クラシック開幕!桜を咲かせるのは?~桜花賞予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
桜花賞を予想します。
今年の桜花賞はいつになく混戦模様ですね🌸

ナミュールがチューリップ賞から連勝するのか
サークルオブライフが2歳女王の意地を見せるのか
それとも、他馬の台頭があるのか

どの馬が勝つのかを見極めるために
桜花賞上位人気馬5頭の考察、不安材料
穴馬2頭の考察を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

ウォーターナビレラ
サークルオブライフ
▲スターズオンアース
△ナミュール
★プレサージュリフト
★ラブリイユアアイズ
消ライラック

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

桜花賞(GⅠ)予想

このレースではどんな観点が必要?

阪神芝1600mらしく大外一気も決まる。大外一気であれば、2018年のアーモンドアイがイメージしやすい。追い込みだけではなく、2019年のグランアレグリアのように先行押し切りで決まる年もある。桜花賞は世代のスピード能力がある馬、つまりは
上位の末脚が使える馬を狙いたい
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2018年桜花賞3~4コーナー
2018年桜花賞直線

阪神芝1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

阪神芝1600mは、紛れが起こりにくい
チャンピオンコース

  • 直線の長さが450m以上ある
  • 末脚が強烈な馬が有利
  • 日本の主流血統の期待値が高い
    • ディープインパクト、ロードカナロア
      エピファネイア

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴ソダシ
    • 前走、馬体重472kg
    • 前走は阪神JF
      (阪神芝1600m)で1人気1着
    • 重賞3勝(札幌2歳、アルテミスS
      阪神JF)
    • 吉田隼人騎手が継続騎乗
  • 2020🐴デアリングタクト
    • 前走、馬体重466kg
    • 前走はエルフィンステークス
      (京都芝1600m)で3人気1着
    • 松山騎手が継続騎乗
  • 2019🐴グランアレグリア
    • 前走、馬体重476kg
    • 前走は朝日杯FS
      (阪神芝1600m)で1人気3着
    • ルメール騎手が継続騎乗
    • 重賞1勝(サウジアラビアRC)
  • 2018🐴アーモンドアイ
    • 前走、馬体重462kg
    • 前走はシンザン記念
      (京都芝1600m)で1人気1着
    • 戸崎騎手→ルメール騎手へ乗り替わり
    • 重賞1勝(シンザン記念)
  • 2017🐴レーヌミノル
    • 前走、馬体重466kg
    • 前走はフィリーズレビュー
      (阪神芝1400m)で1人気2着
    • 浜中騎手→池添騎手へ乗り替わり
    • 重賞1勝(小倉2歳ステークス)
勝ち馬の共通点は?
  • 前走重賞で1人気に支持
    されていた、もしくは連勝して1着
    • クロスマジェスティ
      スターズオンアース
      ナミュール、ナムラクレア
      プレサージュリフト
  • 馬体重が460kg以上
    • 過去10年で見ても勝ち馬の最軽量は456kgのジェンティルドンナ
    • 最低でも450kg台は欲しい
    • ウォータナビレラ
      サークルオブライフ
      サブライムアンセム
      スターズオンアース
      プレサージュリフトなど
  • 前走は関西圏の競馬場で
    レースをしている
    • ウォータナビレラ
      サークルオブライフ
      サブライムアンセム
      ナミュールなど

桜花賞(GⅠ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇ウォーターナビレラ(武豊)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は5点

  • 2走前の阪神JFの内容を評価している
    • 阪神芝1400m→阪神芝1600m
      という距離延長ローテの中
      3着に好走
  • 先行できる器用さがある
  • 輸送がない関西馬である
  • 桜花賞に向けて余裕のある
    ローテを組めている
  • 前走馬体重が478kgである

ウォーターナビレラは阪神JF予想時に、危険な人気馬として指名。理由は距離延長ローテで馬券内は厳しいと考えたため。厳しい距離延長ローテで3着に好走した内容は評価したい。また、本馬は先行できる器用さがあり、輸送がない関西馬であることもプラス。それに加え、桜花賞を目標にして余裕のあるローテを組めているのも好感が持てる。過去5年の勝ち馬の特徴「前走、関西圏で出走、馬体重が450kgを超えている」を満たしている。近2走は勝ち切れない競馬が続いているが、器用さを活かし先行粘り込みを図りたい。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 今回上位人気に支持されそうな
    サークルオブライフに2敗している
  • 桜花賞は上位の末脚が使える馬を
    狙うレース
    • 阪神芝1600mで見せた
      近2走がそのイメージとは異なる

今回上位人気に支持されそうなサークルオブライフに対して既に2敗している。今回逆転まではどうか。また、過去の桜花賞を見ると、上位の末脚が使える馬を狙いたいレースである。本馬は先行競馬を得意としており、そのイメージとは異なる。今回も好走は考えられるが、勝ち切るまではどうか。

🏇サークルオブライフ(Mデムーロ)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は8点

  • 2走前の阪神JFの末脚を評価している
    • 上位の末脚を使い
      追い込んでくるという
      桜花賞のイメージにピッタリな馬
  • 前走のチューリップ賞は
    トライアル仕上げで
    いつもと違う先行競馬をしたため
    度外視できる
    • それに加え、差し馬有利の
      馬場傾向の中、先行して3着に好走
  • Mデムーロ騎手は阪神芝1600mを
    得意としている
  • 桜花賞に向けて余裕のある
    ローテを組めている
  • 前走馬体重が476kgである
  • エピファネイア産駒であり
    阪神外回りの1600mは歓迎
  • 牝馬の国枝厩舎である
  • 勝負調教である
    1週前追い切りで南Wを使用

サークルオブライフは2走前の阪神JFの末脚を評価している。上位の末脚を使い、追い込んできた。いかにも桜花賞向きの馬だと感じた。前走のチューリップ賞はトライアル仕上げで、差し馬有利の馬場傾向の中、先行して3着に好走した。トライアルらしい競馬をしての敗戦であり、気にしなくてよいだろう。それに加え、Mデムーロ騎手は阪神芝1600mを得意としており、期待できる。ウォータナビレラ同様、桜花賞に向けて余裕のあるローテを組めており、過去5年の勝ち馬の特徴「前走、関西圏で出走、馬体重が450kgを超えている」を満たしている。また、エピファネイア産駒であり、阪神外回りの1600mで引き続きレースが行われるのは歓迎である。また、牝馬の国枝厩舎は信頼度が高く期待してよいだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 輸送が必要な関東馬である
    • アパパネ、アーモンドアイのように栗東滞在の予定だった
    • まん延防止措置もあり
      栗東滞在の予定がなくなった
  • 前走の先行競馬をした影響で
    本来の末脚が鈍る可能性がある

関東馬であり、輸送がどうなのか気になる。阪神JF、チューリップ賞に続き、3戦連続の輸送になる。本来は栗東滞在する予定だったが、まん延防止措置もあり、栗東滞在の予定がなくなった。予定通りの臨戦過程が出来ないのは割引材料だろう。また、前走のチューリップ賞で先行競馬をしたことがどう影響するか。後方からの末脚が魅力な馬だが、先行して末脚が鈍るという可能性があるのは頭に入れておきたい。

🏇ナミュール(横山武)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は2点

  • 近2走で1人気に支持された
    実力馬である
    • 前走のチューリップ賞は
      人気に応え、2着馬に0.2秒差を
      付ける圧勝
    • 阪神JF、チューリップ賞と
      2走連続で上がり最速を使っている
    • サークルオブライフ同様
      桜花賞のイメージにピッタリ合う馬
  • 3走前の赤松賞のレベルが高かった
    • 今回人気が想定される
      スターズオンアースに
      0.5秒差を付けている
    • 現3歳牝馬では実力上位である

ナミュールは近2走で1人気に支持された実力馬である。前走のチューリップ賞は人気に応え、2着馬に0.2秒差を付ける圧勝した。阪神JF、チューリップ賞と2走連続で上がり最速を使えており、桜花賞で買いたい馬のイメージと合致する。また、3走前の赤松賞のレベルが高かったと考えている。今回人気が想定されるスターズオンアースに0.5秒差を付けており、3歳牝馬路線では実力最上位だろう。末脚が炸裂すれば、勝利に1番近いのは本馬だろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 前走馬体重が430kgである
  • 鞍上の横山武騎手が今年、不調である
    • 得意の中山競馬場でも
      勝ち切れていない
    • 桜花賞で関東騎手が
      勝ち切れるのか不安
  • 桜花賞に向けて余裕のある
    ローテを組めていなかった
    • 前走勝利しないと
      桜花賞に出走できなかったため

過去10年で見ても、当日の馬体重が最軽量は456kgのジェンティルドンナである。前走馬体重が430kgであり、本馬は馬格が足りないのが気になる。それに加え、鞍上の横山武騎手が今年は不調なのが気になる。近年の桜花賞を見ていると、関西騎手が多く勝利している。関西圏で関東騎手を過信し過ぎないようにしたい。また、桜花賞に向けて余裕のあるローテを組めていなかった点も割引材料で、前回からの上積みがどうなのかが気になる。強さは認めているが、不安材料の多さから考えると2倍前後のオッズで買うのは妥当なのか、考えたい。

🏇プレサージュリフト(戸崎)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走のクイーンカップで勝ちきった
    内容を評価している
    • ハービンジャー産駒が
      得意としていない東京競馬場
    • 新馬戦明けの初重賞
  • 2走連続で上位の末脚を使っている
    • 桜花賞のイメージに合う
  • 前走馬体重が464kgである

プレサージュリフトは前走のクイーンカップの内容を評価している。新馬戦から初重賞、かつハービンジャー産駒が得意としていない東京競馬場という厳しい条件が重なった中で勝利した。その内容は高く評価したい。また、2走連続で上位の末脚を使っており、桜花賞で買いたい馬のイメージと合致する。過去5年の勝ち馬の特徴「馬体重が450kgを超えている」を満たしている。初輸送さえクリアできれば、底を見せておらず期待したい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 勝利した関東馬は桜花賞までで
    輸送経験があり、初輸送がどうか
  • 過去10年で見ても、前走関東圏に
    出走していた馬は未勝利
  • 最近戸崎騎手は不調な印象がある
    • 桜花賞で関東騎手を頭で買いにくい

考察でも話したが、初輸送は気になる。過去の5年の優勝した関東馬は関西輸送経験しており、本馬はそれがないことが不安。また、過去5年だけでなく10年で見ても前走関東圏に出走していた馬は未勝利である。それに加え、最近戸崎騎手は不調な印象がある。ナミュールの不安材料でも話したが、関西圏のレースで関東騎手を過信し過ぎないようにしたい。重い印は関西騎手に打ちたい。

🏇ライラック(福永)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走のフェアリーステークスの競馬を
    見ると、桜花賞向きの脚質である
  • 福永騎手は阪神芝1600mを
    得意としている
  • 2走前の京都2歳ステークスで
    輸送経験がある

ライラックは前走のフェアリーステークスで後方から上位の末脚を使い勝ちきった。その競馬を見ると、桜花賞向きの馬だと感じる。それに加え、福永騎手は阪神芝1600mを得意としていることもプラス。福永騎手は根幹距離の期待値が高い騎手であり、期待できる。本馬は関東馬であるが、2走前の京都2歳ステークスに出走しており、輸送経験がある

【不安材料】
不安材料は3点

  • 前走馬体重が420kgである
    • 減り続けている馬体重が気になる
    • 2走前の輸送時に-10kgと
      大きく減らしている
  • Mデムーロ騎手から福永騎手への
    乗り替わりがどうか
  • 過去10年で見ても、前走関東圏に
    出走していた馬が勝利していない

本馬はナミュール同様、前走馬体重が420kgであり、馬格が足りないのが気になる。2走連続で馬体重が減り続けている。特に2走前の輸送時に-10kgと大きく減らしており、今回の輸送で馬体重が減る可能性はある。本馬はMデムーロ騎手と手が合っている印象があり、乗り替わりはプラスではないだろう。プレサージュリフトの項でも話したが、過去10年で見ても、前走関東圏に出走していた馬が勝利していないことは気になる。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇スターズオンアース(川田)

この馬は単穴以下予定。強調材料は3点

  • 近走勝ち切れていないが、
    重賞で上位の成績である
    • フェアリーステークス2着
      クイーンカップ2着
  • 阪神の鬼:川田騎手への乗り替わり
  • 先行して、上位の末脚を使える
  • 前走馬体重が474kgである

スターズオンアースは近走勝ち切れていないが、重賞で上位の成績を残している。世代上位の力はあるだろう。今回の桜花賞では、阪神の鬼:川田騎手への乗り替わりになる。心強い乗り替わりだろう。また、先行して上位の末脚を使えることもプラス。今回の有力馬は差し馬が多いので、勝ち切るのであれば先行抜け出しをする馬と予想。ただ、輸送経験がないのは不安材料。

🏇ラブリイユアアイズ(坂井)

この馬は軽視予定。強調材料は4点

  • 前走の阪神JFの内容を評価している
    • 東京芝1400m→阪神芝1600m
      という距離延長ローテの中
      2着に好走
  • 桜花賞に向けて余裕のある
    ローテを組めている
  • 有力馬に差し馬が多いので
    その馬たちを出し抜くのであれば
    先行脚質の馬
    • 先行できる器用さがある
  • 輸送がない関西馬である

ラブリイユアアイズは前走の阪神JFの内容を評価している。東京芝1400m→阪神芝1600mという厳しい距離延長ローテの中、2着に好走した。今回は前走からローテーションが楽になるので期待。また、桜花賞に向けて余裕のあるローテを組めていることも好感が持てる。有力馬に差し馬が多いので、その馬たちを出し抜くのであれば先行脚質の馬であると予想する。ただ、馬格がないことは不安材料。

現時点の予想

現時点予想

ウォーターナビレラ
サークルオブライフ
▲スターズオンアース
△ナミュール
★プレサージュリフト
★ラブリイユアアイズ
消ライラック

以上、「クラシック開幕!桜を咲かせるのは?~桜花賞予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

桜花賞は「馬体重が重い」「初輸送でない馬を買う」レース。馬体重が軽い馬、初輸送の馬は軽視する予定。また、有力馬に差し馬が多いので、波乱を起こすなら前の馬と予想。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA