芝スタートのダート1400m戦特殊条件を制するのは?~鳴門ステークス~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
鳴門ステークスを予想します。

ケイアイドリーが2倍を切る
1人気になりそうですが
皆さんは信頼しますか?
それとも違う馬から
いきますか

力関係を整理するために
鳴門ステークスで
上位人気馬3頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

鳴門ステークス(3勝クラス)予想

このレースではどんな観点が必要?

ペースが落ち着きそうであれば、ダートの鉄則通り、通り逃げ・先行馬を狙いたい。
ペースが速くなりそうであれば、差し馬を狙いたい。

今年はミドルペースと予想するので逃げ・先行抜け出しできる馬を狙いたい。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

2020年鳴門ステークス直線入口

阪神ダート1400mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

スタートから150mほど芝を走る。ダートコースにしては先行有利の傾向が弱い。

  • 外枠>内枠の傾向がある
  • ハイペースになりやすい上に、最後の直線では急坂があり差しが決まる
    • 他のダート戦と比べると先行有利の傾向が弱め

過去5年の勝ち馬の特徴は?

  • 2021🐴コカボムクイーン
    • 前走、現級中山ダート1200mで掲示板を確保(勝ち馬に0.5秒差)
    • 2,3走前、現級で馬券内に入っている
    • 4走前、現級の阪神ダート1400mで掲示板を確保(勝ち馬に0.5秒差)
  • 2020🐴エテルニテ
    • 前走、現級で勝ち馬に0.5秒差の7着
    • 2走前、現級で連対経験あり
  • 2019🐴ヌーディーカラー
    • 前走、2勝クラスをタイム差なしで勝利
    • 2走続けて、2勝クラスで1人気
  • 2018🐴ファッショニスタ
    • 前走、現級で1人気2着(勝ち馬に0.4秒差)
    • 3走続けて、現級で1人気
  • 2017🐴プレスティージオ
    • 2走続けて、現級で2人気
    • 2走前、現級で掲示板を確保(勝ち馬に0.5秒差)
    • 3走前、現級で連対経験あり
勝ち馬の共通点は?
  • 近5走以内に現級で実績がある
    • 連対、掲示板(勝ち馬に0.5秒差以内)
  • 昇級馬は近走続けて、1人気に推されている

上位人気考察

2,3勝クラスでは以下の条件を満たす馬を中心に考えます。

条件
  1. 前走掲示板を確保している
  2. 前走3人気以内に支持されている

以上の条件で買いたい馬がいなかった場合は、条件を緩めて勝ち馬を探します。

いーの

各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との相性を中心に評価します。

🏇ケイアイドリー(藤岡康)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は5点

  • 阪神ダートで全3勝を挙げている
    • 近走内容を見ていても、阪神1400mがベスト
    • 前走は昇級初戦でありながら、1人気に支持され2着
  • 3走前のドンカスターカップの内容を評価している
    • 距離短縮→同距離という馬が厳しく感じるローテ
  • 先行抜け出しができる脚質は強み
  • エスポワールシチーはサンデー系の中ではダートで勝ち星が多い種牡馬である
  • 手の合う藤岡康太騎手とのコンピ
    • 7戦騎乗して3-2-1-1という成績

ケイアイドリーは阪神ダートで全3勝を挙げている。近走の内容を見ていても阪神ダート1400mが最も向く舞台だと考える。前走は昇級初戦でありながら、1人気に支持されて2着という内容は立派だと考える。近走の中で最も評価をしているのは、3走前のドンカスターカップ。距離短縮→同距離というローテは馬にとって厳しく感じる。その中で抜け出して勝ち馬にタイム差なしの内容は高く評価したい。脚質的にも、先行抜け出しができる脚質なのは強み。
また、エスポワールシチーはサンデー系の中ではダートで勝ち星が多い種牡馬である。それに加え、相性の良い藤岡康太騎手が継続騎乗してくれるのはプラス。今回は相手関係も恵まれているので、楽勝まであると予想する。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 前走の負け方が気になる
    • 抜け出すとソラを使ってしまい伸びを欠く
  • 今回内枠を引いたが、阪神ダート1400mは外枠が有利である
    • 当舞台で結果を出した直近4走のうち、3戦は6枠から外の枠でのもの

前走の負け方が引っかかる。抜け出すまでは強いのだが、そこからソラを使う癖がある。伸びを欠いて何かに差されるということは十分あり得る。枠順が確定したが本馬は内枠を引いた。当舞台で結果を出した直近4走のうち、3走は6枠から外の枠だった。内で砂を被ってパフォーマンスを下げる可能性がある。

🏇シゲルタイタン(川田)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • 勝ち切れていないが、現級で常に上位争いをしている
    • 今回は相手関係が楽になる
  • 近走は太目残りのレースが続いていた
    • 冬なこともあったのか、絞り切れていなかった
    • 馬体重が480kg前半まで絞れていれば
  • 初めての川田騎手とのコンビが合いそう
    • 剛腕と本馬は相性が良さそう

シゲルタイタンは勝ち切れてはいないものの、現級で常に上位争いをしている。メンバーを見渡すと相手関係が楽になる今回はチャンスがある。冬であり、馬体が絞り切れていなかったのか、太目残りでのレースが続いていた。近走は490kg前走で出走しているが、480kg前半まで絞れていれば積極的に狙いたい。初コンビだが、剛腕の川田騎手とは合う印象がある。勝ち切れていない戦績だが、川田騎手とコンビを組み一変があっても。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 考察でも述べたが、勝ちきれないキャラなのは気になる
    • 前走の播磨ステークスではケイアイドリーに0.4秒差を付けられており、逆転までどうか…

とはいえ、勝ちきれないキャラであり積極的には買いづらい。前走の播磨ステークスではケイアイドリーに0.4秒差を付けられており、逆転までどうか…。本馬より、ケイアイドリーが先着する可能性は大きいと考えられる。

🏇エターナリー(石川)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は4点

  • 前走の内容を評価している
    • 4コーナー4番手で先行して、上がり2位の末脚で着差0.3秒つけて勝利
  • ゴールドアリュールはサンデー系の中ではダートで勝ち星が多い種牡馬である
  • 戦績を見るに、右回り>左回りの適性がある
  • 阪神ダート1400mは6度走って全て馬券内な得意舞台

エターナリーは前走の内容を評価している。4コーナー4番手で先行して、上がり2位の末脚で着差0.3秒つけて勝利した。今回同様の競馬をして、ケイアイドリーを捕まえられれば勝利できる可能性はあると予想する。
それに加え、ゴールドアリュールはサンデー系の中ではダートで勝ち星が多い種牡馬であり血統面の後押しもある。戦績を見ても右回り向きであり、6度走って全て連対している得意な当舞台で連勝があっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 馬格が物足りない印象がある
    • せめて480kg代は欲しい
  • 岩田騎手との相性が良かっただけに、石川騎手への乗り替わり

ダート馬にしては馬格が足りない印象。上級条件の急坂があるコースのダート戦ということを考えると、480kg代は欲しいところ。また、岩田騎手との相性が良かっただけに、石川騎手への乗り替わりはマイナス。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇オルクリスト(古川)

この馬は単穴以下予定。強調材料は1点

  • 前走、3勝クラスで掲示板に入っている
    • 前有利な展開な中、上がり2位の末脚で4着は評価したい

オルクリストは、前走、3勝クラスで掲示板に入っている。その前走では、前有利な展開な中、上がり2位の末脚で追い込んできた4着は評価したい。メンバーレベルが高くない今回は自力上位の存在だろう。

現時点の予想

現時点予想

◎ケイアイドリー
○シゲルタイタン
▲エターナリー
△オルクリスト
消エグレムニ

以上、「芝スタートのダート1400m戦特殊条件を制するのは?~鳴門ステークス~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

エグレムニは買わない予定。ダート短距離はキズナ産駒に合わないと判断するから。キズナ産駒は母父が米国系以外はダート短距離戦で成績を落とす。
馬柱的にはケイアイドリー1点でいきたいが、内枠+藤岡康騎手ということを考えると怖い。2点で勝負したい。