先行押し切りが出来る実績馬を探せ!~高松宮記念予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
高松宮記念を予想します。

今年初の芝GⅠです。
バチっと当てて流れに乗りましょう!
1万7000字を超えるボリュームで書きました。
読んで後悔はさせません、必ず高松宮記念の的中に導きます🏇

高松宮記念で
上位人気馬5頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

高松宮記念予想

このレースではどんな観点が必要?

内先行で抜け出せる馬を選びたい。
一番イメージに近いのは2019年の勝ち馬ミスターメロディー
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

直線に入るまでで、内前のポジションを取っておきたい。

直線ではロスなく、内前から押し切るイメージ🏇

中京芝1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中京芝1200mは直線が400m以上と長いが、逃げ先行馬が有利なコース

  • 4コーナーがスパイラルカーブになっている
  • 高松宮記念でも先行馬が有利
    • 勝ち馬は先行馬が多い

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴ダノンスマッシュ:牡6
    • 前走、香港スプリント1着
      • ムーア騎手→川田騎手に乗り替わり(騎乗経験あり)
    • 前年、スプリンターズステークスで3人気2着
    • 前年、高松宮記念で3人気に支持されていた
    • 前年、重賞3勝(京王杯SC、セントウルS、香港スプリント)
      • 安田記念8着
    • 国内重賞は全て4番手以内で競馬をし結果を残してきた
    • 父:ロードカナロアでミスタープロスペクター系
    • 前走、馬体重469kg
  • 2020🐴モズスーパーフレア:牝5
    • 前走、シルクロードステークス2人気4着
      • 松若騎手が継続騎乗していた
    • 前年、スプリングステークスで3人気2着(0.2秒差負け)
    • 前年、重賞1勝(オーシャンS)
    • 逃げて競馬をし結果を残してきた
    • GⅠ以外の重賞で全て2人気以内に支持されていた
    • 父:Speightstownでミスタープロスペクター系
    • 前走、馬体重494kg
  • 2019🐴ミスターメロディー:牡4
    • 前走、阪急杯で1人気7着(0.5秒差負け)
      • 福永騎手が継続騎乗していた
    • 前年、重賞2連対(ファルコンS1着、阪神カップ2着)
      • その2戦はどちらも4番手以内で競馬をし結果を残してきた
      • NHKマイルカップ4着
    • 父:ScatDaddyでストームバード系
    • 前走、馬体重496kg
  • 2018🐴ファインニードル:牡5
    • 前走、シルクロードステークス4人気1着(0.3秒差)
      • 川田騎手が継続騎乗していた
    • 前年、重賞2勝(セントウルS、シルクロードS)
      • その2戦はどちらも3番手以内で競馬をし結果を残してきた
      • 北九州記念では1人気5着(0.2秒差)
      • スプリングステークスは6人気12着(0.7秒差)だったが、3番手から競馬をしていた
      • 前走、馬体重488kg
  • 2017🐴セイウンコウセイ:牡4
    • 前走、シルクロードステークス4人気2着(タイム差なし)
      • 松田騎手→幸騎手への乗り替わり(初騎乗)
      • 3番手で競馬をし結果を残してきた
    • 3勝クラス勝利→オープン競争勝利→重賞連対という勢いに乗ったローテーションだった
    • 父:アドマイヤムーンでミスタープロスペクター系
    • 前走、馬体重500kg
勝ち馬の共通点は?
  • 父にサンデーサイレンス系がない
    • 過去10年で1勝(2014コパノリチャード)
  • 前目で競馬が出来る
  • 先行競馬(4番手以内)をして、重賞で結果を残している

高松宮記念の本命馬は「父にサンデー系が入っておらず」、「先行競馬で結果を出している」、「480kg以上の馬格がある4,5歳馬」を狙いたい!

高松宮記念出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇グレナディアガーズ(福永)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は6点

  • 前走の阪神カップでは内有利の馬場傾向の中、外から差した内容を評価している
  • 気性面から考えると、距離短縮ローテはプラス
  • 直近1年、先行競馬で結果を残している
    • ファルコンステークス、NHKマイルカップ
  • 父がサドラーズウェルズ系のフランケルである
    • サンデー系が入っていないのは本レースの特徴に合致する
  • 2走前のマイルCSでは4人気に支持されていた実力馬
  • 間隔を空けた中内田厩舎の期待値が高い

グレナディアガーズは前走の阪神カップでは内有利の馬場傾向の中、外から差してきた内容を評価している。距離短縮が良い方に働いたと考えられる。今回も1400m→1200mの距離短縮ローテなので、パフォーマンスを上げてくると予想。また、過去5年の勝ち馬の「直近1年、先行競馬で結果を残している」という特徴に合致することもプラス。高松宮記念というレースは父にサンデー系が入っていない馬が7年連続で勝利している。本馬は父がサドラーズウェルズ系のフランケルであり、サンデーが入っていない。また、2走前のマイルCSでは4人気に支持されていた実力馬であり、メンバー内で地力は上位とみる。間隔を空けたローテーションでの中内田厩舎の期待値は高く、朝日杯FS以来の重賞勝利の可能性はあるだろう。

【不安材料】
不安材料は4点

  • 左回りで勝利がない
  • 近走は差し競馬で結果を出している
    • 先行競馬で結果を残していないのがどうか
  • 週末の雨予報で渋った馬場適性がどうか
    • 良馬場でしか走っていないため未知
  • 馬格がレース傾向と合致していない
    • 去年のダノンスマッシュこそ472kgで勝利したが、それ以外の勝利馬は前走馬体重480kg以上の大型馬だった

本馬は左回りで勝利がないこと、直近が差し競馬で結果を出していることが気になる。高松宮記念は「このレースではどんな観点が必要?」でも話したが、内前で立ち回る馬を狙いたい。近走の本馬を見ていると、当日差し競馬になることが予想される。そうなると買いたいキャラとズレる。また、良馬場でしか走っておらず週末の雨で渋った馬場への対応力も未知である。それに加え、直近の高松宮記念は前走馬体重480kg以上の大型馬が結果を残す傾向にあり、勝ち馬になるには馬格が少し足りない印象がある。

🏇サリオス(石橋)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の香港マイルではゴールデンシックスティに0.3秒差の3着
    • 復調の兆しが見えた
  • 間隔を空けたローテで成績がよい
    • 中9週以上だと3-1-0-2である
  • 2走前のマイルCSでは3人気に支持されていた実力馬

サリオスは前走の香港マイルではゴールデンシックスティに0.3秒差の3着であり、復調の兆しが見えたのは大きな収穫だろう。また、間隔を空けたローテ(中9週以上)では3-1-0-2と良績を残していることもプラス。2走前のマイルCSでは3人気に支持されていた実力馬であり、グレナディアガーズ同様、メンバー内で地力は上位とみる。ここで復活の勝利があっても。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 最後に勝利したのは2020年の毎日王冠である
  • 父がサンデー系のハーツクライである
    • 本レースは米国的な持続力が求められるので適性はズレる
  • 若駒では活躍するハーツクライ産駒だが、古馬GⅠで最後に馬券になったのは牡馬ならスワーヴリチャードである
    • スプリント重賞の成績が良くない種牡馬である

本馬が最後に勝利したのは1年半前の2020年の毎日王冠である。ハーツクライ産駒ということも気になる。この産駒にスプリント適性はないこと、近年は早熟傾向にあることを考えると今回は購入を見送る予定。

🏇ダイアトニック(岩田)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は4点

  • 直近1年、先行競馬で結果を残している
    • 阪急杯
  • 父がロードカナロアでミスタープロスペクター系である
    • サンデー系が入っていないのは本レースの特徴に合致する
  • 今年絶好調の岩田騎手が継続騎乗する
    • 内枠を引ければ面白い存在になる
    • 阪急杯同様、イン突きができれば
  • スプリンターを育てるのが得意な安田隆厩舎である

ダイアトニックは過去5年の勝ち馬の「直近1年、先行競馬で結果を残している」という特徴に合致する。高松宮記念というレースは父にサンデー系が入っていない馬が7年連続で勝利している。本馬は父がロードカナロアでミスタープロスペクター系であり、サンデーが入っていない。2017年以降ロードカナロア産駒は中京芝1200mで65回出走して、12勝している。勝率は18%である。これはメンバー内で上位の成績である。また、今年の重賞で絶好調の(炎上の)岩田騎手が騎乗するのも大きなプラスだろう。それに加え、スプリンターを育てるのが得意な安田隆厩舎であり、降着となった2年前の雪辱を果たす可能性はあると予想。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 7歳馬である
  • 全8勝は全て右回りである
  • 1400mがベストの馬である
    • 前走から条件悪化は確実と考える

7歳馬であることが気になる。スプリント戦は短距離であることから、若さが重要な傾向にある。7歳馬は過去5年で勝利がなく、過去10年で見てもニュージーランド産の香港所属のエアロヴェロシティのみである。また、本馬は全8勝を右回りで挙げており、左回りでパフォーマンスの上昇はあまり見込めない。それに加え、前走の阪神1400mが本馬にとってはベストの条件だったので、前走からの条件悪化は確実と考える。

🏇メイケイエール(池添)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は5点

  • 前走のシルクロードステークスでは展開に恵まれない中、勝利したことを評価している
    • 道中折り合いを欠いていたが、池添騎手の好騎乗で直線は余裕があった
    • 池添騎手が騎乗してから成績が安定している
  • 直近1年、先行競馬で結果を残している
    • シルクロードステークス
  • 父がサンデー系であるが、スプリントでも結果を残しているミッキーアイルである
  • 重賞4勝の実績馬であり、戦績がピンかパーである
    • 全成績が5-0-0-4である
  • 馬場が渋ると、折り合い難の馬がスムーズに走れることがある
    • 例えば、大阪杯のレイパパレ

メイケイエールは前走のシルクロードステークスでは展開に恵まれない中、勝利したことを評価している。池添騎手に乗り替わってから、成績が安定してきており今回このコンビでGⅠに挑めるのはプラスだろう。また、過去5年の勝ち馬の「直近1年、先行競馬で結果を残している」という特徴に合致する。父はサンデー系であるが、スプリントでも結果を残しているミッキーアイルであり、サンデー系の中では適性があると予想。
全5勝のうち、4勝は重賞勝利で戦績が5-0-0-4とピンかパーである。こういう戦績の馬はWIN5では抑えておきたい。
週末の雨で馬場が渋ると、折り合い難の馬がスムーズに走れることがあることも頭に入れておきたい。具体例を挙げると、大阪杯のレイパパレのように、スムーズにレースをして圧勝という可能性もあると予想する。おてんば娘初のGⅠ勝利に期待したい。
余談ですが、この記事を読むとメイケイエール応援したくなるんですよね。

ただ「どうしても気性が、気性がって言われちゃうんですけど…」と武英調教師は悔しそうな表情。トレセンで運動などをしている時のメイケイエールはとてもいい子です。パドックでもそうですよね?「走ることに夢中になっちゃうだけなんですよね。しかもスタートがあまり速くないでしょ。前走(スプリンターズS4着)もだけど、普通スプリント戦であのくらい遅れたら、100メートルくらいはなかなか進んでいかないはずなんですよ。それなのにこの子は“行かなきゃ!”って感じでスイッチが入る。後れを取るのが許せない感じ。“そんなに序盤から全力で走ろうとしなくていいんだよ”って調教でも教えてるんですけどね」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=199045

【不安材料】
不安材料は3点

  • 気性が前向きなので、当日どうなるか未知である
  • 過去5年で4歳牝馬は勝利がない
    • 連対しているのはグランアレグリア、レシステンシアの2頭のみ
    • 本馬がこの2頭レベルかと言われると微妙
  • 馬格がレース傾向と合致していない
    • 前走、馬体重472kgであった
    • 去年のダノンスマッシュこそ472kgで勝利したが、それ以外の勝利馬は前走馬体重480kg以上の大型馬だった

本馬の気性の前向きさが当日どうなるかは、走ってみないと分からない。ギャンブル馬だろう。また、過去5年で4歳牝馬は勝利がないことも気になる。連対しているのはグランアレグリア、レシステンシアの2頭のみであり、本馬がこの2頭レベルかと言われると微妙な気がする。それに加え、馬格が少し物足りない印象がある。

🏇レシステンシア(横山武)

【考察】
この馬は5番手以下予定。強調材料は5点

  • 直近1年、先行競馬で結果を残している
    • スプリンターズステークス、セントウルステークス
  • 勝ちきれない戦績だが、直近1年ではGⅡ以上では連勝中である
  • 休み明け(9週以上)は2-0-1-1と好成績である
  • 乗り難しい馬ではないので、乗り替わりは問題なし
  • 相手関係は去年より楽になるので、去年同様の競馬をすれば勝てる可能性がある

レシステンシアは過去5年の勝ち馬の「直近1年、先行競馬で結果を残している」という特徴に合致する。勝ちきれない戦績とはいえ、直近1年のGⅡ以上では連勝中である。実績は最上位だろう。また、休み明け(9週以上)は2-0-1-1と好成績である。本馬は乗り難しい馬ではないので、乗り替わりは割り引く必要がないだろう。それに加え、相手関係は去年より楽になったと考えるので、去年よりスムーズな競馬をすれば順当に勝利ということも考えられる。

【不安材料】
不安材料は2点

  • GⅠ戦で1-4-0-2と勝ちきれない戦績である
  • 横山武騎手が今年不調で重賞未勝利
    • 去年勝利した重賞はほとんど中山の1800~2500mである
    • マイル以下重賞の期待値は下がる

GⅠの舞台で好成績を残しているものの、勝ち切れていない。また、横山武騎手が今年不調で重賞未勝利なことも気になる。去年気付いたのだが、横山武騎手は中長距離が得意な騎手であり、去年勝利した重賞はほとんど中山の1800~2500mである。すなわちマイル以下重賞での期待値は下がる。そういった面を考えると、netkeibaさんの想定オッズで2倍前後の人気になりそうなら今回は購入を見送りたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ロータスランド(岩田望)

この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 直近1年、先行競馬で結果を残している
    • 京都牝馬ステークス、関屋記念
  • 父はPoint of Entryでロベルト系である
    • サンデー系が入っていないのは本レースの特徴に合致する
  • 馬場が渋った方がパフォーマンスを上がる馬である
  • 馬格がある
    • 前走馬体重480kg以上ある

高松宮記念の本命馬は父にサンデー系が入っておらず、先行競馬で結果を出している、4,5歳馬を狙いたい。その条件を満たしているロータスランドを思い切って本命に指名する。週末の雨で馬場が渋るのは本馬にとって追い風になるだろう。前走、馬体重も480kgを超えており期待したい。岩田望騎手!初GⅠ制覇に向けて頑張れ!

現時点の予想

現時点予想

◎ロータスランド
○メイケイエール
グレナディアガーズ
△ダイアトニック
★レシステンシア
消サリオス

以上、「先行押し切りが出来る実績馬を探せ!~高松宮記念予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

人気馬ならメイケイエール。穴から行くならロータスランド。レシステンシアは勝つ可能性はあるが、期待値は低いとみて今回は買わない予定。

横山武騎手は中距離が上手ですよね。
内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA