【メトロポリタンステークス(L)予想】~1点で抜いてやる!~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
メトロポリタンステークスを予想します。

少頭数のレースです。他のレースを広げるためにも
ここは絞って勝負したいですよね。

このレースを攻略する方法は
東京芝2400mに合っている馬を見つけることです。

そこでメトロポリタンステークスの
上位人気馬5頭を始めとした
全頭解説を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

現状の予想は以下です!
考察、不安材料で理由を
詳しく書いています📚

現時点予想

◎ゴールドギア
フライライクバード
▲ウインマイティー
△サンアップルトン
★ヴァイスメテオール
消ボスジラ

いーの

フライライクバードを信用するか
否かが勝負の分かれ道…?

メトロポリタンステークス(リステッド)予想

このレースではどんな観点が必要?

少頭数になることが多く
末脚が鋭い馬を狙うのが基本!

2021年の勝ち馬:ゴールドギア

第四象限から
上位の末脚が使える馬
を狙いたい!

2020年の勝ち馬:ウラヌスチャーム

内有利な馬場だと
前残りが起こるので注意!

東京2400mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

東京芝2400mは日本競馬のチャンピオンコース

  • スローペースの瞬発力勝負になりやすい
    • スピード、スタミナの両方が問われる
  • 高速馬場の時は先行馬が
    逃げ切るケースもある
  • 馬場傾向には注意したい

過去5年の勝ち馬の特徴は?

別定戦だった2017,18,20,21の
4年間で特徴を探る

  • 2021🐴ゴールドギア
    • 前走、白富士ステークス9人気9着
    • 5走前、目黒記念5人気5着
    • 3勝クラスで東京芝2400mの勝利経験あり
  • 2020🐴ウラヌスチャーム
    • 前走、中山牝馬ステークス5人気8着
    • 5走前、中山牝馬ステークス3人気2着
    • 2勝クラスで東京芝2400mの勝利経験あり
  • 2018🐴ベストアプローチ
    • 前走、尼崎ステークス2人気で勝利
    • 3走前、神戸新聞杯5人気6着
    • 3歳時に青葉賞で4人気2着の経験あり
  • 2017🐴ヴォルシェーブ
    • 前走、金鯱賞1人気9着
    • 2走前、アルゼンチン共和国杯3人気3着
    • 2勝クラスで東京芝2400mの勝利経験あり
勝ち馬の共通点は?
  • 直近1年以内に重賞で
    5人気以内に支持された経験あり
  • 条件戦で東京芝2400mを勝利しているか
    東京芝2400m重賞で連対経験あり

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇ウインマイティー(吉田隼)

【考察】
この馬は単穴予定。強調材料は4点

  • 前走は8か月半ぶりの休養明けで
    今回は叩いて上昇が見込める
    • ブリンカー2戦目で
      替わり身があれば
    • 前走は差し有利の展開で
      先行馬には厳しい展開だった
  • 頭数が13頭以下の時に
    全3勝を挙げている
  • 東京芝2400mはオークス(GⅠ)
    で3着に好走している
  • 中3週以下のローテで全4連対のうち
    3連対しており詰まったローテは歓迎
    • 2-1-0-1である

ウインマイティーは前走、8か月半ぶりの休養明けだった。今回は叩いて上昇が見込め、ブリンカー2戦目で替わり身に期待したい。また、前走は差し有利の展開で、先行馬には厳しい展開だったため、大敗は度外視でよいだろう。それに加え、頭数が13頭以下の時に全3勝を挙げており、頭数が手頃になるのはプラス。東京芝2400mはオークス(GⅠ)で3着に好走しており、舞台替わりは歓迎。また、中3週以下のローテで全4連対のうち3連対(2-1-0-1)しており、詰まったローテで臨めることも大きなプラス。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 左回りが未勝利である
  • 2000mまでしか勝利がない

本馬は左回りが未勝利である。WIN5において、該当回りで勝利がない馬は買いづらい。また、2000mまでしか勝利がなく、2400mという距離で勝ち切るまではどうか。

🏇サンアップルトン(松岡)

【考察】
この馬は4番手予定。強調材料は3点

  • 前走は10ヶ月の休養明けで
    今回は叩いて上昇が見込める
  • 去年のメトロポリタンステークスは
    2人気に支持されていた
    • 差し馬が有利な展開で
      内で先行して4着
  • 過去にアルゼンチン共和国杯で
    3着に好走している
    • 状態が戻っていれば

サンアップルトンは前走、10ヶ月の休養明けだった。今回は叩いて上昇が見込める。また、去年のメトロポリタンステークスは、2人気に支持されており、その実績面を評価している。そのレースは差し馬が有利な展開で、内で先行して4着に好走した。外から差してきた馬に屈したものの、力を見せた4着だった。過去にアルゼンチン共和国杯で3着に好走しており、東京競馬場への適性はあるだろう。良いときの状態に戻っていれば勝つチャンスはある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • スローからの瞬発力勝負だと分が悪い
    • 今回は苦手な展開になりそう
  • 前走の阪神芝3000mの疲れがどうか

本馬はスローからの瞬発力勝負だと分が悪い。今回は頭数が揃わず、その苦手なスローからの瞬発力勝負になりそうなのがマイナス。また、前走阪神芝3000mに出走しており、その疲れがありそうで気になる。

🏇フライライクバード(福永)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は5点

  • 前走の日経新春杯で2人気に
    支持されていた
    • その前走は苦手な距離短縮ローテ
      かつ差し有利の展開で
      先行馬には厳しい展開だった
    • 直近1年以内に重賞で5人気以内に
      支持されていた馬を狙いたい
  • 2走前、アルゼンチン共和国杯で
    3人気3着に好走している
  • 2400mで2勝を挙げている
  • 頭数が13頭以下の時に全4勝を挙げている
  • 福永騎手と全4勝のうち3勝を挙げている

フライライクバードは前走の日経新春杯で2人気に支持されていた実績面を評価している。その前走は苦手な距離短縮ローテ、かつ差し有利の展開で先行馬には厳しい展開だった。大敗しているが、地力はあると考える。このレースの傾向を考えると「直近1年以内に重賞で5人気以内に支持されていた馬」を狙いたい。本馬は前走、2走前と共に重賞で3人気以内に支持されていた。また、2走前、アルゼンチン共和国杯で3人気3着に好走しており、東京競馬場への適性はあるだろう。2400mで2勝を挙げており、距離も問題ない。頭数が13頭以下の時に全4勝を挙げていることから、頭数が手頃になりさばきやすいのもプラスだろう。それに加え、福永騎手と全4勝のうち3勝を挙げており、岩田望騎手からの乗り替わりは大きなプラス。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 人気先行型の印象がある
    • 5走前、松籟ステークス1人気9着
    • 7走前、鳴滝特別1人気4着
    • 9走前、青葉賞2人気8着

本馬は人気先行型の印象がある。上位人気に支持されて、飛んでいる。具体的には5走前、松籟ステークス1人気9着。7走前、鳴滝特別1人気4着。9走前、青葉賞2人気8着と3レースが該当する。今回は相手関係が楽になり、勝ち切る可能性はあるが、信用しづらいのが正直なところ。

🏇ボスジラ(岩田望)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は3点

  • 同舞台で行われた早春ステークス
    (3勝クラス)で勝利している
  • 岩田望騎手と2度目のコンビで
    上昇が見込める
  • 東京芝2400mを得意とする
    ディープインパクト産駒である

ボスジラ同舞台で行われた早春ステークス(3勝クラス)で勝利している。同舞台を勝利している経験は評価したい。また、岩田望騎手と2度目のコンビで上昇が見込めることもプラス。それに加え、東京芝2400mを得意とするディープインパクト産駒であり、血統面の後押しもある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 勢いのない
    ディープインパクト産駒
  • 東京芝2400mを勝利した時は
    連勝中の勢いがあった時だった
    • 札幌の1勝クラス勝利

      中山の2勝クラス勝利
      からの早春ステークスだった

勢いのないディープインパクト産駒であるのが気になる。東京芝2400mを勝利した時は連勝中の勢いがあった。札幌の1勝クラスを勝利し、中山の2勝クラスを勝利し、連勝中の勢いに乗ったローテで同舞台の早春ステークスという臨戦過程だった。今回の臨戦過程は、近走を見ると好走から遠ざかっており、ここでは厳しい印象がある。

🏇ヴァイスメテオール(Dレーン)

【考察】
この馬は5番手予定。強調材料は3点

  • 前走の小倉大賞典で2人気に
    支持されていた
    • 前走は、差し有利の展開で
      4コーナー3番手で先行した本馬
      には厳しい展開だった
  • 3走前のラジオNIKKEI賞の
    内容を高く評価している
    • 外前有利の展開の中
      内枠から抜け出した
  • 近走GⅠである菊花賞に
    出走している
    • 混戦レースではGⅠに
      出走していることが強さの証

ヴァイスメテオールは前走の小倉大賞典で2人気に支持されていた実績面を評価している。その前走は差し有利の展開で、4コーナー3番手で先行した本馬には厳しい展開だった。その中で4着まで粘ったのは、力がある証拠だろう。また、3走前のラジオNIKKEI賞の内容を高く評価している。外前有利の展開の中、内枠から抜け出し、2着馬に0.4秒差離し勝利した。今回はメンバーレベルが高くなく、通用する可能性はある。それに加え、近走GⅠである菊花賞に出走している。混戦レースではGⅠに出走していることが強さの証と考えるので、この戦績は強調できる。2400mという距離に対応できれば勝ち負けだろう。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 2000mまでしか勝利がない

本馬は2000mまでしか勝利がないことが不安。おそらく2人気になるが、当該距離で勝ちがない馬は正直狙いにくい。ここは静観して2000m以下の時に狙いたい。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇ゴールドギア(田辺)

この馬は本命予定。強調材料は4点

  • 東京芝2400mで2勝を挙げている
    • 去年のメトロポリタン
      ステークスの勝ち馬
  • 追込馬であるが、頭数が13頭以下の時
    3-2-3-6と成績が良い
    • 全成績は5-2-4-22
  • 前走の白富士ステークスは
    上がり最速の末脚を使い
    6着まで追い込んできている
    • ジャックドールにこそ離されたが
      2着のアドマイヤハダルとは0.4秒差
  • 2000mから2400mへの
    距離延長ローテも歓迎

ゴールドギアは東京芝2400mで2勝を挙げていること、去年のメトロポリタンステークスの勝ち馬であることから舞台はここが最も合うのではないかと考える。追込馬であるのでWIN5では正直狙いづらい。ただ、頭数が13頭以下は3-2-3-6⇔14頭以上の時は2-0-1-16と頭数が少なくなれば成績が良くなっている。今回の10頭立ては歓迎だろう。また、前走の白富士ステークスは上がり最速の末脚を使い、6着まで追い込んできている。ジャックドールにこそ離されたが、2着のアドマイヤハダルとは0.4秒差だった。ここでは地力上位だろう。それに加え、白富士ステークスの2000mから今回、2400mへの距離延長ローテは歓迎。流れに乗って末脚を炸裂させれば連覇の可能性はある。

他馬の短評

ここは全頭眺めるので
良いところしか話しません!

  • アドマイヤアルバ(原田)
    • 中3週以内のローテ時に
      全2勝を挙げている
    • 前有利の展開だったとはいえ
      目黒記念で馬券内になっている
  • グレンガリー(大野)
    • 左回り>右回りの戦績である
    • 全4勝中3勝を左回りで挙げている
    • 中9週以上空けた成績が
      3-0-0-6とピンかパーである
  • アイスバブル(菅原明)
    • 水口騎手→菅原明騎手
      への乗り替わり
    • 東京芝2400mで勝利経験あり
  • サクラアリュール(鮫島駿)
    • ダート→芝は2戦目で
      変わり身が見込める

現時点の予想

現時点予想

◎ゴールドギア
フライライクバード
▲ウインマイティー
△サンアップルトン
★ヴァイスメテオール
消ボスジラ

今週は以下の予定で毎日更新します✨
下記リンクから飛べるようになっています!

🐴月:WIN5回顧~天皇賞春編~タイトルホルダー…
🐴火:NHKマイルC予想~ラウダシオンを探せ!~
🐴水:橘S予想~前!前!!前!!!~
🐴木:新潟大賞典~勝ち馬を見つけろ!~
🐴金:メトロポリタンS
🐴土:鞍馬S
🐴日:WIN5予想

以上、【メトロポリタンステークス(L)予想】~1点で抜いてやる!~でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

ここは頭数的にも1点で抜きたい。何度も言うが、フライライクバードの扱いが難しい。

内容がよかったらシェアお願いします🐎✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA