜の馬場を見ると、開幕週にしては
    差しが決まっていたので
    展開が向く可能性がある

サンライズオネストは前走の高松宮記念で勝ち馬に0.3秒差まで追い込んできている。GⅠの舞台で僅差の競馬が出来ていることは評価したい。また、2走前の阪急杯の内容を評価している。阪神芝1400mにおいて、距離延長ローテで馬券内に入るのは力がないとできないことと考える。そのレースではラチ沿いを通った馬が1,2着と内が恵まれるレースだった。本馬はラチから2,3頭分の位置を走り、3着まで粘っており評価できる。近走力を付けてきており、スプリント戦で底を見せていないことも魅力。調教馬プレミアムであり、状態も良いのだろう。開幕週にしては差しが決まっていた馬場を味方に付け差し切りに期待。

対抗キャプテンドレイク
理由は6点

  • 3連勝という戦績を評価している
    • 2019年のミラアイトーンの
      戦績に似ている
  • 1200mで底を見せていない
  • 前走の3勝クラスは混戦の中
    ハナ差で差し切っており
    勝負根性がある
  • 藤岡康太騎手と手が合っている
    • 3-0-0-1とピンかパーな戦績
  • 1200m戦を得意とする
    ロードカナロア産駒である
    • 直近5年間、出走する種牡馬の中で
      最も勝率が高い種牡馬
    • 格上挑戦でも強さを
      発揮できる種牡馬
  • 競馬エイトの調教ランキング2位である

キャプテンドレイク3連勝という戦績を評価している。3連勝は力がある証。2019年のミラアイトーンの戦績に似ていることもプラス。その3戦は追込一辺倒ではなく、中団から差しているのも好感が持てる。特に、前走の3勝クラスは併せ馬になり、ハナ差で差し切っており、勝負根性もありそう。また、藤岡康太騎手と3-0-0-1と手が合っていることもプラス。それに加え、直近5年、出走する種牡馬の中で最も勝率が高い種牡馬のロードカナロア産駒である。格上挑戦でも強さを発揮できる種牡馬であり、昇級戦のここでも期待したい。

単穴スティクス
理由は4点

  • 2走前、同舞台知立ステークスで
    逃げ切って勝利
  • 1200mという距離の
    持ちタイムが最速
  • ロードカナロア産駒は
    前走大敗からも巻き返す種牡馬
    • 前走は稍重馬場
      逃げられなかったことが原因
  • 良馬場だと4戦4勝

スティクスは2走前、同舞台の知立ステークスで逃げ切って勝利。逃げてナンボのタイプはWIN5で押さえておきたい。また、1200mという距離の持ちタイムがメンバー内で最速なことはプラス。ロードカナロア産駒は前走大敗からも巻き返す種牡馬である。前走は稍重馬場、逃げられなかったことが原因であり大敗は度外視で良い。今回は4戦4勝の良馬場で、逃げられればチャンスありと予想。

7.チェアリングソングは戦績を見ると分かるが、1度調子を上げると連続馬券内になる傾向にある。前走は自己ベストのタイムを更新し、調子を上げているのだろう。直線に急坂がある競馬場があってそうで、中京競馬場でレースができるのはプラス。高松宮記念を制覇し、今年勢いのある丸田騎手とのコンビで一発があっても。差し決着になったらサンライズオネストが来ると予想し、4番手まで。

★15.ビップウインクは前走の京都牝馬ステークスの内容を評価している。先行している馬に有利な展開で大外枠を引いてしまい、厳しい展開となった。前走は度外視でよいだろう。本馬は左回り>右回りの戦績(左回り3-1-1-4⇔右回り1-1-0-6)であり、阪神→中京への舞台替わりはプラス。それに加え、全4勝のうち、中京で3勝を挙げており得意舞台で勝利を狙う。一発あると言いたかったんですが…外枠を引いてしまったため5番手まで。

危険な人気馬グルーヴィット

グルーヴィットは久しく勝利がないのが気になる。具体的には2019年の中京記念以来勝てていない。WIN5対象レースによく出走しており、人気して勝てていないイメージがある。今回も内枠を引き、ロスなく運べそうだが…勝ち切れず掲示板といったイメージが湧いたので今回購入を見送る。

⑤NHKマイルカップ(自信度:C)

■最終予想(荒)
5.キングエルメス
○4.セリフォス
▲1.マテンロウオリオン
3.ソリタリオ
★7.タイセイディバイン
☠18.ダノンスコーピオン

粗品の呪いに勝て!!!!
予想コメント

予想のテーマは『初GⅠ制覇!』
本命キングエルメス
理由は5点

  • 前走のアーリントンカップの
    内容を評価している
    • 苦手な距離延長ローテかつ
      外有利馬場で内から
      先行して3着に好走
    • 馬場傾向次第では
      ダノンスコーピオンとの
      逆転は可能と予想
  • 荒れるとしたら2020年の
    ラウダシオンをイメージしており
    本馬が最もラウダシオンに
    近い位置取りが出来そう
    • 2走前の京王杯2歳ステークスの
      ような競馬ができれば
  • 関西馬で関東への輸送経験がある
  • 坂井騎手と全2勝を挙げている
  • 矢作厩舎なので詰めたローテは歓迎

キングエルメスは前走のアーリントンカップの内容を評価している。苦手な距離延長ローテかつ、外有利馬場で内から先行して3着に好走した。馬場傾向次第でダノンスコーピオンとの逆転は可能と予想する。想定オッズの段階だが、ダノンスコーピオンが2人気、キングエルメスが7人気である。これほどの差はないと判断する。プルパレイの考察でも話したが、荒れるとしたら2020年のラウダシオンをイメージしており、本馬が最もラウダシオンに近い位置取りが出来そう。具体的なイメージとしては、2走前の京王杯2歳ステークスのような競馬ができればチャンスありと考える。また、本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験がある。輸送に不安はない。それに加え、坂井騎手と全2勝を挙げており、鞍上に不安もない。今週は晴れ予報で馬場が回復して、内有利の馬場になっていれば一発あるだろう。NHKマイルは初GⅠ制覇が多くみられるので、GⅠ制覇したことない騎手を狙う。

○4.セリフォスは前走、朝日杯FS(GⅠ)で1人気に支持されていた実績面を評価している。その前走は差し有利の展開の中、先行して2着に好走。世代上位の力を見せつけた。朝日杯FS組から皐月賞で2頭馬券になっており、世代トップレベルのレースだったと言えるだろう。また、2走前まで3連勝していたという戦績を評価している。連勝できることは強さの証と考える。それに加え、先行して押し切れる脚質の本馬と福永騎手は合いそう。WIN5の配当妙味を考え、WIN5として馬券は買わず対抗まで。

▲1.マテンロウオリオンは前走のNZTで上がり最速の末脚を使い2着に好走した。負けはしたものの、前哨戦の内容としては十分だっただろう。それに加え、2走前のシンザン記念の内容を評価している。シンザン記念は苦手な距離延長ローテで勝ち切った。勝ち切るのは力がある証拠と考える。また、本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験がある。輸送に不安はない。横山典騎手と全2勝を挙げており、鞍上に不安もない。先行力もあるので、内枠を引けたのプラス。ただ、最内枠は微妙な気がするので単穴まで。

3.ソリタリオ左回りで全5連対しており、中山競馬場から東京競馬場へ舞台が替わるのはプラスだろう。その、前走は初の右回り、適距離より長い1800mと不利が明確であり、度外視できる。モーリス産駒の左回りマイルの適性はあると考えるので、この人気なら押さえておきたい。サメカツ騎手が騎乗するというのも心強い。

★7.タイセイディバインは前走のアーリントンカップで苦手な距離延長ローテの中、ダノンスコーピオンに0.1秒差に好走。距離延長ローテでダノンスコーピオンにあそこまで迫れていたら力はあるだろう。今回は同距離ローテになり、前走よりパフォーマンスの上昇が見込める。それでいて、現在10人気なのであれば押さえておきたい。

危険な人気馬ダノンスコーピオン

気になるのは、NHKマイルというレースが前哨戦勝利馬の成績が良くないこと。近5年で前哨戦を勝利した馬が、1度も勝利していない。勝利していないどころか、馬券内すらない。本馬は前哨戦のアーリントンカップで勝利している。過去の傾向から考えると、ここでは手を出しづらい。また、2/24時点で、春は全休するとコメントを出していた。

「春には間に合わなさそう。立て直しに時間がかかる。将来があるので、今は無理をしない」と安田隆師は話した。

https://www.daily.co.jp/horse/pog_toku/2022/02/24/0015087065.shtml

臨戦過程が順調ではなく、ここでGⅠを取れる状態にあるのか疑問。大外枠の差し馬の川田騎手というのも引っかかる。

買わない1人気馬は?

亀谷さんのスマート出馬表での
推定人気を基に記載

  • 橘ステークス:デヴィルズマーブル
  • 鞍馬ステークス:ダディーズビビット
  • NHKマイルカップ:セリフォス

購入馬券

Twitterで14時半頃に更新予定です✨

WIN5的中のヒントを毎日ツイートしています✨
フォロー待ってます🔥!

ひとりごと

以上、【WIN5予想~NHKマイルカップ編~】初GⅠ制覇の時間です!!でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

あとがき

思い切ってNHKマイルは絞ってみました。そこまで生き残り、1点で勝利をつかみ取ります🔥!