WIN5対象2レース目【東風ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月13日に行われるWIN5対象レース
2R目東風ステークスを予想します。

今週のWIN5の中山対象レース
どちらも芝1600mですね。
古馬のリステッド、3歳牝馬限定戦と
毛色が違うので異なった適性を
捉えて予想しましょう!

ところで、東風ステークス
↑なんと読むか分かりますか?
正解は「こちステークス」です🐎

東風ステークス
注目馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

東風ステークス(オープン)予想

このレースではどんな観点が必要?

直線が短いコースらしく内前が恵まれる。開幕が進んでいるので多少外からも伸びる馬場が想定されるが、内前で抵抗されると届かないことが考えれる。今回狙いたいキャラは立ち回りが器用な中山巧者の先行馬を狙いたい。
イメージは2020年ストーミーシー(※1)、2021年トーラスジェミニ(※2)が通った黄色の位置。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

※1)2020年、内前で立ち回った1枠のストーミーシーが勝利
※2)2021年、内前で立ち回った3枠のトーラスジェミニが勝利
狙いたいキャラは?

立ち回りが器用な中山巧者の先行馬!

中山芝1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

コースの形状は3コーナーの角度がほとんどなく、おにぎり型の1600m。スタートしてからコーナーまでが短いので、先行馬は内枠が有利。外に入ってしまうと、道中ずっと外を回されてしまう。それ以外の特徴はスタート後から3コーナーまで下り坂が続きペースが速くなりやすい。距離は1600mだが、他の競馬場と関連性が薄く中山芝1600mで好走する中山巧者を見つけて買いたいコース。

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴トーラスジェミニ
    • 中山芝1600、1800mのリステッドで勝利経験あり
    • 直近1年以内に重賞で5人気以内&5着以内あり
  • 2020🐴ストーミーシー
    • 直近1年の重賞で0.5秒差以内が3レースあり
    • 阪急杯、京王杯SC、マイラーズカップ
  • 2019🐴ジョーストリクトリ
    • 前走先行して0.4秒差
    • 中山1600m重賞である、NZTで勝利経験あり
  • 2018🐴ミュゼエイリアン
    • 前走逃げている
    • 去年の同レースで0.3秒差以内
    • 3歳時に毎日杯勝利、セントライト記念2着の実績馬
  • 2017🐴グレーターロンドン
    • 4連勝して当舞台へ(こんな馬は今回いない)
勝ち馬の共通点は?
  • 中山1600m実績がある
  • 近走の重賞で僅差の競馬をしている
    • 目安は0.5秒差以内
  • 若駒時代に重賞で連対している
    • 中山競馬場のレースだとなおよし

注目馬考察

いーの

『どんな観点が必要?』で恵まれそうな注目馬をピックアップし
各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇アオイクレアトール(田辺)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • キングカメハメハ産駒が中山芝1600mで出走する種牡馬の中で2位である
  • 前走の東京新聞杯での内容を評価している
    • 外差し有利な中、内で先行していた
  • 絶好調の田辺騎手が騎乗する

アオイクレアトールはキングカメハメハ産駒であり、中山芝1600mにおいて出走する種牡馬の中で2位の成績を収めており、血統的には問題はない。また、前走の東京新聞杯の内容を評価している。先週出走していたカレンシュトラウス、イルーシヴパンサーなど外から差してくる馬が有利な馬場傾向だった。本馬は内で先行して敗れており、今回巻き返してくる可能性はあるとみる。それに加え、中山芝で絶好調の田辺騎手が騎乗することも大きなプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 全4勝のうち、3勝がルメール騎手が騎乗した時のもの
  • 本馬は加速が速いタイプでないだけに、中山競馬場で良さが発揮できない可能性がある

芝で4勝しているが、そのうち3勝はルメール騎手が騎乗している時のもの。乗り難しさがある馬なのかもしれない。また、近走を見ていると加速が速いタイプでないので東京・新潟といった広い競馬場に使われていたと推測する。今回直線が短い中山競馬場でのレースなので、本馬の良さが発揮できない可能性がある

🏇ミッキーブリランテ(横山武)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 近走の重賞で馬券内こそないものの、堅実に走っている
  • 過去5年の勝ち馬に近い傾向がある
    • ストーミーシー同様、近走の重賞で0.5秒差以内
  • 去年、阪神芝1400m→中山芝1600mのローテーションでリステッド競争で勝利している

ミッキーブリランテは近走の重賞で馬券内こそないものの、堅実に走っている内容を評価したい。本馬は過去5年の勝ち馬に近い傾向がある。具体例にいうと、ストーミーシーのように近走の重賞で0.5秒差以内にまとめている。
それに加え、去年の1月に阪神カップ(阪神芝1400m)→ニューイヤーステークス(中山芝1600m)のローテーションで勝利している。似た臨戦過程で前進が見込める。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 距離延長がどうか
  • 外枠だと成績が落ちるので、内枠を引きたい
  • 58kgを背負わされる

ディープブリランテ産駒は距離延長を苦手とする馬が多い。今回距離延長となるので、それを克服できるかがカギになるだろう。また、本馬は内枠>外枠の傾向があるので、内枠を引きたい。外枠を引いたら思い切って消すことも考えたい。
それに加え、重賞で実績を残しているので斤量58kgを背負わされるのも気になる。

🏇ボンセルヴィーソ(藤懸)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 中山芝実績だけでなく、中山重賞実績もメンバートップ
    • 中山芝1600mの重賞で4度馬券内経験あり
  • 先行脚質で大崩れしにくい

ボンセルヴィーソは中山芝実績だけでなく、中山重賞実績もメンバー中トップの馬である。中山芝1600m重賞では過去に4度馬券内を経験している。舞台に関しては申し分ないだろう。先行脚質であり、安定感があるのも本馬の強み。8歳馬だが、悲願の勝利があってもおかしくない。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 勝ちきれないキャラである
    • 最後に勝利したのは2019年の11月である
  • 8歳馬である
  • 1600mで勝利がない

この馬は勝ち切れない善戦キャラであり、WIN5という観点では買いづらい。最後に勝利したのは2019年11月の渡月橋ステークスである。また、8歳馬であり年齢的な上積み見込めないこともマイナス。
それに加え、芝1600mに21度出走して、1度も勝利していないことを考えると今回は軽視が妥当か。

🏇グラティアス(三浦)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走の白富士ステークスの内容を評価している。
    • 金鯱賞で人気するであろうジャックドールと僅差の競馬をした
  • 宮田調教師の中山芝1600m成績が良い

グラティアスは前走の白富士ステークスの内容を評価している。1,2着のジャックドール、アドマイヤハダルは内を通ったが、本馬は外枠を引き外を通して勝ち馬に0.3秒差であれば許容だろう。その不利がありながら、ジャックドールと僅差の競馬をしたことは評価したい。それに加え、宮田調教師は中山芝1600mの成績が良いこともプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 三浦騎手がWIN5の芝成績が良くない
  • ハーツクライ産駒の距離短縮がどうか

三浦騎手がWIN5の芝レースを得意としていないことが一番の懸念点である。netkeibaさんの予想オッズの段階だと2倍台前後になることが予想される。期待値を考えるとこのオッズでは買いたくないのが正直な気持ち。また、ハーツクライ産駒の距離短縮も気になる。ハーツクライ産駒は距離延長を得意とする馬が多く、レースが始まってみたら案外という可能性もある。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇スマートリアン(戸崎)

この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • キズナ産駒が中山芝1600mで出走する種牡馬の中で1位である
  • 過去5年の勝ち馬に近い傾向がある
    • ジョーストリクトリ同様、前走先行して0.4秒差以内
    • ストーミーシー同様、近走の重賞で0.5秒差以内

スマートリアンはキズナ産駒であり、本レースで中山芝1600mで出走する種牡馬の中で1位である。中山芝1600m成績は0-0-0-3と一見苦手に映るが、内訳をみると重賞で僅差の競馬をしたものだった。具体的には去年のターコイズステークスでは1人気に支持されていたり、京成杯AHでは内枠有利な馬場傾向の中、外枠を引きながら勝ち馬に0.1秒差の4着に粘ったレースだった。
それに加え、過去5年の勝ち馬の傾向に近い要素が多くあり、勝利する可能性はあると予想する。内枠を引き、スムーズな競馬をすることが理想だろう。馬柱だけで人気を落とすなら狙いたい。

現時点の予想

現時点予想

◎ミッキーブリランテ
○スマートリアン
アオイクレアトール
△ボンセルヴィーソ
消グラティアス

以上、WIN5対象2レース目【東風ステークス予想】でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ブログを書いていて、これだ!!と思う馬が正直いません。枠順と調教などを見て最終決定したいと考えています。人気が予想されるタイムトゥヘヴンは出遅れ癖が気になる。前走は上がり上位で追い込んできていたことは評価しています。買う可能性はあるので、検討はしたい。先週のルプリュフォールのように早計に軽視するのはしない。