WIN5回顧【フィリーズレビュー・金鯱賞編】

アクセスありがとうございます
3月13日に行われたWIN5に関してです。
今までのWIN5の中でも印だけを見ると
一番惜しい回でした。

ただ、WIN5的中にはまだ距離があることを実感したので
距離を埋めるヒントを探ります!

🐴ボンセルヴィーソはどうしたら買えた?
🐴クロスマジェスティはどうしたら買えた?

という観点で記載しています。

回顧は、買い目、買い目の根拠、結果、結果の振り返り、当てた場合は「収穫」、外した場合は「当てるにはどうしたら?」として学べるような構成になっています。
当てていても、外しても「継続すること」「改善すること」は見えてくると考えます✨

いーの

何か1つでも学ぶことをモットーに書いています🐎
最後までご覧ください!

自分が実際にWIN5を購入した際に学んだことをまとめてあります。

WIN5各レース回顧

3月13日のWIN5予想

買い目の詳細はブログをご覧ください!

WIN5最終予想です🐎

①灘ステークス(自信度:C)

■予想(堅~荒)
◎16.ロッキーサンダー
○14.レッドソルダード
1.ヴァーダイト

===============
△12.ストロングライン
★13.モダスオペランディ
☠11.コーラスケイト

■結果(堅)
1着 ○レッドソルダード
2着
ーメイショウフンジン

勝ち馬の位置を意識しながら買えた。『迷ったら前』は自分を助けてくれるから、今後も意識していこう!

★振り返り
勝ち馬の○レッドソルダードは外枠でスムーズに逃げられた。本馬は前走不得意と考えられる左回り、かつ昇級戦でありながら、勝ちに近い競馬ができていた。今回は右回り替わり、かつ同型馬の不在もあり対抗に。団野騎手が馬のリズムを崩さないように上手く運んだ。素晴らしいコンビネーションでした。
◎ロッキーサンダーは通過順が8-8-6-5であり、道中で位置を上げることに脚を使ってしまっていた印象。最後は伸びを欠いてしまった。本馬が勝つにはマクり競馬がハマる必要があるので、今後はそういった展開が想定される時に狙いたい。
ヴァーダイト
は得意の舞台でそれなりには戦えた印象。ただ、最も恵まれた舞台でこのパフォーマンスということを考えると、今後の買い時はなさそう。

収穫

  • 迷ったり、混戦時は人気馬の中で最も前の位置を取れそうな馬を選ぶということを馬券に反映できた
  • ストロングラインは前走の内容を見て、届かないで終わってしまうであろうと判断できた
  • コーラスケイトはダート上級条件で牝馬は買わないというルールを守れた
  • 今回は成功しなかったが、ヴァーダイトのような成績がピンかパーな馬を抑えようという考えを馬券に反映できた
  • コパノリッチマンのように前走上がり最速で掲示板を確保した馬の確認を怠らなかったこと
    • 確認の上、買わないという判断を下した

②東風ステークス(自信度:B)

■予想(堅~荒)
◎11.アオイクレアトール
○14.サクセッション

================
▲5.ボンセルヴィーソ
△6.ミッキーブリランテ
★1.タイムトゥヘヴン
☠7.グラティアス

■結果(荒)
1着 ▲ボンセルヴィーソ
2着
△ミッキーブリランテ

馬場読みを失敗したことが敗因。外差しだと思って予想してしまった。また、相手関係が弱いことは理解しつつも、戦績だけで勝ち切れないキャラだからと、ボンセルヴィーソを嫌ってしまった。どのようにしたら、ボンセルヴィーソを買えたか考えていく🐎

★振り返り
勝ち馬の▲ボンセルヴィーソは得意の先行競馬でロスなく立ち回った。善戦マンを払拭する勝利だった。藤懸騎手も本馬の特徴を理解した素晴らしい騎乗だった。勝ち切れない馬だからといって、相手関係を考慮せずにすぐ切ることを今後からはやめる。
◎アオイクレアトール、○サクセッションの2頭は外差し馬場と予想しながら買い、4コーナーの位置は想定通りだった。思ったより伸びなかったのは状態なのか、馬場なのかレース後コメントを次走以降は確認したい。

収穫

  • アオイクレアトールのような前走、重賞組は人気しやすい傾向にあることを理解した
    • 重賞の内容は果たして評価に値するものだったのかを他馬との比較で相対的に判断できるようにする
  • メンバーレベルが高くないと感じたら、『直近1年の重賞好走組から選ぶ』というオプションを手に入れた
★当てるにはどうしたら?
  • 内が伸びないと決めつけてしまっていた
    • 土曜の12Rを見ると内から差して来れているので、内が伸びず外差しと決めつけるのは早計だった
  • メンバー全体を見渡して、どの馬もあまりピンと来なかったら直近1年以内に重賞実績がある馬を選ぶことも候補に入れる
    • 今回であれば、タイムトゥヘヴン、ボンセルヴィーソ、ミッキーブリランテ、ワーケアが該当
  • 相手関係を精査する前に、善戦マンだからと即切りしない

③金鯱賞(自信度:C)

■予想(堅)
◎3.ジャックドール

=============
○7.シャドウディーヴァ
10.レイパパレ
13.サンレイポケット
★5.ポタジェ
☠6.アカイイト

■結果(堅)
1着 ◎ジャックドール
2着
▲レイパパレ

割り切って、ジャックドールを信じれた。今後も似たようなレースではこの作戦は有効。1点で抜いた判断は褒めたい。

★振り返り
勝ち馬の◎ジャックドールは逃げて、上がり3位の末脚を繰り出した素晴らしい内容だった。逃げ馬候補が多数いた時に起こりがちな、隊列がすんなり決まったことも本馬にとっては恵まれただろう。次走は大阪杯だと思うが、そこでも買いたい。パンサラッサという同型馬が出走しないのは本馬にとってプラスだろう。大阪杯は本馬とエフフォーリアの2点で抜く予定。
○シャドウディーヴァは福永騎手が完璧な騎乗をしてくれた。対抗の印を回したことに後悔はない。今後も中京の鬼:福永騎手は忘れないでおきたい。
レイパパレ
は逃げなくても競馬ができるようになったのは収穫。ただ、連勝を続けていた時とは別な馬な印象があるので、今後WIN5で買うかどうかは最後まで考えたい。馬場が渋った時に買えばよいのではないかと考えている。

収穫

  • 安直にジャックドールを切って、2人気を買うという考えに至らなかった
  • 鞍上の過去の成績が良くなくとも、馬が強ければ勝てることを学んだ

④フィリーズレビュー(自信度:C)

■予想(堅)
◎4.サブライムアンセム
○2.ナムラクレア
▲6.アネゴハダ

===========
△10.キミワクイーン
★2.マイシンフォニー
☠8.テイエムスパーダ

■結果(堅)
1着 ◎サブライムアンセム
2着
○ナムラクレア

得意と謳うフィリーズレビューをしっかり的中🎯ができて一安心。来年以降もやることは変わらないので、継続!フィリーズレビューは記事を別途書いたのでそれも見てください🐎

2022年も大的中!
ご祝儀でした👰

★振り返り
勝ち馬のサブライムアンセムはインをロスなく通り、最後は素晴らしい伸び。フィリーズレビューは「内枠+距離短縮」が恵まれます。その傾向を理解した池添騎手の素晴らしい騎乗でした!ありがとう!池添騎手!!
○ナムラクレアは負けて強しの内容。外を回さず、内に進路を取っていたら勝利していただろう。馬体重が増え成長していたので、今後に期待したい。ただ、フィリーズレビュー組なので、桜花賞では買わない予定。
▲アネゴハダ
は器用な面を改めて見せてくれた。今後重賞では狙いづらいが、オープン競走レベルなら好走があっても。

■収穫

  • フィリーズレビューの特性を理解できていた
    • 内枠+距離短縮
  • フィリーズレビューの特性上、1倍台の馬が勝つ可能性は高くないことを改めて認識した

⑤アネモネステークス(自信度:B)

■予想(堅)
◎14.ビジュノワール

==========
○4.アンクロワ
▲9.クロスマジェスティ
△8.リヴォリ
★13.ウィズグレイス
☠2.ラズベリームース

■結果(荒)
1着 ▲クロスマジェスティ
2着
ラズベリームース

折り合い難を1点にしてしまったことは今後の改善内容。ただ、乗り替わりで狙いたい。と考えていた馬なだけに判断は難しかった。どのようにしたら、クロスマジェスティを買えたかを考えていく。

★振り返り
勝ち馬の▲クロスマジェスティは新馬戦、未勝利戦で見せた内容と似たパフォーマンスを見せた。ボンセルヴィーソが勝ち切る前が恵まれる馬場にも助けられて、勝利。以下はアネモネステークス予想記事のクロスマジェスティ項を抜粋。

クロスマジェスティは2度の中山芝1600mの経験がある。そのどちらのレースでも、先行し上位の末脚を支えている。内枠を引いてスムーズな競馬ができれば勝ち負けだろう。

https://keiba-analysis.com/win5-2022anemones/

過去の傾向を確認し、中山マイル経験がある馬が5年連続で勝利しており、本馬はそれに該当していた。そこを確認できるところまではよかった。今回、アネモネステークスを的中出来ていたとすれば、3点にして広げることが必要だったと考える。
◎ビジュノワールは道中引っかかっていた。懸念していた折り合い難が表面化してしまった。以下、WIN5的中のカギ抜粋

★調教師・助手さんのコメントから

 折り合い難のある馬を1点にしない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

改めて、幼い牝馬で折り合い難の馬を1点にするのは得策ではないことを学んだ。次回以降同じミスをしないようにする。本馬の実力は評価しているだけに、どこかで買いたいが…折り合い面で進化を見せてから買う予定。
○アンクロワ
は内枠を活かし、取ってほしいポジションを取り、最後の直線も伸びていた。ただ、勝ち切るほどの爆発力はなかった。今後は買い時はなさそう。

収穫

  • 幼い牝馬で折り合い難の馬を1点にしない
★当てるにはどうしたら?
  • 若駒の限定戦は過去の経験が重要であるので、中山マイル経験を持つ馬に絞って買う
    • アネモネステークスとの向き合い方は上記でよい
  • 若駒限定戦も混戦であることが多いので、迷ったら先行できる馬を狙う。
    • 今回であれば、ビジュノワールではなく、アンクロワ、クロスマジェスティといった中山マイル経験のある先行馬

購入馬券

18点

ひとりごと

印では『○→▲→◎→◎→▲』決着。点数の割り振りによっては獲れただけに、予想力が上がっているのは確実。ただ、まだ足りないので何が足りないか(今回でいうなら、相手関係と善戦キャラの関係性、折り合い難を1点にしている)を理解する。次回以降は同じミスをしないように成長していきます。来週は2つWIN5があるので、予想を楽しみながらやっていきます🐎!

以上、「WIN5回顧【フィリーズレビュー・金鯱賞編】」でした。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました🐎

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

2件のコメント

アネモネSのビジュノワールは大外枠も響きましたかね⁈
1勝馬クラスの低レベル戦だったことを考えると脚質と枠順は大事だったかも知れませんね🤔
いーのさんの予想力と見解は素晴らしいものがあると思います🧐

けん爺さん
コメントありがとうございます。
>アネモネSのビジュノワールは大外枠も響きましたかね⁈
大外枠、出遅れ、折り合い難と良くない面がたくさん出てしまっていましたね。

>1勝馬クラスの低レベル戦だったことを考えると脚質と枠順は大事だったかも知れませんね
仰る通りです。そこを考慮する必要がありました。

>いーのさんの予想力と見解は素晴らしいものがあると思います
ありがとうございます。そう言ってくださると、励みになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA