ハイレベルレースが予想される中山ダート1200m~千葉ステークス予想~

こんばんは、いーのです。
本日も当ブログをご覧頂きまして
ありがとうございます。
千葉ステークスを予想します。

中山ダート1200mは短距離馬が多く
登録することからハイレベルになりやすい条件
です。
今回も中山ダート1200m巧者が揃いました。
各馬の特徴を捉えてから予想しましょう!

千葉ステークスで
上位人気馬4頭の考察、不安材料
を書きました🏇
ぜひ最後までご覧ください!

いーの

みなさんのWIN5予想の
お役に立ちますように✨

千葉ステークス(オープン)予想

このレースではどんな観点が必要?

良馬場なら先行馬稍重以上なら差し馬を狙いたいコース。
パトロールビデオはJRA公式のものを使用しています。

良馬場なら2020年の勝ち馬ジャスティンのような位置が理想

渋った馬場なら差しがより決まりやすくなる。

稍重以上なら2021年の勝ち馬アポロビビのような脚質を狙いたい。

中山ダート1200mのコース解説

※画像はnetkeibaより抜粋

中山ダート1200mは芝スタートのダート戦でスピード自慢が集まる傾向。下級条件では逃げ先行馬がそのまま残ることもありますが、上級条件では差しも決まる。特に冬の時期(12~1月)は差しが決まりやすいので、馬場傾向には細心の注意を払いたい。

上位人気考察

いーの

上位人気各馬の考察と不安材料を述べていきます🐎

予想の観点は近走内容、適性、騎手との
相性を中心に評価します。

🏇アポロビビ(吉田豊)

【考察】
この馬は対抗予定。強調材料は3点

  • 中山ダート1200mのスペシャリストである
    • 全6勝を中山ダート1200mで挙げている
  • 14頭以上で5勝を挙げている
  • 今週末、天気が良くなく馬場が渋る

アポロビビは現役屈指の中山ダート1200mスペシャリストである。全6勝を中山ダート1200mで挙げている。差し馬であるが、頭数が14頭以上と揃った際にも5勝を挙げており、頭数が増える今回も心配はない。今週は天気が良くなく、馬場が渋るので差し馬有利な馬場傾向になると予想される。今回も前走同様差し切りがあっても。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 間隔が詰まったローテーションが向いている馬である
    • 中4週→中8週替わりがどうか
  • ダートで積極的に差し馬は買いづらい

本馬は間隔が空いたローテーションを得意としている。実際に新馬戦を除く5勝のうち、4勝は中5週以内のローテーションの時に挙げたものである。今回の中4週→中8週替わりがどうか。また、差しが決まりやすい馬場ということを考慮しても、ダートで差し馬を積極的には買いづらい。展開に左右される可能性も大きいため、枠順、展開、馬場をしっかり見てから買うかどうか決めたい。

🏇オヌシナニモノ(斎藤新)

【考察】
この馬は本命予定。強調材料は2点

  • 前走のジャニュアリーステークスの内容を評価している
    • 苦手な距離延長ローテーションで掲示板を確保した
    • +10kgの馬体重増だった
  • 馬場が渋ったほうがパフォーマンスを上げる馬である

オヌシナニモノは前走のジャニュアリーステークスの内容を評価している。福島ダート1150mからの距離延長ローテーションという厳しい展開の中、掲示板を確保した。それに加え、+10kgの馬体重増だったことを考えると善戦しただろう。アポロビビの項でも触れたが、今週末は天気が悪くなりそうで馬場が渋るほうがパフォーマンスを上げる本馬にはプラス。

【不安材料】
不安材料は1点

  • 勝利した4戦中3勝が福島ダート1150mである

勝利した4戦中3勝が福島ダート1150mであることから考えると、福島ダート巧者である可能性が考えられる。今回も善戦はするが、勝ち切るほどの力はなかった…となる可能性はある。

🏇ジェネティクス(ルメール)

【考察】
この馬は軽視予定。強調材料は2点

  • 前走は外枠が有利な展開で、内枠を引いてしまった敗戦であり度外視できる
  • 馬場が渋ったほうがパフォーマンスを上げる馬である

ジェネティクスは前走の室町ステークスで外枠が有利な展開で、内枠を引いてしまい、敗戦した。敗因が明確であり度外視できる。
オヌシナニモノ同様、馬場が渋ったほうがパフォーマンスを上げる馬であり今週末の雨予報はプラスだろう。

【不安材料】
不安材料は3点

  • 短距離のルメール騎手は人気ほどの期待値はない
  • サウスヴィグラス産駒はダートスタートの方を得意としている
  • 前走レベルが高くない

ルメール騎手は短距離よりも中長距離を得意としている。ルメール騎手という名前だけで人気することは頭に入れておきたい。また、サウスヴィグラス産駒の特徴として、芝スタートよりダートスタートの方が得意としている。そこを考えると芝スタートの本舞台で重い印は打ちにくい。また、前走の室町ステークスのレベルが高くないと考えているので、不利があったとはいえそこで勝ち馬に0.7秒差付けられているのは少々気になる…。netkeibaの想定オッズでは2人気想定だが、それほどの期待値はないと予想する。

🏇スマートダンティー(秋山)

【考察】
この馬は単穴以下予定。強調材料は2点

  • 全8勝のうち、4勝でコンビを組んでいる秋山騎手へ手綱が戻ること
  • 阪神ダート1400mを得意としている馬なので、芝スタートの中山ダート1200mは向いている可能性がある

スマートダンディーは前走騎乗していた大野騎手から、全8勝のうち4勝でコンビを組んでいる秋山騎手へ手綱が戻ることは大きなプラスだろう。また、阪神ダート1400mを得意としている馬なので、芝スタートの中山ダート1200mは向いている可能性がある。同じ1200mでも阪神と中山は違うため、中山1200mと阪神ダート1400mは同じ芝スタートという面を考えると関連性がある。

【不安材料】
不安材料は2点

  • 前走は得意な距離短縮ローテーションで恵まれていた
  • 8歳馬であり、上積みがどうか

前走は7人気で5着と人気以上に好走した。自分はこの要因が『距離短縮ローテーション』によるものと予想する。今回はその恩恵がなくなるので勝ち切るまでは厳しいのではないかと考える。8歳馬であり、上積みがどうかというのも気になる点である。

穴馬を探せ!

穴馬なので強調材料のみを話します。

🏇アイアムハヤスギル(田辺)

この馬は単穴予定。強調材料は4点

  • 馬場が渋ったほうがパフォーマンスを上げる馬である
  • 差し馬で、14頭以上で全4勝を挙げている
  • 相性の良い田辺騎手が騎乗する
  • 中山ダートでは大崩れをしていない

アイアムハヤスギルは馬場が渋ったほうがパフォーマンスを上げる馬であり、今週末の天気は向いているだろう。差し馬であるが、頭数が14頭以上と揃った際にも全4勝を挙げており、頭数が揃うことは不安でない。今回は本馬と相性の良い田辺騎手に乗り替わるのもプラス。それに加え、中山ダートでは勝ちこそ少ないものの、上級条件になっても大崩れしておらず期待したい。

現時点の予想

現時点予想

◎オヌシナニモノ
○アポロビビ
▲アイアムハヤスギル
△スマートダンティー
消ジェネティクス

以上、「ハイレベルレースが予想される中山ダート1200m~千葉ステークス予想~」でした。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!🐎

あとがき

アポロビビが1人気になるんですかね。現時点は対抗ですが、1人気では買いたくない気がするんですよね…。そこは最後に判断ですね。