【新潟大賞典(GⅢ)予想】~混戦を断つのはどの馬?~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
新潟大賞典(GⅢ)を予想します。

新潟大賞典はハンデ戦です。荒れ傾向にあり
どの馬を本命にするか迷いますよね。

新潟大賞典の本命が決まらない方は
この予想ブログを読むと、レース、出走馬
それぞれのイメージが付くようになります!

そこで、新潟大賞典(GⅢ)
上位人気馬5頭を始めとした
全頭解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

🐴ステラリア、🐴レッドガランには
明確な不安材料が…?

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎トーセングラン
○アルサトワ
▲アイコンテーラー
△シュヴァリエローズ
★レッドガラン
消カイザーバローズ
消ステラリア

いーの

どの馬が勝つのか…?
混戦模様?!
穴馬チャンス!!

新潟大賞典(GⅢ)予想

このレースではどんな観点が必要?

とにかく直線が長いので
末脚が鋭い馬を狙うのが基本!

2020年の勝ち馬:トーセンスーリヤ

内前が残る馬場であれば
第一象限から先行する馬を狙いたい!

この週は内が伸びる馬場

イメージは2020年のトーセンスーリヤ🐴
直線を向くと横にばらけるので
そのまま、内を抜けるイメージ🏇

2019年の勝ち馬:メールドグラース

外が伸びる馬場であれば
第三象限から差してくる馬を狙いたい!

この週は外が伸びる馬場

イメージは2019年のメールドグラース🐴
外から差し込んでくる!

象限に関してはこちら!

新潟2000mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

新潟芝2000m(外)はワンターンの2000m
という特殊コース

  • スタートから3コーナーまで900mほどある
    • スローの一団になりやすい
  • 直線は659mあり、瞬発力のある馬が有利

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴サンレイポケット
    • 前走、金鯱賞(GⅡ)7人気6着0.2秒差
    • 直近1年以内に同舞台、新潟記念で
      5人気3着
    • 直近1年以内に重賞で
      2人気に支持された経験あり
    • 1勝クラス時代に同舞台で
      2着に好走経験あり
    • 同年の白富士ステークスの連対経験あり
  • 2020🐴トーセンスーリヤ
    • 前走、美浦ステークス(3勝クラス)で1人気1着
      4コーナー2番手から上がり2位の末脚
    • 本レースまでに5連続馬券内
      勢いに乗っていた
  • 2019🐴メールドグラース
    • 前走、尼崎ステークス(3勝クラス)で3人気1着
      4コーナー4番手から上がり1位の末脚
    • 本レースまでに3戦連続連対
      (うち2連勝)と勢いに乗っていた
  • 2018🐴スズカデヴィアス
    • 前走、小倉大賞典(GⅢ)4人気3着
    • 同年の白富士ステークスの連対経験あり
    • 直近1年以内に重賞で3人気2着に好走
  • 2017🐴サンデーウィザード
    • 前走、福島民報杯(OP)1人気3着
    • 本レースまでに3戦連続連対
      (うち2連勝)と勢いに乗っていた
勝ち馬の共通点は?
  • 前走、重賞で馬券内に入っている
    もしくは0.2秒差以内の僅差の競馬をしている
  • 条件戦であれば、勝利して3戦以上
    連続連対、馬券内など勢い
    がある

新潟大賞典(GⅢ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇アイコンテーラー(亀田)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は4点

  • 近2走は得意でない右回りで
    馬券内に入っている
  • 右回りから左回りへ
    舞台が替わるのは歓迎
  • 上位の末脚を使えており
    外伸び馬場であれば
    買いたいキャラに一致する
  • 左回りの戦績が4-0-0-2とピンかパー
    • 新潟で4勝を挙げている

アイコンテーラーは近2走、得意でない右回りで馬券内に入っていることを評価している。3走前の愛知杯まで左回りしか馬券内がなかった。WIN5対象レースだった関門橋ステークス、大阪城ステークスはそれが理由で軽視していた。そんな苦手条件の中、どちらも馬券内に入ったのは正直驚いた。今回、右回りから左回りへ舞台が替わるのは歓迎だろう。また、常に上位の末脚を使えており、外伸び馬場であれば、買いたいキャラに一致する。また、この馬の強みは戦績がピンかパーなことである。左回りは4-0-0-2と、WIN5で押さえておきたい成績である。その4勝全て新潟競馬場で挙げていることから、新潟は特に得意舞台なのだろう。人気し過ぎてしまう気がするので、他に買いたい馬がいないのであれば狙いたい。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 重賞での実績がない
  • 14頭以上のレースで
    勝利経験がない
  • 馬柱が綺麗すぎる
    • 左回り巧者ということで
      過剰人気になりそう

本馬は重賞での実績がない。そこが気になる。過去の勝ち馬は重賞で実績を持つ馬か、近走で勝利して、3戦以上連続して馬券内に入っている勢いがある馬だった。また、14頭以上のレースで勝利経験がないこともマイナス。それに加え、最も気になるのが馬柱が綺麗すぎること。新潟で全4勝を挙げているという戦績から、間違いなく人気するだろう。人気と実力のバランスには注意して買うかどうか決めたい。

🏇カイザーバローズ(津村)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の但馬ステークスを評価している
    • 前有利の展開の中
      上がり最速の末脚を使い勝利
  • 根幹距離を得意とする
    ディープインパクト産駒である
  • 間隔を空けた時の
    中内田厩舎の期待値が高い

カイザーバローズは前走の但馬ステークスを評価している。前有利の展開の中、後方から上がり最速の末脚を使い、勝利した。ラストの伸びは素晴らしかった。また、根幹距離を得意とするディープインパクト産駒であることもプラス。それに加え、管理する中内田厩舎は間隔を空けた時の期待値が高いので、中11週の今回は期待できる。底を見せていない魅力があり、末脚が生きる展開ならチャンスありだろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 重賞での実績がない
  • 14頭以上のレースで勝利経験がない
  • 川田騎手からの乗り替わり
    • 川田騎手と全4勝のうち
      3勝を挙げている

本馬は重賞での実績がない。そこが気になる。過去の勝ち馬は重賞で実績を持つ馬か、近走で勝利して、3戦以上連続して馬券内に入っている勢いがある馬だった。また、14頭以上のレースで勝利経験がないこともマイナス。それに加え、川田騎手からの乗り替わりは大きな割引だろう。全4勝のうち3勝を川田騎手と挙げており、乗り替わりで勝ち切るまではどうか。

🏇シュヴァリエローズ(松山)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は4点

  • 前走の福島民報杯の内容を評価している
    • 道中で位置を上げざるを得ない
      厳しい展開の中、2着に好走
    • 小回り競馬場も合っていない印象
  • 小回りの小倉から
    大箱の新潟に替わるのは歓迎
  • 根幹距離を得意とする
    ディープインパクト産駒である
  • 松山騎手への乗り替わり

シュヴァリエローズは前走の福島民報杯の内容を評価している。道中で位置を上げざるを得ない厳しい展開の中、2着に好走した。また、小回り競馬場も合っていない印象を受けた。その前走、福島民報杯後の回顧は以下。

◎2.シュヴァリエローズは想定している展開ではなく、ハイペースとなり、厳しいレースになった。とはいえ、道中で位置を上げながら2着まで好走したことは一定の評価をしたい。地力の高さを証明した。今回のレースで明らかになったのは「小回りより、大箱競馬場の適性がありそう」なので、今後その条件で狙いたい。

https://keiba-analysis.com/win5-20220417-retrospective/

大箱競馬場に出走した際は狙おうと考えていた。今回、小回りの小倉から大箱の新潟に替わるのは歓迎だろう。また、根幹距離を得意とするディープインパクト産駒であることもプラス。アドマイヤハダルが除外になったことで松山騎手を確保できたのも大きいだろう。ここで悲願の初重賞勝利があっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 重賞での実績がない
  • 新馬戦以来、14頭以上の
    多頭数レースで勝利経験がない

本馬は重賞での実績がない。そこが気になる。過去の勝ち馬は重賞で実績を持つ馬か、近走で勝利して、3戦以上連続して馬券内に入っている勢いがある馬だった。また、14頭以上のレースで勝利経験がないこともマイナス。頭数が揃い、相手関係が強化されて勝ち切るかどうか。

🏇ステラリア(川須)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の大阪杯(GⅠ)の
    内容を評価している
    • 上がり3位の末脚を使って
      勝ち馬に0.6秒差の8着まで
      追い込んでいる
  • エリザベス女王杯(GⅠ)で
    連対経験あり
  • 近走はハイレベルな重賞に出走している
    • 近5走のうち4つはGⅠ

ステラリアは前走の大阪杯(GⅠ)の内容を評価している。上がり3位の末脚を使って、勝ち馬に0.6秒差の8着まで追い込んできた。また、エリザベス女王杯(GⅠ)で連対経験がある。このメンバーの中で実績最上位だろう。近走は勝ち切れていないが、近5走のうち4つはGⅠで、もう1つは金鯱賞なのでハイレベルレースに出走していた。今回は相手関係が一気に楽になり、重賞初制覇の可能性もあるだろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 左回りが未勝利である
    • 左回りの全成績が0-1-0-3
  • 距離延長で2勝を挙げている
    • キズナ産駒らしく
      距離延長で良さが出るタイプ
  • 川須騎手への乗り替わり

本馬は左回り0-1-0-3と未勝利である。おそらく1人気に支持されると思うが、当該回りに勝利がない人気馬を買いたくないのが正直なところ。また、本馬は距離延長を得意としており、距離延長で2勝している。今回は同距離ローテでそこがどうか。それに加え、近走の騎手(福永、松山、Mデムーロ騎手)と比べると川須騎手への乗り替わりはマイナスと言わざるを得ない。不安材料が明確なので、圧倒的1人気になるのなら手を出しづらい。

🏇レッドガラン(岩田)

【考察】
この馬は4番手以下予定。強調材料は3点

  • 近走、負けてはいるものの
    僅差の競馬をしている
    • 前走はトップハンデを背負わされ
      厳しいレース
  • 2走目の京都記念は
    苦手な距離延長ローテながら
    勝ち馬に0.4秒差の4着
  • 頭数が揃っているレースで
    勝利経験がある

レッドガラン近走、負けてはいるものの僅差の競馬をしている。前走の大阪城ステークスはトップハンデを背負わされ、厳しいレースだった。また、2走目の京都記念は苦手な距離延長ローテながら、勝ち馬に0.4秒差の4着に好走した。ここでは地力上位だろう。それに加え、今回の上位人気勢は少頭数でしか勝利がない馬が多く、本馬は頭数が揃っているレースで勝利経験があるのは大きなプラス。岩田騎手への乗り替わりで浮上があれば、ここでも勝ち負けになると予想。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 左回りが未勝利である
    • 全成績が0-0-2-3
  • トップハンデがどうか

本馬は左回りが0-0-2-3と未勝利であり、連対すらないのは気になる。また、今回も前走同様、トップハンデを背負うのがどうか。新潟大賞典において、57.5kg以上を背負った馬は2019年2着だったミッキースワロー以外全て馬券外である。正直、頭では買いづらい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇トーセングラン(丸山)

この馬は本命予定。強調材料は3点

  • 2連勝中の勢いがある
  • 前走は先行して勝ち切っているが
    控えて上位の末脚を繰り出せる
  • 根幹距離を得意とする
    ディープインパクト産駒である

トーセングランは2連勝中の勢いがあることを評価している。このレースは勢いが重要で、2019年メールドグラース、2020年トーセンスーリヤと昇級初戦から勝利することがある。2連勝して、ここに臨んでくるのは本馬とアルサトワの2頭である。その中でも左回りに良績がある本馬に期待したい。また、先行する器用さも持ち合わせているので、2020年のトーセンスーリヤのように先行抜け出しで一発があっても。

他馬の短評

ここは全頭眺めるので
良いところしか話しません!

  • アルサトワ(丹内)
    • 2連勝中の勢いがある
      大阪城ステークス
      但馬ステークス
    • 全成績が5-0-0-10と
      ピンかパーな戦績
    • 前走は東京新聞杯で4着に好走した
      カレンシュトラウスに勝利
  • スマイル(石橋)
    • 前走は重賞に出走し、
      外枠不利な馬場の中
      勝ち馬に0.8秒差
    • 相性の良い石橋騎手が継続騎乗
  • ダノンマジェスティ(武藤)
    • 去年の新潟大賞典で5人気6着に好走
    • その時、上がり3位の末脚を使えている
  • プレシャスブルー(勝浦)
    • 前走、福島民報杯で
      上がり最速の末脚を使えている
    • 去年新潟で行われた
      福島民報杯で2着に好走
  • マウントゴールド(荻野極)
    • 2走前の七夕賞は勝ち馬に
      0.2秒差の4着に好走
    • 左回りは3-0-1-2と勝率50%
  • モズナガレボシ(菱田)
    • 新潟は2度出走して、馬券内率100%
  • ヤシャマル(松田)
    • 前走、日経新春杯は9人気3着に好走
    • 2走前、中日新聞杯は
      枠、展開不利ながら
      上がり最速の末脚を使い6着に好走
    • 去年の新潟記念で4着に好走
  • ラインベック(西村淳)
    • 4走前の新潟記念は
      苦手な距離延長ローテ
      展開不向きの中、0.3秒差の5着に好走
    • 先行馬有利の展開になれば
  • ラストドラフト(三浦)
    • 左回り重賞で実績がある
      • アルゼンチン共和国杯2着
      • 中日新聞杯2着

現時点の予想

現時点予想

◎トーセングラン
○アルサトワ
▲アイコンテーラー
△シュヴァリエローズ
★レッドガラン
消カイザーバローズ
消ステラリア

今週は以下の予定で毎日更新します✨
下記リンクから飛べるようになっています!

🐴月:WIN5回顧~天皇賞春編~タイトルホルダー
🐴火:NHKマイルC予想~ラウダシオンを探せ!~
🐴水:橘S予想~前!前!!前!!!~
🐴木:新潟大賞典
🐴金:メトロポリタンS
🐴土:鞍馬S
🐴日:WIN5予想

自分のブログを読んでくださった方から
嬉しいお言葉をいただきました✨
今読んでくれているあなた
あなたのWIN5的中の為になるよう
頑張ります🔥!!

WIN5当てましょう🐴

的中報告をいただきました!

以上、【新潟大賞典(GⅢ)予想】~混戦を断つのはどの馬?~でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

難しい!左回りで勝利がない、ステラリア、レッドガランは買いません。それ以外から重賞を勝利しそうな馬を探します🏇!

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA