WIN5対象レース4R目【大阪城ステークス予想】

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
2022年3月6日に行われるWIN5対象レース
4R目大阪城ステークスを予想します。

少頭数で買いたい馬が
正直少ないです…!

どの馬が勝ちに近いのかという観点で
注目馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

大阪城ステークス(オープン)予想

阪神芝1800mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

コーナーまでの距離があるため、枠順の有利不利はないコース。ワンターンで直線が長いことから末脚勝負になりやすい。ディープインパクト産駒をはじめとする主流血統が好走しやすいコース。

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇カレンシュトラウス

【考察】
この馬は本命候補予定。強調材料は2点

  • 近走内容を評価している
    • 初重賞であった2走目の京成杯オータムハンデで健闘した
  • 阪神競馬場で4戦して3連対している阪神巧者である
    • 特に4走目の丹波特別が強かった

カレンシュトラウスは近走内容を評価している。2走前の内枠・差しが有利な馬場で、初重賞でありながら外枠で食らいついていた。初重賞で馬場・枠共に恵まれなかったことを考えれば十分健闘しただろう。
また、阪神競馬場を得意としており4戦して3連対している。特に4走前の丹波特別では、2着に0.8秒差を付けて勝利。強いレースだった。2走続けて重賞に出走し、経験を積んできた。オープンに戻れば勝ち負けだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 間隔が詰まったローテーションがどうか
  • マイルで3勝しており、距離が1ハロン長い可能性がある

前走の重賞に向けて調整していたことは明らかであり、中3週の詰まったローテーションは不安。近走まで見せていたパフォーマンスが見られない可能性がある。
近4走はマイルに使われており、全4勝のうち3勝はマイルで挙げている。1800mを走って、距離が1ハロン長かったとなる可能性はある。

🏇スーパーフェザー

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は2点

  • 逆瀬川ステークスの内容を評価している
    • 今回人気を集めそうなシンボに同レースで勝利している
  • 阪神芝1800mと相性の良いディープインパクト産駒である
    • 少頭数はディープインパクト産駒にとってはプラス
    • 1800mという距離も合っている

スーパーフェザーは2走前の逆瀬川ステークスの内容を評価している。中団から上がり最速で差し切り、2着に0.3秒の差を付けた。今回人気を集めそうなシンボに0.6秒の差を付けて勝利している。近走を見ると阪神芝1800mが最も合っているのではないかと感じる。
それに加え、阪神芝1800mと相性が良いディープインパクト産駒であり、ディープインパクト産駒が得意とする少頭数での競馬になりそうなのもプラス。
全4勝のうち、1800mで2勝を挙げており距離面に不安はない。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 小倉大賞典をメイチとしていた場合、状態がどうなのか
  • 勝利した2走前はCデムーロ騎手が騎乗していた、今回は乗り替わりである

カレンシュトラウス同様、前走が重賞でありそこをメイチで使われていたこともあり状態面が不安。案外伸びずということは考えられる。
勝利した2走前は強かったが、その時の鞍上は名手Cデムーロ騎手。今回はCデムーロ騎手が乗れないとなると、2走前と同様の強さを発揮できない可能性がある。
調教などから状態を確認して買うかを決める予定。

🏇レッドジェニアル

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は4点

  • 前走からの上積みが見込める
    • 前走は去勢明け初戦だった
  • 鮫島駿騎手×高橋忠厩舎の相性が良い
  • 鮫島駿騎手が継続騎乗をしてくれる
    • 前走コメントからも復調の可能性が感じられる
  • 去年の同レースでは、3人気に支持されていた実力馬である。

レッドジェニアルは前走、先行し5着と去勢明けとしてはまずまずの競馬を見せた。競走馬は去勢明け初戦の成績があまり良くなく、今回は前走からの上積みが見込める。サンレイポケットでもコンビを組む鮫島駿騎手×高橋忠厩舎の組み合わせは相性が良く期待したい。
本馬と長い時間を過ごしている鮫島駿騎手が継続騎乗するのも心強い。以下のコメントを見ると復調の可能性も十分ある。

帰厩して1カ月半、調教に何度も乗っていました。性格に難しいところがありますが、ゲートをずっと練習してきて良いスタートを切れたことがその後のリズムの良さにつながったと思います。今日はゲートがポイントでした。元々重賞を勝っている馬ですし、この一戦を機にまたリズムを取り戻してくれたらと思います

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=199412

また、去年の同レースでは3人気に支持されていた実力馬であり、距離短縮で変わり身があっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 最後に勝利したのが2019年5月の京都新聞杯である
  • 2000m未満のレースで勝利したことがない

重賞に出走し続けていることもあるが、近走では勝てていない。遡ると最後に勝利したのは2019年5月の京都新聞杯である。実に4年近く勝利しておらず、WIN5としては買いづらい馬である。また、2000m未満のレースを1度しか使っておらず、忙しかったとなる可能性は十分ある。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇バイオスパーク

この馬は単穴以下予定。強調材料は3点

  • 前走の不利が大きく上昇が見込める
    • 前走の中日新聞杯では不利な条件で善戦した
  • 重賞で馬券内に入ったことがある実績馬
  • 距離短縮で変わり身を見込める

バイオスパークは前走の中日新聞杯では内・前が有利な馬場で外枠・差し競馬だった。今回は前走に比べ条件が好転するだろう。それに加え、重賞で馬券内に入ったことがあり、距離短縮で変わり身が見込めることから一発があってもおかしくない。

現時点の予想

現時点予想

◎カレンシュトラウス
○スーパーフェザー
▲バイオスパーク
△サトノフェイバー
★アイコンテーラー
消シンボ

netkeibaさんの想定オッズでは、1人気のレッドガランは本レース回避が濃厚なようです。東京サラブレッドクラブの出走情報レッドガランの名前がありませんでした。

メンバーを見渡してカレンシュトラウスが抜けているかなと判断しました。若い馬が有利で、直線での末脚が必要なレース。シンボは地力上位だとは思うのですが、勝ちきれないキャラでWIN5では買いづらいのが正直なところです。
アイコンテーラーも左回りの方が適性ありそうで、右回りの本レースは手を出しにくい。

以上、いーのでした!
最後までお読みいただきありがとうございました。