【日本ダービー予想】好きな馬を買う!それがダービーの向き合い方!

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
日本ダービーGⅠを予想します。

いよいよ日本ダービーですね。
ダービーは競馬にかかわる
全ての人が目指しているレースです。
出走する18頭が無事に出走できることを
祈りながら予想します!

日本ダービー(GⅠ)
注目馬解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎イクイノックス
○ジオグリフ
ドウデュース
△ダノンベルーガ
プラダリア
消オニャンコポン

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

日本ダービー(GⅠ)予想

勝ち馬のイメージは?

ここの目的は
どんな馬🐴のタイプ
このコースで恵まれるか
レース前にイメージしていただきたいので
記載してあります!

馬の脚質タイプを6つに分割しました!
いーの独自の考え方です🐴

馬の脚質タイプ

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

日本ダービーで狙いたいのは
⑤中団外差し🐴

2021年の日本ダービー4コーナー

黄色の枠が勝利したシャフリヤール
白色の枠が2着のエフフォーリア

恵まれるのは外を回した馬。
シャフリヤールのような
位置を取れる馬を狙いたい。

去年のエフフォーリアは馬場的に
厳しい中、2着に好走。

上位人気考察

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇イクイノックス

この馬は本命予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 2走前の東スポ杯2歳ステークスで
    圧倒的な強さを見せた
    • 2着アサヒに0.4秒差を付けた
    • アサヒは後に共同通信杯で
      2着に支持される実力馬
    • 正直、このレース後に
      今年のダービーで
      イクイノックスを買おうと考えた
  • 前走の皐月賞は「5か月ぶりの
    レース」、「初の右回り」といった
    厳しい条件を跳ね返しての2着
    • 外枠有利の馬場傾向であった
      とはいえ枠だけで上位に来たと
      判断されるなら妙味がある
  • 皐月賞前からダービー>皐月賞の
    適性を感じていた
    • 中山→東京替わりは
      間違いなくプラス
    • ルメール騎手も皐月賞前から
      ダービーを匂わせる発言をしていた
  • 間隔が詰まることが不安視
    されているが木村調教師のコメント
    から問題ないと判断
    • 疲れが出ると、発疹が出る体質だが
      今回はないとのこと
  • 東スポ杯→皐月賞で馬体重を
    10kg増やしており成長が伺える
    • 今回も調教後馬体重には注目
      増えていたらよい

イクイノックスは2走前の東スポ杯2歳ステークスで、圧倒的な強さを見せた。正直、このレース後に今年のダービーでイクイノックスを買おうと考えたくらいに強烈だった。前走の皐月賞は「5か月ぶりのレース」、「初の右回り」といった厳しい条件を跳ね返しての2着。素直にこの内容は評価したい。体質の弱さがありながらも、地力はあることを改めて証明した。

イクイノックス2着・ルメール騎手「休み明けだったけど、すごくいい競馬はできた。外枠もあって壁を作れなかったけど、勝ち馬は作れたからね。でもダービーはビッグチャンスだと思う」

https://tospo-keiba.jp/breaking_news/12648

皐月賞は外枠有利の馬場傾向であったとはいえ、力があったから2着に好走したと考える。枠だけで上位に来たと判断され、抜けた1人気にならないのなら、オッズ的妙味があると判断する。皐月賞前からダービー>皐月賞の適性を感じていたので、東京競馬場という舞台は合うだろう。また、ルメール騎手も皐月賞前からダービーを匂わせる発言をしていた。イクイノックスに相当期待していたことが伺える。

イクイノックスはGIレベルだと思いますし、皐月賞を勝つ自信を持てます。前回が東京競馬場ですごく良い勝利でしたし、2戦2勝、今年パワーアップしたと思いますし、皐月賞で勝てなかったら、次のレースを勝てると思います(笑)

http://keiba.radionikkei.jp/keiba/c_142.html

競馬ファンからは「間隔が詰まることで状態面が不安視されている」が木村調教師のコメントから問題ないと判断する。競馬ファンの逆を突かないと勝てない。

「ジオグリフは自信を持った歩きで、毛づやが良くなっています。皐月賞のパフォーマンスで喉鳴りの影響があるとジャッジする人がいますかね。当然2冠を目指します。イクイノックスはハードワークになると内臓面の疲れが発疹で表面化する。でも、今回はそれがない。今度はイクイノックスの名誉を回復したい」

https://news.yahoo.co.jp/articles/9f8c856b7ddede959fc9074e254e0b7240314f7d

ダノンベルーガの皐月賞での善戦で、イクイノックスが思ったより抜けた人気にならなそう。ここは思い切って本命で狙いたい。

【不安材料】

  • 「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるように父:キタサンブラック、母父:キングヘイローという血統構成から血統面はダービー向きとは言えない
    • 直近10年で見ると9/10頭が
      ダービー馬である
      ディープインパクト
      キングカメハメハ産駒の馬が
      勝利している

「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるように父:キタサンブラック、母父:キングヘイローという血統構成から血統面はダービー向きとは言えないのが気になるところ。実際に直近10年で見ると9/10頭がダービー馬であるディープインパクト、キングカメハメハ産駒の馬が勝利している。今年のダービー出走馬にも複数頭、父にダービー馬を持つ馬が多い。そちらの馬達に適性があったということは考えられる。

🏇キラーアビリティ

この馬は4番手以下予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の皐月賞は「出遅れ」
    「伸びない内」を通されたことで
    厳しい競馬となり13着に敗れた
  • 3走前の萩ステークスを見る限り
    直線が長い東京競馬場の
    適性がありそう
  • 中山→東京への舞台替わりは歓迎
  • 直近5年のホープフルステークスの
    勝ち馬は2頭がダービー馬と
    なっている
  • ダービー4連勝中の
    ディープインパクト産駒である
  • ディープインパクト×母父米国型
    という仕上がりの早い血統構成
  • ディープインパクト×
    母父米国型ナスルーラの
    血統構成がシャフリヤールと同じ

【WIN5的中のカギからの学び】

★明石特別 プレイイットサム

「スタートに難あり」ということだが

 近走を見るに許容できるもの

 出遅れにも程度がある

https://keiba-analysis.com/win5-key/

キラーアビリティは前走の皐月賞「出遅れ」、「伸びない内」を通されたと厳しい条件が重なり、13着に敗れた。多少負けすぎな気もするが、今回巻き返しの余地があると考える。3走前の萩ステークスを見る限り、直線が長い東京競馬場の適性がありそう。中山→東京への舞台替わりは歓迎だろう。また、直近5年のホープフルステークスの勝ち馬のうち2頭がダービー馬となっている。そして何より、ダービー4連勝中のディープインパクト産駒である。「ダービー馬はダービー馬から」という格言があるように、ディープインパクト産駒であるだけで買い要素になるのがダービーである。ディープインパクト産駒の中でも、ディープインパクト×母父米国型という仕上がりの早い血統構成であることもダービー向きである。また、ディープインパクト×母父米国型ナスルーラの血統構成が去年ダービーを勝利したシャフリヤールと同じで血統面は申し分ないだろう。状態面の大きな上積みがあれば、勝ち負けになる。

【不安材料】

  • 前走後の談話で横山武騎手が
    話していたように、ゲート難が
    ある馬でスタートに不安がある
  • 前走時より状態が上がっているが
    ホープフルステークスほどではない
    とコメントあり
    • その状態でダービーを勝てるのか

前走後の談話で横山武騎手が話していたが、本馬はゲート難がある馬。スタートに不安があり、今回も出遅れるリスクがあるのは頭に入れておきたい。

「ホープフルSの時にゲートが怪しかったので、無事に出られればと思っていたが…。今日はゲートが全てです」

https://tospo-keiba.jp/breaking_news/12648

また、前走時より状態が上がっているが、ホープフルステークスほどではないとコメントあり。GⅠであり、様々な条件が噛み合わないと勝てないレース。最高の状態でないのに、ダービーを勝てるかどうかが気になる。

「ホープフルS(1着)には及ばないけど、皐月賞の前と比べれば状態は上がっていて、先週しっかりやったことでさらに良くなってきそうです。この中間は舌を縛ったことでハミの収まりも良くなっているし、だいぶ走りのバランスも良くなってますね」

https://news.yahoo.co.jp/articles/3afcd03e51ee6a4c12e2714b17df558cf697ee76
🏇ジオグリフ

この馬は対抗予定。

【馬タイプ】

④外先行

【近走内容・強調点】

  • 前走の皐月賞は持ち前の機動力と
    器用さで勝利
    • 馬のキャラ的に福永騎手と手が合う
  • 外有利の馬場傾向に恵まれたが
    この馬の能力あってこその勝利
  • 皐月賞馬でありながら
    1人気には支持されなそうで
    妙味がある
  • 皐月賞後も問題なく調整が
    出来ている
  • 喉鳴りの噂があるが
    「福永騎手から
    パフォーマンスに影響なし」と
    コメントあり
  • 直近5年でダービー3勝している
    福永騎手が騎乗する

ジオグリフは前走の皐月賞は持ち前の機動力と器用さで勝利。馬のキャラ的に福永騎手と手が合う印象を受けた。皐月賞当日は外有利の馬場傾向に恵まれたが、この馬の能力あってこその勝利と判断する。先週のスターズオンアース同様、クラシック1冠目を取った馬でありながら1人気には支持されなそうで、オッズ的妙味がある。木村調教師のコメントから皐月賞後も問題なく調整が出来ているのが伺える。状態が良いのだろう。

「リズム良く走れていましたし、皐月賞前と同じような調整で進められています。前走は本当に精一杯走り切ってくれて、そこからどこまで回復できるかなと考えていましたが、思っていた以上に取り戻してくれていますし、改めてすごい馬だと思っています」

https://news.yahoo.co.jp/articles/8255ff52cc18fa7af5ecb989c467caccd6e5489d

喉鳴りの噂があるが、「福永騎手からパフォーマンスに影響なし」とコメントがあり、今回も気にしなくてよいと判断する。また、直近5年でダービー3勝している福永騎手が継続騎乗するのも心強い。

「オークスも3回勝っているし、ジャパンCも勝っているし、東京2400メートルはこう乗らないと、ってところはある程度つかめている。勝つためにやっちゃいけないこと、とかね」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=203387

距離だけで嫌われて、人気を落とすようなら積極的に狙ってみたい。

【不安材料】

  • 皐月賞のレース後に福永騎手が
    「距離が課題になる」とコメントあり

皐月賞のレース後に福永騎手が「距離が課題になる」と話していた。そこはレースになってみないと分からない。自分は操縦性が高く、掛かるタイプでないので問題なしと判断している。

 (ダービーに向けては)距離が課題になるのかなと思います。2000mまでは全く問題ありませんでしたが、次はそこ(距離)が問われるのかなと思います」

https://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=202144
🏇ダノンベルーガ

この馬は4番手予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 出世レースである
    共同通信杯を勝利している
    • 過去の10年の勝ち馬にはエフフォーリア、ダノンキングリー、スワーヴリチャード、ディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップとGⅠ馬を多数輩出している
  • 2走前の共同通信杯は
    前有利な馬場傾向の中
    外から上がり最速の末脚を使って
    差し切った内容は
    非常に評価できる
  • ハーツクライ産駒の得意とする
    距離延長ローテで出走できる
  • 母父に米国型(マッチェム系)を持つ
    仕上がりの早い血統構成である
  • 前走の皐月賞は不利な1枠1番から
    馬場傾向に反しながら4着
    • 外枠を引けていたら馬券内の
      可能性は高かった
  • 皐月賞後に順調に調整出来ている
    とのコメントあり

【WIN5的中のカギからの学び】

★ハーツクライ産駒は晩成イメージだが、

 2歳~3歳春で強いこと。実際に3歳秋以降に

 GⅠで馬券になったハーツクライ産駒は

 スワーヴリチャード、リスグラシューが最後

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ダノンベルーガは出世レースである共同通信杯を勝利している。過去の10年の勝ち馬にはエフフォーリア、ダノンキングリー、スワーヴリチャード、ディーマジェスティ、リアルスティール、イスラボニータ、ゴールドシップとGⅠ馬を多数輩出している。その共同通信杯は前有利な馬場傾向の中、外から上がり最速の末脚を使って差し切り、勝利した内容は非常に評価している。また、母父に米国型(マッチェム系)を持つ仕上がりの早い血統構成であることもダービー向きである。前走の皐月賞は不利な1枠1番から、馬場傾向に反しながら4着。外枠を引けていたら馬券内の可能性は高かったと予想する。GⅠで勝ち負けになる力を証明した。

「この枠で最大限の走りはしてくれました。これが必ずダービーにつながると思うので、無事に迎えてくれればと思います」

https://tospo-keiba.jp/breaking_news/12648

また、皐月賞後に順調に調整出来ているとのコメントがあり、状態面に不安はないだろう。

【不安材料】

  • 川田騎手が2400mの重賞で
    勝ち切っていない印象がある
    • 重賞に限ると2016年の
      マカヒキ以来勝利なし
  • 皐月賞のレースぶりから
    イクイノックスを逆転できると
    感じている人が多い印象がある
    • オッズ的な妙味がない

川田騎手が2400mの重賞で勝ち切っていない印象がある。川田騎手は2400m超の長距離寄りのレースより、マイル前後の距離で買いたい騎手である。重賞に限ると2016年のマカヒキ以来勝利なし。ここで本命として買いづらいのが正直なところ。また、皐月賞のレースぶりから、馬場傾向に反してイクイノックスと差のない競馬をした。ダービーではイクイノックスを逆転できると考えている人が多い印象。そうなるとオッズ的な妙味がないと判断する。

🏇ドウデュース

この馬は単穴予定。

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 3走前の朝日杯FS
    2走前の弥生賞から
    器用さを活かし、ある程度位置を取り
    末脚を使うタイプだと感じていた
  • 前走の皐月賞は最後方から
    追込競馬をして3着に好走
    • そんなキレる脚も使えるのか
      という印象
    • 皐月賞で上がり最速を使い
      差し損ねているタイプが
      ダービーで巻き返す傾向にある
  • 実際に武豊騎手は皐月賞で
    距離不安があった
  • 皐月賞を経て、武豊騎手から
    「距離の問題はなし」と
    コメントあり
  • ハーツクライ産駒の得意とする
    距離延長ローテで出走できる
  • 母父に米国型を
    持つ仕上がりの早い血統構成である
  • 中山に2戦続けて使われてきたが
    本質的には左回りの大箱競馬場が
    合っている印象がある
  • 大箱競馬場の友道調教師は期待できる

【WIN5的中のカギからの学び】

★友道厩舎は中山競馬場を得意としていない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

★友道厩舎は大箱コースでは侮ってはいけない

https://keiba-analysis.com/win5-key/

ドウデュースは3走前の朝日杯FS、2走前の弥生賞からドウデュースは器用さを活かし、ある程度位置を取り末脚を使うタイプだと感じていた。ただ、前走の皐月賞でイメージが変わった。最後方から追込競馬をして3着に好走するのを見て、そんなキレる脚も使えるのかと意外だった。例年、皐月賞で上がり最速を使い差し損ねているタイプがダービーで巻き返す傾向にある。今年の該当馬はドウデュースであり、期待したい。実際に武豊騎手は皐月賞で距離不安があったようで後方からの競馬を選択した。

 ――ということは距離延長に不安があるのか。  「いや、僕が先入観を持ちすぎていたかもしれない。フットワークがこうだから、血統がこうだから…と適性を決めつけがちだけど、競走馬は当てはまるようで当てはまらないことも多い。距離は大丈夫。皐月賞は負けて悔しかったけど、ダービーの距離に対する不安はなくなりました。左回りもいいと思う。元々、右手前(※注)で走るのが好きな馬で皐月賞は手前(軸脚)が替わらなかった。右手前で走る府中の直線はプラス」

https://news.yahoo.co.jp/articles/6a636b0c2f4e5a90c7c9dcb763251c6d0d01cb23

皐月賞を経て、武豊騎手から「距離の問題はなし」とコメントがあった。今回は距離が2000m→2400mに延長となるが、距離延長ローテを得意とするハーツクライ産駒であれば問題ないだろう。また、母父に米国型を持つ仕上がりの早い血統構成であることもダービー向きと判断する。中山に2戦続けて使われてきたが本質的には左回りの大箱競馬場が合っている印象がある。それに加え、大箱競馬場の友道調教師は期待できる。近年もマカヒキ、ワグネリアンと2頭のダービー馬を輩出している名門厩舎である。

【不安材料】

  • 今回有力馬として挙げた5頭の中で
    最も皐月賞を目標に
    仕上げてきた印象がある
    • 調教後馬体重には注目

今回、有力馬として挙げた5頭の中で最も皐月賞を目標に仕上げてきた印象がある。調教助手さんのコメントからもさほど問題ないと感じているが、調教後馬体重には注目しておきたい。

他馬の短評

ここは気になる馬をチョイスします!

ここはCランク騎手以上の
気になる馬をピックアップします!

もしくはDランク騎手を買う条件を
満たしている馬

  • 前走重賞で掲示板に入っており、同条件
  • 逃げ馬
  • 前走オープンで馬券内に入っており、同条件
  • 前走着差を付けて勝利、同舞台・同騎手
🏇プラダリア

【馬タイプ】

⑤中団外差し

【近走内容・強調点】

  • 前走の青葉賞は外が伸びる
    馬場の中、内を伸びて勝利
    • 皐月賞組以外で唯一
      狙えるのはプラダリア
  • ディープインパクト×
    米国型ノーザンダンサー系の
    組み合わせ
  • ダービーはディープインパクト×
    米国型の相性が良い

青葉賞組は勝てない呪いがあるが、様々なことが噛み合えばチャンスありと予想

🐴馬タイプ一覧

①逃げ
②中団内差し
③タメ内差し
④外先行
⑤中団外差し
⑥タメ外差し

現時点の予想

現時点予想

○ジオグリフ
ドウデュース
△ダノンベルーガ
プラダリア
消オニャンコポン

今週はこの予定で更新します✨
リンクをクリックすると該当記事を
見られるようになっています!

🐴月:【WIN5回顧】WIN3、あと2つの積み重ね
🐴火:【日本ダービー予想】イクイノックスを信じます!
🐴水:むらさき賞
🐴木:香嵐渓特別
🐴金:清津峡特別
🐴土:安土城S
🐴日:WIN5予想

以上、【日本ダービー予想】好きな馬を買う!それがダービーの向き合い方!でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

おそらく皐月賞組は2頭以上、馬券内に来ると予想。皐月賞組の序列を付けたい。ジオグリフは皐月賞馬なのに、舐められそうでオッズ妙味はありそう。