WIN5対象レース3R目【総武ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月6日に行われるWIN5対象レース
3R目総武ステークスを予想します。

出走14頭から、1頭に絞りました。
ここは自信があります!

総武ステークスで
上位人気馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

総武ステークス(オープン)予想

中山ダート1800mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

このコースの特徴は3つ

  • 急坂を2度登るのでタフな競馬になりやすい
  • 外枠が有利になりやすい
  • 下級条件は前が残り、上級条件になるにつれて差しが決まる

過去勝ち馬共通点

総武ステークスがオープン競走になった直近6年の勝ち馬の共通点を探しました

  1. 直近1年の重賞で1人気or掲示板を確保している
  2. 上級条件の中山ダート1800mで馬券内の経験があり
    1. 勝利しているとなおよい
    2. 馬券内回数が多いとなおよい

上位人気考察

いーの

本レースの事前予想で意識したのは
『中山ダ1800m適性かつ、先行位置から抜け出せる馬を狙う』

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇バーデンヴァイラー(福永)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 直近2走は2番手から上がり最速を使い、圧勝している
    • 大崩れしにくい脚質である
  • 良馬場ダートで全4勝を挙げている
  • 大型馬(500kg以上)である
  • 頭数が少なくメンバーレベルがそこまで高くない

バーデンヴァイラーは2番手から上がり最速が使えている近2走は評価したい。3勝クラスの摩耶ステークスでは、2着に0.5秒の差をつけた。先行できるので大崩れは考えにくい脚質であることもプラス。
4勝を全て、良馬場で挙げており良馬場想定の今回も問題ない。
中山ダート1800mは大型馬(500kg以上を大型馬とする)が有利になりやすく、本馬は前走馬体重が506kgなので期待できる。
本レースは頭数が多くなく、オープン競争にしてはメンバーが手薄なため、昇級初戦の本馬でも勝ち切る可能性はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 関東圏への初輸送である
  • 福永騎手は芝>ダートの傾向が強い

関東圏への輸送は初であり、未知である。自分は若駒の初輸送時は過信しないようにしている。また、福永騎手はダートより芝の方が得意であるのも気になるところ。

🏇エイコーン(高倉)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 直近2走で先行競馬ができるようになり戦績が安定している
  • 上級条件の中山ダート1800mで馬券内の経験があり
    • オープン競走で2度馬券内がある
  • 先行したい馬なので、外目の枠を引けた

エイコーンは以前、追込馬というイメージがあったが、近2走で先行競馬ができるようになり、戦績が安定してきた。近6年の勝ち馬の共通点である、『上級条件の中山ダート1800mで馬券内の経験がある』ことはプラス。2021.22のポルックスステークスである。中山ダート1800mは外枠が有利になりやすく、先行したいタイプなので外目の枠が引けたのはプラスだろう。スムーズに先行して勝ち切る可能性はある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 勝ち切れないキャラである
    • 高倉騎手と9度コンビを組み0-1-3-5である
  • 馬格が少し物足りない
    • 中山ダ1800mは大型馬に有利な傾向がある
  • 前走が15人気であったが、今回想定4人気で買うのは…

勝ちきれないキャラというイメージがある。WIN5では買いにくい。高倉騎手とも9度コンビを組んでいるが、どのレースも勝ち切れていない。
それに加え、馬体重が460kgほどしかなく馬格が少し物足りないのが気になる。前走が15人気で2着だった馬を、今回4人気で買うのはどうなのか。二匹目のどじょうを狙うのは妙味がない。

🏇サンダーブリッツ(田辺)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は2点

  • 前走が先行して上がり2位を使って馬券内に来ている内容を評価している
  • 大型馬(500kg以上)である
  • 上級条件の中山ダート1800mで馬券内の経験があり
    • 3勝クラス、オープン特別

サンダーブリッツは前走のベテルギウスステークスで、先行して上がり2位の末脚を繰り出して、3着に来た内容を評価している。それに加え、前走馬体重が504kgであり馬格がある。
エイコーンの項でも話したが、『上級条件の中山ダート1800mで馬券内の経験がある』ことはプラス。先行馬が多く、その後ろのポジションを取り好位抜け出しは考えられる。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 右回りで勝利がない

近走は右回りに使われているが、全4勝を左回りで挙げている馬。右回りで勝ち切れるかは未知。netkeibaさんの想定オッズだと2人気である。未知な面がありながら、その人気で頭で買うのは適切なのか。最後まで考えたい。

🏇ダノンファスト(石橋)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 差し競馬をしやすい外枠を引けた
  • オープンレベルでも上位の末脚を使えている

ダノンファストは差し馬なので、外枠が有利になりやすい中山ダート1800で外枠を引けたのはプラス。オープンレベルでも上位の末脚を使っており、ここでも好勝負必至だろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 中山ダートと福島ダートは適性が全く違う
  • 人気先行型である
    • 中山ダ1800mで人気して飛んでいることが多い
  • 鞍上の石橋騎手がWIN5で勝利を久しくしていない
    • 追込脚質の石橋騎手が頭というのは考えにくい

エイコーン同様馬格が物足りない。
中山ダートと福島ダートは適性が異なる。以下はWIN5的中のカギから引用。

★門司Sホールシバン

 豊前Sロッシュローブ

 阪神・中山と比較して、

 ローカル競馬場のダ中距離は適性が異なる

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ローカルの1700mで結果を残している馬を中山ダート1800mで人気しているなら買いづらい。それに加え、人気先行型であり中山ダート1800mで人気を背負って飛ぶことが多い馬。鞍上の石橋脩騎手がWIN5競走で久しく勝利していないのも気になる。先行馬で勝利しているイメージが強い鞍上なので、追込脚質ではどうか。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇タイガーインディ(田中勝)

この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • 前走は出遅れた上で、出していった内容を考えると度外視できる
  • 右回り>左回りの適性がある
    • 右回りで全4勝を挙げている

タイガーインディは前走のアルデバランステークスでは13着に大敗している。レース映像を見ていただくと分かるが、出遅れをし、そのリカバリーで2番手に付けるまでで脚を使ってしまっていた。度外視できる。また、本馬は左回りが0勝で、右回りで全4勝を挙げており明らかに右回りの適性の方がある。今回は左回りの中京から右回りの中山へ舞台が替わるのは大きなプラスだろう。人気もあまりなく、先行競馬ができるので狙いたい。

現時点の予想

現時点予想

バーデンヴァイラー
○タイガーインディ
▲エイコーン
△サンダーブリッツ
消ダノンファスト

本レースはバーデンヴァイラー1点で勝負する予定です。鞍上、メンバーレベルを考えてもここで負ける馬ではないと予想します。穴で怖いのはタイガーインディです。前走からの変わり身が見込めるからです。

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。