WIN5対象レース1R目【湾岸ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月6日に行われるWIN5対象レース
1R目湾岸ステークスを予想します。

好メンバーが揃った1戦ですね✨
馬の実力・適性を見抜きましょう!

湾岸ステークスで
注目馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

湾岸ステークス(3勝クラス)予想

中山芝2200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

スタートしてコーナーまでが長いので枠順の有利さはほとんどない。2000mとスタートの位置はほとんど同じだが、2200mは外回りを使用する。向正面から下り坂なので、そこでペースが上がりロングスパートになることもある。非根幹距離の競馬場なので欧州型の台頭も目立つコース。

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

有力馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇キングオブドラゴン(田辺)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • 前走の迎春ステークスの内容を評価している
  • 有力馬が差し脚質であるのに対し、本馬は逃げ脚質である
  • 先週に引き続き前有利な馬場が継続していれば恵まれる

キングオブドラゴンは、昇級初戦であった迎春ステークスで逃げて2着だった。先行した馬に有利だったとはいえ、昇級初戦で連対したことは評価したい。
また、逃げ脚質であることもプラス。本レースの有力馬(アルビージャ、エドノフェリーチェ、ビックリボン、レヴェッツァ)が後方からの競馬になることが予想される。先週のような、前有利な馬場状態であれば恵まれるだろう。スムーズに逃げられるかがカギ。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 間隔を詰めたローテーションで全3勝している
  • 戦績からWIN5向きでない印象を受ける
  • 坂井騎手からの乗り替わり

近走を見ると、中3週以内の間隔を詰めたローテーションで全3勝をしている。今回は中7週の間隔が空いたローテーションがどうか。全戦績を見ると、3-8-3-7と2着が多く、WIN5向きでない印象を受ける。今回も逃げて善戦するが、2着という絵は見える。
また、坂井騎手から田辺騎手へ乗り替わりになりそうでこれはマイナス。坂井騎手は前走素晴らしいエスコートをしており、今回乗り替わって前走以上のパフォーマンスが見られるかは未知。

🏇スルーセブンシーズ(横山武)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 2走前の紫苑ステークスの内容を評価している
    • 4角で追い出せないロスあり
  • 中山芝2200はタフになりやすく、ドリームジャーニー産駒の本馬は適性がある
  • 中山競馬場を得意としている横山武騎手が騎乗する
  • ノーザンファーム天栄で調整されている
    • 馬体重が増えて出走できれば

スルーセブンシーズは2走前の紫苑ステークスで直線を向いた後、前が詰まって動けなかった。残り250mほどになり追い出し開始し2着に来た。スムーズなら勝ち馬のファインルージュにもう少し迫れただろう。前走を見る限り、中山競馬場の坂も問題ない。
タフになりやすい中山2200mだが、ドリームジャーニー産駒の本馬は適性があると考える。中山競馬場を得意としている、横山武騎手に乗り替わるのもプラス。横山武騎手は1800~2500mの距離を非常に得意にしている。
それに加え、ノーザンファーム天栄で調整されていることもプラス。馬体重が増えているとの情報があり、馬格があまりない(前走430kg)ので馬体重を増やして出走してきたら積極的に狙いたい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 3,4走前はスタートで出遅れている
  • 牝馬にとってはタフな中山芝2200mは合っていない印象がある
  • 体重が落ちやすく、馬格がない

3走前のオークス、4走前のミモザ賞ではスタートで出遅れている。今回もスタートで出遅れる可能性があることは頭に入れておきたい。中山2200mはタフであり、牝馬には向いていない印象がある。
また、本馬は体重が落ちやすく、馬格があまりないので状態は最後まで見極めたい。

🏇ビックリボン(川田)

【考察】
この馬は5番手予定。強調材料は3点

  • 前走の渥美特別の内容を評価している
  • 上位の末脚を使えている
  • ルーラーシップ産駒の距離延長は歓迎である

ビックリボンは前走の渥美特別で2着に0.7秒差を付ける圧勝だった。2勝クラスではレベルが違った。昇級初戦であるが、前走0.7秒差付けているのであれば期待できる。3走続けて上位の末脚を使えていることもプラス。道中の位置取りがどうなるかだが、そこは川田騎手の手腕に期待。欧州型のルーラーシップ産駒であり、前走からの距離延長は歓迎のくちであり、ここもあっさり突破しておかしくない。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 全兄のキセキは中山競馬場を得意としていなかった
    • 本馬も大箱競馬場の方が向く印象がある
  • 牝馬にとってはタフな中山芝2200mは合っていない印象がある
  • 初の2200mがどうか

キセキの全妹なので、実力以上に人気してしまう。全兄のキセキは現役時代、中山競馬場を得意としていなかった。本馬も中京2000mという大箱競馬場で強さを見せていることから、前走より条件が悪化するだろう。スルーセブンシーズの項でも話したが、牝馬に中山2200mはタフな印象がある。本馬は馬格に恵まれているとはいえ不安材料である。
それに加え、距離延長は歓迎だが、2200mは未知の距離。人気し過ぎるなら、買うかどうかは最後まで考えたい。

🏇ワイドエンペラー(ルメール騎手→???)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は2点

  • 昇級初戦の前走を評価している
    • スタートさえ出れれば、前走のような先行競馬ができる
  • 有力馬に差し馬が多いので、先行できるのはプラス

ワイドエンペラーは昇級初戦で先行競馬をして2着に好走した内容を評価している。前走のようにスタートが決まれば先行し、勝ち切る絵は見える。先行して押し切る力はあるので、有力馬に差し馬が多いのは本馬にとってプラス。本来であれば抜けた1人気になりそうだが、本レースはメンバーがそろっていることもあり、抜けた1人気にはならなそう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • スタートが得意ではない
    • 本栖湖特別、金山特別、英彦山特別で出負けしている
  • ルメール騎手が病気で乗れず、乗り替わりになる
  • 距離短縮がどうか
    • 近走を見ると距離延長>距離短縮の印象がある

前走は距離が2400mということもあり、周りの馬のスタートも早くなくスムーズにスタートを切れた。しかし、前走以前を見ると本栖湖特別、金山特別、英彦山特別と3レース連続で出遅れていた。馬の個性としてスタートが得意ではない。今回も出遅れる可能性は十分ある。また、ルメール騎手が病気のため乗り替わりは本馬にとってマイナス。
それに加え、今回は距離短縮となる。本馬は近走内容から距離延長>距離短縮という印象がある。距離短縮で出遅れが致命傷となる可能性もあるので枠の並びをみて買うか決めたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ブレークアップ(武豊)

この馬は単穴予定。強調材料は2点

  • 中山競馬場で4戦連続先行競馬をしている
  • キングオブドラゴン同様、前に行く馬に有利な馬場状態になる可能性がある

ブレークアップは近4走連続して中山競馬場を走っており、全て馬券内に来ている。中山適性は間違いなくあるだろう。
それに加え、開幕して浅い中山競馬場で前目の馬が恵まれることは考えられる。京都記念のアフリカンゴールドで学んだことだが、穴馬は逃げ・先行馬である。先行するこの馬が逃げ粘る可能性も考えておきたい。

現時点の予想

現時点予想

◎スルーセブンシーズ
○キングオブドラゴン
▲ブレークアップ
△ワイドエンペラー
★ビックリボン
消アルビージャ

ルメール騎手が体調不良のため、土日の騎乗を見送ることになりました。1日でも早い復帰を祈ります。ワイドエンペラーは鞍上が誰になるのでしょうか。現時点の本命馬スルーセブンシーズは馬体重が増えて出走してほしいです。

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。