【NHKマイルカップ(GⅠ)予想】~荒れるとしたら2020年?!~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
NHKマイルカップ(GⅠ)
予想します。

今年のGⅠで1人気未勝利が続いています。
NHKマイルカップでどの馬を本命にするか
迷ってしまいます
よね。

本命を迷っている方におすすめなのが
出走馬の全頭を見ることです!

様々な予想をしてきましたが
その際に最も効果があると感じた
のは
「出走馬の全頭を見ること」でした。

「出走馬の全頭を見ること」をはじめてから
回収率が100%満たなかった自分が
今年は300%近い回収率

叩き出しています。

NHKマイルカップ(GⅠ)
上位人気馬5頭を始めとした
全頭解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎キングエルメス
○マテンロウオリオン
▲セリフォス
△ダノンスコーピオン
★プルパレイ
消インダストリア
消ジャングロ

いーの

人気薄で面白い馬を
見つけましたよ~!!

NHKマイルカップ(GⅠ)予想

このレースではどんな観点が必要?

馬場によって狙いたい馬は変わる。
内が伸びるのであれば
第一象限(番手~4番手くらいまで)

外差しが決まるのであれば
第三象限の馬をそれぞれ狙いたい!

内前が伸びるのであれば
2020年のラウダシオンのように
第一象限(番手~4番手まで)を
取れる馬
を狙いたい!

先行できる馬

差しが決まる馬場なのであれば
2021年のシュネルマイスターのように
第三象限を取れる馬を狙いたい!

末脚が使える馬

東京芝1600mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

東京芝1600mは紛れの少ないコース

  • スタート直後しばらく直線なので
    枠順による有利不利は少ない
  • 東京マイル重賞で勝利するには
    460kg以上の馬格が必要
  • 逃げ馬は厳しい

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴シュネルマイスター
    • 前走、弥生賞2人気2着
    • 東京経験なし(関東馬)
  • 2020🐴ラウダシオン
    • 前走、ファルコンステークス1人気2着
    • 3走前、朝日杯FS6人気8着
    • 東京経験あり(関西馬)
  • 2019🐴アドマイヤマーズ
    • 前走、皐月賞2人気4着
    • 2走前、共同通信杯1人気2着
    • 3走前、デイリー杯2歳ステークス1人気勝利
    • 東京経験あり(関西馬)
  • 2018🐴ケイアイノーテック
    • 前走、NZT1人気2着
    • 4走前、朝日杯FS5人気4着
    • 5走前、デイリー杯2歳ステークス3人気3着
    • 東京経験はないが、輸送経験あり
  • 2017🐴アエロリット
    • 前走、桜花賞6人気5着
    • 2走前、クイーンカップ5人気2着
    • 3走前、フェアリーステークス1人気2着
勝ち馬の共通点は?
  • 重賞で連対経験あり
  • 関西馬であれば輸送経験あり

NHKマイルカップ(GⅠ)出走馬考察

いーの

それでは上位人気に推される
予定の各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を
中心に評価します。

🏇インダストリア(Dレーン)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 前走の弥生賞ディープインパクト記念で
    2人気に支持
    • 苦手な距離延長ローテ
      距離も長く、直線が短い
      不向きなレース
    • 前有利の展開と展開不向き
  • 中山→東京への舞台替わりは歓迎
    • 4戦全てで上がり最速の
      末脚を使っている
  • 間隔を空けてリフレッシュさせた時に
    良い走りをしている
    • 最も間隔を空けたのが
      2走前のジュニアカップ

インダストリアは前走の弥生賞ディープインパクト記念で2人気に支持されていた実績面を評価している。前走は「苦手な距離延長ローテ」、「距離が長い」、「直線が短い」と様々な不利が重なり厳しいレースとなった。度外視で良いだろう。マイルに短縮となるのは歓迎。全4戦全てで上がり最速の末脚を使っており、舞台が広い東京競馬場になるのは歓迎だろう。また、間隔を空けてリフレッシュさせた時に良い走りをしているので、今回の中8週空けたローテは歓迎だろう。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 重賞の連対経験がない
    • 実績がないのに
      過剰人気感がある

過去5年の勝ち馬をみると、全馬重賞の連対経験があった。本馬は重賞の連対経験がない。今回はレーン騎手への乗り替わりであり、それも相まって実績がないのに過剰人気感がある。買うかどうかはオッズと相談したい。

🏇ジャングロ(武豊)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は5点

  • 前走のNZTは400mの距離延長という
    厳しいローテの中、勝利した
    • ラスト200mの粘りは
      素晴らしかった
    • マテンロウオリオンに
      差されなかったのは強さの証
  • 関西馬で関東への輸送経験がある
  • 武豊騎手と全4勝を挙げている
  • 前走もそうだが
    逃げて上位の上がりを使える

ジャングロは前走のNZTで400mの距離延長という厳しいローテの中、勝利した。ラスト200mの粘りは素晴らしく、マテンロウオリオンに差されず勝ち切ったのは強さの証だろう。また、全4勝を武豊騎手と挙げており引き続きコンビ継続なのは心強い。本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験がある。輸送に不安はない。それに加え、前走もそうだが、逃げて上位の上がりを使えることがこの馬の強み。メジャーエンブレムのような競馬ができれば勝ち切るまであるだろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 近5年で前哨戦を勝利した馬が
    勝ちきれていない
  • 東京競馬場で逃げて
    勝ち切るのは難しい印象
    • 開幕週なら可能性はあったが
      今は差しも決まっている
  • 近走戦ってきた相手のレベルが
    高くなく一気に相手強化される

気になるのは、NHKマイルというレースが前哨戦勝利馬の成績が良くないこと。近5年で前哨戦を勝利した馬が、1度も勝利していない。勝利していないどころか、馬券内すらない。本馬は前哨戦のNZTで勝利している。過去の傾向から考えると、ここでは手を出しづらい。また、逃げ馬が東京芝1600mを勝ち切るのは相当厳しい印象がある。開幕週であれば可能性はあったが、今の馬場は差しも決まっており、勝ち切るまではどうか。それに加え、近走戦ってきた相手のレベルが高くなく、一気に相手強化されるのも気になる。

🏇セリフォス(福永)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は3点

  • 前走は、朝日杯FS(GⅠ)の舞台で
    1人気に支持
    • 差し有利の展開の中
      先行して2着に好走
    • 朝日杯FS組から皐月賞で
      2頭馬券になっており
      世代トップレベルのレースだった
  • 2走前まで3連勝していた戦績を評価
  • 先行して押し切れる脚質の本馬と
    福永騎手の相性は良い印象

セリフォスは前走、朝日杯FS(GⅠ)で1人気に支持されていた実績面を評価している。その前走は差し有利の展開の中、先行して2着に好走。世代上位の力を見せつけた。朝日杯FS組から皐月賞で2頭馬券になっており、世代トップレベルのレースだったと言えるだろう。また、2走前まで3連勝していたという戦績を評価している。連勝できることは強さの証と考える。それに加え、先行して押し切れる脚質の本馬と福永騎手は合いそう。スムーズに先行して押し切るという絵が見える。少し弱いアドマイヤマーズのようなイメージがあるので、勝ち切るチャンスはあると予想。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 関東への輸送経験がない
  • 先行したいので
    外枠はあまり引きたくない

本馬は関東への輸送経験がないことが不安。過去5年で勝利した関西馬は関東への輸送経験があった。人気馬の不安材料は確認しておきたい。また、先行脚質なので外枠を引いてしまうと取りたい位置が取れない可能性がある。福永騎手は内枠でこそなので、枠順発表で評価を決めたい。

🏇ダノンスコーピオン(川田)

【考察】
この馬は4番手以下予定。強調材料は5点

  • 3走前の朝日杯FS(GⅠ)で
    初重賞ながら、馬券内に好走した
  • 圧倒的な1人気ではないマイル戦で
    あれば川田騎手は期待できる
  • 関西馬で関東への輸送経験がある
  • 共同通信杯以外は
    上位の末脚を使えている
  • 川田騎手と全3勝を挙げている

ダノンスコーピオンは3走前の朝日杯FS(GⅠ)で初重賞ながら、馬券内に好走した内容を評価している。初重賞がGⅠで好走するのは相当の実力がないとできない。今回はセリフォス、ダノンスコーピオン、インダストリアの3頭で人気を分け合うことが想定される。程よい人気のマイル戦での川田騎手は警戒しておきたい。本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験があることはプラス。崩れたのは共同通信杯だけで、それ以外のレースは上位の末脚を使えている。それに加え、川田騎手と全3勝を挙げており、外差し馬場になっていれば、連勝の可能性があるだろう。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 近5年で前哨戦を勝利した馬が
    勝ちきれていない
  • 2/24時点で春は全休すると
    コメントを出していた
    GⅠを取れる状態にあるのか

気になるのは、NHKマイルというレースが前哨戦勝利馬の成績が良くないこと。近5年で前哨戦を勝利した馬が、1度も勝利していない。勝利していないどころか、馬券内すらない。本馬は前哨戦のアーリントンカップで勝利している。過去の傾向から考えると、ここでは手を出しづらい。また、2/24時点で、春は全休するとコメントを出していた。

「春には間に合わなさそう。立て直しに時間がかかる。将来があるので、今は無理をしない」と安田隆師は話した。

https://www.daily.co.jp/horse/pog_toku/2022/02/24/0015087065.shtml

臨戦過程が順調ではなく、ここでGⅠを取れる状態にあるのか疑問。

🏇マテンロウオリオン(横山典)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は4点

  • 前走のNZTは上がり最速の
    末脚を使い2着
    • 前哨戦の内容としては十分
  • 2走前のシンザン記念の内容を
    評価している
    • 苦手な距離延長ローテで勝利した
    • 勝ち切るのは力がある証拠
  • 関西馬で関東への輸送経験がある
  • 横山典騎手と全2勝を挙げている

マテンロウオリオンは前走のNZTで上がり最速の末脚を使い2着に好走した。負けはしたものの、前哨戦の内容としては十分だっただろう。それに加え、2走前のシンザン記念の内容を評価している。シンザン記念は苦手な距離延長ローテで勝ち切った。勝ち切るのは力がある証拠と考える。また、本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験がある。輸送に不安はない。横山典騎手と全2勝を挙げており、鞍上に不安もない。先行力もあるので、内枠を引ければ勝利は考えられる。

【不安材料】
不安材料は1点

  • GⅠを勝ち切るほどの
    インパクトを感じない

今までの勝ちっぷりに、GⅠを勝ち切るほどのインパクトを感じなかった。東京競馬場だとキレ負けして掲示板といったイメージが湧く。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇プルパレイ(Mデムーロ)

この馬は4番手以下予定。強調材料は3点

  • 3走前の朝日杯FS(GⅠ)で
    先行馬には厳しい流れの中8着
    • GⅠの厳しい流れを
      経験できたのは大きい
  • 引き続き、Mデムーロ騎手が騎乗
  • 戦績をパッと見た瞬間に
    ラウダシオンと似た印象を感じた

プルパレイは3走前の朝日杯FS(GⅠ)で先行馬には厳しい流れの中8着だった。上位勢に差は付けられたものの、GⅠの厳しい流れを経験できたのは大きい。また、引き続きMデムーロ騎手が騎乗するのはプラス。Mデムーロ騎手はマイル戦を得意としており、期待できる。それに加え、戦績をパッと見た瞬間にラウダシオンと似た印象を感じた。今回のNHKマイルが荒れるとしたら、2020年のラウダシオンのようなレースになる時と予想。本馬はスムーズに運べればラウダシオンのように穴を開ける可能性はある。

🏇キングエルメス(坂井)

この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 前走のアーリントンカップの
    内容を評価している
    • 苦手な距離延長ローテかつ
      外有利馬場で内から
      先行して3着に好走
    • 馬場傾向次第では
      ダノンスコーピオンとの
      逆転は可能と予想
  • 荒れるとしたら2020年の
    ラウダシオンをイメージしており
    本馬が最もラウダシオンに
    近い位置取りが出来そう
    • 2走前の京王杯2歳ステークスの
      ような競馬ができれば
  • 関西馬で関東への輸送経験がある
  • 坂井騎手と全2勝を挙げている

キングエルメスは前走のアーリントンカップの内容を評価している。苦手な距離延長ローテかつ、外有利馬場で内から先行して3着に好走した。馬場傾向次第でダノンスコーピオンとの逆転は可能と予想する。想定オッズの段階だが、ダノンスコーピオンが2人気、キングエルメスが7人気である。これほどの差はないと判断する。プルパレイの考察でも話したが、荒れるとしたら2020年のラウダシオンをイメージしており、本馬が最もラウダシオンに近い位置取りが出来そう。具体的なイメージとしては、2走前の京王杯2歳ステークスのような競馬ができればチャンスありと考える。また、本馬は関西馬であるが、関東への輸送経験がある。輸送に不安はない。それに加え、坂井騎手と全2勝を挙げており、鞍上に不安もない。今週は晴れ予報で馬場が回復して、内有利の馬場になっていれば一発あるだろう。

他馬の短評

ここは全頭眺めるので
良いところしか話しません!

  • アルーリングウェイ(藤岡佑)
    • 前走桜花賞(GⅠ)で
      5人気に支持されていた
    • 先行競馬が出来る
    • このレースと相性のよい
      フレンチデピュティ持ち
  • オタルエバー(横山和)
    • 5走前の新潟2歳ステークスでは
      セリフォスより上位の
      2人気に支持されていた
    • 先行競馬が持ち味だったが
      前走のファルコンステークスで
      差し競馬が出来るようになり
      競馬の幅が広がった
  • カワキタレブリー(菅原明)
    • 4走前のデイリー杯2歳ステークスで
      セリフォスに0.3秒差の3着に好走
    • 先行競馬が出来る
  • ステルナティーア(池添)
    • 関東馬であり、輸送がなくなる
    • 3走前に同舞台サウジアラビアRCで
      2着に好走
  • ソネットフレーズ(横山武)
    • 前走のデイリー杯2歳ステークスは
      初重賞でセリフォスと
      タイム差なしの2着に好走
    • 馬場傾向次第ではセリフォスと
      逆転はあり、オッズ妙味もある
    • 先行競馬が出来る
  • ソリタリオ(鮫島駿)
    • 左回りで全5連対
    • 前走は初の右回り、適距離より長い
      1800mだったので度外視できる
    • モーリス産駒の
      左回りマイルの適性はある
  • タイセイディバイン(松若)
    • 前走のアーリントンカップは
      苦手な距離延長ローテの中
      ダノンスコーピオンに0.1秒差
    • 今回は同距離ローテになり
      パフォーマンスの上昇が見込める
  • ダンテスヴュー(吉田隼)
    • GⅠの皐月賞に出走している
    • きさらぎ賞で連対経験がある
    • このレースと相性のよい
      フレンチデピュティ持ち
  • トウシンマカオ(戸崎)
    • 前走のファルコンステークスは
      距離短縮→同距離という厳しいローテ
      先行馬には厳しい流れの中5着に粘った
    • 前走のファルコンステークスで
      1人気に支持
    • 3走前は朝日杯FS(GⅠ)でセリフォス
      ダノンスコーピオンと
      それぞれ0.4、0.3秒差だった
    • 4走前の京王杯2歳ステークスで
      キングエルメスに0.2秒差の2着
  • セイクリッド(菊沢一)
    • 前走、位置を徐々に上げながら
      上がり最速の末脚を使って勝利
    • 2走連続で上がり最速の
      末脚を使えている
    • 仕上がりの早い米国血統を
      父、父、父母父、母母父に持つ
  • フォラブリューテ(大野)
    • 前走、GⅠの桜花賞に出走
    • 3走前、アルテミスステークスで
      1人気に支持された経験あり
    • 新馬戦でパーソナルハイを
      倒している

現時点の予想

現時点予想

◎キングエルメス
○マテンロウオリオン
▲セリフォス
△ダノンスコーピオン
★プルパレイ
消インダストリア
消ジャングロ

今週は以下の予定で毎日更新します✨
WIN5回顧はすでに更新済みです。
WIN5惜しくも当てられなかった方は
見てください、、、!

下記日程から、リンクで飛べるようになっています!

🐴月:WIN5回顧~天皇賞春編~タイトルホルダー、、、
🐴火:NHKマイルC
🐴水:橘S
🐴木:新潟大賞典
🐴金:メトロポリタンS
🐴土:鞍馬S
🐴日:WIN5予想

以上、【NHKマイルカップ(GⅠ)予想】~荒れるとしたら2020年?!~でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

今年は荒れるとしたら先行馬が穴を開けるパターンだと予想。具体的な例を挙げると、2020年のラウダシオンのようなイメージ。