阪神1400mは大得意!~心斎橋ステークス予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
心斎橋ステークスを予想します。

どの馬も勝ちれなさそうで
ピンと来ないので
セオリー通りに攻めます!
「内枠+距離短縮馬」を狙います。

心斎橋ステークス
上位人気馬3頭の考察、不安材料
穴馬2頭の考察を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ソウルトレイン
○エグレムニ
ジャカランダレーン
△ストーンリッジ
カリボール
消チュウワノキセキ

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

心斎橋ステークス(3勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

内で溜めて、直線は外に出して伸びられる馬を狙いたい。重賞になるが、2019年プールヴィル(※1)、2021年のシゲルピンクルビー(※2)のようなイメージ。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

※1)2019年プールヴィル

コーナーまでは内で溜めて、そこから直線は外に出したい。

※2)2021年のシゲルピンクルビー
狙いたいキャラは?

道中は先行・中団で運び、直線に伸び脚がある馬

阪神芝1400mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝1400mは内回りを使用する、内回りということもあり、逃げ先行馬or内枠が有利。

  • 他場の1400mとはリンクしないため注意が必要
    • 3~4コーナーが下り坂なこともあり、コーナーの途中から加速する必要がある
    • 他の競馬場の1400m戦よりタフになりやすい
  • マイラー寄りの適性を持つ馬の好走が目立つ
    • 短縮馬の期待値が高いコース
    • 特に内枠の短縮馬が有利

過去5年の勝ち馬の特徴は?

3勝クラスの定量戦で行われたのが、2012,13,17,20,21の5年間なので、その5年の特徴を記載する

  • 2021🐴エングレーバー
    • 前走、虹の松原ステークス(小倉芝1800m)で3人気9着
    • 現級、阪神芝1800mで4人気3着と好走経験あり
  • 2020🐴ロケット
    • 前走、うずしおステークス(阪神芝1600m)3人気8着
    • 阪神芝は、未勝利、1勝クラスで2勝している
      • 未勝利戦で1600m、1勝クラスで1800m
  • 2019🐴エスティタート
    • 前走、京都牝馬ステークス(京都芝1400m)9人気4着
    • 2歳時に阪神芝1400mで2着の経験あり
  • 2013🐴マヤノリュウジン
    • 前走、周防灘ステークス(小倉芝1200m)5人気1着タイム差なし
    • 阪神芝は5走前に1200m戦で1人気2着の経験あり
  • 2012🐴レオプライム
    • 前走、中京スポーツ杯(中京芝1400m)6人気1着0.2秒差
    • 阪神芝1400mは3歳時に出走し、9人気11着
勝ち馬の共通点は?
  • 前走、現級で3人気以内に支持されていた
  • 重賞であれば掲示板を確保している
  • 昇級馬が連勝する可能性もある

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇カリボール(福永)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 前走の斑鳩ステークス(現級)の内容を評価している
    • 内前有利の馬場傾向の中、外から差して4着
    • 掲示板の馬の中で最も外を通した
  • 右回りで全3勝を挙げている

カリボールは前走の斑鳩ステークス(現級)の内容を評価している。内前有利の馬場傾向の中、外から差して4着だった。レースを見ると分かるが、掲示板に入った馬で、最も外を回したのは本馬だった。馬場傾向を考えると、強い競馬をしたといえるだろう。また、右回りで全3勝を挙げており、阪神で行われる舞台に不安はない。今回は内枠の2枠3番を引けたのでロスなく運んで、抜け出しを図りたい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 最後に勝利したのが2019年の10月である
  • 勝ち切るまでの爆発力がない印象

最後に勝利したのが2019年の10月であり、全く勝ち切れていないのが気になる。近走を見ていてもそうだが、現級で頭打ち感があり、勝ち切るまではどうか。今回も先行して何かに捉えられてしまう絵が浮かぶ。

🏇チュウワノキセキ(川田)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の新潟日報賞(現級)の敗戦は明確な敗因がある
    • 出遅れが全てだった
    • 上がり2位の末脚は繰り出せている
  • 前走の新潟日報賞(現級)では3人気に支持されていた
    • 負けた相手が既に3勝クラスを突破した
      スマートクラージュ、ルプリュフォール、ヴィジュネル
    • その馬達と0.3秒差以内の僅差の競馬をしている
  • 阪神芝1400mの成績が良い川田騎手へ乗り替わる

チュウワノキセキは前走の新潟日報賞の敗戦は「出遅れ」と明確な敗因があり、度外視できる。現級で上がり2位の末脚は繰り出せていることから、地力はある。また、その前走では3人気に支持されていた。負けた相手が3勝クラスを突破したスマートクラージュ、ルプリュフォール、ヴィジュネルであった。その馬達に0.3秒差以内の僅差の競馬をしている。展開が向けば、3勝クラスを突破できる力はある。強調材料で最も大きいのは、阪神芝1400mを得意としている川田騎手へ乗り替わること。鞍上強化でクラス突破を目指す。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 全3勝が13頭以下の時に挙げている
  • 8か月の休み明けがどうか
    • 勝利しているのは、間隔が詰まったローテ(中3週以内)

本馬は全3勝を13頭以下の時に挙げている。今回15頭と頭数が揃うレースで実力を発揮できるかどうか。また、本レースが8か月の休み明けでの臨戦だが、キャリア最長の休み明けなので、どこまで戦えるか。本馬が勝利しているのは、間隔が詰まったローテ(中3週以内)であり、勝ち切るまではどうか。

🏇ストーンリッジ(岩田望)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 前走のトリトンステークス(現級)の内容を評価している
    • 前有利の馬場傾向の中、外から差して2着
  • 前走上がり最速を使っており、勢いのあるディープインパクト産駒である

ストーンリッジは前走のトリトンステークス(現級)の内容を評価している。中京の芝らしく、前有利の馬場傾向の中、外から差して2着だった。上がり最速を使っており、勢いがあるディープインパクト産駒と考えて良いだろう。近走、クラスに目途を立ててきており、ここで突破を目指したい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 今回も後ろからの競馬になりそう
  • 阪神芝1400mの適性があまりない印象
    • 過去のレースを見るに、コーナー途中から加速するより直線で加速する競馬を得意としている

阪神芝1400mは先行抜け出しをする馬を狙いたいコース。鞍上と、本馬の近走を見ていると今回も後ろから差してくる競馬になりそう。そうなると差し届かずとなる可能性がある。また、近走の走りを見ると、阪神芝1400mの適性があまりない印象を持った。コーナー途中から加速するより、直線で加速する競馬を得意としている。具体的には、東京・中京といった広い競馬場向きであり、小回りでどこまでやれるか。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇エグレムニ(川須)

この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • 前走の敗戦は明確な敗因がある
    • 得意ではないダート戦
    • 距離延長ローテ
  • 1400mで全3勝中2勝している

エグレムニは前走の敗因が明確である。前走の鳴門ステークスを予想していて、ダートにエグレムニ?と感じ、合わないだろうと考え危険な人気馬に指名。得意ではないダート戦、苦手な距離延長ローテと不利が重なりながら4着は健闘しただろう。今回は全3勝中2勝している1400m戦で巻き返しが見込める。頭数が揃うこと、斤量57kgがどうかも穴であれば期待したい。

🏇ソウルトレイン(横山典)

この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 前走の武庫川ステークスの内容を評価している
    • 1~3着馬が1~3枠という条件の中、8枠から健闘して5着だった
    • 内枠であれば結果は変わっていただろう
  • 距離短縮ローテで出走できる
  • 3枠6番と内枠を引けた

ソウルトレインは前走の武庫川ステークスの内容を評価している。前日から内が恵まれる馬場の中、8枠を引いてしまい敗戦。内枠であれば結果が違っていたのではないかと予想する。それに加え、今回は距離短縮ローテで出走でき、内枠を引けたのは大きなプラス。阪神芝1400mのセオリーは内枠+距離短縮馬である。積極的に狙っていきたい。

現時点の予想

現時点予想

◎ソウルトレイン
○エグレムニ
ジャカランダレーン
△ストーンリッジ
カリボール
消チュウワノキセキ

以上、「阪神1400mは大得意!~心斎橋ステークス予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ジャカランダレーンは前走逃げてしまったのがどうかも、内枠+距離短縮ということもあり狙う予定。シャイニーロックは前走の馬場で勝てないのであれば現級では厳しい印象がある。どの馬も一長一短なので、どこを優先するかは馬場を見て考えたい。