【天皇賞春(GⅠ)予想】~勝つのはタフな馬、最もタフな馬を探せ!~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
天皇賞春(GⅠ)を予想します。

今年も遂にこの時期になりましたね。
天皇賞春が開催されると
GWが始まるなという気がします✨
気分よくGWを始めましょう!

天皇賞春(GⅠ)
上位人気馬5頭の考察、不安材料
穴馬1頭の考察
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ディープボンド
○ヒートオンビート
▲タイトルホルダー
△アイアンバローズ
★マカオンドール
消テーオーロイヤル

今週こそ🔥!
いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

天皇賞春(GⅠ)予想

このレースではどんな観点が必要?

内回りGⅠらしく
3~4コーナーから動いていく。
そうなると位置を取り
上位の上がりを繰り出せる馬が
圧倒的に有利!

2021年の天皇賞春の4コーナー直前

道中先行して
上位の上がりを使える馬を狙う!

阪神芝3200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝3200mは内・外回り
どちらも使う特殊コース

  • 1周目は外回り、2周目は内回りを走る
  • 直線最後は急坂+内回り特有の
    ロンスパ戦になりやすく、タフになる
    • 地力が問われるので、実績>勢い
  • 先行して、上位の上がりを使える馬が
    好走傾向にある

過去1年の勝ち馬の特徴は?

去年から阪神に替わったので
去年、1年分から推測する

  • 2021🐴ワールドプレミア
    • 前走、日経賞2人気3着
      • 17頭立てで4コーナー4番手で
        上がり最速
    • 2走前、有馬記念5人気5着
    • 菊花賞馬である
勝ち馬の共通点は?
  • 中~長距離重賞で道中先行して
    上位の上がりを使える
    • 具体的には4コーナーで
      頭数の半分以上にいる
      16頭立てなら4コーナー8番手以内
  • 2400m以上のGⅠで馬券内あり

天皇賞春(GⅠ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇アイアンバローズ(石橋)

【考察】
この馬は5番手予定。強調材料は4点

  • 前走の阪神大賞典は苦手な
    距離延長ローテながら
    ディープボンドに0.1秒差の2着
    • 今回は得意の距離短縮ローテで
      出走できる
  • 中山、阪神内回りコースが合っている
    • スムーズに先行して道中から
      加速する競馬を得意としている
  • 叩き良化型であり、上積みが見込める
    • 上級条件では間隔を詰めた
      ローテで結果を残している
  • 石橋騎手が騎乗してから
    成績が安定している
    • 重賞で人気以上に走っている

アイアンバローズは前走の阪神大賞典で苦手な距離延長ローテながら、ディープボンドに0.1秒差の2着だった。今回は得意の距離短縮ローテで出走できるため、上積みが見込める。本馬は中山、阪神内回りコースが合っている印象があり、急坂+内回り特有のロンスパ戦の適性はあるだろう。

上村助手が「調教も予定通りにできている。たたいて良くなる馬で状態は上がっているし、いいガス抜きになった」と言うように上積みは大きい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/041424134c9768682d1c4c6f6b39ecf458538185

また、叩き良化型であり、上積みが見込めるのもプラス。それに加え、石橋騎手が騎乗してから成績が安定しており、重賞で人気以上に走っている。相性の良い鞍上と一発を狙う。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 前走より頭数が多くなるので
    揉まれる可能性が増す
  • 出来れば逃げたいが
    同型馬との兼ね合いがどうか
    • タイトルホルダーがおそらく逃げる
  • 戦績的に2着が多く、WIN5向きでない

前走より頭数が多くなり、揉まれる可能性が増すのはどうか。また、出来れば逃げたいタイプだが、強力な同型馬(タイトルホルダー)との兼ね合いがどうかが気になる。それに加え、戦績的に2着が多く、WIN5向きではない印象を受ける。

🏇タイトルホルダー(横山和)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 2走前の有馬記念の内容を
    高く評価している
    • 差し有利の展開
      馬場で先行して5着
    • ディープボンドに
      0.4秒差を付けられたが
      トラックバイアス次第では逆転可能
  • 今年の相手関係を見るに
    ディープボンドが負けるなら
    差し届かずという展開
    • 先行できるのは大きな武器
  • 横山和騎手であれば、逃げてくれる

タイトルホルダーは2走前の有馬記念の内容を高く評価している。差し有利の展開、馬場で先行して5着だった。不利なバイアスの中、GⅠで5着の実績は評価したい。有馬記念でディープボンドに0.4秒差を付けられたが、トラックバイアス次第では今回逆転可能と予想。今年の相手関係を見るに、ディープボンドが負けるなら差し届かずというパターンと予想するので、先行できるのは大きな武器だろう。横山和騎手であれば、逃げてくれるだろうし、有馬記念のリベンジを果たすチャンスだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 1月に右後肢を怪我したが
    その影響がどうか
    • 前走は勝ったとはいえ
      余裕を感じなかった
  • 叩いた上積みがあるものの
    菊花賞を制覇した時の状態に
    戻るかどうか不安

本馬は1月に右後肢を怪我して、春は白紙という話だった。

管理する栗田師は「右トモ(後肢)を傷めたようで、力が入らないような感じ」と状況を説明。当初は阪神大賞典(3月20日、阪神)で始動して天皇賞・春(5月1日、阪神)に向かうプランもあったが「これだけの馬なので、中途半端な状態ではレースに出せない。今後の予定はいったん白紙にして、まずは放牧で休ませて、しっかり治したい」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2022/01/04/kiji/20220104s00004048205000c.html

という予定が、急遽日経賞を使った。関東馬であり、輸送はしたくなかったのではないかと予想する。GⅠに対する臨戦過程が不安。また、前走は勝ったとはいえ、余裕がないように感じた。叩いた上積みがあるものの、菊花賞を制覇した時の状態に戻るかどうかが気になる。

気になるデータ
  • 天皇賞・春では、芝2400m以上のG1で③着以内のある馬は15年連続で連対し、現在10連勝中。
🏇テーオーロイヤル(菱田)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 4連勝という戦績を評価している
    • 逃げて勝利、先行して押し切り
      様々なレースを経験して
      勝ち切っている
  • 菱田騎手と全5勝を挙げている
  • 阪神で3勝を挙げている

テーオーロイヤル4連勝という戦績を評価している。先週のソウルラッシュもそうだが、連勝中で底を見せていないことは大きな魅力。内訳をみても逃げて勝利、先行して押し切りと様々なレースを経験して勝ち切っていることは大きい。また、菱田騎手と全5勝を挙げており、その内阪神で3勝を挙げていることは強調材料。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 内回りで実績がない
    • 4連勝は中京芝
      阪神外回り×2、東京
    • 道中でペースが上がるタフな展開で
      持ち味を出せるかどうか

実績が求められる本レースで、重賞実績がダイヤモンドステークスだけなのは寂しい。また、内回りで実績がないことも不安。勝ちを収めているのは全て大箱競馬場で、内回りに替わる今回、どの程度のパフォーマンスを見せるかは未知。タフな展開を今回で経験し、来年狙いたいと考えている。

🏇ディープボンド(和田)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は5点

  • 前走得意ではないスローからの
    瞬発力勝負で勝ち切った
    • 着差は0.1秒だが
      得意ではない展開かつ
      前哨戦であれば許容範囲
    • キャリア最速の
      上がり3ハロン(34.6秒)だった
  • 去年の天皇賞春で
    1人気に支持され、2着に好走
    • 実績はナンバーワン
  • 阪神競馬場で行われる天皇賞春は
    道中先行して上位の上がりを
    使える馬には注目
    • 特に日経賞、阪神大賞典で
      上がり3位以内
    • 日経賞・阪神大賞典で
      4コーナー半分以上から
      上がり3F3位以内の馬を狙う
      • (日経賞)ウインマリリン
        ワールドプレミア
        カレンブーケドール
      • (阪神大賞典)ディープボンド
  • 天皇賞春は地力勝負になりやすいので
    前哨戦で結果を出した
    馬たち・実績馬に絞って勝負をする
  • 天皇賞春というレースと
    脚質が合っている
    • 道中でペースが上がる
      タフな展開になる
    • 上がりが掛かる中で
      上位の上がりが必要
    • 週末の天気を見ると
      雨が降りタフな馬場になりそう

ディープボンドは前走得意ではない、スローからの瞬発力勝負で勝ち切った。着差としては0.1秒だが、得意ではない展開、かつ前哨戦であれば許容範囲だろう。実は前走、本馬としてキャリア最速の上がり3ハロン(34.6秒)だった。

──阪神大賞典を連覇。上がり3ハロン34秒6はメンバー最速だった 「そうなんですよね。そのあたりに進化が表れています。本番に向けてどれぐらいの脚を使えるのかを考えて乗りましたし、長距離であの上がりで走れたのは自信になります」

https://news.yahoo.co.jp/articles/032ccdc13e8176db5be5b83ba0e61457a4fe8769

それに加え、去年の天皇賞春では1人気に支持され、2着に好走している。メンバー内で実績最上位だろう。また、去年の阪神開催の天皇賞春後にある仮説を立てた。

いーの

道中先行して上位の上がりを使える馬が有利なのでは?
具体的には、日経賞・阪神大賞典で4コーナー半分以上から、上がり3F3位以内の馬を狙い撃ちすればよい?

と考え、該当馬を見てみると

(日経賞)ウインマリリン、ワールドプレミア、カレンブーケドール
(阪神大賞典)ディープボンド

であり、前哨戦と本番が直結しているのではないか。と結論を出した。今年の該当馬は

(日経賞)ヒートオンビート、ハヤヤッコ
(阪神大賞典)ディープボンド

今年は素直にそれに従う。また、本馬は天皇賞春というレースと脚質が合っている印象がある。週末の天気を見ると、雨が降りタフな馬場になりそうなのもプラスで今回崩れるのは考えにくい。悲願のGⅠ制覇に向けて視界は良好だろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • GⅠを制覇したことがない馬が
    圧倒的な1人気は不安
  • 頭数が14頭以上の時に勝利がない
    • 外枠に入り、スムーズなレースが
      出来ないと取りこぼす可能性はある
    • 枠順には注目

GⅠを制覇したことがない馬が圧倒的な1人気は不安な気がする。GⅠで連対しているが、勝ってはいないということは頭に入れておきたい。それに加え、頭数が14頭以上の時に勝利がないことも気になる。先行したいので、外枠を引いてしまうと道中ロスが大きくなってしまうだろう。枠順には注目したい。

🏇マカオンドール(松山)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は3点

  • 前走の阪神大賞典では
    2人気に支持されていた
  • ゴールドシップ産駒は輸送が苦手なので
    輸送がない阪神競馬場でレースができる
  • タフな展開が得意なゴールドシップ産駒
  • 相性の良い松山騎手へ手綱が戻る
    • 5戦騎乗して4-1-0-0
  • 前走より、状態が良化していると
    調教師の先生からコメントあり

マカオンドールは前走の阪神大賞典では2人気に支持されていた。その実績面を評価している。また、ゴールドシップ産駒は輸送が苦手なので輸送がない阪神競馬場で引き続きレースが出来るのはプラス。それに加え、タフな展開が得意なゴールドシップ産駒も今回のレースに合うだろう。また、5戦騎乗して4-1-0-0と相性の良い松山騎手へ手綱が戻るのは大きな強調材料。

「レース間隔が空いて中間は動きが重苦しかったし、息遣いも良くなかった。前が残る競馬で展開も向かなかった」と悪い材料が重なった。 本番も、展開はレースが始まらないと分からないが、少なくとも体調は好転している。「状態は今回の方が断然いい」と師は仕上がりに自信を持つ。長丁場では何より体調が大事。前走時は落馬負傷で休養中だった主戦の松山騎手も戻ってきた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/96eca5b591ba4999c1e0f37dbf682ef6f187563a

今野調教師のコメントを見ると、前走より状態が上がってきていそうで期待できる。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 58kgを背負ったことがなく
    一気に55kg→58kgと
    斤量が3kg増えるのはどうか
  • 内回りでの実績が少ない

58kgを背負ったことがなく、一気に斤量が3kg増えるのはどうか。また、テーオーロイヤル同様、内回りでの実績が少ないことも気になる。実績が求められる本レースで、重賞実績が京都2歳ステークス3着、京都新聞杯3着なのは寂しい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ヒートオンビート(池添)

この馬は対抗予定。強調材料は4点

  • 日経賞・阪神大賞典で
    4コーナー半分以上から
    上がり3F3位以内を出した馬
    • 今年の該当馬はディープボンド
      ハヤヤッコ、ヒートオンビートの3頭
  • 近走重賞で上位人気に
    支持されている実績面を評価している
  • 間隔を詰めた方が
    パフォーマンスを上げるので
    日経賞叩いて状態が上向きであれば
  • 関西馬であり、輸送がなくなる

ヒートオンビートは日経賞・阪神大賞典で4コーナー半分以上から、上がり3F3位以内だったことを評価している。今年の該当馬はディープボンド、ハヤヤッコ、ヒートオンビートの3頭である。近走、重賞で上位人気に支持されており、地力はあるだろう。また、間隔を詰めた方がパフォーマンスを上げる馬なので、日経賞叩いて状態が上向けばチャンスありだろう。それに加え、近2走は中山への輸送をしており、関西馬である本馬は今回、輸送がなくなるのは大きなプラス。

他馬の短評

ここは全頭眺めるので
良いところしか話しません!

  • ハーツイストワール
    • 長距離で内枠を引けた
    • 折り合いが上手いルメール騎手が騎乗
    • ハーツクライ産駒の距離延長
  • ディバインフォース
    • 去年の天皇賞春に出走しており
      コース経験がある
    • ステイヤーズステークスで
      位置を上げながら
      上がり最速の末脚を使い勝利
  • ユーキャンスマイル
    • 2年連続で阪神大賞典を好走している
    • 阪神3000m超のレースの適性がある
    • 2走前には有馬記念に出走している
    • 時計が掛かる馬場なら浮上があっても
    • ☔雨予報はプラス
  • メロディーレーン
    • 阪神3000mで勝利経験あり
  • クレッシェンドラヴ
    • 内回り×重馬場の適性があり
      上がりが掛かる展開はプラス
    • ☔雨予報はプラス
  • トーセンカンビーナ
    • 直近4走、重賞で
      上がり3位以内の末脚を使っている
    • 2020年の阪神大賞典のような
      展開になれば
  • マイネルファンロン
    • 前走のAJCCは位置を上げて
      上がり3位の末脚で差して3着
    • 同様の競馬ができれば
  • ハヤヤッコ
    • 前走の日経賞は中団より前から
      上がり最速の末脚で差して5着
  • ロバートソンキー
    • 菊花賞(京都開催)で
      コントレイルと1.1秒差の6着
    • ディープボンドと0.4秒差
  • ヴァルコス
    • 直近2走、重賞で
      上がり3位以内の末脚を使っている
    • 右回りで全2勝
  • タガノディアマンテ
    • 前走京都記念で2着に好走
    • 内回りコースの適性がある
    • 重賞で安定した上がりを繰り出せている
    • 2019年の菊花賞でワールドプレミアに
      0.6秒差
    • 3000mの万葉ステークスで
      勝利経験あり
  • シルヴァーソニック
    • 3000m超のレースで3連続馬券内
    • 重賞絶好調の川田騎手が騎乗
    • 7走前の松濤(しょうらい)
      ステークスで
      阪神芝3200mを経験している

現時点の予想

現時点予想

◎ディープボンド
○ヒートオンビート
▲タイトルホルダー
△アイアンバローズ
★マカオンドール
消テーオーロイヤル

今週はこの予定でブログ毎日更新です!

月:WIN5回顧記事
火:天皇賞・春(GⅠ)
水:端午ステークス
木:スイートピーステークス
金:吾妻小富士ステークス
土:ブリリアントステークス
日:WIN5最終予想

ここまで読んでくれた皆様は、明日も読んでくれると信じてますよ!笑

先週の回顧もぜひどうぞ!

以上、「勝つのはタフな馬、最もタフな馬を探せ!~天皇賞春(GⅠ)予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

現時点ではディープボンド1点で抜く予定です。馬券としてはディープボンドからヒートオンビートの馬単を買う予定。ただ、枠順発表でガラッと予想が変わる可能性があります。枠順発表楽しみですね。