300万は取れるレンジ!WIN5回顧~フローラステークス・マイラーズカップ編~

アクセスありがとうございます
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。

2022年4月24日に行われた
WIN5のレース回顧します。

Twitterのフォローもお願いします笑

今回はWIN2でした。
悔しさが多い分、学びもありました。

甲南ステークスの
レザネフォールから何が学べたか。
読んでくれるみなさんが次回以降
WIN5を当てるヒントになるような
記述を心がけます!!!

買えなかった馬が買えるようになるのか。
気付きから今後活かせることはないか
振り返ります🐎

本ブログの回顧は、買い目、買い目の根拠
結果、結果の振り返り
当てた場合は「収穫」
外した場合は「当てるにはどうしたら?」
として学べるような構成になっています。
当てていても、外しても「継続すること」
「改善すること」は見えてくると考えます✨

いーの

何か1つでも学ぶこと
モットーに書いています🐎
最後までご覧ください!

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース回顧

4月24日のWIN5予想

買い目の詳細はブログをご覧ください!

①甲南ステークス(自信度:C)

■最終予想(堅~荒)
◎10.オンザフェーヴル
○2.ムエックス
▲5.カネコメノボル
△6.ラヴネヴァーエンズ
★9.アジャストザルート
☠14.クリノドラゴン

■結果(荒)
1着ー8.レザネフォール
2着ー7.ゴールドティア

川田騎手を嫌うのは難しかった。対抗にレザネフォールを買えるようにする。サメカツ騎手は凄まじい。マジで天才。
レザネフォールは初芝だった。初芝に対して警戒心が薄かった。反省!位置を取れる馬を狙うアプローチは良かった。1800mと2400mからの臨戦は違うということを認識。

逃げそうな他馬の出方を伺う
向正面では後ろの馬たちを確認

★振り返り

勝ち馬のレザネフォールは1コーナーで位置を取った時点で勝負あり。サメカツ騎手はさすが、天才。

  • 1800mの前走、4コーナーを3番手で通過できていた
  • サメカツ騎手は馬場・相手関係を考えて乗れる
  • 初芝で替わり身が見込める

以上の3点からレザネフォールが逃げることを想定出来なかった。今回予想のコンセプトとして「先行する馬」を狙う予定だった。ただ、該当馬が少ないなと感じた。その違和感から、レザネフォールを捕まえられるようにする。

また、フォロワーさんから教えてもらったんですが、阪神ダート2000mはキングカメハメハ・ルーラーシップ産駒が強いことを学んだ。

あと、競馬エイトの調教ランキング1位だったんすよね。そこも見落とし…。

「3歳の時に乗せてもらって今回は久々の騎乗でしたが、特徴はつかんでいたつもりでした。スタートも決まって、楽な感じで前へ行けて、持久力を生かすレースができました」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202380

やっぱりサメカツ騎手は考えて乗ってくれますよね、素晴らしい騎手ですわ。

◎10.オンザフェーヴルはできる最善の競馬はしてくれた。昇級初戦にしては奮闘した。唯一不安視していた「2400mからの距離短縮で位置を取れないのでは?」ということが的中してしまった。昇級初戦で1人気はやり過ぎな気がしていたが、川田騎手ならば仕方ない。今回この馬を嫌うのは難しかった。だからこそ、対抗でレザネフォールを押さえられるようにする。オンザフェーヴルは今後、どんなローテになるのか。距離を縮めるだろうと予想。3勝クラスを突破する可能性はあるので、引き続き注目したい。

「自分のリズムで走れましたし、直線でもしっかり伸びてくれました。昇級戦でしたが、しっかり走れています」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202380

ですよね。位置を取れないと予想できなかったこちら側の責任です。笑

○2.ムエックスは近走の内容を見ていて、先行してくれると予想し購入。スタートで出負けしてしまい、後方からになってしまった。そうなると厳しかった。父が米国血統ということもあり、芝スタートよりダートスタートの方が合っていそうな印象。叩いた次走、阪神ダート1800mに出てきたら狙いたい。

▲5.カネコメノボルは期待しているより後方からの競馬になってしまった。川田騎手の馬もそうだが、2勝クラスからの昇級馬は過信しすぎないようにしたい。カネコメノボルは先行できるようになり、3勝クラスに目途が立ってきたら狙いたい。その時は人気薄で頼むよ!

△6.ラヴネヴァーエンズはいつも通り最後方からの競馬だった。2勝クラスまでは追込で勝ち切れるが、3勝クラス以上になると相当展開が恵まれないと厳しい。先行できるようになるまでは、軽視する方向で考えたい。

★9.アジャストザルートはしっかり3勝クラスの壁にぶつかった印象。まだ、4歳馬なので成長を楽しみに待ちたい。

☠14.クリノドラゴンは4コーナーで、後方・外を回す競馬になってしまった。そうなると勝ち切るまでは厳しい。先行力がないので、今後もWIN5では狙いづらい。

★当てるにはどうしたら?
  • 位置を取ってほしい!と考えていた
    • 1800mの4コーナー3番手
    • 2400mの4コーナー2番手
    • この2つはまるで違うので覚えておく
    • 距離短いところから来る馬の方が、位置は取れる
  • 狙いたい馬が少ない場合、以下の条件が揃っていれば買ってよし
    • 初芝
    • ブリンカー装着
    • 前走から距離延長で位置が取れそう
    • 競馬エイトの調教ランキング3位以内
    • 馬場・相手関係を考えて位置を取ってくれる騎手

②鎌倉ステークス(自信度:B)

■最終予想(堅)
◎8.レモンポップ
○6.イディオム
▲1.ゴダイリキ

☠12.ブッチーニ

■結果(堅)
1着◎8.レモンポップ
2着ー16.ファシネートゼット

さすがにここは圧勝だった。1点で問題なし!

スタートしてここに付ければ負けないよね

★振り返り

勝ち馬のレモンポップは今回、楽勝だった。先行できる脚質なので、信頼できる。オープンになってもこの距離であれば通用する力はある。戸崎騎手も東京ダート1400mで信頼できる騎手だと改めて認識。今後も忘れずに。

最後は抜け出すだけ

「また一段とパワーアップして良くなりました。レースが上手です。もっと上を目指せると思います。楽しみです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202381

今後どこまでいけるか、こちらも楽しみにしてます!

○6.イディオムは逃げれない時点で厳しかった。今回は度外視で良いだろう。逃げられる展開では一変できると思うのでその時に狙いたい。

▲1.ゴダイリキは昇級初戦で4着までできればクラスに目途が立っただろう。不得意の左回り、かつ最内枠で4着なら、右回り替わりの次走で狙いたい。

「昇級初戦で頑張ってくれました。長い距離だと引っ掛かってしまうところがあるので、短い方が良いですね」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202381

阪神ダート1200mとかどうでしょうか。狙いたいです。

☠12.ブッチーニの3着は予想通りだった。ブッチーニが3勝クラスを勝つにはワンパンチ足りない。それに加え、牝馬が上級条件を勝つのは厳しい。これは今後も覚えておきたい。

収穫

  • レモンポップが負ける可能性を考えた上で、1点に出来た

③福島中央テレビ杯(自信度:E)

■最終予想(堅~荒)
◎11.メイショウツツジ
○3.シゲルセンム
▲12.ステラダイヤ
△4.グラウクス
★8.ルクルト

☠14.ラストリージョ

■結果(堅)
1着★8.ルクルト
2着ー6.チャイカ

位置取れるならルクルト来るよね。そんな器用な馬になってたんかい!っていう印象。また、2勝クラスの基本は前走で上位の上がりを使えている馬を狙う。

道中から位置を上げていく
外に出す準備
ここまで押し上げたら末脚炸裂

★振り返り

勝ち馬のルクルトは徐々に位置を上げながら直線を迎えられた。今日は外差し馬場だったので、あの位置を取れれば、勝てるだろう。次走以降も平坦1200mなら期待できる。ただ、追込脚質なので、過信しすぎないようにする。

「調教に乗って、馬の幅が広がっているのを感じました。具合の良さも感じて、このレースに向けて厩舎サイドが上手く仕上げてくれたと思っています。自分はこの馬の力を信じて乗るだけでした」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202389

徐々に位置を上げれるようになったのは収穫。もう少し前を取れるようになれば、3勝クラスを突破する可能性はある。

◎11.メイショウツツジはスタートして進んでいかなかった。理由は何か分からない。考えられることとしては、馬格が大きくないので、初の55kgが響いてしまったのか。それに加え、ルクルトが上がっていく時に3~4コーナーあたりでリズムを崩してしまった。スプリント戦であの不利は痛かった。2勝クラスを突破できる力はあると考えるので、立て直した16頭以下の時に狙ってみたい。

○3.シゲルセンムは最初の3ハロンが33.8と近走より速い流れになり、厳しかったのだろう。直線を向いてから伸びなかった。内枠のシゲルセンムを見ていて思ったが、今回の福島のように外差し馬場の時は内枠の先行馬を買わないようにする。

「前に行った馬が速くて差しの競馬になりました。展開が向きませんでした。今日は展開がはまらなかったレースでしたが、この2勝クラスでも通用する馬です」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202389

ですよね。まだ4歳馬で成長待ちですね。坂がある競馬場でも良績を残しているので、内前有利の阪神で改めて見直したい。

▲12.ステラダイヤはスムーズに先行することができた。直線は伸びない内を通されて厳しかったが、5着であれば健闘しただろう。ブリンカーの効果、ロードカナロア産駒の1200mでの強さを改めて感じた。この観点は今後も覚えておく。きっと高配当に繋がる。

△4.グラウクスはスタートを決めたが、コーナーでペースアップについていけなかった。久しぶりの分もあったのだろう。本馬は使いつつ良くなるので馬である。間隔を詰めて使ってきた、内枠条件×ブリンカー装着の際に狙いたい。

☠14.ラストリージョは悪くない位置を通っていたが、最後伸び切らなかった。本馬は関東馬であり、坂がある競馬場で対応できそうなので中山なら買えるかもしれない。ただ、あまり勝つイメージは湧かない。

収穫

  • 2勝クラスの基本は前走で上位の上がりを使えている馬
  • 牝馬の初斤量は警戒
    • メイショウツツジの55kg
  • 初ブリンカーは押さえる、1200mのロードカナロア産駒の巻き返しには改めて警戒
  • 外差し馬場の時は内枠の先行馬を買わない

④読売マイラーズカップ(自信度:B)

■最終予想(堅)
7.ホウオウアマゾン
4.カラテ
▲9.エアファンディタ
△12.エアロロノア
★13.ソウルラッシュ
☠3.ファルコニア

■結果(荒)
1着★13.ソウルラッシュ
2着◎7.ホウオウアマゾン

ソウルラッシュがここまで強いとは…池江調教師が期待していた理由も頷けた。

ほぼ最後方から差し切り、めちゃくちゃ強い

★振り返り

勝ち馬のソウルラッシュは「3勝クラスからいきなり勝つんすね~」というのが正直な感想。渋った馬場も味方したが、ここまで強いとは。近走は関東遠征を連続していた。関西馬でありながら、初の阪神競馬場でのレースだった。

  • マイルでは3戦3勝で底を見せていない
  • 輸送がなくなる

という2点から狙えた。小倉大賞典のアリーヴォのように、上位人気馬に買いたい馬が少ない場合は、実績がなくとも、未知の魅力に賭ける。という選択肢を持つ。以下は、的中のカギ抜粋。

★小倉大賞典

 アリーヴォ

 重賞実績馬に魅力を感じなかったら

 底を見せていない小倉巧者に賭けてもよい

https://keiba-analysis.com/win5-key/

今回、上位人気馬に買いたい馬が少なく、前に行けるホウオウアマゾンを選んだが、ここで対抗にソウルラッシュを選べるようにする。

「すごく強かったですね。ゲートの一歩目で上手くスタートできなくて、いつもより後ろのポジションになってしまいましたが、直線勝負に切り替えて直線をむかえました。4コーナーを回ってゴーサインを出すとしっかり反応したので、前を交わせるかな?という感じでしたが、途中から交わせるという感じでした。この馬がマイルの距離にしてからしか乗っていませんが、良いタイミングで巡り合えましたし、連勝できているので、良いタイミングで乗せてもらっていると思います。重賞初挑戦でこれだけ豪快な競馬を見せてくれて、次のGIにも更に期待を持って挑めると思うので、僕自身、楽しみにしています」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202383

手応えが違ったもんな…今回の相手にあそこまでやれるのであれば、GⅠのマイル戦でやれてもいい。時計が掛かれば、マイルCSあたりで狙いたい。

7.ホウオウアマゾンは逃げず、先に行かせて直線では伸びるところを通るという、完璧な競馬をしてくれた。内に粘ってくれる馬がいて併せ馬状態になれればもっと伸びていただろう。今回はソウルラッシュの良い目標になってしまった。今日の馬場は得意中の得意だったと考えるので、それで勝てないのであれば今後勝つまでなさそう。人気してしまい、妙味がない。

坂井騎手は出来る最大限してくれた

「今日のような馬場状態も得意ですし、現状できる精一杯の走りはしてくれました。ただ、一頭強い馬がいた感じです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202383

ですよね。坂井騎手的には勝てる!と思ったはず。

4.カラテはエンジンの掛かりが遅い馬なので、今日の前有利な馬場状態では厳しかった。それに加え、直線でサトノアーサーにぶつけられる不利があった。あそこでぶつけられてしまうとどうしても減速してしまう。転厩初戦、初の関西輸送、直線での不利と三重苦だった。今回は度外視して良いだろう。ただ、暑い季節だと成績が出ず、今後は狙い時がないかもしれない。

▲9.エアファンディタはスタートしてから進んでいかず、4コーナーでは最後方からの競馬になってしまった。スタートが得意な馬ではないので、位置取り自体は想定内だった。思ったより伸びなかったのは馬場なのか、状態なのか分からない。爆発力はあるので、重賞を勝てるチャンスはある。ただ、大味の競馬をするので人気では手を出しづらい。取り扱いが難しい馬。

△12.エアロロノアは今日のような馬場の適性がある分、最後伸びてきた。阪神の適性は感じるが、重賞を勝ち切るほどのインパクトは感じない。イメージがレッドガランと被る。阪神だと人気してしまうので、狙うのであれば開催が進んだ中山で狙いたい。

「最後、伸びてはきてくれているのですが、馬場がきれいな方が良い脚を使えるのかもしれません」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202383

☠3.ファルコニアはマイルで勝利実績がなく、勝ちはしないだろう。と思って軽視。予想コメントで「近走を見ていると決め手がなく、何かに差されてしまう印象がある。馬券内ならあると思うが、勝ち切るまではどうか。」と書いた。ドンピシャだった。とはいえ、川田騎手の阪神芝1600mは怖いと感じた。今後は人気薄でも穴を開けることがあると考え、警戒を怠らないようにする。

★当てるにはどうしたら?
  • 重賞実績馬に魅力を感じなかったら、勢いのある馬を狙っても良い
    • 特に関西馬で輸送がなくなるプラス材料があるとなおよい
  • 過去、調教師の先生が重賞を狙える器と話していたのなら、人気になる前に買うというのも1つの選択肢

⑤フローラステークス(自信度:C)

■最終予想(荒)
◎3.パーソナルハイ
10.ホウオウバニラ
9.ラスール
13.ルージュスティリア
★8.キタサンシュガー
☠1.ルージュエヴァイユ

■結果(荒)
1着ー2.エリカヴィータ
2着◎3.パーソナルハイ

パーソナルハイは最後の最後で差されてしまった。馬場の恩恵を受けて、勝ったと思ったが…国枝厩舎の壁は厚かった。

内で脚を溜めてた。田辺騎手上手!

★振り返り

勝ち馬のエリカヴィータは新馬戦で見せた脚を改めて見せつけた。

  • 内先行有利だったので、内枠を引いた
  • 東京の新馬戦のパフォーマンスが素晴らしかった
  • 牝馬×国枝厩舎
  • 東京芝2000m×国枝厩舎
  • 東京芝2000m×田辺騎手

この馬を買えるとしたら、この5点が考えられる。「内前有利なら、内の差し馬にも注意」というよく自分が言っていることを意識できていなかった。ここは反省。また、東京競馬場の主流距離は一流の厩舎を信頼すべきだった。特に若駒の牝馬限定戦であれば、国枝厩舎は忘れずに押さえたい。一流調教師の先生が「距離が伸びて良い」と言っているのだから信じてよかった。それに加え、田辺騎手は直近5年で、東京芝2000mを13勝挙げていた。これは今回騎乗していた騎手の中で2番目に多い数字だった。

(国枝栄調教師)

「内枠を引きましたし、前が止まらない馬場なので、ある程度のところにつけて、外に出してくれればと思っていました。スタートは良かったのですが、直線で外に出せなくて内に押し込められてしまった中勝てたのは、競馬で一番重要なものを持っていると思います。本番に向けて楽しみです。(2400mも)大丈夫だと思います。レースの後も雰囲気が良いです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202387

オークスでも期待できそうですね。

◎3.パーソナルハイは枠順も良く、ハナを取ってくれた。レース後コメントを見ると、最初からハナに行く気満々だったようで、馬券購入者としては満足。

「枠順も良かったので、上手くゲートを出てハナに行けるようなら行ってみようと調教師と話していました。向正面でシンシアウィッシュが来ましたが、ペースを遅くする気はなく、後ろで牽制してくれればと思っていました。直線も後続を待たずにスパートして、自分の競馬はできたと思います。もうひと踏ん張りでした。中1週でよく走っています。馬に頭が下がる思いです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202387

途中でシンシアウィッシュが来たのは想定外だった…それがなければ勝ってたかもしれないですね。ただ、そういうことが起こるのも競馬。

くれぐれも何してくれてんねん!
とか言わないようにしましょう

10.ホウオウバニラはスタートを決めたが、初の多頭数の競馬で掛かってしまっていた。位置を押し下げてしまい、厳しい競馬になった。開幕週で内前が残る馬場の場合は、内枠先行or内枠差し以外は厳しいのかもしれない。ホウオウバニラにとって多頭数を経験できたことは今後にとって大きいはず。力はあるだけに今後に期待。

「調教師とも話をして、前回のレースで感じたイメージを踏まえ、今日は出たなりでリズムを大事にして乗りました。7着でしたが、最後の直線の動きは前回よりも良かったですし、この先に繋がる内容だったと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202387

無理に先行する気はなかったということなんすね。次走以降穴で狙うとしたら秋華賞とかどうでしょう。そこまで力を付けてください。

9.ラスールは今日の馬場、展開共に向いておらず厳しかった。外から抵抗しているあたり、弱くはないが重賞勝つか?と言われると成長しないと微妙な気がする。また、ルメール騎手は雨、馬場が渋ると成績を落とすので注意。

ふざけてますが、いつもは真面目です

引き続きですが、ルメール騎手が重賞勝つまで頭では買いません(宣言)

「道中我慢してくれた分、直線は少し伸びてきましたが、坂を上がってから疲れてしまいました。この距離は長いかもしれません」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202387

外差し傾向のある東京マイルで狙いたい。成長してくれれば来年のヴィクトリアマイルあたりで買いたい。

13.ルージュスティリアは福永騎手らしく、好位に付けて直線を向けた。しかし伸びず…距離の問題もあったのか。こればっかりは分からない。今後、距離短縮ローテで狙いたい。

「理想的なポジションで競馬はできましたが、脚が溜まり切らなかったです。距離を含め、伸び切れなかった感じです。もう一度やり直しです」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202387

次走は見送る予定。勢いがないディープインパクト産駒は過信禁物。

★8.キタサンシュガーは中団に付けたが、最後伸び切らず。大野騎手曰く、気持ちが入り過ぎて、息を入れるタイミングがなかったとのこと。距離延長ローテは厳しかったのだろう。近走は得意ではない距離延長ローテが続いていた。次走以降距離短縮ローテで出走する時に狙いたい。

☠1.ルージュエヴァイユは内枠がプラスではない中、外から差して5着に入線。力は上位だと感じた。後方からの競馬がデフォルトなので、過信はしづらいが、いずれ重賞を勝てる器だと感じた。

★当てるにはどうしたら?
  • 何度も忘れてしまっているが
    内前が伸びる馬場傾向であれば
    内枠の差し馬を狙う
  • 牝馬の国枝厩舎は迷ったら買う
    特に牝馬限定戦
    今回であればパーソナルハイと
    もう1頭というイメージだった
  • 主流距離は騎手との相性に注意
    直近5年、東京芝2000で
    田辺騎手は勝利数が2位だった
    • 1位:ルメール騎手
      3位:デムーロ騎手
      4位:戸崎騎手

購入馬券

WIN2でした

ひとりごと

こういう回当てたらカッコいいし、シンプルに凄いよな。当てたすぎる。

以上、「300万は取れるレンジ!WIN5回顧~フローラステークス・マイラーズカップ編~」でした!
最後までお読みいただき、ありがとうございました🏇

WIN5ブログを毎日更新しています。
今週は以下のラインナップを予定しています✨
全部読んで、共にWIN5当てましょう!🎯

🐴月:WIN5回顧記事
🐴火:天皇賞・春(GⅠ)
🐴水:端午ステークス
🐴木:スイートピーステークス
🐴金:吾妻小富士ステークス
🐴土:ブリリアントステークス
🐴日:WIN5最終予想

あとがき

買えないと思うのは簡単。無理矢理にでも、買える理由を探して必ず帯を掴む!🔥